【国連の方から】バチェレ人権高等弁務官、退任間際に支那を告発

外交

如何に国連が支那に汚染されているかという話でもあるんだよね、コレ。

中国新疆で「深刻な人権侵害」、人道に対する犯罪も 国連が報告書

2022年9月1日8:13 午前

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は31日、中国の新疆ウイグル自治区に関する報告書を公表し、少数民族ウイグル族などに対する恣意的で差別的な身柄拘束は人道に対する犯罪に相当する可能性があると指摘した。

「ロイター」より

告発したバチェレ氏だが、8月31日をもって国連高等弁務官を退任されるという、そういうタイミングでの報告書の発表だ。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

退任と引き換えに情報公開

5月には支那を訪問

さて、この話、5月にも言及している。

追記の部分で、5月24日付の朝日新聞の記事を紹介して、バチェレ氏が支那に招かれてウイグルを訪問したことを言及している。「恐らく何もありませんでした」と言う、と。

実際、報告は長らくされなかった。

公表遅れる新疆報告書 国連高官「中国の圧力」

2022/8/31 16:35

中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区を視察したバチェレ国連人権高等弁務官が31日、任期満了に伴い退任する。バチェレ氏は視察結果をもとに新疆の人権状況をまとめた報告書を退任までに発表する方針だったが、31日現在、公表されていない。新疆の人権問題を否定する中国政府の圧力を受け、公表が遅れている可能性がある。

「産経新聞」より

中国・新疆で「深刻な人権侵害」 国連高等弁務官が退任間際に報告書

2022年9月1日 9時42分

少数民族のウイグル族らへの人権侵害が懸念されている中国・新疆ウイグル自治区をめぐり、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は8月31日、テロ対策や過激派対策の名目で、中国政府による「深刻な人権侵害が行われてきた」とする報告書を発表した。同日はバチェレ国連人権高等弁務官の退任日だった。

バチェレ氏は5月、人権侵害が指摘される新疆ウイグル自治区を訪れるため、国連人権部門トップとして17年ぶりに訪中。しかし、中国側はこの訪問が「交流と協力」が目的だったとし、バチェレ氏も「調査ではなかった」と説明。人権侵害を否定する中国に利用されたなどとして、人権団体などから批判を浴びた。

「朝日新聞」より

そして、バチェレ氏は退任するにあたって、自爆テロよろしく支那の内情をまとめた報告書を出したという。この報告書公表にも圧力があったというから、なんとも支那はやりたい放題だね。

「偽情報の寄せ集め」

ちなみに、このバチェレ氏の報告は都合が悪いらしく、支那は発作的に反論した。

バチェレ氏報告書に中国反発「偽情報の寄せ集め」

2022/09/02 01:55

国連の人権高等弁務官が新疆ウイグル自治区で「深刻な人権侵害が行われてきた」などと発表したことについて、中国外務省は「完全に無効で偽情報の寄せ集めだ」などと反発しました。

~~略~~

これに対し、中国外務省・汪文斌副報道局長は今月1日の会見で「報告書はアメリカと一部の西側勢力によって一方的に作られた。完全に違法かつ無効で偽情報の寄せ集めだ」と主張しました。

さらに「人権の看板を掲げ中国を弾圧する政治的な利用だ」と述べ、報告書を認めない姿勢を強調しました。

「テレ朝NEWS」より

何がおかしいとは言わずに、全部ウソだということらしい。実に、支那らしい反応である。

国連人権弁務官のウイグル視察報告、中国が公表差し止めを働きかけ

2022年7月20日8:40

中国政府は、バチェレ国連人権高等弁務官が5月に行った新疆ウイグル自治区の視察に関する報告書を公表しないよう働きかけている。中国側が各国にこうした取り組みへの支持を要請する書簡を送ったことをロイターが突き止め、実際に3カ国の外交官が書簡を受け取ったことを認めた。

欧米の人権団体などはウイグル自治区で少数民族ウイグル族に対する強制労働などの人権侵害が起きていると主張、中国政府はこれを徹底的に否定している。そうした中でバチェレ氏がウイグル自治区を視察したが、中国への対応が甘すぎると批判を浴びた。その後バチェレ氏は8月末で退任する意向を示し、その前に視察報告を公表すると約束していた。

「ロイター」より

散々公表しないように圧力をかけておいて、公表されたら「嘘だ」とか、なんとも見苦しい主張である。

国連人権弁務官、ウイグル報告書で「多大な圧力」 公表意志強調

2022年8月26日1:57

国連のバチェレ人権高等弁務官は25日、月末の自身の任期切れまでに公表を目指している中国・新疆ウイグル自治区の少数民族を巡る報告書について、あらゆる方面から「多大な圧力」を受けていると明らかにした。

「ロイター」より

この圧力は公表の直前まで執拗に続けられ、バチェレ氏はそれに屈しなかったところは評価できる。自身は国連人権高等弁務官の職を失っても公表する価値があると、そのように考えたのだろう。

報告書は「2017年以降、家族計画政策の強制的な執行を通じて生殖権が侵害されていることを示す信頼できる兆候がある」とも指摘。

その上で、政府のデータが不足しているため、こうした政策の現在の執行状況や関連する生殖権侵害の全容について結論を出すのは困難とした。

人権団体は中国が新疆に約1000万人いるとされるウイグル族に対し収容所での強制労働など虐待を行っていると主張。米政府は「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と非難しているが、中国はこうした見方を強く否定している。

「ロイター」より

残念なことに僕の調査能力では、報告書の中身にアクセスするには至らなかったのだが、報告書の内容については一見した感じ、既に報じられていることと大差はなさそうである。

ただ、国連がこの事実を報告書において認定したということは重く、たとえ「ジェノサイドである」というところまで踏み込めてはいなくとも、極めてグレーであることまで言及されていれば、意味はあろうかと思う。

バチェレ氏は正義の人か

さて、このような報告書の公開を決断したバチェレ氏だが、確かに非凡な才能を持っているようではあるが、正義の人というわけではないようだ。

生まれはチリのサンディエゴだが、軍政下のチリで過ごした幼少期には軍部に捉えられて家族揃って拷問され、父親は拷問死を遂げる中、母と共にオーストラリアに亡命。東ドイツで医学を学んだ後に、チリにて反政府活動を行った。一時期アメリカで国防・軍事を学び研究したが、チリ社会党という政党に属することになる。

そして、第34代チリ大統領に就任。4年の任期を務めた後、一反大統領の座から退くも、第36代チリ大統領に返り咲く。第一次バチェレ政権では貧困対策を成功させて初期は高い経済成長を維持していたが、中産階級からの不満や批判をかわすことができず、チリ地震による被災を契機に支持率が急落。退陣の大きな要因は銅価格下落による経済低迷が始まったことだとされている。

第二次バチェレ政権では、税制改革や教育改革、選挙制度改革など大きな改革を成し遂げた一方、格差是正に舵を切ってその財源を大企業に求めたことで、経済・産業界から突き上げを食らったようだ。特に景気低迷時に税制改革を行って税率を引き上げたことは、反発も大きかった模様。

有能な左派政治家であることは間違いないと思うが、経済政策には積極的ではなく、国連人権高等弁務官に指名された後に、国連の金権体質に飲まれた一人でもあるようだ。

そして、世界情勢的に支那経済が傾き、人権問題も放置できなくなったという、世界のうねりを見て、今回の決断をしたのだと思われる。

チリ大統領でいた時代にも汚職問題が色々ついて回った人物だからねぇ。これは本人が汚職に手を染めたという意味ではないが、クリーンな政治家というわけではなかったという意味だ。

要は、金の切れ目は縁の切れ目だ、と、そんな風にも言えるのではないだろうか。支那経済の減速は様々なところに影響しているようだね。

こんな外務大臣は更迭しろ

首脳会談を具体的に検討

こうしたレポートが出されながら、日本政府の動きは極めて鈍い。特に外務大臣がダメだ。

林外相「日中首脳会談、具体的に検討したい」 国交正常化50年

2022/9/2 11:21(最終更新 9/2 11:21)

林芳正外相は2日午前の記者会見で、岸田文雄首相と中国の習近平総書記(国家主席)の首脳会談や、自身と王毅おうき国務委員兼外相による会談について「現時点では決まっていないが、具体的に検討していきたい」と述べた。

「毎日新聞」より

なんと、国交正常化50周年の節目に外相会談どころか首脳会談をやろうというのである。どこまで支那に塩を送ろうというのか。

正直、支那がこれから世界の覇権を握る野望を胸に勢力拡大しようと、没落しようと、日本として深く関わるべきではないと思っている。民主主義国家は共産主義者とは相容れないのだ。

その上で、日中関係について「主張すべきは主張し責任ある行動を求めつつ、共通の諸課題については協力する建設的かつ安定的な日中関係を双方の努力で構築していく必要がある」と述べた。

「毎日新聞」より

対話の重要性は理解しているが、それと「友好」を示すのとは別の話である。安倍氏暗殺の事件背景は1mmも明らかにされないままに、国葬儀の直後に会談を行うという噂もある。

急転直下の日中外相会談中止 国交正常化50周年の目前、1日で暗雲

2022年8月4日 23時02分

「軍事訓練の即刻中止を求める」。外務省事務方トップの森健良事務次官は4日夜、中国の孔鉉佑駐日大使に電話し、弾道ミサイルの落下に抗議。さらに外相会談の突然のキャンセルについても「遺憾」だとし、「まさにこうして国際情勢が緊張しているときにこそ、堂々と外相会談をおこなって意思疎通を図るべきだ」と求めた。

「朝日新聞」より

8月2日~3日の日程でアメリカの実質No.3のペロシ氏が台湾を訪問した。

そして、その余波で日本と支那との間で予定されていた外相会談が吹っ飛んだのである。

このタイミングでの外相会談のキャンセルは、支那によって一方的に行われた。にも関わらず、「話し合いが必要だ」という建前を振りかざして、さっさと外相会談をセッティングしようというのだから質が悪い。早く更迭されないかな。

高官レベルでの話し合い

一応、外交を任される高官レベルの会議は行われている。

日中、対話継続で一致 国交正常化50年を前に高官会談

2022年8月18日 16:30

秋葉剛男国家安全保障局長と中国の外交担当トップの楊潔篪ようけつち共産党政治局員は17日、中国・天津で会談した。日中間の「建設的で安定的な関係」を実現するため、対話を継続すると一致した。秋葉氏は中国の台湾周辺での軍事演習を非難、抗議した。

会談は中国側が呼びかけた。両氏が対面するのは2021年7月の秋葉氏の就任後初めてで、協議は計7時間に及んだ。

日中間の重層的な意思疎通の必要性を確かめた。岸田文雄首相と中国の習近平しゅうきんぺい国家主席の首脳会談の実現も議題にのぼった可能性がある。9月に日中国交正常化50年を控え、関係のさらなる悪化を避ける狙いがあったとみられる。

「日本経済新聞」より

秋葉氏には「頑張れ」としか言いようのない7時間に及ぶ会談で、日本側の抗議は十分伝えられたのかは少々心配ではある。

だが、秋葉剛男氏は、安倍政権、菅義偉政権ともに危機管理のプロとしてその腕前を見込まれた人物である。インド太平洋構想の推進にも大きく貢献したと言われており、今回の会談で担ぎ出されたのは幸いであったと思う。

恐らく様々な案件が並べられて細々と話がなされたはずだが、支那としては国交正常化50周年を理由に、日本を支那側に引き寄せたいのだと思う。

政府として今一度非難決議を出すべき

高官レベルで頑張っていても、日本政府の腰が定まっていないようではお話にならない。日本の利益を考えて行動した結果だと言われても、対支那非難決議すら満足に出せていないのだから、お話にならない。

日本共産党にすら「生ぬるい」と言われるような内容である。しかし、国連の後押しがあり、もはやEUの支那離れの流れは止まりそうにない。

コレを機会に、今一度、支那を名指しした非難決議を出して、おかしな事には「おかしい」と声を上げる国家だと国際社会に示すべき時だろう。

支那が強く出てきている今こそ、日本が強い態度を示すべきなのだ。

え?国連なんて信用できない団体だって言っていたではないか、って?ダブスタと言われようが実のところそこはあんまり関係がない。信用できてもできなくても、利用できるものは利用すべきだ。そこを冷徹に判断してこその、外交だと思うのだ。

コメント

  1. 国際連合などと言う迷訳はやめて、連合国と呼べばもう少し国内の認識が変わるかも。
    ユナイテッド・ネイションズは、連合国でしょう。

    • よく言われる話ですね。
      ご指摘はごもっともですが、誤訳だろうが定着しちゃいましたからねぇ。

  2. 木霊様、お元気ですか?

    この記事、9月3日。今日は9月8日。
    忙しくて記事を書けないとか、どこかのリゾートでゆっくりしているとかならいいんですけど・・・。ちょっと心配。

    • ご無沙汰しております。
      えー、流行に遅れながらも武漢ウイルスにやられておりました。
      ようやく回復してきましたのでご安心を。心配ありがとうございます。
      病み上がりなので無理はできませんが、ぼちぼち記事を書いていこうと思っています。

      • 木霊様 

        武漢肺炎・・・回復され、大事には至らなかったようですなによりです。
        ですが、しばらくはご自愛下さい。

        安倍さん、ゴルビー、女王陛下、、と世界が悲しむ逝去が続き、縁起でもない想像までしてしまっておりましたことを白状いたします。申し訳ありません。

      • ご心配をおかけいたしました。
        いや、割とろくでもない体調で、入院一歩手前って感じでしたね。アレでも軽症だと思いますが。

      • 木霊様

        自分で「縁起でもない」と言いましたが半分本気です。

        ただ木霊さんは匿名ブロガーですから直接の身体被害よりも、アカウント乗っ取り等のネット被害の方が可能性高いですね。お気をつけ下さい。

        (ネットは、日本のSNSは既にZ勢力支配下ですから、頼みの綱の1stブロガーとして)

         やや嫌韓寄りの匿名・政治経済評論ブロガーで、内容の「ホネ」で個人的にランク付けするならば、木霊さんは、文系の雄「新宿会計士」さんに並びますので。

        お願いは、
        パスワードは強力に(釈迦に説法かも知れませんが)
         ・keyPass等の信用出来るパスワードマネージャーを使い、完全乱数の20桁以上のモノを
         ・2段階認証は、パスワードと違って原理的にサーバー側秘密情報のハッシュ化は不可能ですから、、、サーバーから流出すれば正しいパスワードと違い、瞬時に危険に晒されます。「おまじない」程度と思いパスワード強化を

         ・優先度は下がりますが、可能なら静的CMSへの移行を、脆弱な動的PHPベースのWordPressからHugo等静的CMSへ、参考https://fand.jp/static-site-generator-trends-2021/ 等

        長々とおせっかい、失礼致しました。

      • いやいや、しがないブローガーですから、いつのたれ死んでも不思議はありません。
        ただ、セキュリティは大切ですよね。
        乗っ取りなど、無様な事にならないように気をつけたいと思いますよ。

        SSG化するのは、ちょーっとハードルが高そうですが、技術的な興味はありますので、調べて見たいと思います。情報ありがとうございました。