劣化する立憲民主党

選挙

極めてどうでもよい話題だが、これでも日本の最大野党である。

立民新執行部が発足 幹事長に岡田氏、党再生目指す

2022年08月26日17時54分

立憲民主党は26日の両院議員総会で、幹事長に岡田克也氏(69)らを起用する人事を決め、新執行部を発足させた。政調会長に長妻昭氏(62)、国対委員長に安住淳氏(60)がそれぞれ就任。泉健太代表はベテランを活用することで、先の参院選で敗北した党の再生を図りたい考えだ。

「時事通信」より

先日、立憲民主党の執行部が刷新された。……刷新というより、「民主党返り」というような状況ではあったが。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

原点回帰という名の劣化

ベテラン起用といえば聞こえはいいが

それもそのはず。

  • 選対委員長:大串博志 元財務官僚で元民主党員
  • 国対委員長:安住淳 元NHK報道局政治部記者で民主党選対委員長、民進党国対委員長などの要職を歴任
  • 幹事長:岡田克也 元通産相官僚で元民主党の要職(副総理など)、民進党代表などの要職を歴任
  • 政調会長:長妻昭 元日経ビジネス記者で、民主党、民進党の要職を歴任

大串氏はともかく、民主党時代に見た顔がずらりと並ぶ状況になっている。確かに「ベテラン」という評価は間違いないと思う。

立民、対決路線に回帰 ベテラン重用 新執行部発足

8/27(土) 9:37配信

立憲民主党は26日、幹事長に岡田克也元副総理(69)を起用するなどの役員人事を決定し、新たな執行部を発足させた。政調会長に長妻昭元厚生労働相(62)、国対委員長には安住淳元財務相(60)が就任。閣僚経験者らベテランの起用で体制を強化し、低迷する党勢の立て直しを図りたい考えだ。

~~略~~

泉健太代表は、両院議員総会後の記者会見で「わが党には総理、大臣経験者が多数いる。政権党を目指す姿をもっと打ち出す」と狙いを説明し、「政権との対立軸をより明確にする」との考えを示した。

「Yahoo!ニュース」より

政策政党を目指すために、大臣経験者の意見を聞くとか、大臣経験者を要職につけるとか、狙いは分からないではないんだけど。でも、過去に実績を残した大臣経験者ならばともかく、何をやったか分からないような人ではねぇ。

「批判は野党の使命」

そして、何やら「追及重視」に姿勢を切り替えるのだとか。

岡田幹事長「批判は野党の使命」 政策提案より追及重視へ

8/26(金) 20:49配

立憲民主党の岡田克也幹事長は26日の就任記者会見で、岸田政権を巡る国会対応について「きちんとした批判は野党の使命」と述べ、「追及」を「提案」より重視する考えを示した。「提案型野党」を掲げた国会対策が支持を得られなかったとした参院選総括を念頭に置いた発言とみられる。これに先立つ両院議員総会では、党政策の決定を担う「ネクストキャビネット(次の内閣)」を設置することも決まった。

「Yahoo!ニュース」より

ため息しか出ないな。

刷新して、「提案型野党」から「追求型野党」に転身するようだ。なんと残念なことだろうかと思ったが、よくよく考えてみたら、立憲民主党として何か優れた政策を提案したかを考えてみると、思い当たらない。

提出法案 - 立憲民主党

サイトを確認してみると一応いろいろ並んでいる。一見すると素晴らしいことを言っているようにも思えるのだが、よく見ると与党から出ているような話も多くて目新しさはない。趣旨一貫した主張と言えば聞こえは良いが、海外の目まぐるしい状況に全く対応出来ていない。

メディアとも懇意にしているのだから、新しい政策を掲げてメディアを使ってキャンペーンを張り、立憲民主党の独自色をアピールすればいいのに、そうした努力があった記憶もない。中身を幾つか覗いてみたが、素人の僕からみてもちぐはぐな印象を受けた。

恐らくマンパワーが足りなくて、検討が不十分なのだろう。

小西氏がこのようなtweetをして顰蹙ひんしゅくを買っていたが、「俺が重用されないのはオカシイ」という事なんだろう。しかし、人材が活かせていないことは事実だ。いや、もう少し正しく言うと、党としての方向性が決まっていないのでたいして使えない人材すら活用できていないということだ。

「活動家ばかりで仕事の出来る人材がいない党」が最大野党だというのは、何とも深刻な事態である。嘆かわしいっ!

生存戦略としては正しい

ただ、岡田氏の言う「批判は野党の使命」というのは間違いではないし、党の生存戦略としては正しい。代表の泉氏は岡田氏の存在感に埋没する危険性が高いけれども。

野党である以上はマンパワー不足は解消することが難しい。人がいないのは選挙で負けたからだが、選挙で負けた理由はメディアで目立つことができなかったからである。

つまり目立つためには、モリカケサクラのようなでっち上げでも何でも大騒ぎする必要があるのだ。そして、目立てば選挙で有利に立てる。

目先の利益だけ追い求めれば、そういう事になる。

提案型野党として目立った政策を出せずに与党に埋没してしまうと、野党としては生存の危機を迎えると不安なのだろう。「提案型」という看板を上げて大失敗をした理由は、「所属議員の能力が足りなかった」それだけだ。

根本的な問題として、立憲民主党には提案するためのグランドデザインを共有できる人材が少ない事が挙げられる。共通理念なく、選挙互助会としての寄せ集めが野党の正体なのだから、敵を作って(つまり与党を敵に見立てて)一緒に攻撃するという目的共有をしないと、瓦解してしまう。議論をまとめて方向性を出せる人材がいないのだ。そういう人材は同じく選挙互助会の自民党に行ってしまう。

そして、そもそも無能な働き者が活動的になったところで、国民にとっては迷惑なだけだ。

このまま静かに息をお引取り願いたいというのが、僕の願いなんだけど。

コメント

  1. 泉じゃ無理だろな。と言うより左の人達に多い、所謂「俺が私が全て」な考え方で、調整とか段取りとか根回しとかしないから。あと、これを言ったら相手はどう出て来るかな、相手がこう言って来たらこうしようとか、これを言ったらおしまいだから、そうならない様にこうしようとか、何にも無い。
    だから批判のどこが悪いってなる。
    一度チャンスは与えた。その時に何をやったのか、それが日本の国益になっているのか、やった事が今どうなっているのかを検証しないからダメなのよ。
    今日本が苦しんでいるのは、あの時に推し進めた施策なんだよ。誰のための施策だったのか、日本のためになっているのかを一度真剣に考えないと、永遠に浮上しないから。あ、浮上して貰ったら困る。二度と浮上しないでくれ。

    • 立憲民主党の向いている方向が「日本国のため」とは、どうしても思えないんですよね。
      日本国のため、日本国民のために働いてこその国会議員なのですが。

  2. おはようございます、

    苦笑いしながら記事を拝読しました。
    新しい葡萄酒は新しい革袋に、という格言がありますが、今回の立民人事は、
    お酢化した酒をボロボロの紙袋に、という在り様ですな。

    立民は、迷走しているというよりも、その始まりから立ち往生していた。
    えだのんは立民の代表というより、大家さんだったし。
    泉代表に至っては、そのまんま店子だし。

    • 「迷走」というか「珍走」なのかもしれませんね。
      見ているとバカバカしい気分になりますが、近寄りたくはありません。