韓国、厚かましくも日本に「ホワイトリスト復帰」を要請して一蹴されたと報道される

大韓民国

記事にしようか迷ったが、まあ、一言だけ。

日本メディア「韓国がホワイトリストへの復帰を要請、日本は拒否」=韓国報道

2022/08/21 17:36配信

韓国政府が最近行われた日韓外相会談で、日本が韓国を輸出管理優遇措置対象国である「ホワイトリスト」に復帰させるべきだと要求したが、日本が応じなかったという。

日本の産経新聞は21日、複数の日本政府関係者の話を引用して「今月4日にカンボジアで開かれた日韓外相会談で韓国外交部のパク・ジン(朴振)長官がホワイトリストへの復帰と共に日本が半導体素材3品目の輸出管理を厳格にしたこと(輸出規制)に対して、解除を要求した」と報道した。

「WowKorea」より

一昨日来やがれ!

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

別問題だから!

珍しく仕事をした林氏

流石に一言だけだと記事にならないので、少しだけ。

産経新聞はこれに対して、「林芳正外相が『徴用工問題とは別問題だ』と拒否し、『(韓国国内の日本企業の資産の)現金化に至れば深刻な状況になるので、(現金化措置は)避けなければならない』と繰り返し話した」と伝えた。

「WowKorea”日本メディア「韓国がホワイトリストへの復帰を要請、日本は拒否」=韓国報道”」より

この話は、先週末に行われた日韓外相会談の話だね。

<独自>徴用工問題 韓国が「ホワイト国」復帰要請 日本は「別問題」と拒否

2022/8/20 20:35

韓国政府が4日の日韓外相会談で、輸出管理で優遇措置を与える「ホワイト国(優遇対象国)」への復帰を日本側に求めたことが20日、分かった。いわゆる徴用工訴訟問題をめぐり韓国最高裁による日本企業資産の「現金化」に向けた手続きが進む中で、日本側の前向きな姿勢を引き出すことで尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権の「解決策」に韓国国内の理解を得る狙いがあるとみられる。日本側は徴用工問題とホワイト国復帰は別問題として要請に応じない姿勢を示した。

「産経新聞」より

韓国メディアは「輸出規制」という言葉を使っているが、全く違う。輸出管理の見直しをして、韓国が条件に適合しない国であるということで、グループを移動させた、それだけの事である。報復措置でも何でも無いのだ。

そして、応募工訴訟問題とは全く別問題であるし、もちろん日韓GSOMIAの問題とも全く別問題である。

資産の強制売却判断

ところで、話題に出ていた応募工訴訟の問題だが、韓国政府は判断を先送りさせた。

韓国政府が最低裁判所(大法院)に対して「意見書」を出した。事実上の圧力である。この圧力を受けて、裁判所は「はい、そうですか」と判断の先送りをした。

韓国最高裁、元徴用工訴訟の判断先送り 「月内に決定」現地報道も

毎日新聞 2022/8/19 21:18(最終更新 8/20 00:30)

韓国の聯合ニュースは19日、日本企業に賠償を命じる判決が確定した元徴用工訴訟を巡り、韓国最高裁(大法院)が、三菱重工業が韓国国内に所有する資産の売却命令を不服として行った再抗告についての決定を19日午後6時の業務時間内に出さなかったと報じた。

~~略~~

最高裁は再抗告を受理してから4カ月以内に、これ以上の審理を行わずに「審理不続行」として棄却することが可能。このため韓国外務省は19日までに最高裁が判断を示す可能性があるとしていた。一方で複数のメディアは「担当の最高裁判事が9月4日に退任するため、8月中には決定が出る見通し」とも伝えている。

「毎日新聞」より

実のところ、この「現金化手続き」というのは裁判所が決定を出したからといって、容易にお金に替えることが出来ないシロモノである。誰が三菱の特許権や商標権を買って、これを悪用するのか?と言う話だ。

残念ながら三菱重工は世界的にも名の知れた企業であり、韓国企業が特許権や商標権を手に入れたとして、それを使ってしまえばその企業は終わりである。そんな危ない権利に手を出す訳には行かない。買うとしたら支那企業くらいではないだろうか。国家のバックアップがなければ、とてもではないが買う価値を見出せないのである。

つまり、売りに出せたとして、買い手が付かないシロモノを差し押さえた状況なので、外交的な「見せ札」という位置づけだと理解した方が正しい。尤も、売りにくいというだけで、使わなくても韓国政府の意向を汲んで買い取る企業は出てくるかもしれないが。

何れにしても売却決定で、競売にかけられたとしても、恐らくそう簡単に現金化できない話ではある。

ウォンが安いの!

なお、韓国経済は滅亡の危機に瀕している。

韓国ウォン 対ドルで13年4カ月ぶり安値=一時1340ウォン台に

記事一覧 2022.08.22 16:53

22日のソウル外国為替市場で、韓国通貨ウォンは前営業日比13.9ウォン安の1ドル=1339.8ウォンで取引を終えた。ウォンは前営業日比9.6ウォン安の1ドル=1335.5ウォンで寄り付いた後下げ幅を広げ、午後1時51分ごろには1340ウォン台に下落した。ウォンが対ドルで1340ウォン台に下落したのはリーマン・ショック後の2009年4月29日以来、約13年4カ月ぶり。

「聯合ニュース」より

総合株価指数(KOSPI)も下落しているし、新興企業向け株式市場コスダックの指数も下落している。序でに、暗号資産の値動きも韓国経済には悪影響を与えているようだ。

まあ、そんな状態で貿易まで落ち込みを見せているのだから、韓国政府としても何としても日本の譲歩をもぎ取りたいのだろう。具体的に言うと、「輸出管理のグループ変更」と「通貨スワップ」である。両方とも日本側の立場としては全く不当な話なのではあるが。

迷惑な国だよね。

追記

まさかこの記事に追記することになるとは。

韓国外交部「日本がホワイト国復帰拒否? 事実ではない」

2022.08.23 11:55

4日に行われた韓日外相会談で、朴振(パク・チン)長官が強制徴用被害者問題解決と同時に韓国を輸出管理優待対象であるホワイト国に復帰させるよう要請したが日本側が拒否したという産経新聞の報道に対し、韓国外交部は「事実でない」と明らかにした。

外交部は21日、「韓国政府は日本側の不当な輸出規制措置を速やかに撤回することを持続して促してきた。日本メディアの報道内容は事実でない」と伝えた。

その上で「新政権発足後、外交部は韓日関係改善と懸案の合理的解決に向け日本側の誠意ある呼応を継続して促している」と説明した。

「中央日報」より

なんと、パクちん氏、日本メディアの報道内容は事実では無いと言いだした。まあ、日本メディアの報道内容であれば、事実でないのは当然だろう。

ただ、何が事実と違うかが問題なんだが……。「不当な輸出規制措置」は存在しないので日本側としては撤回のしようが無いんだよな。バーター取引を要求したことが事実ではないということなんだろうか。タイトルを読むと、日本側が拒否した事が事実ではないという風に言っているように読める。

記事を読んでもイマイチ「何が事実ではなかった」のかが分からない。

コメント

  1. 貿易優遇措置。に、妙に執着してるのが不思議なんですよね。やっぱ申告したくない物品でもあるんでしょうかねー(棒

    • 北朝鮮とか、中等とか、特定の相手に流してはいけない品を輸出していたのでしょう。
      それが韓国国内で製造できないので困っている、そんなところでしょうかね。

      もちろん、「貿易に問題がある国」というレッテルを剥がしたいというもうちょっと現実的な理由もあるのでしょうけれどね。

  2. こんにちは。
    「ホワイト国」じゃなくなったのは、瀬取り横流し疑惑(ほぼ黒確定)のせいであって、それ以外の意図は無いと何度言ったら。
    って奴だという事は、木霊様を筆頭にここにおいでの皆様は重々承知のはずですが、あの国は、政府もマスゴミもそこを国民に隠し、「イアンフチョーヨーコーの腹いせニダ!」って嘘で塗り固めてますからね。
    本来なら,出るところに出て、第三国から「横流し疑惑が白にならない限りホワイト国なんて無理よ?」って判決出して貰うのが一番(韓国政府が誤魔化せない)なのですが。
    どっかにさっさと提訴してくれないですかね。

    • たしかWTOに提訴していたはず。
      https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200602004000882
      どうもいまのところ結審していないようですが、WTOがそもそもちょっと信用できない機関になりつつありますから、困ったことです。