文在寅氏に舐められていた日本、当時の交戦指針が明らかに

海軍

どれだけ舐められていたというのか。呆れてモノが言えない。

文政府「日本哨戒機に追跡レーダー照射しろ」…事実上の交戦指針(1)

2022.08.18 07:06

文在寅政府で、軍当局が低い高度で近接飛行する日本海上哨戒機に対して現場指揮官が追跡レーダーを照射するなど積極的に対応するよう指示をする指針を作っていたことが確認された。2018年12月~2019年1月、相次ぐ日本海上哨戒機低空威嚇飛行に伴う措置だった。追跡レーダーの照射は艦砲やミサイル攻撃の意志を伝えるものだ。ところでこの指針は韓国防空識別圏(KADIZ)を絶えず無断進入する中国や領空を侵したロシアには適用されない。そのため公海で唯一日本との交戦は辞さないという趣旨となる。

「中央日報」より

これはあれだ、旭日旗の時の話によく似ている。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

日本は仮想敵国

交戦規定

なかなか酷い話なので、にわかには信じ難いのだが、これが韓国という国なのだ。

17日、与党「国民の力」の申源湜(シン・ウォンシク)議員によると、2019年2月軍当局は「日哨戒機対応指針」を海軍に通達した。これはその年1月に作成した「第三国航空機対応指針」とは別途の指針だ。

「第三国航空機対応指針」は公海で第三国の航空機が味方艦艇に近づいた場合、段階的に対応するよう指示する内容を含んでいる。第三国航空機が1500フィート(約457メートル)以下に降りてきて近くまで接近すれば、味方艦艇は相互を識別した後、通信で警告するなどの4段階の手続きに従って行動するよう定めている。1次警告が通じなければさらに強硬な内容のメッセージを2次として発信しなければならない。

ところで「日航空機対応指針」は「第三国航空機対応指針」と比べると、1段階さらに追加された5段階となっている。日本軍用機が2次警告通信にも応じず近距離を飛行した場合、「追跡レーダー照射」で対抗するように規定した。追跡レーダーは艦艇で艦砲やミサイルを狙うために標的の方向や距離、高度を測定するレーダーだ。射撃統制レーダーと称したり、日本では火気管制レーダーとしても使う。

「中央日報」より

まず、この交戦規定が作られたのは、事件があった後だったということに注目したい。

こちらの記事でもふざけた事を言う韓国側の主張を紹介しているが、事件が発生したのは平成30年(2018年)12月20日のことである。

2014年に採択したCUES(Code for Unplanned Encounters at Sea(洋上で不慮の遭遇をした場合の行動基準))によれば、このような火器管制レーダーの照射というのは、指揮官が回避すべき動作の一つとして規定されている。

そして、今回報道された「日哨戒機対応指針」なる指針は平成31年(2019年)2月に発表されている。

つまり、事件があった後に、日本に対しては積極的に火器管制レーダーを使えとそのような指針が出されたというから驚きである。なお、日本以外の国に対する対応はこれより緩いそうな。

また「日航空機対応指針」が日本を韓国の軍事管轄権に対して友好的ではない中国・ロシアよりも強硬に扱っている点が問題だという指摘もある。軍事的に緊張を緩めてはいけない中国・ロシア軍用機に対する対応は、日本とは違って第三国と同じように積極的警告通信など4段階までがすべてだった。

「朝鮮日報」より

日本と事を構えることが狙いだったことが伺える。

「日本と戦争しようということか」

そして、この指針は韓国政府から出されたもので、当時の軍部からは異論が出ていたと報じられている。仮想敵国から敵国にクラスアップだね。

追跡レーダー照射が引き起こしかねない外交・軍事的爆発性のために、2019年2月軍当局が「日航空機対応指針」を作った際、軍内部からは「日本と戦争をしようということか」という批判が多く出ていた。関連事情をよく知る匿名の政府消息筋は「『日航空機対応指針』は青瓦台(チョンワデ、旧大統領府)安保室が主導し、軍当局の原案よりも強硬に作った」と話す。

「朝鮮日報」より

ただ、この話は胡散臭い。

何故ならば、この話が本当だとしたら、問題の火器管制レーダー照射事件は軍部の独断で行われたということになる。何しろ、ムンくんは事件より後に指針を出したことになるのだから。そうだとするのなら、軍部の独断専行で作戦行動が行われたとして関係者が処分されなければおかしい。だが、そんな事実はないのだ。

それどころか、関係者に対する事情聴取すら行わた形跡がない。

申源湜議員は「日本海上哨戒機を特定して、別途の指針で現場指揮官に軍事的対応まで委任したというのは非常に危険な政策」としながら「軍事的に日本を例外的に優待するのもいけないが、特に強硬な措置を講じるのも不適切だ」と指摘した。

「朝鮮日報」より

中央日報の論調を見ると、一見、ユンユンの時代になったらまともになったように感じるかもしれない。何しろ、こういった問題のある指針が公表されたのだから。

ただ、この報道は韓国政府がアドバルーン的な効果を狙っている可能性もあって、取り扱いには注意したい。わざわざ「日本語版」で報道しているのだから。

事件に関する嘘

そもそも、記事の内容は正確ではない。

例えばここ。

2018年12月~2019年1月、相次ぐ日本海上哨戒機低空威嚇飛行に伴う措置だった。

「中央日報」より

日本のP1哨戒機があたかも威嚇飛行したような記述になっているが、そのような事実はない。日本側の主張によれば、P1哨戒機は高度150mまで近接しているが、これは国際法上問題ない高度で、感から500mの距離があったことからも、「威嚇」には該当しない。

追跡レーダーを稼働し、レーダービームを航空機に照射するのは攻撃する意志があると相手に伝える行為だ。当初、日本海上哨戒機低空威嚇飛行を巡る韓日間の葛藤も追跡レーダーから始まった。

「中央日報」より

またここは、「追跡レーダー」ではなく、火器管制レーダー(STIR-180)である。

「STIR 180」Wikipediaより

これに関連して日本側は海軍広開土大王艦が先に追跡レーダーを照射したと主張した。しかし軍当局の調査結果、当時広開土大王の追跡レーダー「STIR 180」は稼働していなかった。

「中央日報」より

火器管制レーダーは稼働していなかったと韓国側は主張しているが、実際に照射されたレーダーをP1哨戒機側は記録していて、言い逃れしようもない。写真にもバッチリ写っているしね。

「防衛省のサイト」より

当然ながら、日本側は「先に追跡レーダーを照射した」などとは一言も言わない。明確に火器管制レーダーを照射されたことを問題にしている。

その後、日本は2019年1月に3回にわたり海軍艦艇上に海上哨戒機を飛行させ、これによって両国関係が急激に悪化した。

「中央日報」より

この部分も、威嚇の事実は無かったため、嘘である。

軍当局は日本軍用機に強く対応するように指示する指針を作ったが、実際の前線では対立状況を作らないように相互の動きを事前に知らせていた。国防部が申源湜議員室に報告した内容によると、韓日両国の軍用機が相手側軍艦側に飛行する場合、両側は積極的に情報を交換した。また、韓国軍艦の近隣に中国・ロシア軍艦が現れる場合、日本海上哨戒機が識別・採証のために低高度飛行をする前に、韓国側にこのことを事前に知らせた。

「中央日報」より

ここも真っ赤な嘘である。日本側の再三の抗議に対して韓国軍側が無視をし、事前の通報など行われなかった。

日本側からの識別・採証のための信号を出しているのは事実だが、これは軍としては当たり前の行為である。

むしろ、その当日、海上にあった韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」が、日本側の無線通信を無視したことのほうが問題なのだが。

追跡レーダーとは何か?

ところで、韓国側が主張している「追跡レーダー」とは一体何なのだろうか。

駆逐艦「広開土大王」が装備しているレーダーのうち、航空機に対して使えると思われるものは2つある。

AN/SPS-49(V)5対空捜索用レーダーと、MW-08三次元レーダーである。

AN/SPS-49(V)5の方はLバンド、MW-08の方はCバンドを使うレーダーで、STIR-180のようにXバンド、Kバンドを使って探査するタイプのレーダーではない。

そして、残念がらAN/SPS-49(V)5もMW-08も、特定方向にアンテナを向けてレーダーを照射する機能は持っていない。旋回しながら全周を探索するタイプのレーダーなのだ。

このあたりは防衛省も説明している。

そうすると、冒頭の記事の指針はなんだかおかしな事になる。

ところで「日航空機対応指針」は「第三国航空機対応指針」と比べると、1段階さらに追加された5段階となっている。日本軍用機が2次警告通信にも応じず近距離を飛行した場合、「追跡レーダー照射」で対抗するように規定した。

「中央日報」より

「追跡レーダー照射」で対抗とは一体何を意味するのだろう?

探索用レーダーは、周囲を探索するために常に旋回している。意図的に特定方向に向けるということはないのだ。そうしてみると、この事後的に作られた「指針」とやらは、アリバイ工作のために作られた可能性も視野に入れる必要がありそうだ。

そして、問題は「指針がある」ということを指摘した上で、現段階でも運用が続けられていることが明らかになったことだ。こんなおかしな指針を政権が変わっても維持しているというのだから、呆れるしか無いな。

ムンくんにも舐めた対応をされたことは明らかになったが、ユンユンもまた同様の態度である可能性が高いということだね。これで過去の対応が正されたなどという話にはならないと思うよ。

追記

産経新聞もこのニュースを報じたようだ。

韓国軍、レーダー照射で強硬指針 見直しも検討

2022/8/19 18:46

韓国海軍艦が2018年、自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題を巡り、韓国軍が19年2月、自衛隊機が2回の警告に応じず接近を繰り返した場合は同レーダーを照射する指針を作っていたことが19日、分かった。両国間の不信が増大していた時期に強硬な措置を準備した形。見直しを検討中という。

「産経新聞」より

しかし、中央日報などの記事の問題点については触れていないな。

指針が出た時期が問題とは思わないのだろうか?もちろん、「見直し検討」している点も注目しておきたいところではあるが、よく見たら共同ソースか。

産経新聞もサラッと取り上げるだけでなく独自のニュースにすればいいのに。

追記2

新しい記事にしようとも思ったが、ここには追記しておくべきだと思ったので、まずは記事を引用する。

癒えぬ日韓レーダー照射事件の傷、自衛隊元幹部が嘆く3つの問題

8/19(金) 16:30配信

韓国紙中央日報は18日、韓国軍が日本の海上自衛隊哨戒機に対し、火器管制レーダーの照射を含む指針を作っていたと報じた。

「Yahooニュース」より

なかなか興味深い記事だが、3つの問題というのが指針の内容について切り込んだ話なので、実に参考になった。

その1

「まず第1に、高度1500フィートから対応するなど、乱暴すぎます」。日本でも多くの国々と同じように、ICAO(国際民間航空機関)の規定を踏まえつつ航空法で原則150メートルの最低高度を定めている。自衛隊機は軍用機なので、航空機の安全などを考えたICAOの規定に縛られず、さらに低い高度を飛ぶことも可能だが、原則として航空法を準用して運用している。自衛隊が18年12月の事件当時、「安全な高度を維持していた」と説明したのは、これを指す。韓国軍の規定はICAO規定の3倍の高度から対応を始めるとしており、国際基準からずれているというわけだ。

「Yahooニュース」より

僕も指針を目にした時に違和感を感じた高度1500フィート問題。

1500フィートというと、大体457m程度の高さである。民間機の規定であるICAO(国際民間航空機関)の規定すら最低高度は150mなのだ。自衛隊機が「威嚇したこと」にしたいがために、他国に対しても450m付近から対応を迫られる韓国海軍が少々哀れではあるが、そこまで高く設定しておかないと「何をしているか見られる」のが困るのかもしれない。

その2

元幹部は「2番目の問題ですが、なぜ中国やロシアより、日本に更に厳しい指針を取るのか、全く理解できません」と語る。18年12月当時も、自衛隊内部では、準同盟国に位置づけていた韓国軍からレーダー照射を受けたと知り、衝撃が広がっていた。

「Yahooニュース」より

アレが「準同盟国」だったというのが問題なのである。

もはや、韓国軍とは組めないというのが、その後の自衛隊の常識となってしまった以上、この点についてなにかいうこともないのだが、「支那やロシアよりも厳しい指針」というのが笑えるな。完全にレッドチーム気取りだ。

その3

そして、元幹部は「3番目の問題」として、韓国軍がこうした指針を一方的に作成した点を挙げる。元幹部は「国際社会では、近隣国同士が、偶発的な衝突を避けるため、お互いの行動基準を定めることがあります。火器管制レーダーを使うような危険な行動基準を一方的に定める行為は、理解に苦しみます」と語る。

「Yahooニュース」より

ここはちょっと勘違いがある気がする。韓国軍の指針は日本の自衛隊に対してだけ、火器管制レーダーを使えという事のようだから、これはまさに宣戦布告に準ずるような話なのである。

「理解に苦しむ」というレベルではないのだ。

そもそも韓国軍を理解しようなどということが烏滸がましい。基本的な価値観を共有できる相手ではない、ただそれだけのことなのである。

コメント

  1. おはようございます

    朝鮮は、南北共に民族主義傾斜が強く、非常に好戦的です。
    空自機への追跡(=攻撃)レーダー照射は、眼に見えるかたちで、それが示された事件でした。
    ムンムン政権の影響はありましたが、レーダー照射それ自体は現場判断だったでしょう。
    記憶違いでなければ、レーダー照射を実行した南鮮の駆逐艦艦長か射撃管制士官かが、
    日ごろから反日的な人物だった、と後日在日メディアに紹介されていたと思います。

    • そうでしたか。
      しかし……、日頃から反日的な人物が政治的意図で火器管制レーダーを友好国の航空機に使ってしまうというのは、かなり末期症状ではないでしょうか。上の判断を無視したことになりますから。
      軍隊でそれは非常に危険なんですが、何故処分しなかったのか。反日無罪だからですかね。

  2. 「自衛隊機を照準レーダーでロックオンした」「額に銃口突き付けた」
     のは、ミスでも、跳ねっ返りの暴走でもなく、

    「通常の軍規に基づく行為」  だったわけですね。

    日本政府は厳重に抗議すべきです。

     ・この異常な軍規を取り下げさせるため
     ・米国を見方に韓国に抗議するため
     ・世界に韓国の異常性を知らしめるため

    しかし韓国の対日侵略・隷属化の策謀が、ここまで具体化されて きているとは、、

     ・言い訳
      自称徴用工 判決・仲裁拒否による、サンフランシスコ条約・日韓基本条約の毀損
    自称慰安婦 特に20万人と言う大嘘多数、世界への広報
     ・軍備
      多量の弾道ミサイル有効射程の延長、強襲揚陸艦、etc
     ・軍の行動規範
      まで整備されつつあったことが今回発覚

    今の韓国政権がまがりなりにも保守で良かった? 李政権となっていたら既に戦争だったかもしれず時間が稼げた、、、しかし伊政権も結局、台湾事変時には日本攻撃するでしょう。

    抑止軍事力は間に合わない。今のうちに経済制裁発動すべき、現金化は多分また先延べになるでしょうから、国際法を守る方向への改善に期限を切り制裁実施。

     規模は、韓国政府認定の徴用工21万7000人×1000万円≒2兆円

    半導体素材の全面禁輸、金融制裁、全部しても釣り合うんじゃないかな?

    • 残念なことに、軍規に従って現場の兵士が行動したかどうかは不明です。
      事件は調査されずに放置され、既に「調査も難しい状況」を迎えたそうです。
      端から調査する気はなかったのでしょうけれど。

  3. 艦長以下将兵達を処罰しないための法的根拠をでっち上げたかっただけ。なんじゃないですかね。この規定にしたところで、韓国の嘘を無理矢理通した場合に適応されるだけの話。実際には当該事案も含め、ほぼ起こりえないという確証在りきで出来上がってるんじゃないですかね。強気なんだか弱気なんだか。まぁ、韓国民に強気に映ってればそれで良いんでしょう。向こうにとっては。
    日本側としては、敵意剥き出しで関係改善?HAHAHA…て、笑ってる場合でもないですが…まぁ、敵は明白になったので危機感を持たねばなりませんなぁ…

    • 事後的に指針が作られところで、事件には本来影響せずに処分されるのが当然であります。
      本件ではなぜそのような行動をとったのかすら明らかにされずにいます。
      こんな状況では、日本だけではなく他国の軍隊も韓国軍を「信用できない」というレッテルが貼られてしまうことでしょう。

  4. 文政権は北朝鮮船への瀬取り行為を行っていたか容認していたのでしょう。低空飛行で監視するのは日本の航空機だけです。だから日本だけが対象となっているのでしょう。
    日本政府、米国政府は当然この事は承知しているはずです。いずれ国際機関の場で詳らかになるでしょう。

    • せどり行為は容認されていたようですね。
      結局、近くにいた北朝鮮の船も、その存在については全く言及されていません。
      「救助」というには、天候も波も穏やかでしたから、船内でなにか突発的な事故が起きてSOSという話だったか、或いは韓国軍と北朝鮮の船とでせどり行為を実行していたなんてことすら考えてしまいますね。

  5. (追加)
    現在の政権は、日本政府 いや米国政府から強く言われて、文政権との違いを見せて日本にすり寄る態度を表しているように見えます。