台湾当局、日本のEEZに着弾したミサイルは与那国島などを狙ったものと分析

防衛政策

なるほど。そりゃそうだろう。

EEZ内に中国の弾道ミサイル5発 日本攻撃想定、与那国レーダーを狙う 台湾当局「第一攻撃に含まれる」 世良氏「政治家は対応急ぐべき」

2022.8/6 15:00

中国が4日に台湾周辺海域に発射した弾道ミサイルのうち5発が日本の排他的経済水域(EEZ)内に着弾した問題で、中国の目標が沖縄県与那国島のレーダーなど、日本への攻撃を想定したと台湾当局が分析していたことが分かった。「台湾有事」が「日本有事」に直結する事態が現実味を帯びている。

「ZakZak」より

この記事は6日付で、幾つかの新聞で指摘はなされていた。が、テレビで取り上げられるようなネタではないらしい。

日本の国防に大きくかかわってくる案件なんだが、結局それらしい報道は目にしなかった。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

有事の際のメッセージは弱い

第一撃に南西諸島への攻撃が含まれる

さて、分析を見ていこう。

産経新聞が6日、台湾の軍事情報筋の話として報じた。「中国軍の台湾への第一撃には、同時に南西諸島への攻撃が含まれることがますます明らかになってきた」と情報筋は指摘したという。

「ZakZak”EEZ内に中国の弾道ミサイル5発”」より

支那が発射した弾道ミサイルのうち、日本のEEZに着弾するように狙ったものは5発。

日本のEEZに着弾したものを含め台湾当局が中国が発射したと分析したのは、中国軍の戦略部隊であるロケット軍が運用する短距離弾道ミサイルの東風(DF)11A(射程約500キロ)と、新型の同F16(同約800~1000キロ)、陸軍の新型の長距離ロケット砲PHL16。EEZ周辺の目標の想定は、与那国島や周辺島嶼(とうしょ)のレーダーサイトやミサイル陣地だとした。

「ZakZak”EEZ内に中国の弾道ミサイル5発”」より

与那国島、波照間島、石垣島が、このミサイルの射程圏内に入ってくることは図を見ても明らかであり、狙った位置に着弾したことで支那人民解放軍は嘸かしご満悦だったことだろう。

この期に及んで「対策を急ぐべき」という専門家の発言は、もはや失笑するしかない。支那が長距離弾道ミサイルを手に入れたのはもう何十年も前の話だからだ。

軍事演習区域に日本のEEZ含まれる見解は存在しない

当然、こういった見解を支那は否定するのだが、その発言はなかなかすごい。

中国 “軍事演習区域に日本のEEZ含まれる見解は存在しない”

2022年8月5日 6時01分

中国軍は4日、台湾を取り囲むように大規模な演習を始め、台湾の周辺海域に向けて弾道ミサイルを発射しました。 弾道ミサイルの一部は日本のEEZ=排他的経済水域の内側に落下しましたが、中国側は「両国は関連海域で境界を画定しておらず、演習区域に日本のEEZが含まれるという見解は存在しない」と主張しています。

~~略~~

日本側の抗議に対し、これまでのところ中国政府の公式な反応はありませんが、日本側が演習区域に日本のEEZが含まれているとして懸念を伝えたことについて、中国外務省の華春瑩報道官は、4日の記者会見で「両国は関連海域で境界を画定しておらず、演習区域に日本のEEZが含まれるという見解は存在しない」と主張しました。

「NHKニュース」より

控えめに言っても発言の意味が分からない。

ここで言う「両国」というのが、日本と支那の2カ国であるということは疑いようがないが、ここで境界確定する必要性は無い。疑いなく日本のEEZ内だからだ。

中国外務省 汪文斌 報道官
「法律的にも政治的にも道義的にも、日本は台湾問題についてとやかく言う権利はない」

汪報道官はさらに、「中国が自分の領土の周辺海域で軍事演習を行うことは、国家の主権と領土を守る正当な行動だ」と主張しました。

「TBS NEWS」より

その周辺海域に日本のEEZが含まれているから文句を言っているのだが、何様のつもりなのか。

注目すべきは、弾道ミサイル5発が日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したことだ。台湾有事の際に日本への攻撃を想定していることがわかる。中国側には、今回のミサイル発射で日本の反応を探ろうとしている可能性もある。政府はこうした軍事行動を断固として許さない姿勢を示すとともに、台湾有事が日本の有事にもなりうることを日本国民に周知させる必要性がある。

「毎日新聞」より

毎日新聞は、専門家の発言を引用して、「日本も狙われている可能性がある」「日本の反応を探っている」ということらしいが、そんな事は言われなくとも知っている。多くの国民に周知する必要はあるが、こんな後ろの方に分析を載せてもほとんどの人は読まないだろう。

メディアとしてはなるべく話を矮小化させたいのだ。

与那国島駐屯地

さて、狙われている与那国島だが、自衛隊の駐屯地が存在する。

人口1700人の与那国島、有事の最前線…自衛隊配備進む[沖縄復帰50年]<1>安全保障

2022/05/12 05:00

沖縄本島の509キロ・メートル南西に浮かぶ日本最西端の与那国島(沖縄県与那国町)は、人口約1700人の国境離島だ。台湾から111キロ・メートルの島は今、中国の軍事的な台頭で緊張が高まっている。

~~略~~

島の守りは、かつて「拳銃2丁」とやゆされた。島内に2か所ある警察の駐在所にちなんだものだ。長く防衛の空白地帯と指摘されてきたが、16年3月に陸上自衛隊の駐屯地が設置された。沿岸監視隊員約160人がレーダーなどで船舶や航空機を24時間監視する。

航空自衛隊も今年4月、駐屯地を拠点に与那国分遣班を新設。移動式警戒管制レーダーで領空侵犯の恐れがある外国軍機を探知し、那覇市の航空自衛隊那覇基地からの緊急発進(スクランブル)につなげる。昨年度のスクランブルは1004回で過去2番目の多さだった。中国機への対応は全体の7割を超える。

「読売新聞」より

とはいえ、ようやく整備され始めたばかりで、ミサイル基地に関しては石垣島に今年の年末予定となっている。

こうした離島に自衛隊が配備され始めたのは第二次安倍政権になって以降の話で、コレまではずっと放置され続けてきた。

その間に沖縄本島は外国勢力に侵食され続け、随分と大変なことになっている。「サヨク最後の楽園」と呼ばれる島だが、外患誘致を積極的に取り組む勢力が多い。

中国軍が台湾周辺で軍事演習 与那国の漁業者に不安広がる

08月04日 18時04分

中国軍は4日から台湾を取り囲むように設けた6つの区域で、軍事演習を開始しました。 島の南北に演習の区域がある沖縄県与那国島では、普段どおり漁が行われていますが、漁業者からは不安の声も聞かれました。

~~略~~

与那国町によりますと、今回の演習についてこれまで国や県から連絡はないということです。

糸数健一町長は「情報を出せないのか対応を決めかねているのか分からないが、国や県から情報が何もなくどういった対応をしなさいという指示もない。不安を煽るようなことはあまり言いたくないが、演習の延長線上に有事があるのだから、対応がどうなってるのか町民も不安に思っているはずだ」と話していました。

「NHKニュース」より

そして、日本の防衛指針がはっきりしないために、今回のようなケースで適切な情報を驚異にさらされている地域に出すことができないという致命的な問題が表面化している。

新しい防衛大臣?

とまあ、こんな大変な時期に防衛大臣を交代するというクソな判断をした岸田氏には殺意が湧くが……。

防衛相は浜田靖一氏

2022/8/9 19:37

岸田文雄首相は10日の内閣改造・自民党役員人事で、浜田靖一元防衛相を再起用する方針を固めた。

「産経新聞」より

ハマコーの息子かぁ。防衛大臣経験者というけれど、ぱっとしないんだよね、この人の業績。麻生内閣での防衛大臣を担当しているんだけど、任期中で思い出せるのは海賊対処法くらいだろうか。

海賊対処法も画期的ではあった。それ以前は、護衛艦に海上保安官が同乗する形で活動し、海上警備活動下で射撃は正当防衛のみという、およそ現実的ではなかった運用だったが、法施行によって、海上保安官が武器使用可能となった。尤も、海上保安庁の船舶が海賊退治に特化していないことと、そもそも外洋を長期間航行できる船舶が少ないこともあって、もう一歩踏み込んで欲しいところではあるのだが。

ともあれ、台湾に近い政治家ではなく、日韓議員連盟に所属する人物なので、期待は薄い。なぜ、岸氏を留任しなかったのか。防衛政策こそ、継続性が大切だというのに。

支那に対するメッセージ性としては、かなり不味いものになりそうだな。林氏の留任といい、浜田氏の防衛大臣抜擢といい、何がやりたい内閣なのか。

コメント

  1. 中共軍が台湾を獲りに行くとき、尖閣も先島も同時に獲りに来るはずです。
    これら、台湾の東に位置する日本領土、を勢力下に置くことは、
    中共軍が台湾占領を確実にする上で、必然の戦術でしょう。

    • 当然、拠点として考えるのであれば与那国島辺りは非常に邪魔なんですよね、台湾侵攻する際には。
      そうすると、武力で侵攻する為にはこれらの島嶼を抑えるのは当然の戦略であり、ミサイル部隊など放置するはずがないわけです。
      ここに自衛隊がいなければ更に容易に侵攻して拠点化出来るわけですから、何れにしても防衛拠点として整備するしかないのですよね。

  2. この大変な時期に「継続性が大事」として「あの」やらかし外相を留任させておいて、
    防衛相は交代ねぇ。
    統一教会の排除には賛成だけど、
    今の状況で、これで内閣改造とはね。
    そもそも統一教会問題は、例の男が言い出した「動機」が原因なわけで、
    発端がうさんくさいことこの上ない。
    これって、「中国様に忠誠を誓います」という首相のメッセージですかね。
    安倍さんが亡くなったから、堂々と「媚中」できると。

    • 継続性という意味で、外務大臣の交代をしなかったことは、一定の理由があったのだとも言えますが、継続性よりも害悪の方が大きいのが林氏の外務大臣留任でありまして。
      恐らく、「支那との距離間」なのでしょう、コレが岸田政権なのです。
      ソレが国益に資するかというと、怪しい気がします。