支那人民解放軍の大規模演習は今後も続ける予定

政策

コレはどうなんだ。

中国軍 台湾周辺の大規模軍事演習終了 今後も圧力強めるか

2022年8月8日 5時02分

アメリカのペロシ下院議長の台湾訪問に反発して中国軍が台湾周辺で行っていた大規模な軍事演習は7日、事前に予告した4日間の日程を終えました。中国軍の関係者は、今回の演習で武力による統一を決めた場合の動き方を検証したことを示唆していて、今後も台湾に対する圧力を強めていくものとみられます。

「NHKニュース」より

NHKニュースも相当支那の影響が強く出ている。今回、台湾にペロシ氏が来るにあたって、大規模演習をやったのだけれど、これは「後の祭り」である。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

威嚇だけでなんとかしたい支那

武力を用いた威嚇は国際法的にも問題アリ

さて、記事を丁寧に拾っていこう。

中国軍は、今月4日から台湾を取り囲むように合わせて6か所の海域と空域で大規模な演習を行うと予告し、7日、4日間の日程を終えました。

「NHKニュース”中国軍 台湾周辺の大規模軍事演習終了 今後も圧力強めるか”」より

アメリカ下院議長のペロシ氏が訪台したのは8月2日夜のことである。

この情報を事前に掴んだ支那は、随分と騒いだし、迎撃出来る装備を配備するような動きも見せた。しかし、ペロシ氏訪台を阻止することが出来なかった。

東シナ海を所管する東部戦区は、7日も台湾周辺で、陸上に向けた攻撃と空中での長距離打撃能力を試すことに重点を置いた実戦的な演習を行ったとして、戦闘機や爆撃機などが飛行する映像を公開しました。

「NHKニュース”中国軍 台湾周辺の大規模軍事演習終了 今後も圧力強めるか”」より

演習では随分と威圧的な内容での訓練をしているのだけれど、女傑ペロシ氏、脅されているとは分かっていても、台湾に降り立った。

支那に脅されて、台湾に着陸しないのでは?という予想も出されていたのだが、結局そんなことは無かったのである。武力で脅されたからこそ、アメリカは意地でも台湾訪問を決行したのだが、支那は脅しだけで終わってしまう。実力がないので、実力行使はためらわれたらしい。

そして、実際に演習を始めたのは8月4日、つまり、ペロシ氏が台湾を去った後だ。

結果として、中間選挙後に勇退が決定的なペロシ下院議長は、中国の脅しに屈せず訪台した。

中国は報復として、4日から7日にかけて台湾を囲むように6ヵ所で中国人民解放軍が軍事演習を行った。ただしペロシ下院議長は3日午後7時には台湾を離れ、次の訪問地である韓国に向かっており、中国はペロシ下院議長が台湾にいる間には軍事演習を仕組めなかった。今まともに、中国はアメリカと戦う戦力はないだろう。

「yahooニュース」より

口火を切る勇気はなかったが、海上でお祭り騒ぎは楽しかっただろう?

バイデン氏であれば絶対に行かなかっただろう

なお、このペロシ氏訪台についてバイデン氏は反対したと言われている。

アメリカ国内でも、賛否は分かれるのだ。アメリカのナンバー3が台湾に行けば、支那との関係は明確に悪化する。いや、悪化させる口実を与える。

実際に、記者団に問われてバイデン氏はこんな発言をしている。

それは、7月20日のことだった。バイデン大統領はナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問計画について、記者団に問われて「米軍は、それがいい考えだとは思っていない、と思う。だが、私は状況がどうなっているか、知らない」と語った。

「現代」より

いや、アンタ大統領だろう?

アメリカ軍のトップは大統領なんだけど……。そう言えば、日本の過去の総理大臣の中にも、似たような発言をした人物があったな。日本では自衛隊の最高司令官は内閣総理大臣という事になっている。

首相が自衛隊最高司令官であることを知らない国〜安保法制は日本の「現実的一歩」だ ジェームス・E・アワー

2015/10/6 05:00

約20年前、私がたまたま日本を訪れていた最中に、自民党と社会党、新党さきがけが土壇場で連立政権を樹立し、社会党の村山富市委員長が思いもかけず首相に選出された。報道陣は新首相の自宅に駆けつけ、自衛隊の最高司令官である首相になったことについてどう思うかと感想を聞いた。報道によれば、村山新首相は自らがそのような役割を担うことはないと否定したという。

~~略~~

さらに驚いたのは、5年前、民主党政権の菅直人首相が自衛隊幹部との意見交換会でのあいさつで、改めて資料を調べてみたところ、首相である自分が自衛隊の最高司令官であることを知ったと述べたことだ。

「産経新聞」より

ところが首相に就任したにも関わらず、自衛隊の最高指揮官であったことを知らないというのだから、呆れるより他ない。

と、ちょっと話が逸れてしまったが、バイデン氏は相当ボケが進んでいるらしく、自身の発言や判断に責任が持てる状態ではないようだ。「私は知らない」とか言われてもねぇ。

そんな状態であるから、政治的な駆け引きが出来る訳がない。訪台は、バイデン氏にはできない芸当である。立場的にも、ペロシ氏を派遣させる方が都合が良いという事もあるが。

演習は継続

さて、そんなわけで、メンツを失ってしまった人民解放軍だが、冒頭のニュースでは、7日には訓練を終えるはずだった。だが、そうはならなかった。

中国軍 台湾周辺での軍事演習 予告期日過ぎるも継続と発表

2022年8月8日 14時30分

中国軍で東シナ海を所管する東部戦区は、8日も台湾周辺の海域と空域で軍事演習を引き続き実施していると発表しました。

「NHKニュース」より

どうやら演習は続ける模様。

振り上げた拳を、振り下ろす先が無くなっちゃったからねぇ。

中国人民解放軍国防大学の孟祥青教授(少将)は国営中央テレビで、今回の演習は「わが軍史上空前の台湾島包囲だった」と強調し、空母も参加したと明らかにした。中国軍機は台湾海峡の中間線を連日越えて飛行しており、孟氏は「いわゆる『中間線』を徹底的に打破した」とも主張した。

「時事通信」より

支那人民解放軍はイキっているようで、中間線を越えて大喜びらしい。そして、未だ祭りを終わらせたくないようで。

……金に余裕があるのか、人民解放軍のグリップが緩くなっているのか。それとも国内で暴発されるくらいなら、予算を与えておくべきという判断だったのか。

良くは分からないが、習近平氏はそれを許容しているようだ。

そうすると、この脅威を感じて「どう動くのか」を見られているのは、台湾、韓国、そして日本であろう。

台湾は現状で折れる気はサラサラ無いようで、一方の韓国はあっさり折れて外相が呼び出しを喰らっている。じゃあ、日本は?という訳なんだが。

防衛費増額は絶望的か

財務省は強硬反対

分かり易くこの時期に防衛費増額の決定的な方針を打ち出してしまえば、日本としての立場は明確にできるだろう。

だが、困った事に、岸田氏が「相当額の増額」を約束していたにも関わらず、今年の防衛費はかなり渋そうである。

建設国債、海保対象も自衛隊認めず 財源論再考の契機

2022年7月28日 6:00 (2022年7月28日 18:00更新)

防衛費の増額は財源論と密接に絡む。公共事業などの財源となる建設国債はこれまで海上保安庁に使いながら、防衛費には認めてこなかった。社会保障に用いる消費税のような特定の税財源も防衛費にはない。国内総生産(GDP)比1%の目安撤廃は負担のあり方を再考する機会となる。

「日本経済新聞」より

この記事、残念ながら会員しか読めないのだが、記事では財源について国債発行は否定している。日本経済新聞が財務省の出先機関で、経済関連の内容については極めて信用出来ないことは既に皆さん承知の通り。

防衛費の研究(4)建設国債、自衛隊に使えず 建設国債で軍拡ですか?|清谷信一|note
例の日経の防衛費のシリーズ記事です。 まともな基礎知識がなく、自民党の国防部会の受け売りの世論操作記事です。 防衛費の研究(4)建設国債、自衛隊に使えず 警備用の海保巡視船は対象 財源論再考の契機に >防衛費の増額は財源論と密接に絡む。公共事業などの財源となる建設国債はこれまで海上保安庁に使いながら、防衛費には認...

キヨタニもキャンキャン吠えているが、まあこの人の自衛隊関連記事は信用に値しないし、この話も読むに値する内容は書かれていない。ただし、日経新聞の中身に触れられているのでリンクだけ紹介。

何にせよ、財源問題はあるが防衛国債で解消するくらいしか手が無いのは事実。しかし、先行投資という観点からすれば、兵器について防衛国債を採用するということはアリだと思う。

ペロシ氏訪台の「本当の意味」がわかっていない日本の防衛費論議

8/8(月) 6:02配信

日経新聞に《建設国債、海保対象も自衛隊認めず 財源論再考の契機》という興味深い記事があった。

米欧が用いる北大西洋条約機構(NATO)基準なら海上保安庁への予算は防衛費との位置づけになるので、今の防衛費のGDP比は0.95%だが、NATO基準であれば1.24%になるという。これは、よく財務省が持ち出す話で、すでにGDP比は1%を超えているのでそれほど増やすことないとの説明に使われる。

滑稽だったのは、同じ財務省の言い分だ。海保の船は建設国債対象だが、海自の船は建設国債対象でないとの話が掲載されていた。そのロジックは、海保の船は持続して使える年数が比較的長いが、海自の船は有事の際攻撃を受けるから長く使用できないからだという。

さすがにこれに対し、小野寺五典元防衛相は「防衛予算は国債にはなじまないという話だが、海保の船は建設国債でつくる。もう少し普通に考えたほうがいい」と批判している。

「yahooニュース」より

yahooニュースの記事、論者は高橋洋一氏なので、まあ、「納得」というようなロジックが展開されている。

防衛費増額の意味を問う(下) 「防衛費2倍で防衛力2倍は幻想」:朝日新聞デジタル
 増額が焦点になっている防衛費の概算要求が間もなく行われます。防衛力整備は、単純に予算を増やしただけでは解決できない問題もあります。防衛省海上幕僚監部防衛部長として予算要求にも携わった渡辺剛次郎元海将…

朝日新聞はこんなアホな記事を書いているが、読むだけで笑える。何れにしても予算の議論をすることは必要だが、その前に現状認識を改めねばならない。

現状、自衛隊には予算が足りていない。防衛力を増やすのではなく、維持するための費用が足りないという状況なので、先ずはその辺りを改める必要がある。国債だって使えば良いのである。後年度負担などというアホな制度を使うよりはマシだ。

岸田内閣改造

そして、この時期に岸田氏は内閣改造を決断した。もちろん、秋の臨時国会の開会前に、選挙の結果を反映した内閣改造をすべきという意見は分かる。

だが、その人事がかなりヤバそうである。

自民 岸田首相に党役員人事一任を決定 臨時役員会

2022年8月8日 17時41分 

10日に行われる自民党役員人事について、自民党は臨時役員会を開き、総裁の岸田総理大臣に一任することを決めました。

「NHKニュース」より

安倍晋三という重鎮を失った日本の国会は、糸の切れた凧のように漂っている状態であるが、既に「岸防衛大臣の入れ替え」とか「林外務大臣の留任」とか「松野官房長官の留任」とか、考えつく限り最悪の方向に向かっている。

支那に間違ったメッセージを与えること必至で、茂木幹事長の留任なども人事にかなりの悪影響を出すだろうと予想される。噂では防衛大臣にアノ福田達夫氏が候補として挙げられる始末である。

間違いなく喜ぶだろうねぇ、支那は。そして、世界に誤ったメッセージを発信することになるんだけれど、不安なことこの上ないな。

まあ、メディアが必至に圧力をかけるように情報撹乱をやった結果だろうから、事前情報が正しいとは限らないんだけれども、かなり不安が残る話だよね。台湾との関係で岸氏を外すのは絶対まずいんだけど。

追記

コメントで頂いた内容について少し。

海上自衛隊員1人襲われる 慰霊式に出席中―ソロモン諸島

2022年08月08日13時09分

南太平洋の島国ソロモン諸島で8日、日米の激戦となった「ガダルカナル島の戦い」から80年の慰霊式に出席していた海上自衛隊員1人が、刃物とみられる凶器で襲われた。在ソロモン日本大使館が8日明らかにした。

「時事通信」より

記事では、ソロモン諸島での慰霊式に出席していた自衛官が地元民に刃物で襲撃された事が紹介されている。

どうやら、はさみのような刃物で頸を刺されたということのようだ。

AFP通信の記事より紹介されていた写真を幾つか引用しているのだが、上の写真が参加者で下の写真が襲撃後取り押さえられた人物のようだ。

参加していたのは、米国務副長官を始めとするアメリカ軍側の人間と、駐豪米大使などのアメリカ政府側の人間、そして日本政府からは鬼木誠防衛副大臣や山崎幸二統合幕僚長など防衛省及び自衛隊幹部が出席していた模様。

現地の警察は、身柄を拘束した容疑者について、精神科の治療を受けていたが数か月にわたり薬を服用していなかったと発表した。

慰霊式を主催したソロモン諸島政府の文化・観光省は、日本側に正式に謝罪し、「特定の日本人を狙ったものではない」と説明した。

「AFP」より

そして、現地人の容疑者が精神異常者で、テロではないという処理。

構図が日本の元総理大臣を狙ったやり方に似ていることは言うまでもないが、自作の銃を持ち出さなかっただけマシだろう。

警備態勢はどうなっていたのか?という疑問や、軍関係者が参加していて対応がどうだったのか?ということは気になるところ。但し、被害者の名前が出ていないことを考えると、海上自衛官の中でも要職に就く人物だったと言うことではなさそうだ。

問題は、ソロモン諸島は最近支那と安全保障協定を結び、東側の勢力に取り込まれつつあると言う点だ。要はこの事件も含めてかなり「きな臭い」という事なのだ。

もちろん、全く無関係と言う事もありうるが、「何かがある」と思って対応すべきだと思う。

コメント

  1. 木霊さん、おはようございます

    今回の記事を読んで、朝から頭が痛くなった。
    岸田政権は、これから支那の方へ旋回していきますよ。

    • ソレは大変失礼を。
      しかし、10日の内閣改造次第ではとんでもない事になってしまいそうですよ。
      自民党の代表選の時に主張したアレは一体何だったのでしょうかね?

      • 追記し忘れたことがありました。

        数日前、ソロモン諸島で行われた日米合同の戦没者慰霊祭で、自衛官が現地人に刃物で襲われ負傷したと。
        これなど、いかにも支那の工作でしょう。岸田政権は何かコメントしましたかね。

      • 支那の工作の可能性は否定できませんねぇ。
        僕は、陰謀論と言われようが安倍氏暗殺の実行犯も何らかの影響下にあった可能性を疑っています。
        支那にとって安倍氏の存在は都合が悪いですから。

  2. >誤ったメッセージを発信
    これが、首相の「(中国への)正しいメッセージの発信」ではないことを願うばかりです。
    疑っちゃいますよね。

    • ありそうな話ですねぇ。
      岸田内閣は、支那に対して一定の距離を保っているという噂でしたが、どうにも間違った分析だった気がしてなりません。