厚生年金の脱退手当金を巡って騒ぐ韓国人労働者

OINK

酷い話だよ。

日本政府、強制動員被害者に99円入金…92歳の被害者に対する「愚弄」

登録:2022-08-05 06:21 修正:2022-08-05 07:24

1000ウォンにも満たないお金です。日本政府が(私たちを)愚弄し、馬鹿にする行為でしょう」

日帝強占期(日本による植民地時代時)に勤労挺身隊として強制動員され、解放から77年たって日本政府から厚生年金の脱退手当金として99円(931ウォン)を振り込まれたチョン・シニョンさん(92)は4日、本紙の電話取材に対し、「あの人たちからはお詫びの言葉がまったくなかった」と話した。

「ハンギョレ」より

これ、金額を突き付けて騒ぐ目的で記事にしているようだが、何故こうなったのかについて言及されていない。

結局のところ、メディアはこういう話をして騒ぎたいだけなのだね。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

正確な理解が必要な事案

厚生年金の脱退手当金

そもそも「脱退手当金」とは何だろうか。

「年金受給に必要な期間が足りず年金を貰えない人」の保険料の掛け捨てを防止するため、一時金として清算してあげるという仕組みが「脱会手当金」である(注:現在この制度は存在しない)。

厚生年金は日本において原則65歳から支給されるように積み立てるお金のことで、国民年金とは違って会社組織に入っていれば強制的に加入させられる。

従って、理由の如何に問わず日本で正規に働いたことがある人に対しては、加入させ、一方、日本政府側には年金の支払いが義務づけられることになる。その処理は日本年金機構が行う事になる。

ただし、現在は1ヶ月でも働いて厚生年金が徴収されれば、何らかのお金を受け取ることができるのだが、ちょっと前までは一定期間働かないと受け取ることができない制度だった。だから、その手当を受け取るための脱退手当金制度が作られていたんだね。

ここで大切な事は、「正規に労働したことのある人」という点である。つまり、冒頭のニュースに出てくる92歳の老婆は、正規の労働者として扱われていた事実を示している。奴隷とか嘘だよね。

脱退手当金

旧法の厚生年金保険法では、60歳に到達したときまたは60歳に到達したあと、被保険者資格を喪失した方が老齢厚生年金の受給要件を満たさない場合は、脱退手当金を請求できることになっていました。

脱退手当金の受給要件

脱退手当金の受給要件は、昭和61年4月からは昭和16年4月1日以前生れの方に限り次の全ての要件を満たしたときに受給できます。

1. 被保険者期間が5年以上で老齢年金を受けるのに必要な被保険者期間を満たしていない。
2. 被保険者資格を喪失していること。
3. 60歳以上であること
4. 通算老齢年金、障害年金を受ける資格がないこと。
5. 既に脱退手当金の額以上の障害年金、障害手当金を受けていないこと。

ただし、厚生年金保険法の改正による経過措置として、前記1.~5.までの要件を満たしていなくても次の条件のいずれかを満たしている場合は、年齢要件に関係なく脱退手当金が支給されます。

1. 明治44年4月1日以前に生まれた人で、男子は被保険者期間が5年以上で55歳以上、女子は被保険者期間が2年以上あって、いずれも被保険者の資格を喪失していること。
2. 昭和29年5月1日前に被保険者期間が5年以上の女子が昭和29年5月1日前に資格を喪失し、かつ同年4月30日において50歳未満で、その後被保険者となることなく55歳に達したとき。
3. 被保険者期間が2年以上ある女子が昭和53年5月31日までに資格を喪失したとき。

請求権に係る時効の起算日は、請求日の翌日となります。

「日本年金機構のサイト」より

なるほど、老齢厚生年金の受給要件を満たさないことと、当時は日本国籍があった扱いにあった事で、受給の資格があるのだということになる様だ。

物価上昇を考慮せず……?

とまあ、年金機構に規定の内容に該当する前提で考えると、取得要件は恐らく満たしていると。で、引用記事の怒りの根本はこんな下りの部分らしい。

日帝強占期(日本による植民地時代時)に勤労挺身隊として強制動員され、解放から77年たって日本政府から厚生年金の脱退手当金として99円(931ウォン)を振り込まれたチョン・シニョンさん(92)は4日、本紙の電話取材に対し、「あの人たちからはお詫びの言葉がまったくなかった」と話した。

チョンさんの通帳に振り込まれた金額は、当時の円相場では99円に当たる。物価上昇などを考慮せず、77年前の計算方式で1000ウォンにも満たない金額を振り込んだのは、日本政府の厚生労働省傘下の日本年金機構だ。

「ハンギョレ”日本政府、強制動員被害者に99円入金…92歳の被害者に対する「愚弄」”」より

ふーん、事実だけをピックアップすると、以下の2点になるのかな。

  • お詫びの言葉は無い
  • 当時の円相場での支払い(99円)

なるほど、でもそもそも日本年金機構に「お詫びの言葉」を強請るのもおかしな話だ。日本年金機構は年金処理する場所なので、加入者に「お詫び」をするのであれば日本年金機構のミスがあった場合のみである。

では、金額は?という部分なのだが、そもそも脱退手当金というのは脱退した時点で支払われるべきお金である。したがって、物価上昇などが考慮されるわけがないのだ。むしろ、考慮すると法律的な問題となる。何しろ、請求する年によって支払金額が変わるのだとしたら、物価上昇を待って請求することで増額される結果となってしまう。

そもそも、法律上は脱退手当金は消滅時効が設定される制度だが、昭和23年8月1日~昭和29年4月30日までの間においては消滅時効の設定がなされていなかった。なお、昭和16年4月1日以前生まれの人を除いて、脱退手当金制度は廃止されているため、現在はこの制度の適用は無い。

つまりこの制度、かなりイレギュラーな範囲で適用がなされる話らしいね。

ともあれ、法制度上の規定で計算されている以上は、物価上昇などが加味されるはずがない。

過去にも実例が

で、こうした実例は過去にもあったと記事には紹介されている。

日本のある国会議員が日本年金機構を管轄する厚生労働省にカヤダニシンエイの厚生年金番号を提示して執拗に追及すると、厚生労働省はようやく厚生年金への加入事実を認め、日本年金機構が脱退手当金を支給した。日本年金機構は、2009年と2014年にヤン・クムドクさん(93)など勤労挺身隊強制動員被害者5人の厚生年金脱退手当金99円と199円を代理人の役割をした日本人弁護士の通帳に振り込んだのとは異なり、今回はチョンさんの通帳に直接振り込んだ。

「ハンギョレ”日本政府、強制動員被害者に99円入金…92歳の被害者に対する「愚弄」”」より

今になって騒ぐ必要があるのかよく分からないが……。

市民団体は日本政府の謝罪と記録の公開を求めた。社団法人「日帝強制動員市民の会」は同日午後1時30分、光州市議会市民疎通室で記者会見を行い、「日本政府は今からでも『99円支給』を謝罪し、強制動員被害者の未払い賃金および年金関連記録などを全面公開したうえで、きちんと支給しなければならない」と要求した。

「ハンギョレ”日本政府、強制動員被害者に99円入金…92歳の被害者に対する「愚弄」”」より

何だか途中から意味が分からない主張に変わっている。

えーと?まず、「強制動員」ってなんでしたっけ?韓国側の用語のようだが、日本には無い言葉である。「徴用」「動員」という言葉は存在するが、似た話だろうか。「日帝強占期」という意味不明な言葉も説明して欲しいところだが。

さておき、その上で「未払い賃金」が存在した場合は、日韓請求権協定に従って韓国政府に請求すべき事案であり、おそらく日本政府からもその様な案内があるはずだ。

日本で働いた事実が証明されれば、賃金の話は韓国政府にすべき事案だが、公的年金の支払いに関しては日本年金機構の所掌範囲となるのだろう。それだけの話なので、酷いとか、酷くないとか、そういうレベルの話では無い。

困ったものである。

追記

何処かで見た気がしたと思っていたが、楽韓webさんのところで記事になっていたようだ。

韓国市民団体「戦時中、日本で働いたおばあさんに日本は99円しか払わなかった。侮辱だ!」……でもキミら、そうなることが分かってて請求したよね?
日本政府、強制動員被害者に99円入金…92歳の被害者に対する「愚弄」(ハンギョレ) 「1000ウォンにも満たないお金です。日本政府が(私たちを)愚弄し、馬鹿にする行為でしょう」  日帝強占期(日本による植民地時代時)に勤労挺身隊として強制動員され、解放から77年たって日本政府から厚生…

趣旨はほぼ同じなので特に言及することもないのだが、楽韓webさんの指摘では、コレはいわゆる活動家のメシの種であるという事だ。

記事中にも言及があるが、「社団法人日帝強制動員市民の会」なる組織が作られていて、社団法人まで作って活動しているというのがなかなかスゴイ。楽韓webさんの所では「日本、厚生年金脱退手当。光復77年ぶりに『931ウォン』勤労挺身隊涙の値段」という横断幕が作られているらしい。

社団法人は、事業利益の配当は禁止されているが、構成員への給与支払いは認められている。 つまり彼らは仕事でやっている可能性が高く、仕事になっちゃうんだよね、こういうのが。

チョンさんは1944年12月7日に発生した昭和東南海地震の際、同じ工場にいた韓国人の少女キム・スンレさんやチェ・ジョンレさんなど6人が死亡した事実を記憶している。韓国に帰ってくる時、小銭3枚だけをもらったチョンさんは、2020年1月14日、戦犯企業の三菱重工業を相手取り、光州(クァンジュ)地方裁判所に損害賠償請求訴訟を起こした。

「ハンギョレ”日本政府、強制動員被害者に99円入金…92歳の被害者に対する「愚弄」”」より

記事の書き方だと「韓国に帰ってくる時、小銭3枚だけをもらった」などと書かれているが、給料未払いという事は書かれていない。恐らく、帰国するための費用(お小遣い)を工場が用意したという事なのだろう。給料未払いとは何の関係もない。

実際に地裁には「損害賠償請求」をしたらしいしね。

コメント

  1. この件は楽韓さんの処でも扱っていましたが、
    南朝鮮ほ兎に角「日本は酷い」と騒ぎたいだけなのです。
    その上で年金機構が謝罪などしようものなら、
    これ幸いとばかりに「やはり違法な占領だった」として国を挙げて騒ぐつもりでしょうし、
    さらに金を引っ張れるネタが出来た位に思っていても不思議ではないです。
    その上で外交の武器として使ってくるのは目に見えています。
    年金機構がおかしな事をしないことを願うばかりです。

    • 年金機構って、社会保険庁管轄なんで、旧民主党系なんですよねえ。
      凄く危険な気がします。