ペロシ氏から逃げ回る韓国大統領

大韓民国

やー、コメントでも頂いたけれども面白い展開になってきた。

ペロシ氏が韓国国会議長らと会談、米韓連携強化確認へ 板門店も訪問

2022/8/4 10:13

アジアを歴訪中のペロシ米下院議長は4日、ソウルの韓国国会で金振杓議長と会談、インド太平洋地域での安全保障や経済協力について意見を交わし、米韓の連携強化を確認する。会談には韓国の与野党幹部も同席。米韓議長は会談後に共同記者会見に臨む。

「産経新聞」より

アメリカのペロシ氏は下院議長である。よって、アメリカのトップが訪韓した時の対応と違うのは当然なのだが、韓国大統領のユンユンがあわない理由が「夏休み」って。子供かっ!

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

唐突な夏休みなので会えない

訪台で大きくアジアを揺るがしたペロシ氏

既に記事にしているのだが、ペロシ氏、先日まで台湾を訪れていた。

そのお陰で支那は激怒し、台湾に向かって戦闘機まで持ち出す始末である。

ペロシ氏の持ち味は人権外交で、支那の天安門でパフォーマンスをしたり、チベット問題でインドを訪問してダライ・ラマ氏と会談したりと、かなり精力的に動いている政治家である。

民主党の重鎮という事もあって、現在民主党政権かであるアメリカの事を考えても、その影響力は無視出来ない。

ペロシ氏は南北軍事境界線がある板門店の共同警備区域(JSA)も訪問すると伝えられており、北朝鮮の核・ミサイル問題や人権弾圧に関してメッセージを発信するかが注目される。

「産経新聞”ペロシ氏が韓国国会議長らと会談、米韓連携強化確認へ 板門店も訪問”」より

北朝鮮としてもペロシ氏の動きに対して神経を尖らせているようだが、この人を迎えるにあたっては韓国も大騒ぎであったようだ。

急いで夏休みに入ったユンユン

特に韓国大統領は、その立場をどうするか?ということに悩んだらしく、その結果繰り出した行動がなかなか面白かった。

韓国大統領府によると、尹錫悦大統領は夏季休暇中なこともあり、ペロシ氏と電話会談にとどめる予定だ。尹政権は文在寅前政権の対中姿勢を「弱腰」と批判し、経済面での中国依存からの脱却を目指している。一方で、米中対立に巻き込まれないよう中国を刺激する言動も控えている。

「産経新聞”ペロシ氏が韓国国会議長らと会談、米韓連携強化確認へ 板門店も訪問”」より

まさか、ユンユンが「ぼ、僕は夏休みだから」とかいって逃げ出すとは思わなかったよ!一時期は「緊急で会談を調整する」という報道もなされたようなのだけれど、どうやら誤報として処理されたようだ。

同盟国アメリカの重鎮が韓国にやってきたが、大統領は夏休みに入ってしまったので面会は出来ないと。外交原則を考えると、同格の者がもてなすという事が大切であるため、韓国国会議長が対応するでも問題は無いのだけれども、外交的な意味を考えれば台湾から来たペロシ氏をユンユンが無視するというのは宜しく無い。

かといって、会えば支那から「分かっているんだろうな」と目を付けられる結果になる。

そこで、電話会談をするという形でお茶を濁すことにしたようだ。

いやー、支持率が相当落ちてきているのだけれど、夏休みに入っている場合か?

会う計画は無い

面白かったのがハンギョレ新聞である。

韓国に到着したペロシ米下院議長…大統領室「尹大統領休暇中、会う計画はない」

登録:2022-08-04 06:20 修正:2022-08-04 07:01

韓国大統領室は3日、ナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問について、「韓国政府は対話と協力を通じた域内の平和と安定が重要だという基調のもと、域内関係国と諸懸案に関して緊密な意思疎通を維持するという立場だ」と明らかにした。休暇中の尹錫悦)大統領とペロシ議長との面会は行われないと大統領室は述べた。ペロシ議長は台湾訪問直後の3日夜から4日まで韓国を訪問し、板門店共同警備区域(JSA)を訪れる予定だ。

~~略~~

大統領室はペロシ議長の訪韓期間中、尹大統領と会う予定はないと明らかにした。同関係者は関連質問を受け、「当初、ペロシ議長の訪韓日程が尹大統領の休暇(1~5日)と重なったため、尹大統領と面会する日程は調整しなかった」とし、大統領室内の国家安保室の高官らとの面会予定もないと説明した。

「ハンギョレ」より

大統領室のコメントを引用して「面会する予定は無い」と説明したのである。おそらく、アメリカ側は激怒したはずだ。訪韓計画は事前に出ていたのに「ボクチン夏休みだから」と逃げてしまったため、面会する訳にも行かない。支那からの圧力も怖いしね。

そこで、間をとって電話会談と言うことにしたらしい。意味がよく分からない。

「理解を得たニダ」

ちなみにこの件、流石に韓国は突っぱねるだけの勇気はなかったようだ。

日首相はペロシと朝食、ユンは会わない…。「休暇の説明にアメリカは理解した」

入力 2022.08.03 17:32 更新 2022/08/03 18:59

米国配列3位のナンシー・ペロシ米国下院議長が3日夕方訪韓する。ペロシ議長は4日、金進拓国会議長と面談する予定だ。ユン・ソクヨル大統領とは会わない。大統領室関係者は「ペロシ国下院議長の訪韓を歓迎する」とし「韓米両国国会議長間協議を通じて多くの成果があることを願う」と明らかにした。ユン大統領の休暇中、訪韓だったので「別途の日程はとらえなかった」と話した。

~~略~~

ペロシ議長の面談要請が入ってきて日程をとらなかった」と話した。米国側に「休暇(vacation)」と説明すると「十分に理解する」という回答が戻ってきたという。尹大統領は以後、国内事情で地方訪問を取り消し、ソウルにとどまり、今後の政局構想をしている。だからと言って再び立場を変えてペロシ議長に会うのは「外交プロトコル」にもずれるというのが大統領室の説明だ。

「The Joong Ang」より

書かれている意味はよく分からないが、「会わない」ことは確実らしい。アメリカ側に説明して「理解する」と言われたらしいのだけれども、本当だろうか?

もはや、切り捨てられても仕方がないのでは。

何故、逃げたのか

「逃げた」という表現に忌避感を感じられる方もいるかも知れないが、韓国の後に日本に来たペロシ氏は明日の朝食を岸田氏と共にするようだ。

【速報】岸田首相と朝食会 台湾問題などが焦点 米・ペロシ氏 訪台後の5日

2022年8月3日 水曜 午前0:00

アメリカのペロシ下院議長が4日に来日し、5日に岸田首相との朝食会に臨む方向で調整していることがわかった。

複数の政府関係者によると、ペロシ議長は4日に来日し、5日、首相公邸で、岸田首相と朝食をとりながら意見交換する方向。

「FNNプライムオンライン」より

当然ながら、安倍氏の提唱からスタートしたFIOP(自由で開かれたインド太平洋)やクワッドなど、日本が軸となって進めるべき話があって、これがまさに支那包囲網である。当然、ペロシ氏としては「受けて立つ」という話題であるし、故安倍晋三氏との交流もあったペロシ氏にとっては、日本にとっても無関係とはいえない人物である。

冷遇するはずがない。

こうした事情があって、日本政府としてもそれなりに厚遇する予定になっていて、その話を事前に韓国政府も理解していたハズなのである。

当然、米韓同盟、日米同盟、そして日米韓での協力関係の構築のことを考えれば、韓国政府としてもペロシ氏を外交的に厚遇せざるを得ない判断ができるハズだ。

他方で、韓国としては支那からの恫喝によってかなり困っているのが実情である。特に韓国経済を大きく左右する支那との付き合いが打ち切られた場合、もはや立ちゆかない。刃向かうわけにはいかない実情がある。だから「会いたくない」というわけだ。

そんな状態でも、外交的に上手く切り抜ける手腕がユンユンにあれば問題ないのだが、この人、前職は検察官のトップだったので、政治、特に外交は全くダメだ。余計な会合を増やすとボロが出る可能性が高い。だから、支那との外交もアメリカとの外交も、専門家に任せるしかない。支那にも脅されるし、断るには丁度良いと考えたのだろうね。

そういった事情があったので、「逃げた」のだと、そんな風に思う。上手に回避したとも言えるが、後々の影響を考えると悪手だったのではないかなぁ。「逃げた」というのは、僕の勝手な感想ではあるけれど、客観的に見るとどうもそんな風に見えるぜ。

追記

こ、これは。

キム・ジンピョ「韓米同盟70周年おめでとう決議案提案」ペロシ「訪韓、すごく特別..」

入力2022. 08. 04. 13:30 修正2022. 08. 04. 14:28

韓米両国国会議長は4日、「国民が体感できる強力で拡張された対北朝鮮抑止力をもとに、国際協力及び外交的対話を通じて実質的な非核化と平和定着のための両国政府の努力を支援していく」と明らかにした。

「Daum」より

韓国の国会議長は、ペロシ氏と会談して何を話したのかと思ったら、何のことはなかった。

米韓同盟の話でお茶を濁していて、中身がまるでない。

ペロシ氏は一体、韓国に何しに行ったんだろう??

そして、どうやら厄介な人物の出待ちを回避した模様。

フェローシ議長はソウル市内にあるあるホテルに滞在しながら韓国日程を続ける。取材陣はホテル正門で待機したが、フェローシ議長一行が正門ではなく後門に入って写真を撮ることができないまま撤収した。

日本軍慰安婦被害者であるイ・ヨンス祖母も慰安婦問題解決のための支援要請書簡を伝えるために待ったが、フェローシ議長に会えなかった。

「Daum」より

トランプ氏が老婆に抱きつかれた事件があったが、出待ちしたのは件の人物と同じである。日本に行く前に是非とも会っておきたいということだったらしいな。

ユンユンが会談しなかった理由の一因もその辺りにあるのかもしれない。

コメント

  1. 木霊様、皆さま、今晩は

    ここまでくると、もはや【コメントもない】状態なんですが、などと言いながらコメントします

    >ペロシ氏は一体、韓国に何しに行ったんだろう??

    ユンユンの対応を分かっていて(ここまで酷いとは思っていなかっただろうが)行ったのではないかな?? 
    アメリカは韓国を切り捨てる方向で検討中。それを裏付けるネタの一つを得るために行った??
    どうせ日本へ行くのだし、近いから寄ろうか。何か仕込みができれば上等、くらいかもしれませんね。

    • スゴイですよねぇ。
      アメリカにとってペロシ氏の訪台は、「本当に良かったのか」という懸念はあります。
      しかし、ペロシ氏にとって訪台はアメリカのためであり、おそらくFIOPの枠組みに台湾を入れていくレールを敷く狙いがあったのでしょう。ウクライナの件もありますから、大国の庇護のない国家というのはとても危険な状況似晒されますからね。

      韓国はそこから外れたいのでしょうかねぇ。恵まれていることに気が付いていないのでしょうか。呆れます。

  2. 話しも出来ない相手と同盟を結び続ける意味はかなり薄いでしょう。
    いざ戦争目前のとき、韓国はムニャムニャして逃げ腰になると判っているのだから始末が悪い。
    もっとも、韓国の生殺与奪は米国次第で、韓国は端から詰んでいるわけですが。
    改めて、米韓関係とはいまでは何なのだろうかと。

    • なんというか、「恐らく会わないだろう」とは思っていましたが、ソレが実行出来ちゃう辺りがスゴイ。
      記事では説明しませんでしたが、ペロシ氏のお迎えに空港にいった閣僚級はいなかったようですよ。
      意味がよく分かりません。

      • 「同格」の国会議長さえ空港に出迎えに来なかったのだから、韓国はペロペロさんを”歓迎していませんよ”と意思表示したんでしょうね。返す刀で、大統領が夏休み中だから”会いませんよ”と…..。
        暑さにアタマがやられてしまったのだろうか。

  3. こんにちは。

    >同格の者がもてなすという事が大切であるため、韓国国会議長が対応するでも問題は無い

    この「格」にこだわるのが、何とも儒教的というか中華秩序的というか。
    勿論、時と場合によりますが、目上の者が進んで前に出てもてなす態度を取ることこそ、武士道や騎士道では尊ばれるように思うのです。

    >ペロシ氏は一体、韓国に何しに行ったんだろう??

    引きニートの蝙蝠外交の、レッドチーム入り寸前(つか両足突っ込む寸前)な事のダメ押し確認?

    • 見かけ上は同格なんですけど、ソレを実際に主張しちゃう辺りがスゴイというか身の程知らずというか。
      歴訪した国で、韓国ほどペロシ氏を冷遇した国は無かったようです。