支那で取り付け騒ぎが発生?!

支那

いよいよ末期かな。

預金引き出せず、中国で異例の3000人集団抗議…警察と衝突し負傷者も

2022/07/12 09:20

香港紙・明報などによると、中国河南省の省都・鄭州市で10日、不正流用事件のため、預金の引き出しを停止した地元銀行の預金者約3000人が集団抗議を行い、警官隊と衝突した。中国で数千人規模の抗議活動が行われることは異例だ。 習近平シージンピン 国家主席が3期目政権の発足をにらむ今年後半の共産党大会を控え、政府は問題が広がらないよう火消しに躍起となっている。

「読売新聞」より

タイトルで使った「取り付け騒ぎ」とは、特定の金融機関や金融制度に対する信用不安などから、預金者が預金等を取り戻そうとして(=取り付け)、急激に金融機関の店頭に殺到し、混乱をきたす現象のことなので、厳密には違う現象が起こっているようだが。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

預金が引き出せない!

不正流用というよりは詐欺

さて、きっかけは不正流用事件の発生だとされている。支那において不正流用事件は割と珍しくないらしい。この事件について具体的に触れているメディアが探せなかったのだが、朝日新聞がこんな一文を載せていた。

香港紙・明報(電子版)などによると、「村鎮銀行」と呼ばれる農村向けの小規模な金融機関に口座を持つ数十万人の預金者が、4月から約400億元(約8200億円)の資金を引き出せなくなっている。各行はネットバンキングで全国から資金を集めていた。

「朝日新聞”8200億円引き出せず… 預金者3千人が銀行に抗議、警察と衝突”」より

どんな銀行なのかと調べてみたのだが、これがどうも一般的な日本人が連想する銀行とは異なる形態だったようだ。

中国には昨年末現在で、金融機関が4602行あるが、その中で「村鎮銀行」と呼ばれる地方の信用金庫が1651行ある。河南省にある4つの「村鎮銀行」――禹州新民生、上蔡恵民、柘城黄淮村、開封新東方の預金者の預金が、4月下旬から突然、引き出せなくなった。この4行は「システムを改良中で一時的に障害が起きている」と説明したが、約2カ月経った現在でも、「システム障害」は続いたままだ。おまけに銀行も店を閉じてしまった。

「これって銀行の破綻じゃないの?」と慌てた預金者たちが、銀行に殺到した。その模様は、たちまちSNSで中国全土に拡散した。

~~略~~

この4行は、高い利息をエサに、全国からファンドの預金者を募っていた。例えば禹州銀行では、最低投資額150万元(1元≒20.1円、以下同)で、利息6%。50日後に引き出し可能というファンドを設けていた。

「JB Press」より

この金融商品が詐欺だったということのようで、「不正流用」などという生易しい単語は不適切で、黒幕はすでにアメリカに逃亡済みということのようだ。JB Pressの記事は有料なので最後まで読めなかったが。

利息6%って、そんなうまい話があるかっ!

不正流用と言えば

不正流用事件といえば、ちょっと前にこんなニュースがあった。

【中国唐山市】政府が住宅建設資金約95億円を不正流用し、1384人が家を失う 路上でひざまずいて政府に陳情するも警察が連行

2022年6月17日

中国河北省唐山市では14日、5月末に唐山市政府が住宅建設資金4.8億元(約95億円)を不正流用し、1384人(世帯)が家を失い、数百人の所有者が路上でひざまずいて陳情しています。

数百人が政府市役所の前でひざまずいて陳情するも、現在のところ全く解決されていないとのことです。

本件に詳しい人の説明によると、本来、期日通りに引き渡せたはずの物件が、今年2月から一向に工事が再開されず、所有者が関係者に問い合わせたところ、住宅建設に使う資金口座の残高がゼロで、住宅建設を続けるための資金がないと知らされたとのことです。

「rapt-plusalpha」より

他に報じているメディアを見なかったのでニュースの真偽はよくわからないのだが、ろくな話で無いことは確かだ。

そして、支那の不動産開発業の資金繰りが悪化して倒産するところも多数報告されているので、「さもありなん」という感じはするが。

銀行預金が引き出せない

というわけで、冒頭のニュースに戻るのだが、資金がショートした銀行が機能停止したことによって預金の引き出しが不能になり、これに抗議する人がデモをやったという話である。

香港やシンガポールメディアによると、河南省では今年4月以降、不正流用で現金が枯渇したとみられる地元銀行4行で、預金を引き出せないトラブルが続いている。対象総額は計400億元(約8000億円)近くに上り、被害者は数十万人に及ぶとされる。金融当局は預金者に対し、預金額などを報告するよう求め、被害額の特定を急いでいるが、これまでも小規模な抗議活動が起こっていた。

「読売新聞”預金引き出せず、中国で異例の3000人集団抗議…警察と衝突し負傷者も”」より

前々から、支那の地方銀行がヤバいという話はあったのだけれど、ここへ来て表面化したらしい。ただまあ、今回のは上述したようにかなり意図的な感じの動きだったようだ。

6月には、市当局が預金者の新型コロナウイルスの感染対策アプリを不正に操作し、「陽性」や「濃厚接触」と表示させ、移動を制限して抗議活動ができないようにしていたことが発覚。鄭州市の幹部ら計5人が処分されたことも、今回の大規模抗議につながった。

「読売新聞”預金引き出せず、中国で異例の3000人集団抗議…警察と衝突し負傷者も”」より

この事態を重く見た市当局が、武漢ウイルスの感染対策アプリを操作して「陽性」判定に。抗議者に対して強制的に移動制限をかける措置を講じたというから凄い。いや、むしろ銀行の方をどうにかしろよ。

顔認証技術で未然に騒ぎを阻害

この他にも、監視社会となっている支那では、街の至る所に用意されている監視カメラで顔認証をして、誰がどこに行くのかということを情報として残している。コレを利用して、行動阻害をしたのだとか。

中国では顔認証技術やコロナアプリなどで人々の行動が当局に把握されており、当局が抗議活動の参加者を事前に妨害することがある。今回は早朝で当局の対応が遅れたり、連絡手段として海外のメッセージアプリが使われたりした可能性がある。

「読売新聞”預金引き出せず、中国で異例の3000人集団抗議…警察と衝突し負傷者も”」より

流石である。

省が肩代わりして払い戻し

そして、流石に騒ぎが抑えきれなくなってきたのか、お金を支払う方向で事態を沈静化するような流れになっているようだ。

中国の凍結預金払い戻しへ、抗議受け河南・安徽省肩代わり

2022年7月12日10:56 午前

中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)は、地方銀行の預金が凍結された問題で、河南省と安徽省の当局が銀行に代わり顧客に預金を払い戻すと発表した。週末には預金凍結に抗議するデモ参加者が警備員と衝突する異例の事態となっており、預金者の怒りを鎮める狙いがある。

銀保監会の地方支部の通知によると、払い戻しは15日から複数回に分けて行う。

「ロイター」より

まあ、人民元ならば刷れば確保できるからね。

銀行で預金引き出せず 市民1000人以上が抗議

2022/7/11 19:08 (JST)7/11 21:13 (JST)

中国・河南省の銀行で、2022年4月からおよそ8,000億円の預金が引き出せなくなっている問題で、市民らが、銀行の前で抗議デモを行った。

デモ参加者は、「われわれの命の預金を返せ!」などのプラカードを掲げ、「警察が、反社会勢力に通じている」などと叫んで抗議した。

その後、当局がデモ隊の強制排除を行い、現場は騒然となった。

「FNNプライムオンライン」より

ただ、デモ隊を武力で鎮圧するなど、かなり強引な手を打って失敗しているところを見ると、単純にお金を支払えば話は終わる感じではなさそうだ。

この流れだと「他の銀行も大丈夫か」という話になって、本当に取り付け騒ぎが拡大しかねない気がする。

警察当局も10日夜、預金流用の疑いで複数の容疑者の逮捕を発表し、矢継ぎ早の対応で、沈静化に必死な姿勢を示した。

「読売新聞”預金引き出せず、中国で異例の3000人集団抗議…警察と衝突し負傷者も”」より

海外に逃げたとされる犯人はどうなったか知らないが、複数の容疑者逮捕の発表があったことで、事態の幕引きを図りたい支那当局の思惑が見える。

でも、今後も支那では些細なことがきっかけで大きなトラブルに拡大する状況が続きそうな気がしてならない。

コメント

  1. こんにちわ、

    地方政府が、黒社会や城管を使って住民を追い出して土地を収奪し、
    乱開発していたころは、集団暴動や建物籠城戦が頻繁に起こっていました。
    あのころは中共がイケイケで、暴動は武警が力づくて抑え込んでいました。

    今回は当の地方政府が銀行の封鎖預金を補償するとかで、拍子抜けしたような結末でした。秋の党大会を前に、中共が騒乱を恐れたんでしょうか?

    今後も何か(というか何でも)起きそうではあります。

    • 支那では年に数十万件という暴動が発生するという噂がありまして、そのために軍事費と同額の治安維持費を使っていると言われています。
      治安維持に動いているのは武警と呼ばれる警察組織とは別組織ですが、これが軍に統一されており、にもかかわらず軍事費には計上されないという不思議な会計であります。
      そうした「力」だけでは抑えきれない事案が増えてきているのでは?というのが実感であります。

      何が起きても不思議はないのが支那ですね。

      • 横合いから失礼します。

        黄巾の乱、まだですかね?

      • いやー、力で押さえつけていますから、黄巾の乱に繋がる前に潰している感じでしょう。
        その辺りは歴史に学んでいるらしい。
        でも、抑えきれなくなるのは時間の問題だと思うんですがね。