参議院選挙の結果は出たが、自民党の課題は山積み

政策

結果から見れば、自民党が63議席獲得というものだった。

参議院選挙2022【まとめ】全当選者確定 自民63議席獲得し大勝

2022年7月11日 8時59分

10日に投票が行われた第26回参議院選挙のすべての当選者が決まりました。

今回の選挙で、各党の獲得議席が確定し自民党は単独で選挙区で45、比例代表で18の合わせて63議席を獲得しました。改選議席125の過半数を確保し大勝しました。 憲法改正に前向きな自民・公明両党と日本維新の会、国民民主党の4党の獲得議席は93議席となり、憲法改正の発議に必要な参議院全体の3分の2の議席を上回りました。 また女性候補の当選者は35人となり過去最多となりました。

「NHKニュース」より

金曜日、最悪のテロ事件が起きたために、何を書いて良いか正直よく分からない。土日はテレビもラジオも断って情報を入れないようにしていた。ウンザリだったのである。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

選挙戦の結果

選挙戦の結果整理

まずは、引用したNHKニュースの纏めた結果を紹介しておこう。

色々と動きがあったようだ。

先ずは、自民党の獲得議席数63、単独で改選過半数に手が届いたという点で、大きな意味があったとは思う。

改憲勢力「3分の2」維持…自・公・維・国など 82議席以上確保

2022/07/11 07:00

参院選では、憲法改正に前向きな勢力が非改選議員を含め、改憲の国会発議に必要な参院の総定数(248)の「3分の2」以上を維持した。改憲に意欲を示している首相にとっては、大きな追い風となる。

「讀賣新聞」より

注目になるのは、改憲勢力と呼ばれる自民・公明・維新・国民民主を足し合わせると2/3の勢力を確保したことで、岸田氏が憲法改正に踏み切ることが出来るのかがポイントとなると思う。

今回プラスになったのは、自民、維新、れいわ、NHK、参政である。国民民主は議席を減らしてしまった。選挙戦略が不味かったんだろうね。

更に残念な事に、落選させたい有象無象が当選してしまったことはあったし、果たして公明が改憲勢力であるかは怪しい。国民民主も議席を増やしてくれれば改憲への意識は高まった気はするんだけどね。

結局のところ、自民党が本気でしっかり仕事をするかどうかと言うことである。

日本は安倍晋三を失った

記事を書くにつけて、どうしても故安倍晋三の偉業に触れぬ訳には行かないのだが、どうしても筆が進まない。進まないのだが、世界のニュースなどを見ても、如何に偉大な人物であったかという事に気がつかされる。

安倍氏の記憶「永遠に残る」 ロシア大統領が弔電

2022年07月08日20時23分

ロシアのプーチン大統領は8日、安倍晋三元首相が銃撃され死去したことを受け、遺族に弔電を送り、「この素晴らしい人物の記憶は、彼を知る全ての人々の心に永遠に残るだろう」と伝えた。

「時事通信」より

なんと、あのロシアから弔電が届いた。

個人的に、安倍氏とプーチン氏は通ずるものがあったと思う。正直、安倍氏が首相であった時代に行っていた対ロシア外交は失敗であったと思う。そして、プーチン氏はウクライナ侵攻を決定した責任で、世界中から極悪人として目されるような立場にある。

そして、恐らく、プーチン氏はこのタイミングで日本の元首相に弔電を送るメリットは殆ど無かろうと思う。

それでも日本に対して弔電を出したというのは、単に安倍氏との友好があってこそだろう。

バイデン大統領が哀悼 ホワイトハウスは半旗

2022年7月9日 土曜 午前7:56

アメリカのバイデン大統領は、日本大使公邸に弔問に訪れるとともに、ホワイトハウスに半旗を掲げるよう指示した。

バイデン大統領が、日本大使公邸に弔問に訪れ、ユリの花束を手向けた。

バイデン大統領は8日、ワシントンにある日本大使公邸に弔問に訪れ、「日本の損失であるだけでなく、世界にとっても平和と判断力のある人物を失った」とメッセージを残した。

また、バイデン大統領は弔意を示すため、ホワイトハウスなどの政府の施設で、7月10日の日没まで半旗を掲げるよう指示した。

「FNNプライムオンライン」より

ブラジルとインド、国として「喪に服す」 安倍元首相の死去受けて

2022年7月8日 23時20分

安倍晋三元首相の死去を受け、ブラジルのボルソナーロ大統領は8日、国として3日間、喪に服すことを宣言した。インドのモディ首相も1日間、喪に服して政府庁舎に半旗を掲げるなどして弔意を示すという。

「朝日新聞」より

アメリカ、ブラジル、インドが弔意を示してくれている。台湾もそうだね。

仏マクロン大統領「凶悪な攻撃に大変ショック」 EUミシェル大統領「卑怯な銃撃」 安倍元総理銃撃受け

2022年7月8日(金) 18:03

安倍元総理の銃撃事件を受けてフランスとEU=ヨーロッパ連合の反応です。

フランスのマクロン大統領は、ツイッターで「安倍晋三元総理が受けた凶悪な攻撃に大変ショックを受けています。偉大な総理の家族や愛する人たちに思いを寄せます。フランスは日本人に寄り添っています」とコメントしました。

「TBS NEWS DIG」より

安倍元総理死去 英女王が天皇陛下宛てに弔辞

2022/07/09 00:45

イギリス王室は安倍元総理の訃報を受け、エリザベス女王が天皇陛下宛てに弔辞を送ったと発表しました。

エリザベス女王は天皇陛下宛ての弔辞で「安倍晋三元総理の突然で痛ましい訃報に私たち家族は深く悲しんでいます。彼は日本を愛していて、イギリスとの絆をこれまで以上に緊密にしたいと強く望んでいたことは明らかでした。彼の家族と日本の皆さんに心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます」とメッセージを送りました。

「テレ朝NEWS」より

フランスもイギリスも、だ。

あれ、日本は何かやったんですか?確か、自民党は半旗を掲げて弔意を示していたはずだが、国家としての損失を日本だけが理解出来ていないというのが、全く理解出来ない。

防衛費増額路線

しかし、事件は起こってしまい、暗殺によって命は失われた。立派なテロ行為なのだが、どうやら本人はどうか知らないのだけれども、一部のメディアを中心とする組織はこれはテロリズムではないということにしたいようだ。

テロリズムとは、政治的目的を達成するために、暗殺、殺害、破壊、監禁や拉致による自由束縛など過酷な手段で、敵対する当事者、さらには無関係な一般市民や建造物などを攻撃し、攻撃の物理的な成果よりもそこで生ずる心理的威圧や恐怖心を通して、譲歩や抑圧などを図るもの、とされている。

要は、政治的目的で暴力を伴う手段を使って他者を攻撃することと定義されているのだが、本件は「政治的目的はない」ということにしたいらしい。

統一教会絡みで殺人を行ったというのが、犯人の自供するところらしく、母親は統一教会の信者ではあったようだ。しかし、それにしたって安倍氏が統一教会と関係があったかというと、関連団体が安倍氏の支援団体の1つであったという事実はあるようだが、その程度だ。これが事実であったとすれば、完全に逆恨み案件だが、果たしてそんなことで銃を自作して要人を暗殺するものだろうか。

安倍氏、防衛費7兆円視野 23年度当初予算で主張

2022年5月26日 19:02

自民党の安倍晋三元首相は26日の派閥会合で、防衛費に関し2023年度当初予算で「6兆円後半から7兆円が見えるぐらいが相当な額ではないか」と主張した。日米首脳会談で岸田文雄首相が防衛費の「相当な増額」への決意を伝達したことを踏まえた発言。

「日本経済新聞」より

これが5月の安倍氏の主張だが、果たしてこれを実現できるんだろうか。

自民・河野氏、防衛費増「掛け声はいいが…」と慎重

2022/7/10 22:40

自民党の河野太郎元防衛相は10日のTBS番組で、防衛費の国内総生産(GDP)比2%以上への増額について「社会保障以外の一般歳出は30年あまりで1兆円しか増えていない。その中で防衛費を2倍にするのは掛け声はいいが、実際にどこから金を調達するのかはきっちり議論しないといけない」と慎重な見方を示した。

「産経新聞」より

河野氏の発言は単体で見れば寧ろ賛同すべき部分もある。だが、正論であるのは事実ではあるが、現実を知る元防衛大臣としてこんな発言は如何なものか。

防衛費は、財務省から何だかんだと文句を付けられて予算を削られるのがいつものパターンである。河野太郎氏も予算を積み上げろという主張のようだが、この考えがそもそも間違っている。

確かに、防衛費を「何に使うのか」「どうやって使うのか」は非常に大切である。しかし、いつも枠が決められていて、これを細かに分けていくパターンが防衛費の常で、最初に大きく予算を付けないと結局防衛費は少ないままなのだ。

滑稽でもGDP2%という枠を作って、そこから議論スタートをするしかないのが現実なのだ。それを分かった上での河野太郎氏の発言だとしたら、何とも腹立たしい限りである。

そして、こうした流れすら、安倍氏無き自民党のなかでは萎んでしまう懸念がある。

憲法改正を

また、自民党の党是である改憲が実現するのか?ということは懸念がある。

安倍氏、5日前に千葉で講演 「憲法改正しかない」

2022/7/8 19:48

奈良市で銃撃されて亡くなった自民党の安倍晋三元首相は3日、千葉県八千代市の八千代市市民会館で講演し、400人以上の聴衆に向けて憲法改正の必要性などを力説していた。

「産経新聞」より

安倍氏が訴えていた憲法改正だが、果たして岸田政権で実現できるのだろうか。

岸田首相、憲法改正「早期に発議」 自衛隊明記など

2022年7月11日 0:12

岸田文雄首相(自民党総裁)は10日の文化放送番組で、衆参両院の3分の2の賛成が必要になる憲法改正案について「できるだけ早く発議し、国民投票に結びつけていく」と語った。「改正するかどうかではなく、具体的な中身で3分の2が集まらないといけない」と指摘した。

憲法9条への自衛隊明記や緊急事態条項など自民党がたたき台としてまとめた4項目に関しても言及した。フジテレビ番組で「喫緊で現代的な課題を自民党として提案している。ぜひ推し進めていかなければならない」と話した。

「日本経済新聞」より

岸田氏は改正を進めたい意思を示したが、これに強硬に反対しているのが公明党である。

公明・山口氏「仕事できない状況ではない」 自衛隊明記

2022/7/10 23:33

公明党の山口那津男代表は10日夜、自民党などが提起する憲法9条への自衛隊明記案に関し、「憲法を変えなければ、(自衛隊が)仕事ができないという状況ではない」と述べ、否定的な考えを示した。

その上で、幸福追求権などを定めた憲法13条に基づいて平成27年に安全保障関連法を制定したと説明し、「憲法9条1項、2項は変える必要ない。むしろ、自衛権の限界を画するものとして重要な規定である」と強調した。

「産経新聞」より

こんな政党がまだ与党にいることが実に深刻な事実である。

公明党と手を切るべきだ

そんな訳で、まず自民党がすべきなのは公明党と手を切ることである。

小野田氏「岡山の未来を守る」 参院選 安倍氏悼み万歳三唱見送る

2022年07月11日 01時47分 更新

安倍晋三元首相が凶弾に倒れた衝撃が収まらない中、参院選が10日、投開票された。自民党は大勝したが、候補者名に花を付ける幹部らに笑顔はなく、祝勝ムードとはほど遠かった。岡山選挙区(改選数1)は自民現職の小野田紀美氏(39)が党支持層を固めた上、無党派層を取り込み、他候補を圧倒して再選した。

「山陽新聞」より

選挙前から注目されていたのは、自民党の小野田議員で、公明党の支援を受けずに選挙戦に臨んだことで話題になった。

結果、ダブルスコアに近い票差でトップ当選を果たしている。

公明・山口代表「全く影響ない」 推薦なしの岡山で自民当確

2022/7/11 00:18

公明党の山口那津男代表は10日のTBS番組で、参院選岡山選挙区で自民党の小野田紀美氏が公明党の推薦を受けずに当選を確実にしたことについて「(今後の自公関係への)影響は全くないと思っている。岡山の極めて特殊な例で、自民党岡山県連も推薦を求めてこなかった」と述べた。

「産経新聞」より

公明党のトップ、山口氏は「ま、全く影響ないから、ないから!」と震え声で言及している。「極めて特殊な例」だというのである。

しかし、全国各地で創価学会のアレルギーは極めて大きなものがある。「公明党の支援を受けない」と表明して選挙を戦うことは、実は大きな成果が得られることを、この一件で示してしまったことは、実に大きな意味があったと思う。

もちろん、公明党の支援がなければ当選出来ない自民党候補もいるのだと思う。だが、逆に対立することで得票できることもあるという実績なのである。

もう、良いんじゃ無いかな、公明党は。

或いは、与党に別の政党を組み入れるのはどうだろう?日本維新の会か国民民主党が与党に入って貰って、公明党の色を薄めるのはどうだろう。自民党は、様々な政治課題を抱えている。が、一番の問題は、肩を並べていくべき与党に敵性勢力がいることなんだと思う。

コメント

  1. >もう、良いんじゃ無いかな、公明党は。

    はい。公明党は9条改憲には反対と言っているので。自民党は決断の時でしょう。
    https://mainichi.jp/articles/20220712/ddp/001/010/002000c

    それに某S学会が高齢化で、選挙のたびに組織疲労していると(内部談)。
    某S学会では、カリスマが”お隠れ”になって、若者の組織離れが著しいとも。
    先が見えていますな。

    • 決断できる岸田、となってくれることを期待したいところです。

      安倍氏の一件、まだ真相はさっぱりわかりませんが、これで宗教団体に対する風当たりは強くなりそうです。
      自民党もさっくりと手を切るよい機会ですね。