1ドル1300ウォン突破で大騒ぎの韓国

大韓民国

日本円も円安が進んでいるんだけど、ウォン安も進んでいる。というか、USドルが一人でドル高に向かっていると言うべきかも知れない。

ウォン連日急落、1ドル=1300ウォン目前

2022.06.23 07:10

急落する韓国証券市場には翼がない。KOSPIとKOSDAQは22日もむなしく崩れた。年初来安値を再び塗り替えた。ウォンの価値も13年ぶりの安値水準まで落ち、1ドル=1300ウォン目前となる1297.30ウォンまでウォン安が進んだ。インフレの懸念がリセッションの懸念にシフトすると韓国市場が最初にぐらついた。韓国市場が「炭鉱のカナリア」になった様相だ。

「中央日報」より

記事は23日の7時時点でのモノだが、「1300ウォン目前」というのは正しくないな。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アジア最速で韓国経済失速

22日に1ドル1305ウォンを記録

実のところ、昨日の段階で1300ウォンは突破している。

昨日のチャートだが、随分と荒れている。恐らく今日も1300ウォンの攻防を続けるのだろうと思われるが、随分とドルを溶かしているはずなので、何処まで戦えるのかはよく分からない。恐らく、取引所が開く前に介入をして値を戻していたようだが、開幕で一気に崩れ、現在も攻防が続いている模様。

KOSPIは2400割れ

一方のKOSPIは2400ポイントを割って今年最安値を付けた。

22日のKOSPIとKOSDAQはいずれも年初来安値を塗り替えた。KOSPIは前日より2.74%(66.12ポイント)下がった2342.81で取引を終えた。2日ぶりに2400ポイントを割った。終値基準で2020年11月2日の2300.16から1年7カ月ぶりの安値水準だ。

「中央日報”ウォン連日急落、1ドル=1300ウォン目前”」より

上がる材料が無いので、こちらもしばらくは揉み合いになると予想される。

この日KOSPI時価総額上位10銘柄は焦土化した。サムスン電子が1.54%、LGエネルギーソリューションが2.91%、SKハイニックスが3.15%、サムスンバイオロジックスが0.49%、LG化学が2.64%、ネイバーが4.38%、サムスンSDIが6.12%、ヒョンデ(現代自動車)が0.58%、起亜(キア)が1.16%と10社の株価がすべて下がった。サムスン電子とネイバー、カカオなどはまた52週安値を更新した。

株価の自由落下は外国人投資家の「セルコリア」のためだ。この日外国人投資家はKOSPI市場で3204億ウォン、KOSDAQ市場で615億ウォンの売り越しを記録した。機関投資家も下落傾向をあおった。KOSPI市場で845億ウォン、KOSDAQで601億ウォンの株式を売り越した。個人投資家だけ「買い」を継続した。KOSPI市場で3761億ウォン、KOSDAQ市場で1257億ウォンの買い越しを記録した。

「中央日報”ウォン連日急落、1ドル=1300ウォン目前”」より

下がる材料は記事に言及されているように、外国人投資家が投げ売りをしているからである。

こうした状況を横目で見ながら、韓国銀行は更なる利上げを検討しているようだが、正直、利上げしたところでどれ程戻せるかという状況にある。

キウム証券のハン・ジヨン研究員は「半導体業況が良くないという話が市場に広がりIT企業の割合が大きい国の証券市場が揺れた」と話した。実際にTSMCなど半導体企業が証券市場で大きな割合を占める台湾の加権指数も前日より2.42%下落して取引を終えた。

「中央日報”ウォン連日急落、1ドル=1300ウォン目前”」より

支那の経済状況がかなり影響していると思われるが、支那経済がクシャミをすれば韓国経済は風邪をひくどころか、重体になりかねない。

心理的防衛線

ちなみに、韓国経済において適性と言われる適正範囲レートは、1ドル1,100ウォン~1,200ウォンと言われた時代があったが、年明けから1,200ウォンよりさらに下げる傾向が強く、今年に入っての貿易は赤字続きである。

チョン氏は「すでに域外市場ではウォン相場が金融危機当時水準の1ドル=1300ウォンを超えた。貿易収支赤字はウォンの下落を誘発するだけに、外国人の売り傾向も強まるほかない」と話した。

「中央日報”ウォン連日急落、1ドル=1300ウォン目前”」より

1ドル1,300ウォンというのは韓国政府にとっての心理的防衛線なので、ここを死守する構えだとは思うのだが、恐らく数日間も攻防が続けばギブアップしかねない状況だ。

僕が韓国経済の状況を把握するのにお世話になっているサイトから少し引用させてもらおう。

img

上掲のとおり、韓国の貿易でのもうけは右肩下がりです。

2020年09月は「84億2,000万ドル」あった貿易収支は急激に減少し、赤字がちになっています。直近の2022年05月は「-17億1,000万ドル」です。

韓国メディアが「危ない」と騒いでいるのは伊達や酔狂ではありません。韓国は日本と違って貿易一本で食べている国です。大変に良くない状況に陥っているといわざるを得ないのです。

「Money1様」より

4月、5月と連続で赤字。恐らく6月も厳しい状況だろうと予想され、武漢ウイルスが爆発的に増えていた1月頃は大きな赤字を記録しているマイナス47億ドルとかなり状況が悪かった。恐らく6月はコレを上回るマイナスを記録するだろう。

ユンユンも就任早々、前任者が残したツケを清算するだけでも大変なのに、こんな状況で災難だな。

追記

ああ、今日も一日頑張った!

機能と展開が全く同じだが、随分と当局の介入があったようだね。

コメント

  1. 為替操作国の面目躍如と言ったところでしょうか。
    こんな事続けていたら、またまたドルが足りなくなって、そこら中に「通貨スワップ」を結んで欲しいと喚き散らすでしょうが、韓国と通貨スワップを締結するのは貸倒引当金を積増しした上それを使用するのと同じなので、どこも知らん顔でしょう。
    麻生財務相が「貸した金を返してから話しに来い」って言ってたけど、韓国は通貨スワップを「金が貰える」と思っている節があるから困ったもんだ。
    スワップは相手通貨を担保に自国通貨もしくはドルを「貸して」いるだけ。期限までに利子付けて相手国通貨もしくはドルで借りたらドルで返さなければならない。
    日本が韓国とスワップ締結していたのは、多分に「援助・支援」の意味でなんだけど、韓国は大いに勘違いしちゃって「借りてやるから寄越せ!」をやらかした。アホだわ。
    ウォンの担保とか、どこもお断りなのにね。日本だけだよ?お目こぼししてやっていたのは。

    • 既に結構ドルは足りないみたいで。
      多分、G7とかでお強請りするつもりなのでしょう。
      ただ、岸田氏は韓国とは馴れ合う気はないようで、恐らく耳を貸すつもりはないでしょうね。何しろ直接ダマされた経験がありますから。