ロシアの戦勝記念パレードが実施される

ロシアニュース

様々な憶測が流れた戦勝記念パレートだったが、最大の関心事はプーチン氏が一体何を語るのか?という点だった。

プーチン大統領 演説【詳細】「戦勝記念日」式典

2022年5月9日 18時01分

ロシアでは9日、第2次世界大戦で旧ソビエトがナチス・ドイツに勝利した戦勝記念日を迎えました。

ロシアのプーチン大統領は戦勝記念日の式典の演説で「ロシアにとって受け入れられない脅威が国境付近にある」と述べ、ウクライナへの軍事侵攻を改めて正当化しました。

「NHKニュース」より

事前予測では、この戦勝記念日にあわせて「勝利宣言」を出したり、「戦争宣言」を出したりするのではないかということだったようだ。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プーチン氏の演説は、戦いの正当性を主張する内容である

演説内容~~序盤

NHKも詳しく解説しているのだが、どちらかというと原典をあたった方が良い様に思うので、ロシア政府の公式サイトから引用しよう。正確にはプーチン氏の演説の訳文なので、原典とまでは言えないかもしれないが、直訳なのでNHKニュースよりはマシだろう。翻訳にはDeepL翻訳のお世話になっている。

で、まずは冒頭部分から。

親愛なるロシア国民の皆さん。

退役軍人の皆さんへ

兵士と水兵、軍曹と下士官、中尉と准尉の同志たちよ。

同志である将校、将軍、提督の皆さん!

大勝利記念日をお祝いします。

「演説訳文」

冒頭のお決まりの台詞に続くのは、現在のウクライナ侵攻についての言及である。

祖国の命運が決するとき、祖国を守ることは、常に神聖なことでした。このような真の愛国心を持って、ミーニンやポジャルスキーの民兵は祖国のために奮闘し、ボロジノを攻撃し、モスクワやレニングラード、キエフやミンスク、スターリングラードやクルスク、セヴァストポリやハリコフで敵と戦いました。

そして今、この頃、ドンバスで私たち国民のために戦ってくれているのです。祖国ロシアの安全のために。

「演説訳文」

ロシアの戦争の歴史について、まず解説している。

「ボロジノを攻撃し」は、ボロジノの戦い(1812年のナポレオン戦争における戦闘の1つ)で、「モスクワやレニングラード」は、レニングラード包囲戦(1941年~1944年)とモスクワの戦い(1941年~1942年)で、「キエフやミンスク」は、キエフの戦い(1941年)、ミンスクの戦い(1941年)なので、いずれもナチス・ドイツとの交戦の事を言っているようだ。

「スターリングラードやクルスク」は、スターリングラード攻防戦(1942年~1943年)、クルスクの戦い(1943年)、「セヴァストポリやハリコフ」も、セヴァストポリの戦い(1941年~1942年)とハリコフ攻防戦(1941年~1943年)も当然ナチス・ドイツとの戦いのことである。

何れも「ロシアを守る為の戦い」という位置づけで説明しているのだと思われる。侵略行為に当たるチェチェン紛争(1994年~1996年、1999年~2009年)や、南オセチア紛争(1989年~1996年、2009年~)、或いはシリア内戦に加担(2015年~)には言及していないことからも、それは伺える。尤も、これらは最近の戦争なので、「歴史的な戦い」とは言い難い面があるため除外した可能性もあるが。

ともかく、前述のナポレオンやナチス・ドイツとの闘いと並べた「ドンバスでの戦い」は「自衛戦争」であるという意味合いを強調する意図があると考えられる。

演説内容~~中盤1

そして、戦勝記念日の意義を説明する下り。

1945年5月9日は、わがソビエト国民の団結と精神力、前線と国内での比類なき偉業の勝利として、世界史に永遠に刻まれることになったのです。

戦勝記念日は、私たち一人ひとりにとって身近なものです。ロシアには、大祖国戦争で焦土と化してない一族はない。その記憶は決して色あせることはありません。この日、大祖国戦争の英雄たちの子供たち、孫たち、ひ孫たちが、「不滅の連隊」の果てしない流れにいるのです。親族の写真、永遠に若さを保ったまま倒れた兵士、すでにこの世を去った退役軍人の写真を持っているのです。

私たちは、征服されない勇敢な勝者の世代を誇りに思います。私たちはその後継者であり、ナチスを粉砕した人々や遺した人々を覚えて、世界規模の戦争の恐怖が繰り返されないように警戒し、あらゆることを行うことが私たちの義務なのです。

だからこそ、国際関係におけるあらゆる意見の相違にもかかわらず、ロシアは常に平等で不可分の安全保障のシステム、すなわち世界共同体全体にとって不可欠なシステムの構築に賛成してきたのです。

「演説訳文」

翻訳精度の問題か若干意味が通らない部分はあるが、今も昔もナチスと戦う事が、ロシアの世界貢献に繋がるのだという説明をしている。

「世界規模の戦争の恐怖が繰り返されないように警戒し、あらゆることを行うことが私たちの義務」とまで言っている事から考えると、現時点でプーチン氏は世界戦争の引き金となる核攻撃を覚悟はしていないようだ。

プーチン氏の精神状態が怪しいという話もあるので、何処までその情報に価値があるのかという事はあるのだが、「ロシアは常に平等で不可分の安全保障のシステム、すなわち世界共同体全体にとって不可欠なシステムの構築に賛成」という下りは、ワルシャワ条約機構の復刻を目論んでいるのだろうなと思わせる発言だ。

演説内容~~中盤2

で、あくまで世界規模の「平和」の為にロシアが動いているのに、それに反対する愚かなNATOと続くのである。

昨年12月、私たちは安全保障条約の締結を提案しました。ロシアは西側諸国に対し、誠実な対話を行い、賢明で妥協的な解決策を模索し、互いの利益を考慮するよう促した。全ては無駄なことだった。NATO諸国は私たちの話を聞こうとしなかった。つまり、実際にはまったく別の計画を持っていたということだ。そして、私たちはそれを見たのです。

彼らはドンバスで、クリミアを含む我々の歴史的な土地への侵略という、別の懲罰的な作戦を公然と準備していたのだ。キエフは核兵器取得の可能性を発表していた。NATO諸国は、わが国に隣接する地域の軍事開発を積極的に開始しました。

このようにして、私たちにとって全く受け入れがたい脅威が、組織的に、しかも直接国境に作り出されたのです。アメリカやその下っ端の仲間が賭けていたネオナチ、バンデライトとの衝突は避けられないと、すべてが語っています。

ここでも、軍事インフラがどのように配備され、何百人もの外国人顧問が働き始め、NATO諸国から最新鋭の兵器が定期的に届けられる様子を目の当たりにしました。危険は日に日に増していました。

ロシアは侵略に対して先制的な対応をしました。強引で、タイムリーで、唯一正しい判断だった。主権者であり、強く、独立した国の決定です。

特にソ連崩壊後のアメリカは、その例外性を語り始め、世界だけでなく衛星国にも屈辱を与え、気づかないふりをして丸呑みにしなければならない、敬遠されるようになった。

しかし、私たちは別の国です。ロシアは性格が違う。私たちは、祖国への愛、信仰と伝統的価値観、祖先の習慣、すべての民族と文化の尊重を決して捨てません。

「演説訳文」

で、NATOやアメリカの脅威について蕩々と語っているわけなのだけれども、その中に登場する「ネオナチ」と「バンデライト」という単語が少々引っかかる。

「ネオナチ」はご存じ、ナチズムを復興しようとする政治的運動の総称で、ナチズムが悪の代名詞として用いられている欧米においては、ネオナチも同等に唾棄すべきものとして扱われている。ナチズムが悪かどうかはここでは言及する積もりは無いが、ナチズムって日本語訳では国民社会主義、或いは民族社会主義などと訳され、つまりやっている事は共産主義と大差無い気がする(個人の感想である)。

では、「バンデライト」の方は?というと、これはウクライナのナショナリズムのことを指す言葉らしい。具体的にはウクライナ蜂起軍を率いたウクライナ民族主義社組織を統轄したステパーン・バンデーラを崇拝する人々の事を指しているらしい。転じてウクライナ民族主義者の事を指すと。

そして、欧米では、この千年来の価値観が、廃止を決めているようです。このような道徳的劣化は、第二次世界大戦の歴史を冷笑的に改ざんし、ロシア恐怖症をあおり、反逆者を美化し、犠牲者の記憶をあざ笑い、勝利を得た人々や苦しんだ人々の勇気を消し去る根拠となったのです。

モスクワでのパレードに来たいと言っていたアメリカの退役軍人が事実上、締め出されたことも知っている。しかし、私は彼らに、あなた方の活躍を誇りに思い、私たちの勝利に貢献していることを知ってもらいたい。

アメリカ、イギリス、フランスの連合軍兵士、レジスタンスの参加者、中国の勇敢な兵士とパルチザン、ナチズムと軍国主義を打ち破ったすべての人々に敬意を表します。

「演説訳文」

そして、西側勢力は歴史の改竄と情報統制を目論んでいるという流れだな。

演説内容~~中盤3

さて、こうした背景があって、クリミア侵攻が行われた経緯の説明に入る。

親愛なる同志たちへ

今日、ドンバス民兵とロシア軍兵士は、スヴャトスラフやウラジミール・モノマフの自警団、ルミャンツェフやポチョムキン、スヴォーロフやブルシーロフの兵士、大祖国戦争の英雄ニコライ・バチューチン、シドール・コフパク、リュドミラ・パブリチェンコが死力を尽くした自分の土地で戦っているのです。

次に、我が国の軍隊とドンバス民兵について述べます。あなた方は祖国のために、その未来のために、第二次世界大戦の教訓を忘れることのないように戦っているのです。死刑執行人、処罰人、ナチスの居場所がこの世にないように。

今日、私たちは大祖国戦争で命を落としたすべての人々、私たちの息子、娘、父親、母親、祖父、夫、妻、兄弟、姉妹、親類、友人の記憶の前に頭を下げます。

2014年5月に労働組合会館で生きたまま焼かれたオデッサの殉教者たちの記憶に頭を下げます。ネオナチによる無慈悲な砲撃や野蛮な攻撃によって犠牲になったドンバスの高齢者、女性、子供たち、民間人を偲んで。ロシアのために、正義の戦いで勇者の死を遂げた戦友に頭を下げます。

分間の黙祷が宣言されています。

(1分間の黙祷)

兵士や将校の一人ひとりの死は、私たち全員にとって悲しみであり、親族や友人にとっては取り返しのつかない損失となります。国、地域、企業、公的機関は、これらの家族を見守り、支援するために全力を尽くします。戦死した戦友の子弟を特に支援する。その旨の大統領令が本日署名された。

負傷した兵士や将校の一刻も早い回復を願っています。そして、軍病院の医師、救急隊員、看護師、医療スタッフの無私の働きに感謝します。私は、しばしば銃撃を受けながら、最前線で、自らの命を惜しむことなく戦ってきたあなた方に頭が下がる思いです。

「演説訳文」

ここ出てくるのが、馬淵氏も動画で説明していたユーロマイダンの話である。「2014年5月に労働組合会館で生きたまま焼かれたオデッサの殉教者たちの記憶に頭を下げます」とあるが、ここは、オデッサの労働組合に対する突入作戦に関する事である。

この時期、ウクライナ国内ではユーロマイダンと呼ばれる市民運動が活発化していて、キーウの独立広場に立てられていたレーニン像は倒された。その切っ掛けは親露派ヤヌコーヴィッチ政権がEU加盟への調印を見送ったことで、民主化への波が押しよせていたウクライナにとって、大統領の裏切りを許せない人々が大勢いたことが、この騒乱の原因でもある。ヤヌコーヴィチ氏は議会から大統領解任を突き付けられたがこれを拒否。後にヤヌコーヴィチ氏はウクライナから亡命する事になるのだが、その結果、ヤヌコーヴィチ氏が権力を傘に私服を肥やし、国家財政に対して10兆円規模の損害を与えていた事が明るみに出る。

要は、政治腐敗の象徴であったヤヌコーヴィチ氏を大統領の座から引き摺り下ろす為に、暴動が起きたというのが2014年に起きたウクライナ騒乱の実態なのだが、この混乱に乗じてロシア軍はクリミアに侵攻し、侵攻後に「ロシア連邦加盟の可否」が住民投票にかけられて是認票96%という圧倒的多数で「ロシア連邦に加盟」が支持されるに至る。尤も、こんな住民投票は無効なのだけれど。

ともかく、この騒動を切っ掛けに親露派と親EU派に分かれてウクライナ国内で、様々な騒乱に発展する。そのうちの1つがオデーサでの騒乱である。

ウクライナのオデーサ州でも、「オデッサ人民共和国」設立に向けてアンチマイダン派が集まってオデーサ州庁舎の占拠を試みたり、住民投票を要求したり、親EU派(親政府デモ隊)による集会を襲撃したりという事件が引き起こされる。そして、アンチマイダン派と親EU派の衝突に至り、数に劣るアンチマイダン派は労働組合庁舎へ退却し、労働庁舎にて互いに火焔瓶を投げ合う事態に発展。

立て籠もっていたアンチマイダン派は建物の炎上に巻き込まれて31人の犠牲者を出した。

説明が長くなったが、プーチン氏はこの出来事を、「ネオナチによって同士が虐殺された」という風に解釈しているのである。

ドンバス地域においても、親露派(つまり反政府勢力)のテロ活動と、それに対する掃討作戦が展開されており、これを「ネオナチの弾圧の証拠」と表現しているようだね。

演説内容~~終盤

で、最後の下りがここだ。

親愛なる同志たちへ

広大な祖国の多くの地域から、ドンバスや戦闘地域から直接やってきた兵士や将校が、ここ赤の広場で肩を並べている。

私たちは、ロシアの敵が国際テロ組織を利用して、私たちに敵対し、国家や宗教の敵意を植え付けて、私たちを内部から弱体化させ、分裂させようとしたことを記憶している。何もかもがうまくいかなかった。

今日、私たちの戦士たちは、異なる国籍の者同士が、兄弟のように銃弾や破片から身を守りながら戦っています。

そして、それこそがロシアの強さであり、私たち多国籍の人々が団結した偉大で不滅の強さなのです。

今日、あなた方は、あなた方の父や祖父、曾祖父たちが戦ってきたものを守っているのです。彼らの人生の最高の意義は、常に祖国の幸福と安全であった。そして、彼らの後継者である私たちにとって、祖国への献身は最高の価値であり、ロシアの独立を支える確かな支柱なのです。

大祖国戦争でナチズムを粉砕した人々は、私たちに永遠に続くヒロイズムの模範を示してくれた。この世代は勝者であり、私たちは常に彼らを尊敬しているのです。

勇敢な軍隊に栄光あれ!

ロシアへ! 勝利へ!

万歳!

「演説訳文」

そんな訳で、今回のウクライナ侵攻についても「ロシアの敵」を打ち倒すための必要な戦いであるという主張を展開しているのだが、少々説得力に欠ける弱い演説であったという印象だ。

「彼らはドンバスで、クリミアを含む我々の歴史的な土地への侵略という、別の懲罰的な作戦を公然と準備していたのだ」という主張にもある通り、ウクライナの土地は歴史的にロシアのものであるという歴史観が、プーチン氏の基本理念であり、ロシアの敵を伐つ戦いが今も続いているという認識である。

そして、NHKニュースでは指摘がないが、実はこの演説ではウクライナという国名はついに1度も使わなかった。

プーチン氏の認識では、「ロシアの敵」は即ちアメリカやNATOであり、ロシアの歴史観を脅かす存在こそが問題であるという事らしい。つまり、ウクライナという国家は存在せず、ロシアの国土を脅かすアメリカやNATOが来たから、これを排除する戦いをしているのだというのが、彼の主張という事になる。抵抗勢力は西側とネオナチだと。

それと同時に、これは侵略戦争ではなく内戦なのだという理解となるのだろう。

虐殺の正当化はしなかった

ブチャやマリウポリでの虐殺には触れていない

ところで、プーチン氏だが、ブチャでの虐殺やマリウポリでの苦戦には触れていない。これは彼の指示にないからなのか、或いは言い逃れが出来ない事実なので触れたくないのか、何れかだろう。

完全に「国連」で取り決めたルールに背を向ける行為なのだが、その辺りに触れてはいない。代わりに触れたのはこちら。

ロシア ウクライナ情勢めぐり 米とNATOに新協定の草案

2021年12月18日 5時29分

緊張が高まっているウクライナ情勢をめぐって、ロシアはアメリカとNATO=北大西洋条約機構に対して、緊張緩和に向けて新たに締結したいとする協定などの草案を示しました。 この中でNATOのさらなる拡大やウクライナなどでのいかなる軍事活動も行わないと保証するよう求めています。

~~略~~

この中でロシアは、NATOが、ウクライナの加盟など、これ以上の東への拡大をしないと保証するほか、NATOに加盟していない旧ソビエト諸国やヨーロッパ東部で、いかなる軍事活動も行わないことなどを求めています。

「NHKニュース」より

ロシアが持ちかけた要求は割と身勝手な内容だが、アメリカ側はこの草案について協議の余地があるという認識を示している。

ただし、NATO事務総長はこの要求に対して、「ウクライナが決める事だ」とバッサリと切り捨てている。NATOはウクライナの準備が整えば門戸を開く用意があり、主権国家の判断を尊重するのだと。

このロジックは何れの国も褒められたものではないが、「ウクライナはロシアの一部だ」という認識のプーチン氏からしてみれば、西側勢力に国土を切り取られるのだという「危機感」(妄想)は何となく納得できる。だからといって虐殺が正当化される訳ではないんだけどね。

マリウポリという単語を一切使わなかったのも、象徴的なことだ。苦戦を勘ぐられたくはないという事なのかもしれない。

戦争状態の宣言が出せなかった

そして、プーチン氏が画策していたとされる戦争状態の宣言はなされなかった。

プーチン大統領 「戦争状態」を宣言するとどうなる

ウクライナへの軍事侵攻を続けるロシアで、仮にプーチン大統領が「戦争状態」を宣言すると、「戒厳令」が導入されたり、国民を対象に「動員」が宣言されたりすることになります。

国防に関する法律によりますと、「戦争状態」は、他国から武力攻撃を受けたり、国際条約の履行において必要があると判断されたりした場合に宣言され、その時点から「戦時」になるということです。

そして、大統領は、ロシアが侵略または侵略の脅威を受けた場合や、ロシアに対する武力紛争が起きた場合に、総動員または一部の動員を宣言し、戒厳令を導入する権限があると規定されています。

戒厳令が導入されると、国民が出国することが禁止されたり、居住地からの移動が制限されたりするほか、敵国の市民の抑留なども可能になるということです。

また、当局は、国民の財産や企業の資産を差し押さえることができるほか、防衛のための作業や施設の復旧などのために国民を徴集できるとしていて、ロシアの独立系メディアは、強制労働につながると警戒しています。

さらにデモやストライキなどが禁止されるほか、外国や国際組織の活動を強制的に止める措置がとられる可能性もあるということです。

「NHKニュース」より

戦争状態の宣言を出せば、ウクライナ侵攻に使える兵力を増強できる。その結果、勝利に近づけるのだが、ロシア国民の混乱は必至である。

そうなれば、プーチン氏は今以上に権力の座の維持が危うくなり、彼にはもうそこまでの権力はもはやないと考えるべきだろう。

もう1つは、ウクライナという国家を侵略する行為ではない、というロジックを使ったが為に、「ウクライナ」を国家と認証せず、特別軍事作戦と位置づけて内戦だという扱いにした以上、「戦争状態」を宣言することは都合が悪かったのだろう。かといって、完全に内戦だとして処理すると、今度はプーチン氏の政治手腕を問われる事になる。だから明確な位置づけを避けたのだろうと、そんな風にも解釈できる。

北欧のNATO加盟が更に加速

そして、ロシアにとって不都合な事は、北欧の数カ国がNATO加盟を加速しようとしているという事実である。

4月にも関連ニュースを紹介したが、その動きは加速しているようだ。

北欧、NATO加盟へ加速 近く申請発表も、ロシア反発

2022年05月07日13時35分

フィンランドが、近く北大西洋条約機構(NATO)への加盟申請を発表するもようだ。隣国ロシアによるウクライナ侵攻を受けた動きで、スウェーデンも続く見通し。NATOの東方拡大阻止を主張するロシアの行動が、軍事的中立を維持してきた北欧の近隣国の警戒感を引き起こし、NATOに近づける皮肉な展開となっている。

「時事通信」より

まあ、自業自得である。

だが、フィンランドもスウェーデンも、前回も指摘した通りにかなりリスクのある選択である。今後、この動きがどうなるのかは、しっかり見ていく必要があるだろう。

コメント

  1. こんにちわ

    昨日のプーチン大統領の演説をリアルタイムで視聴していました。演説全般は、穏やかな内容で、国民に向けたメッセージ以上の内容はなかったと思いました。

    プーチン大統領とその政権幹部の主張は、ウクライナは国ではない-あそこは歴史的に今もロシアの一部だ-ということですね。
    気持ちは理解できますが、現在のウクライナは1991年に正式に独立し、”国際的に承認された”一国家です。ロシアがお膳立てしたチェチェンやアブハジア、南オセチアなどの地方政治団体を国家と呼ぶこととは意味が異なります。

    演説の中に気になったフレーズ-「ロシアは侵略に対して先制的な(pre-emptive)対応をしました」‐がありました。これは危険な発言だと思いました。この理屈が通るなら、国家も個人も恣意的な先制攻撃が認められるでしょう (核使用後の”言い訳”に使うときには最適だと感じました)。

    もうひとつ。いまロシア各地で旧ソ連国旗が振られていますが、アレの再登場も危険な兆候だと思いました。アレには、ロシア政府はこれからソ連式の国家統治をやるぞ、というような意思を感じます。既にロシアを離れた人たちは、そういう空気を読んでいたのだと思います。

    • あー、「先制的な対応」ってのに引っかかりましたか。
      確かにアレは危険ですよね。「予防的に」とか言われないだけマシかもしれませんが、同等の意味だと思います。
      国連では完全にNGなんですけどね、この考え方は。

      旧ソ連の国旗に関しては気付きませんでした。
      強大なロシアを求める、というプーチン氏の意向を反映しているんでしょうね。