岸田氏、魔除けを実施して韓国から嫌味を言われる

報道

いいぞ、もっとやれ!

岸田首相 靖国神社に「真榊」奉納 春の例大祭にあわせて

2022年4月21日 17時55分

21日から始まった靖国神社の春の例大祭にあわせて、岸田総理大臣は「真榊」と呼ばれる鉢植えの供え物を奉納しました。

「NHKニュース」より

これに関しては、大したことをやったわけではないのだが、タイミング的に素晴らしかった。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

何の問題も無い真榊奉納

真榊奉納

靖国神社に春の例大祭、秋の例大祭のタイミングで真榊を奉納する首相というのは、いままでさほど珍しかったわけでも無い。

あ、真榊というのは一般的にはこんなアイテムだ。

ただ、奉納されたものはこちら。

NHKは「首相就任前は奉納していなかったのに!」と騒いでいるが、内閣総理大臣として救国の英霊に感謝の意を示すことに何の問題があるのか。寧ろ一議員の立場で奉納してもさほど意味は無い。

関係者によりますと、岸田総理大臣は総理大臣に就任する前は「真榊」を奉納したことはありませんでしたが、就任直後に開かれた去年秋の例大祭では安倍 元総理大臣や菅 前総理大臣の対応を踏襲して奉納し、今回も同様の対応をとったということです。

岸田総理大臣は例大祭の期間中、参拝は行わないということです。

「NHKニュース」より

まあ、良かったのではないかと。

韓国との関係は「良好」だし、支那も日本の領土を虎視眈々と狙っている状態で本性を現している。気兼ねなく参拝までして貰えれば良いと思う。

特定国の反発

当然ながら、日本のメディアが騒いだので、文句を付けてきた国もあったようだ。

韓国外務省が論評「深い失望と遺憾の意」

靖国神社の春の例大祭に合わせて、岸田総理大臣が「真榊」と呼ばれる鉢植えの供え物を奉納したことに対して、韓国外務省は21日、報道官の論評を発表しました。

この中で「過去の侵略戦争を美化し、戦争犯罪者を合祀した靖国神社に日本の責任ある指導者たちが再び供え物を奉納したり、参拝を繰り返したりしたことに深い失望と遺憾の意を表する」としています。

「NHKニュース」より

あ、ハイ、ソウデスカ。

しかし、日本には戦争犯罪者など既に存在しない。過去の過ちを繰り返すべきではないというのは、日本の指導者達が繰り返し祈念していることである。

戦争に敗北したことこそが過ちである。それを繰り返すべきではないのだ。

中国外務省 報道官「断固として反対 厳しく非難」

中国外務省の汪文斌報道官は21日の記者会見で「みずからが行った侵略の歴史に対する誤った態度を改めて示すものであり、断固として反対し、厳しく非難する」と述べ、日本側に厳正な申し入れを行ったことを明らかにしました。

「NHKニュース」より

勝手に非難なされれば宜しいんじゃないでしょうか。

ちなみに、アメリカは日本を侵略した過去を持つが、指導者がアーリントン墓地などを訪れたところで誰も文句は言わない。支那にそうした文化があるかは知らないし、戦没者慰霊の場所があるかすら知らないが、文句を言うことはないだろう。韓国?さあ、どうなんですかね。

ともあれ、内政にとやかく言われても困る訳で、無視すれば宜しいのではないでしょうか。

「私人の行動」は違う

しかし、日本の対応は不味かった。

岸田総理が靖国神社に真榊奉納 松野官房長官「私人の行動」

2022年4月21日(木) 22:01

岸田総理が靖国神社の春の例大祭に合わせて真榊と呼ばれる供え物を奉納したことについて、松野官房長官は「私人としての行動」と説明しました。

松野博一官房長官 「私人としての行動として理解をしており、政府として見解を申し上げる事柄ではないと考えております」

「TBS NEWS」より

僕はこの「私人の行動」という表現には反対である。

まさか、岸田氏が靖国神社への真榊奉納をするときだけ、総理大臣の立場から降りたワケではあるまいし、立場と切り離した行動が出来るとも思えない。

極論、総理大臣が犯罪を犯した場合であっても私人の行動だったら許されるのか?という話となる。

きっちりと、「内政の問題である」と切り捨てれば宜しい。「政府として、内閣総理大臣が靖国神社へ真榊を奉納して、英霊に感謝の意を示すことは、何の問題も無いと考えている」と、その様に言えば良いのである。

松野氏も結構良い仕事をすることがある様に思われるので、しっかりと、キッパリと発言して欲しい。

春の例大祭にあわせただけですが、何か?

なお、韓国的にはタイミングも気に入らなかったようだ。

政策協議団の訪日3日前..岸田日首相は靖国供物奉納

入力2022. 04. 21. 16:17

岸田文雄日本首相が21日、太平洋戦争A級戦犯が合事した靖国神社に供物を奉納した。昨年10月に続いて2回目だが、韓日関係改善を推進するユン・ソクヨル大統領当選者の韓日政策協議代表団24日訪日をわずか3日控えた時点で日本の侵略戦争を美化する動きを見せたこと。韓国政府は「深い失望と残念を表わす」と批判した。

「Daum」より

色々突っ込みどころが多いが、そもそも日本にA級戦犯は存在しない。過去にその様に非難された人物がいて、靖国神社に合祀されたのは事実だが、彼らの名誉は回復されているので、何の問題も無い。

なお、それをいったらB級戦犯だった方も、国賊として裁かれた方も合祀されている。

そして、日韓政策協議の代表団が日本を訪問するのは韓国側の都合である。そんなことで文句を付けられても困るのである。

これ1つとっても、この件が質の悪い言いがかりである証拠と言えるのではないだろうか。

コメント

  1. 岸田首相は来月のバイデン氏訪日に合わせて、氏を靖国に誘ってみるといいと思います。
    いまなら、米国政府はすんなり招待に応じるかもしれませんよ。

    • バイデン氏はどうかなー。
      トランプ氏だったら喜んで乗ってくれた気はしますが、ちょっと分からないですね。でも、誘うだけならタダですし、二人して行くというのも面白い気はします。