外交関係に苦慮する韓国次期大統領

大韓民国

尹錫悦氏が積極的に外交工作に乗りだしているようだ。余計な事はやらないで欲しいんだが。

戦後最悪の日韓関係、尹新政権の「解決策」を見極め…訪日代表団と元徴用工など意見交換へ

2022/04/19 05:00

韓国の 尹錫悦次期大統領が日本に「政策協議代表団」を派遣すると発表したことを受け、政府内では歓迎の声が上がっている。米国に次ぐ2番目の派遣で、日韓関係改善に向けた尹氏の意欲の表れとみられるためだ。ただ、両国間の課題は山積しており、政府は新政権の出方を注視している。

「讀賣新聞」より

そもそも、尹錫悦氏は本当に日本と韓国との間に存在する問題を理解しているのだろうか?

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国の外交的な立ち位置

アメリカとの関係悪化

ここのところ数年で、韓国の外交的な立ち位置はかなり悪化した。

いや、サムスンやLG電子、ヒュンダイなどの有望企業が存在して、国家戦略的に製品を安く売り出して存在感を高めたやり方も、ある意味外交手腕の一つに数えられる。あとは、狡猾なやり方で広めている韓流コンテンツとメディア侵略も十分外交手腕の一つと言えるだろう。

後者は寧ろ戦争行為に近しいグレーな部分を含むのだが、そこはさておこう。そんな事をやられながら何もできていない日本政府がアホなのである。

さておき、韓国の外交は、米韓関係でいえば、余りに要求ばかりを押し付ける韓国にアメリカは嫌気が差しており、既に表向きも韓国を邪険に扱う状況である。

韓国次期大統領のクワッド加盟希望を米国が却下? 米国務省「外部との協力手続きない」

2022年03月21日 13時48分

米国国務省が、ユン・ソンヨル(尹錫悦)次期韓国大統領が公約していた韓国のクワッド(QUAD)加盟にと関連して「これまでクワッドは外部パートナーとの協力手続きを開発していない」と述べ、一旦拒否したとも取れる回答をしたことが分かった。

「@niftyニュース」より

「韓国がQuad(クワッド)に加われば、アメリカは諸手を挙げて喜ぶ」という根拠不明の妄想を繰り広げていた韓国だったが、実際にアメリカ側に持ちかけたら、「根回しも済んでいないのに何言っているんだ」と怒られたというニュースである。

これ、韓国は暗にアメリカにQuadに入れるように環境を整えてくれと甘えた構図なのだけれど、アメリカがそれを断った形だ。

これまでは、朝鮮半島という地政学的な特徴から、韓国の立ち位置は重要拠点で在って「ある程度ワガママが許される」というものだった。しかし、近年その状況が崩れてしまった。

支那からは恫喝される

一方、支那からは前政権からの連続性を要求されている。

【コラム】「三不を守れ」 韓国に警告する中国

記事入力 : 2022/03/27 05:29

「本当に公約通りやるのか? それなら中国は韓国に対して貿易報復をやりかねない。THAADのとき以上に」

中国のある元ジャーナリストは尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補が大統領選挙で当選した直後、自国の雰囲気をこのように伝えた。さらに別の中国の知人は記者に「尹次期大統領は親米で反女権主義者らしいが本当か」と質問してきた。北京では朴槿恵(パク・クンヘ)元大統領や文在寅(ムン・ジェイン)大統領当選当時のような甘い期待感は見いだせなかった。

中国国営メディアはまず警告を出し始めた。中国国営の環球時報は社説を通じて尹次期大統領に「在韓米軍のTHAAD(高高度防衛ミサイル)三不の継承」を求めた。

「朝鮮日報」より

韓国で「三不」或いは「3NO」と呼ばれる約束が支那と結ばれていることはよく知られているが、在韓米軍基地にTHAAD(高高度防衛ミサイル)を配備した時に、支那から韓国は猛烈な嫌がらせを受けた。

朝鮮半島へのTHAADの持ち込みは、支那の防衛戦略に大きく影響するから困るという事らしいのだが、単なる迎撃ミサイルが何故そこまで不快なのかは理解出来ない。

一説によると、THAADのパッケージに含まれる強力なXバンドレーダーが、支那の動向を調査するのに有用だからだとも言われているが、それでは理解出来ないことも多い。

だが、THAAD配備の「何か」を嫌がって、支那は韓国に対して経済制裁を課し、民間企業の撤退を余儀なくさせたり、韓国のコンテンツを支那国内で視聴するのを禁止するなど、支那に貿易依存している韓国にとってはクリティカルな事案を突き付けた。

そして、韓国に「不三」と呼ばれる約束を守ると言わせることで、関係を緩和するような手法を採っている。まあ、見事である。

こうした関係性になってしまった韓国にとって、支那は宗主国であり、自らはそれに仕える三流国という立ち位置に甘んじるしかなくなってしまった。

しかし、韓国はアメリカと支那との間のバランスを採ってコウモリ外交を展開することで利益を得るやり方で現代を生き抜いているので、アメリカにも支那にも冷たい態度を採られると、身動きがとれなくなってしまう。

中東戦略にも暗雲

こうした状況を予測してか、韓国は何年も前から中東への影響力増大路線も目論んでいる。

韓国、UAEに兵器4千億円輸出へ 中東と防衛協力強化

2022年1月21日 21:39

韓国の文在寅大統領が21日まで歴訪した中東で、防衛協力の強化を打ち出した。アラブ首長国連邦(UAE)へは4千億円規模の兵器輸出をまとめた。同国やサウジアラビアは米国頼みの安全保障を多角化しようとしており、防衛産業を育成する韓国の接近は渡りに船だ。

「日本経済新聞」より

アメリカがアテにならないようなケースも考えたのか、防衛協力を取り付けようと考えたらしい。

だが、記事に書かれているほど関係が良い訳ではないようだ。

韓国製兵器を中東に輸出することで影響力を高めようとしたこともあったのだが、いつの間にか技術情報が流出してしまったというお粗末な話も出てきた。

更に、UAEとの関係は、原発輸出などという事もあって複雑である。

韓国製の原子炉がUAEで営業運転を開始してしまったのだが、これ、作っている最中から色々な問題を孕んでいて、韓国の負担も大きい。実は、UAEのバラカ原発には、韓国軍の部隊が常駐して施設の防衛を担っている。原発建造時から防衛任務を担っている。UAEの有事の際には韓国軍が自動参戦する自動介入条項までプレゼントしている。

韓国国防長官、UAE派兵10周年迎えたアーク部隊を訪問

2021/03/25 10:51配信

アラブ首長国連邦(UAE)を歴訪中の韓国国防部(防衛省に相当)のソ・ウク(徐旭)長官は24日(現地時間)、派兵10周年を迎えた「アーク部隊」を訪れ、激励の言葉を伝えた。

「WowKorea」より

詳しい情報は紹介されていないが、この「アーク部隊」というのが、その人質として選ばれし兵士達だ。

当然、常駐するためにはコストがかかる。これでUAEとの関係が向上するのであれば意味があるが、原発がトラブルでも起こせば大変なことになることは目に見えている。

この他、イランとの関係も宜しく無い。お金払っていないしね。

一体、韓国は何処との国と上手く行っているんだ!

しかしそうだとすると、尹錫悦が採れる外交戦略というのは、もはや今まで通りの「コウモリ外交」では韓国はやっていけない状況になってきているので、手詰まりになりつつある。あっちこっちに「関係改善しましょう」と特使を送ってはいるものの、今までが余りに酷すぎた。

どうやってそれを克服するかという手腕は見物だが、一般人の僕にはとてもそんな手段は思いつかない。

日本との関係は日韓基本条約がベース

とまあ、始まる前から尹錫悦次期韓国政権は、何とかまともに付き合える国を探すところからスタートという状況である。

それを正確に把握しているかどうかは知らないが、尹錫悦氏はあっちこっちで関係改善の模索を始めた。

その努力事態は評価したい。

しかしだからといって、日本側が協力するのはまた違うのである。

韓国側、就任式出席を期待 親善協会長が岸田首相に伝達

2022年04月19日12時29分

日韓親善協会中央会会長の河村建夫元官房長官は19日、岸田文雄首相を首相官邸に訪ね、5月10日に予定される韓国の尹錫悦次期大統領就任式に岸田首相の出席を期待する声が韓国側にあると伝えた。首相は対応を明言しなかったという。

「時事通信」より

元官房長官が、こんな余計な事を言っちゃったが、この方、「日韓親善協会中央会」の会長なのである。正直、「親善」って何の役に立つんですかね?

何となく、「仲良くしていたら国益を毀損しても日本側に良く動いてくれる」などという妄想があるような気がするけれども、日本の政治家が日本の国益のために働くべきであるように、韓国の政治家が韓国の国益のために働くのは当たり前の事である。そこを折衝しようというのが「外交」なのだから、「仲良く」ある必要性があるのかどうか。

仲良かろうが仲良くなかろうが、相手のことを信頼できていればそれなりの関係を構築できると思うんだ。外交上、良好な関係とはお互い信頼関係にあることであって、仲が良い事を意味しない。

自民部会長「岸田首相出席あり得ない」 韓国大統領就任式

2022年04月20日10時42分

自民党の佐藤正久外交部会長は20日の党会合で、5月の尹錫悦韓国次期大統領の就任式をめぐり、「過度な前のめりは間違ったメッセージを出し、足元を見られる。岸田文雄首相が出ることはあり得ない」と述べた。

「時事通信」より

流石に河村氏の発言は看過できないとして、外交部会長の佐藤氏が噛みついている。「国際法、国際約束違反の状態をつくり出しているのは韓国側だ」と、だから日本側から折れるべきではないという意味だ。ここで韓国に「譲歩」して見せたとしても、韓国はその事を「当然だ」と受け入れるだけで恩義に感じたりはしない。その事は既に十分日本も学習しているのだ。

そして、そもそも日本にとって現状の日韓関係は「悪く無い」と思う。寧ろ正常化しているのである。何故なら、韓国が無理を言って日本が譲歩するという在り方は、歪んだ関係だからである。

従って、岸田氏が「輸出管理体制を見直す」とか、「日韓合意をやり直す」とか、訳の分からない選択をしないように、国民は十分に見張っておく必要があるね。

追記

すりよらないでください。

慰安婦合意は「公式合意」 韓国次期外相候補、「共に努力する必要」を強調

2022/4/20 13:38

韓国の尹錫悦次期政権の外相候補に指名されている朴振氏は20日、慰安婦問題に関する2015年の日韓合意について「公式合意だ。被害者の名誉と尊厳の回復のために韓日が共に努力する必要がある」と強調した。記者団に述べた。尹氏側が公式合意と認めるのは初めてとみられる。

「産経新聞」より

日本側に何を努力しろというのか。

そもそも日本側が供出した10億円で作った基金を管理する「和解・癒やし財団」は、いつの間にか存在しなくなったではないか。もはや合意は有効ではなくなってしまった。それは韓国側の責任なのである。

日本側は「国と国の約束を守るのが外交の基本」と言っているので、これまでの約束が履行されない限りは、日韓関係は動かない。他国を見ているとそれが本当に外交の基本かは怪しい部分はあるが、しかし日本はそう考えている。韓国はそれを履行するところからスタートしなければならない。

追記2

官房長官の松野氏、しっかりと「不可逆的な解決を確認」と言及していたね。

また、「多大なる外交努力の末に慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した。首脳間でも確認し、韓国政府としての確約を取り付けたものだ」と強調した。

「時事通信」より

したがって、今のところ、交渉の当事者が岸田氏であったことも含めて、日本政府は交渉前の状態に戻ることは考えていないようだ。ちょっと安心材料かな。

韓国側は「日本も努力しろ」と言っているようだが、日本から見て韓国側って何か努力したんだっけ?という感想しか出てこない。

何だかんだ言って岸田政権の甘さが心配ではあるが、当面は見守るだけで良さそうな感じだ。

コメント

  1. 韓国は、こちらが譲歩すると「やはり我のが日本より上。だから何をやってもよい」となりますからね。譲歩するのではなく、「たたきつける」ぐらいしないと。
    「こちらのが上」だと向こうに認識させるよう対応する中国さんはさすがにわかっていると思われます。
    そんな「どっちのが上か下か」という価値観の国のが少数(もしかして2或いは北を入れて3)だということは、きっと永遠に理解しないでしょうね。

    それにしてもUAEさんとの約束は政権が替わっても守るなんて不思議です。
    何かまだ裏があるんでしょうか。

    • 韓国の宗主国たる支那は実にやり方を心得ていますね。
      その点ではスゴイと思いますが、ああいうやり方は西側の国には真似できないのも事実であります。
      それでも、強く出れば相手は引き下がるのですから、日本の外交はもっと強気で進めるべきでしょう。特に、無理難題を押し付けてくる国には正論を叩きつけるのが宜しいかと。

      UAEの話は眉唾な部分も多いのですが、ムン君に大統領が変わったときにUAEとの約束を反故にしようとして、大使が呼びつけられたことがあったように記憶しています。
      やはり強い態度で臨まねば。

  2. 木霊様、皆さま、今晩は

    これからのあらすじ

    ・韓国は今までどおりの(二番煎じ、三番煎じ・・の)解決策を提案し、我国は「国際法違反状態が解消されない」という理由で拒否。「日本は誠意がない」と騒ぐ。これが1~2年程度続く。

    ・現金化される。対抗処置を発動。

    ・韓国、WTOとかICJとか大騒ぎ。意味不明の「解決策」を提案し、対抗処置を解除せよと騒ぐが、我国は「国際法違反状態が解消されない」という理由で拒否。「日本は誠意がない」と騒ぐ。
    ——————————————————-

    ・楽観的なシナリオ
    韓国内に有能でまともな人物が現れて「国際法違反を認めて異常な裁判をなかった事にするしかない。慰安婦関連の合意も誠実に履行しなくてはならない」と主張し世論を何とかする。何らかの「合法」な方法で1審に差し戻し、公訴棄却にする。慰安婦合意も履行する。

    ・対抗処置を解除する。

    何年もかかるでしょうね。「対抗処置」が強力すぎると、韓国、潰れてしまいそうです。そうなると「暴発」しかねない。サジ加減が難しいでしょうね。

    残りは輸出管理とレーダー照射問題、数々の無礼をどうするか、ですね。
    ———————————————————
    ・悲観的なシナリオ(残念ながら、コレの方が現実的)

    酷い目にあっても「日本が~」とわめくだけ。韓国内に有能でまともな人物なんか現れない。韓国は5流国に転落。それでも「日本が~」とわめき続ける。
    ————————————————————

    もう70年以上も反日政策を続けています。今の「指導的な」立場の人たちも、そのような状況の中で成長しているんです。我国の「鬼畜米英」とか「日本は神国で、負けた事がない」とかも、70年も続いていないですよね。太平洋戦争の敗戦で目覚める事が出来たけど、韓国は目覚める事が出来るんでしょうか・・・。

    • 次期韓国大統領は決断力の無さがウリで、鳩並みの実力と聞きます。
      余り多くは期待できませんよね。
      ムン政権の時も大概でしたが、次の尹政権には何が起こるのやら。
      検察長官出身の大統領ですが、裁判所との関係は余り良く無さそうです。そうすると、大法院の判決をそのまま鵜呑みにするやり方は好まないのではと予想しています。
      良くて棚上げでしょう。
      僕の予想では、経済問題で外交に構っている場合ではなくなるんじゃないかなと、そんな風に考えています。不動産バブルももうどうしようも無いところまで来ています。何より、石炭が手に入らずにコンクリートが!建物が建たないのでは不動産バブルもいつまで保つやら。
      徳政令に手を染めるのでしょうが、外資が逃げていますからねぇ……。IMFのお世話にならなければ良いのですが。

  3. 韓国政府がいうところの「共に努力」という誘い水が、巻き込まれ事故の元凶。
    日本政府は丁寧に無視する、で正解ですよ。韓国に何かを期待するのは止めましょう。

    • 今後、無視が良いかどうかは分かりません。
      随分と国際情勢が変化しましたからね。
      ただ、そもそも約束を守れる国でなければ、国として付き合う価値がないわけで、直ぐに裏切る国とは手を組めないというのは原則ですよね。
      まあ、韓国が態度を改めるとも思えないので、今後も関係は変わらないでしょう。