【9条教】ウクライナ問題で9条の大切さを説く人々

日本ニュース

日本共産党は凄いな!

ウクライナ問題 日本は9条生かし 力尽くせ

2022年2月25日(金)

参院で来年度予算案の実質審議がはじまった24日、衆院第2議員会館前で定例国会前行動が行われました。コロナ禍のもと、大軍拡と改憲に突き進む岸田政権や自公、補完勢力を批判し、「改憲よりも国民の命を守る議論を」と訴えました。

「しんぶん赤旗」より

何を言っているのかサッパリ分からない!

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いま、何を考えるべきなのか

丁寧に読んでも理解出来ない

ウクライナ問題を連日取り扱っているが、何度かこのブログで言及したように、このことは日本にとって他人事では無い。

ロシアがウクライナに「力による現状変更」を試みたのは既に皆さんご存じの通りで、ロシアは短期決戦を目論んだのか、猛烈な勢いでウクライナを蹂躙している。或いは本日中にキエフに到達するのではないだろうか?

台湾有事は日本有事であり、台湾に対する支那の態度は、ウクライナに対するロシアの態度と似ているようだ。いや、寧ろ台湾の方が国際社会から距離を置かれている分、ウクライナよりも危うい立場にある。

序でに言えば、日本自身、ロシアから領土を占領されている状態にある。北方領土から北海道に魔の手を伸ばされる可能性はある。いつの間にかウポポイが日本人に認知され、アイヌ人達は先住民認定されてしまった。更に、沖縄は「琉球国として独立すべき」という寝言をいうサヨクが跋扈している。ウクライナ東部と同じ事が起こっても不思議ではない。

つまり、前提として、ウクライナ危機は日本にとって同じ事が起こったときに直ぐ対処出来るように、我が事として真剣に考えるべき問題なのである。

で、赤旗の文章を読んでみたのだが……。

主催者あいさつした安保破棄中央実行委員会の東森英男事務局長は、コロナ禍から国民の命を守る政策こそ必要であり、「大軍拡を阻止し、軍事費を暮らしに回すよう求めるたたかいを広げよう」と提起。ロシアによるウクライナへの軍事行動に「日本は憲法9条を生かし、平和的解決に力を尽くすべきだ」と述べました。

「しんぶん赤旗”ウクライナ問題 日本は9条生かし 力尽くせ”」より

何が書いてあるかサッパリ理解出来ない。

志位氏も寝言をtweet

ちなみに、日本共産党の委員長からしてこんな感じである。

確かに憲法9条は「日本を他国へ侵略させないための条文」である。だが、「ウクライナ問題と憲法9条を関係させて論ずる」という前提に続くのは、ロシアの凶行である。

ロシアにとって、プーチン氏にとって世界各国から批判され、「国連憲章を守れ」と言われたところで、痛くも痒くも無い。

ご自分で指摘されているが、ロシアは「核の先制使用による威嚇」をしたうえで、他国を力で蹂躙しているのだ。

ロシアに憲法9条があったところで、プーチン氏の論法は「ロシア軍は他国の蹂躙をしているのでは無く、ウクライナの脅威から独立国であるドネツクとルガンスクを守っている」のである。そして、ウクライナはかつてはロシア領であり、ウクライナの政権は正当性を欠くので蹂躙しても問題ないという。

序でにこんなことまで言い始めた。

ウクライナ侵攻「選択の余地なかった」 プーチン大統領

2022年2月25日 4:58

ロシアのウラジーミル・プーチン(「AFP」より

何を言っているんだコイツは……。

相手がこんな調子なのだから、憲法9条に何の意味が出てくるのかよく分からないというのが、正直な感想である。ロシアに憲法9条があったら即日憲法改正されるだろうし、ウクライナにそれがあったところでロシア軍の侵攻は止められなかっただろう。

憲法9条は他国からの侵略から日本を守ってはくれないのである。

日本は憲法9条を生かし、平和的解決に力を尽くすべきだ

お花畑の空虚な言葉だな。「日本は憲法9条を生かし、平和的解決に力を尽くすべきだ」だって。

憲法改悪阻止各界連絡会議の高橋信一事務局長は、予算審議と並行しての憲法審査会開会を批判。「来年度予算案、コロナ対策の議論にこそ力を尽くすべきだ。憲法改悪を阻止し、憲法が生きる社会と政治を実現しよう」と呼びかけました。

「しんぶん赤旗”ウクライナ問題 日本は9条生かし 力尽くせ”」より

あのウクライナの惨状を見て、「改憲阻止」を叫ぶことのできる神経が謎である。

「9条で日本を守れるの?」ロシア侵攻で懸念噴出、共産は危機感

2022/2/25 14:13

ロシア軍によるウクライナ侵攻を受け、「憲法9条で国を守れるのか」という懸念の声が会員制交流サイト(SNS)などで増えている。

~~略~~

共産は次の参院選に向けて、「野党共闘の勝利で9条改憲許さず、政権交代の足がかりを」(赤旗)などと訴えている。先の衆院選で改憲に前向きな維新や国民民主党が議席を伸ばした一方、共産や立憲民主党が勢力を後退させたことへの危機感も透けてみえる。

「産経新聞」より

産経新聞の分析によれば、日本共産党は夏の参議院選挙も「改憲反対」を訴えて選挙戦を戦うつもりだから、今、改憲議論が盛り上がってもらっては困るので火消しに走っているのだということらしい。

戦いたくないバイデン・アメリカ

ちなみに、力の行使で対処するつもりが無いのは、日本だけでは無くアメリかもということのようだ。

バイデン氏「プーチン氏は侵略者」「米軍はウクライナで戦わない」

2022/02/25 10:41

米国のバイデン大統領は24日、ホワイトハウスで記者会見し、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻について「プーチン大統領は侵略者だ。世界平和を支える基本原則を攻撃した。その代償を払わせる」と厳しく非難した。そして安全保障を巡り不安が高まる欧州に米兵を増派する方針を明らかにした。

~~略~~

バイデン氏は会見で、バルト3国とポーランド、ルーマニアを挙げ、「NATO加盟国を守り、支援するため新たな動きに備える」と述べた。ウクライナはNATO加盟国でなく、「米軍はウクライナでの紛争に関与しない。ウクライナでは戦わない」とも強調した。

「讀賣新聞」より

バイデン氏はウクライナを見捨てるつもりらしいな。

案外、ハンター・バイデン氏が多額のお金を貰っていた事実を消すためには、ウクライナが混乱してくれた方が都合が良いのかも知れない。

そう思えるほど、冷たい態度である。

そして、この事は、支那が台湾侵攻した時にアメリカの介入があるのか?といえば、「無い可能性が高い」ことを意味している。もちろん、支那が日本に侵攻した場合にも介入があるかは怪しいだろう。果たして、日米安保条約はまともに機能するのか?機能しないことを考えて準備すべきではないのか?

憲法9条の有無に関わらず、日本は武力による対応能力を準備すべき

現状で、日本はどんな事態になったら自衛隊を動かす事が出来るのだろうか?

台湾有事が勃発したら?尖閣諸島が占領されたら?或いは、与那国、西表、石垣が占拠されたら?もしかしたら、沖縄が占領され、九州が蹂躙されるまで動かないのでは?

米の「武器」はドルと先端技術 追加制裁、狙いはロシア経済の遮断

2022年2月25日 11時23分

ロシアのウクライナ侵攻を受けてバイデン米大統領が24日発表した経済制裁は、米国が持つ基軸通貨ドルと先端技術の強みを生かし、軍需産業を含むロシア経済の中枢を国際金融や貿易から遮断する強力な措置となった。中長期的なロシア経済への打撃は大きい。

「朝日新聞」より

アメリカが今、ウクライナ危機の事態に対して採ろうとしている対策は、中長期的な視野の政策であって、短期的に大きな効果がでるものではない。

ロシアに対して、年単位のタイムスケールでジワジワと効いてくるだろう措置であり、短期的にはほぼ効果が期待できない。果たして半年、1年、ウクライナ軍は耐えられるのだろうか?既にウクライナ空軍は壊滅的な被害を受けている状況なのに?

日本が同じ立場に立たされた時に、どのような対応が出来るのか真剣に考えるべきだ。アメリカは直ぐには動かないぞ。そして、もはや暢気に改憲議論をすべき時間はなく、現状の法理繋いでできる事を直ぐにでもやらねばならない。もちろん改憲はすべきだが、優先順位は高くあるまい。

国際社会に出すメッセージとしては、或いは「9条の看板を下ろした」というインパクトは与えられるかも知れないけれど。

そんなことより、アメリカ以外の同盟国を増やす事も含めて、いざという時の体制を構築すべきだろう。

追記

引用元がWowKoreaなのがちょっと業腹なのだが、日本メディアはこれを報じることは無いんだろうね。

ウクライナ外相「米国の安保を信じて28年間 “核放棄”してきた」…「代価を払え」

2022/02/23 16:45配信

ウクライナのドミトロ・クレバ外相は「1994年の核放棄決定は、賢明な判断ではなかった」として、米国に対し「当時約束していた安全保障を履行せよ」と求めた。

「WowKorea」より

アメリカが何を約束したのか。

クレバ外相は「1994年ウクライナは、世界3位規模の核兵器を放棄した。我々は特に米国が提示した安全保障を代価として、核兵器を放棄したのだ」と主張した。

つづけて「当時我々は『誰かが我々を攻撃したら、米国が我々を助ける国の一つになる』という約束を交わした」と訴えた。

「WowKorea”ウクライナ外相「米国の安保を信じて28年間 “核放棄”してきた」…「代価を払え」”」より

核不拡散条約で、一体何が守られたのかという話である。

ウクライナの外相がどれだけ吠えようと、西側諸国が積極的に手を貸すことは無いのかも知れない。その状況を日本は眺めるしかないと思っているらしいな。

ウクライナ外相、より強い日本の行動期待 対ロ制裁措置

2022年02月24日06時20分

ウクライナのクレバ外相は23日、日本が対ロシア制裁措置を発表したことについて「より強力な反応と行動を日本が示すことを期待する」と述べた。ウクライナ情勢をめぐる国連総会本会議に出席後、記者団の取材に応じた。

「時事通信」より

クレバ氏は、日本の対ロシア制裁措置にも注文を付けている。

日本への期待の背景には「いろいろな理由がある」と指摘したクレバ氏は「ロシアが国際秩序を破壊し、これが成功への道だと示すのを許さないという点において、日本は非常に大きな関心を持っているはずだ」と語った。中国と台湾の関係や北方領土問題などを念頭に置いた発言とみられる。

「時事通信”ウクライナ外相、より強い日本の行動期待 対ロ制裁措置”」より

これに対して日本の外相は……、あ、林氏ではダメだわ。

ロシア大使、日本に対抗措置=ウクライナ大使は中国に期待

2022年2月25日 18時14分

ロシアのガルージン駐日大使は25日、ウクライナ侵攻を受けて対ロシア追加制裁を発表した日本政府に「重大な対抗措置」を取ると警告した。

「LiveDoor News」より

脅されちゃってますよ?ロシアになめられているんだよね、脅せば尻込みする国だって。情けない話だよね。

追記2

はい、舐められているシリーズ2つめ。

中国公船が領海侵入 尖閣周辺、1月31日以来

2022/2/25 18:55

25日午後4時25分ごろから、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に中国海警局の船4隻が相次いで侵入した。中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは、1月31日以来。付近に日本の船舶は確認されていないという。

「産経新聞」より

もうね、パラリンピックへの参加はやめたら?

もうちょっと断固たる姿勢を示さないと、ロシアのあれを見てエスカレートするぜ、絶対に。

コメント

  1. いつもお疲れ様です。。

    明日は我が身ですよね。結局は軍事力がもの言う世界なんだなと改めて実感しました

    核の使用までちらつかすんだから、台湾有事でも中国が同じことしそうで怖いものです。

    ウクライナは精一杯抵抗するのでしょうが、援軍が見えない国際情勢ですからロシアの軍門に降ることが、ウクライナ国民にとっては安全かもしれませんね

    日本も同じことにならないように祈るのと野党与党含めて議員達には危機感を持って日本を強国にして欲しいです

    • 明日は我が身ですね。
      「軍事力を前提とする政治」に忌避感を感じていても、現状を考えればやむを得ない状況であると思います。
      理想は理想として、現実を見据えて政治を行っていくしか無いのでしょう。

      ウクライナの降伏ですか……。
      現状、ロシアはウクライナに対して無条件降伏を突き付けているようですし、話し合いで何とかなる次元ではないようです。
      既にウクライナ民間人への被害は拡大していますので、ホロドモールの過去を考えると、簡単に下る決断を出来ないでしょう。多分ですが、「安全」はウクライナ側の勝利=キーウ(キエフ)防衛の成功で、ロシア軍の撤退くらいしかないのではないでしょうか。

  2. 木霊さんにPhoney Warを解説してほしいです。

    • なかなか重いテーマでの要望ですね。
      まやかし戦争の勉強が足りていませんので、直ぐに記事にすることは難しいです。僕の力不足で申し訳ありません。
      かなり西部戦線の掘り下げをやらないと、理解出来るような話にならない気がしますよ。

  3. 日本共産党に二つほど聞いてみたいことがあるのですよね。

    1. 過去に酒を酌み交わして話し合えば戦争など防げる。と言ったと思うのだけど、
    それをやらないのか?(言ったのは下部組織だったかもしれないが)

    2. 憲法九条を盾に敵基地攻撃能力を持つのはけしからんというが、有事の際に日本本土が戦場になるのを良しとしているのか。

    今日、街宣車で迷惑この上ない街宣して廻っていたのですが、
    上記を聞こうと外へ出たときにはいなくなっていました。

    そういえば、確か西側先進国と呼ばれる国の殆どが共産主義・党の何れかを憲法か法律により禁止しているんですよね。
    日本は禁止するタイミングを逃したな。

    • 共産主義、共産党の主張は【理想的】です。完全です。

      ただし、「人に欲がなければ」です。

      「能力に応じて働き、必用に応じて受け取る」はある意味「理想」ではあると思いますが、
      能力のある人:「こんなに働いたのに、これだけしか貰えないの?ならば適当にさぼるか」となると、発展しません。発展するには欲が必用なんです。

      憲法9条は理念としてはいいと思うけど、「欲を満たすためなら何でもあり」という連中がいる限り政策としてはNGです。そして、そういう人達は決してなくならない。それが自然だから。

      こんな程度で政治家をやっていられる我国の状態は悪くないんでしょうね。・・・多分。

      「護憲」は9条に関してはダメだと思います。

    • 「酒を酌み交わせば平和」という話もありましたね。
      まあ、話が通じる相手であればそれでも良いかも知れませんが、話し合いをするには共通認識の部分を増やしていかねばなりません。
      共産主義の国々は、認識を共通にするのが難しいので、話し合いが出来るところまで溝を埋めて行くのが大変ですよね。

  4. こんにちは。

    ・目の前で進行中のレイプを止めるには、力で引き剥がすしかない(レイプ実行犯は話聞くの能力も余裕も無い)。

    この、単純な事がお花畑の住人には理解出来ないんですよね。

    「ジパング」で、御高説をのたまう辻に、草加が拳銃突きつけて「御高説が確かなら、弾は中らないはずです」と言い切る、同じ事を全員で体験してみれば良いと思います。

  5. いつも周回遅れすみません。

     私は無理に分類すればネトウヨ側と思うが、パーヨクは、ほぼ完全に自分達の役割を勘違いしていると思う。

    こと対支那、未来の台湾事変に関して言うなら、ペンタゴン等のシミュレーションでは、ほぼ支那の勝ち(https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20200827-00195306)であり、より広い範囲の影響のシミュレーション結果は公表も少なく推定でしかないが、私の推定では、台湾落は前提として日本の少なくとも地方は支那に落ちることを意味する。

     つまり私のようなネトウヨ?が支那の脅威に日本が持ちこたえる、「プランB」は、シミュレーションにもとづけば、現実逃避に近く、支那に落とされた場合の「プランC」の方が重要である。
    (なお、プランAは、支那の武力行使をそもそも起こさせない抑止:核保持・敵基地攻撃能力等となり、やることはプランBとの差異はほぼない)

     しかし残念ながら私のようなネトウヨ?はプランCを考えるのは精神的苦痛が酷く、苦手〜ほぼ不可能である。

     すなわちパヨさんたちの本来の役割は「プランC」支那やロシアに軍事的に敗北した場合の「条件付き降伏」の落としどころ構築である。

     しかし私のようなネトウヨ?でもわかることとして、

     プランC①として「9条」は大変下手な選択。千年後には理想を目指していた憲法てな解釈が付くかも知れないが、現実は「無条件降伏:何でも言うこと聞きます、命だけは助けてください」を続けます。と誓わされた結果である。第2次大戦では、不幸中の幸、降伏相手はアングロサクソン価値観が優勢な多民族国家:米国、であったから日本はそこそこアイデンティディーの保持を許された。しかし支那・ロシア(漢・スラブ史上主義)相手だと「無条件」降伏は悲惨な選択肢となる。結果は説明するまでもなかろう。

     C②として旧パヨが70年以上掲げる「科学的社会主義による世界革命への参加?」、、、マルクス・エンゲルスの「科学的」は今日どころか18世紀の自然科学基準にも不合格、空想と言って悪ければ哲学に過ぎず、現に成功した例は皆無である。

     C③として現パヨがメインに掲げる9条+アルファ、バランス取り –  は「最悪の選択肢」であり、有事後は西欧からも中・露からも「裏切者」と見做され、奴隷扱いが良いところであろう。(半島の南はそれを臨んでいるようにも見えるが)

     支那・ロ は、日・台(韓)を完全に焼野原として征服するのは損で、日・台(韓)の「力」を我が物として西欧に対抗するのがベストと思っているとはず。
    ならば日本アイデンティディーを完全には捨て去らないプランÇ④「条件降伏」も可能なはず。

     パヨクは、これを考えるのが本来の役目と思うのだが、、、。