韓国との国家間合意は意味が無い

大韓民国

タイトルを読んで「何を今更」という感想を抱く人とが大半であると思う。事実、僕自身もそう思っていたのだが、まさか韓国のジャーナリストの発言から「韓国との国家間合意は意味がない」という指摘の裏付けがとれるとは。

「反日一辺倒」を変え始めた韓国メディアの葛藤

2022/02/16 7:00

──尹美香事件は、彼女と肩を並べて運動してきた1人の元慰安婦・李容洙(イ・ヨンス)さんという当事者による、団体の金銭管理に疑問を呈する告発から始まりました。

この事件が韓国を強く揺るがしたのは、何よりも李さんという運動団体の核心人物が尹氏を手厳しく告発したからだ。そして、透明性を持って運営していると国民が信じていた慰安婦団体への失望が広がり、さらには、尹氏という慰安婦支援運動で国会議員にまでなった人物の事件だったためです。

「東洋経済」より

この記事では主に、韓国国内の「慰安婦問題」を取り扱っている。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジャーナリストが反日を自白

韓国が対日カードだと思っている事案

いちいち書くのも面倒なのだが、改めて韓国側が対日外交におけるカードだと考えているものをピックアップしてみよう。

  • 「慰安婦問題」(実態は売春婦で、既に日韓請求権協定によって解決済み)
  • 「徴用工問題」(実態は応募工で、既に解決済み)
  • 「汚染水問題」(韓国側の曲解、言いがかり。IAEAでも問題なしという結論が出ている)
  • 「竹島問題」(韓国の不法占拠)
  • 「輸出規制問題」(そんな問題は存在しない)
  • 「仏像盗難問題」(韓国側の条約違反)
  • 「韓国人被曝者支援問題」(韓国政府が解決すべき問題である)
  • 「サハリン在住韓国人の帰国支援」(韓国政府が解決すべき問題である)
  • 「日韓GSOMIAの破棄」(コメントを頂き追記。これを巡っても散々騒ぎになったが利用はされていないようだ)

他にあったかどうか思い出せないが、これを対日カードだと思っている辺りが凄いと思う。何れに関しても韓国側の言い分に妥当性が見当たらない。

これらを外交カードだと信じている辺りが、なかなか手に負えないわけだ。しかし、問題の本質はこうした勘違いではない。

韓国メディアの根底にある意識が問題

韓国メディアは潜在的に反日であることは、既に日本人なら誰でも知っている事実となった。だが、韓国のメディア側の人間がこの様な意識を持っているということはまた話が別である。

──慰安婦団体を「報道の聖域」とする考えは、尹氏の事件でなくなったと指摘しています。「反日でないといけない」といった対日報道はいまだ聖域でしょうか。

確かに日本関連の報道は最後の聖域でしょう。これには2つの種類があります。まず日本に有利、あるいは韓国に不利な記事を書いてはいけないというもの。もう1つは反日的な性向の団体に不利な記事を書いてはいけないというものです。

「東洋経済”「反日一辺倒」を変え始めた韓国メディアの葛藤”」より

なんと、韓国の報道の不文律として、「日本に有利、あるいは韓国に不利な記事を書いてはいけない」「反日的な性向の団体に不利な記事を書いてはいけない」というものがあるということを、韓国のジャーナリストが自ら明かしている。

「潔い」と言えば良いのか、「良くも恥ずかしくないな」と思えば良いのか。

東亜日報が韓国政府寄りの報道を心掛けているのは感じていたが、そこの編集局長がこれを断言するというのは相当である。

東京駐在の韓国メディアの記者たちの間では、日本メディアによるむやみやたらな反韓・嫌韓的な報道を基に「日本はこう考えている」といちいち報道するのはやめようといった合意があります。そういった報道に意味を見いだせないからです。

「東洋経済”「反日一辺倒」を変え始めた韓国メディアの葛藤”」より

更にこんなことを指摘しているが、日本のメディアの報じる内容は「むやみやたらな反韓・嫌韓的な報道」など目にした事がない。大抵は、支那や韓国を擁護し、持ち上げる記事ばかりな印象だ。これは、印象の問題なので、彼らにしてみればそう感じるのだろうね。

それを否定しても仕方が無い。

ただ、事実から目を背けてまでそんな風に言うというのは、なかなかに凄い。

国家間の合意を否定

そして、ここに衝撃を受けた。

日韓の歴史問題について、「国家間の合意は万能ではなく、合意は終わりではなく管理の始まりだ」と言いたい。日本は1965年の日韓基本条約で「問題は解決済み」と言いますが、決められたことを土台によい関係をどう管理していくかが重要ではないでしょうか。

「東洋経済”「反日一辺倒」を変え始めた韓国メディアの葛藤”」より

確かに国家間の合意は万能ではない。

そして、ソレを平気で破るという国が多いことも事実で、日本が律儀に守りすぎる事も問題なのだとは思う。しかしまあ、それはそれとして、「合意」で「解決済み」と言っているのに、「終わりではない」とは如何に。これ、実質的に、いつまでも問題を終わらせる気が無いと言っているも同じだ。

大統領候補も合意破棄に向けて

ちなみに、こんな残念なニュースもある。

大統領選革新系2候補「慰安婦合意は不適切」 日本の拠出金返還も=韓国

2022.02.16 14:12

旧日本軍の慰安婦被害者の支援団体からなる韓国の「日本軍『慰安婦』被害者支援団体ネットワーク」は16日、先月25日に大統領選(3月9日投開票)の候補6人に送った質問書に対し、革新系与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事と革新系野党「正義党」の沈相ジョン(シム・サンジョン)元代表が慰安婦問題を巡る2015年の韓日合意は被害者中心の原則を守らず、不適切だとの立場を示したと発表した。両氏は、韓日合意に基づき日本政府が拠出した10億円も返還すべきだと主張した。

「聯合ニュース」より

これ、現在、韓国大統領候補として名乗りを上げている候補のウチ、2候補は「合意破棄」を目指すと公約したという意味である。

  • 李在明:与党大統領候補で、今回の候補のウチ、最も反日的な意見を持つ人物 → 合意破棄
  • 沈相奵:正義党と言う名の正義に反する反日団体所属の候補 → 合意破棄
  • 尹錫悦:野党有力候補で元検事総長 → 回答を拒否
  • 安哲秀:中道系野党候補 → 回答を拒否

有力候補4人の回答はこんな感じである。が、実は今回、韓国大統領に立候補したのはこれまで殆どメディアに取り上げられなかった人を含めて14人もいる。

韓国大統領選 候補者は計14人に=3月9日投開票

2022/02/14 20:37配信

韓国中央選挙管理委員会は14日、大統領選(3月9日投開票)の候補者登録が同日締め切られ、計14人が手続きを済ませたと発表した。15日から正式な選挙運動が始まる。

「WowKorea」より

次の韓国の大統領がどうなるかは知らないが、反日姿勢は誰がなっても大差無いというのは納得である。

なお、この大統領選挙のために感染拡大局面にあるというのに防疫緩和に舵を切ったようだ。

頂点でもないのに… 急な防疫緩和「ギャンブル」

入力2022.02.16。午後5時07分 修正2022.02.16. 午後6時32分

コロナ19の確定者が16日、9万443人を記録して10万人に近づいたが、拡散を防ぐ最後のボウルイン社会的距離置きが結局緩和されるものと見られる。まだオミクロン流行が頂点に達していない状況で、政府の防疫緩和は「ギャンブル」という批判が出ている。

「韓国メディア」より

凄い国だと言わざるを得ないね。

追記

アメリカは懲りないな。

米高官「韓国の新しい大統領と韓日関係改善を調整」

記事入力 : 2022/02/16 09:20

米国務省のランバート副次官補は15日「韓日関係改善は非常に重要だ」とした上で「(3月の大統領選挙の後)新しい大統領が就任するまでの約2カ月間、米国は韓国の新しい大統領(当選人)と関係を築き、安全保障政策を調整しなければならない」と述べた。米国が韓国の新しい大統領と最優先で議論する問題として「韓日関係の正常化」に言及したのだ。米国が自国の外交政策の根幹となるインド・太平洋戦略を進める最大の障害物を「韓日関係の悪化」と考えていることを示唆した形だ。

「朝鮮日報」より

いや、アメリカさん、無理っす。相手は韓国っす。

確かに韓国を含めた安全保障体制の構築が望ましいのは分かるけど、それは核不拡散条約と同じで不可能なんだ。気が付いてくれよそろそろ。

気が付いたのは、ムン君を相手にしても仕方が無いという事実だけですか。

コメント

  1. 今まで米が日本側にかけていたんであろうと思われる有形無形の圧力が、ここ数年でぱたりと止んだ印象もあります。あんなのでも一応は血盟なんだそうですし、事務的なリップサービスな感も。
    中露の離間計の類であったとしても、それが成就して困る事。もう米陣営にある?とも思うところです。在韓米軍どうするかは頭の痛いところでしょうけれど…

    • トランプ氏も相当韓国に対してはキレていましたが、バイデン氏はバイデン氏で歯牙にもかけていない感じですよね。
      過去のアメリカの政権が、何故、韓国に底まで肩入れしていたのかはちょっと理解に苦しみますが、地政学艇なアドバンテージ故ということなのでしょう。
      とはいえ、冷静に見たら敵に回したら頼りないが、味方にしたら足を引っ張るタイプの国に見えるワケで、支那に寄っていってしまったとしても戦略的に大きく変わるようには思えないんですよね、今更。

  2. 日韓GSOMIAもカードと考えている節があると思います。

    • あー、すっかり忘れていました。
      あれ、そう言えばカード扱いでしたねぇ。追記しておきたいと思います。