【日本共産党に完全同意する日】対支那決議案に日本共産党が批判

政策

こんな日が来るとは。

共産「非難」削除を批判 対中国決議案めぐり

2022/1/25 01:19

共産党の小池晃書記局長は24日のBSフジ番組で、中国政府による新疆ウイグル自治区などでの人権侵害行為を非難する国会決議案から「強く非難」との文言が削除されたことを批判した。中国を名指ししていない点も疑問視し「逆に日本の国会は(人権侵害を)容認しているというメッセージになりかねない」と指摘した。

「産経新聞」より

この話は詳しくやる必要はあまりない気はするんだけど、日本共産党は正論を述べている。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

弱腰自民党が批判される

非難決議案であるべきなのに

えーと、拾いものなのだが、どんな話かというのはこちらの画像を見て頂きたい。

この書類は、こちらのニュースと関係している。

対中決議、再び見送り 自民、公明に熱意なく

2021/12/20 20:58

中国政府による新疆(しんきょう))ウイグル自治区などでの人権侵害行為を非難する国会決議は、今国会でも採択が見送られることが20日、確実になった。先の通常国会と同様、自民、公明両党が党内手続きを進めなかったためだ。超党派を含む複数の議連が決議を求めて活動したが、自民、公明には、党として今国会での採択に対する熱意はなかった。

「産経新聞」より

昨年末の話だが、日本の国会において対支那非難決議案が採択されようとしていた。しかし、この決議案、実は去年の10月に議案が作成されている。

対中批判に慎重な公明も10月の衆院選で初めて中国の人権状況への懸念を公約に盛り込み、姿勢に変化の兆しがあった。立憲民主党や国民民主党、日本維新の会などは今国会での決議を求めており、採択に向けた環境は整いつつあった。

「産経新聞”対中決議、再び見送り 自民、公明に熱意なく”」より

そして、全会一致で決議をするという名目で様々な文言が削られ、12月に決議をしようと調整されていたのだが、結果的には決議は見送られた。

画像はその決議案の10月の状態から分かり易いように12月の状態となるように赤を入れられたものである。

日本共産党は「非難」をしろと迫る

当然、本来、対支那非難決議をするという趣旨の議案だったのだが、去年12月には対支那決議に変わってしまった。

北京冬季五輪を控えた国際オリンピック委員会(IOC)の対応に関しては「人権状況を改善しろと中国に言うべきだ」と訴えた。

「産経新聞”対中決議、再び見送り 自民、公明に熱意なく”」より

日本共産党の主張のポイントは2つ。「非難決議をしろ」ということと、「北京冬季五輪開催前に決議しろ」ということだ。

そもそも画像を見て頂ければ分かる通り、まあヒドイ文章である。

「新疆ウイグル等における深刻な人権状況に対する決議案」は、本来であれば「新疆ウイグル等における支那共産党による深刻な人権侵害に対する非難決議案」とならなければオカシイ。

元々、誰を非難するかと言うことすら明確ではなかったが、「非難」の文字すら削ってしまう為体である。「人権状況」ってどんな日本語なんだか。

結局、決議を渋っているのは自民党という構図を、日本共産党が演出したいがための批判なのだろうが、そうした狙いがある事を承知した上で、今回のコレに関してだけは日本共産党に対して賛同せざるを得ない。

コメント

  1. 木霊様、皆さま、今日は

    日本共産党の対中国の態度は、かなり昔から「比較的マシ」でしたよ。
    私が「日本共産党は相手にしない(無視すると言うか、投票しないと言うか)」事にしたのは、以下のような理由なんです。

    ・共産主義革命は【必然である】と未だに信じているようだ。
    ・革命の過程で暴力的な事が起こっても仕方がない(と考えているように思える)
    ・何が何でも【反自民】

    何年か前の選挙で「アベ政治は許さないぞ~」と言っていたけど、どのような理由で許さないのか、私には理解できなかったのですよね。

    でも、中国共産党とは「一線を画して」いたように思えますよ。

    • ご指摘の通り、比較的マシな発言も見られるし、分析能力も結構高いんですよね、日本共産党は。
      支那共産党とは袂を分かつ事件があったのか、表面上は嫌っている感じですしね。

      ただまあ、安倍氏に対してあれほど攻撃的であった理由は、未だによく分かりません。
      単純に好き嫌いの問題以上に、何かクリティカルな部分に触れちゃったんですかねぇ、安倍氏が。

  2. 木霊さん、おはようございます。

    UPされた決議案の画像を初めて見ましたが、これが民主・自由主義を標榜する独立国家なのかと唖然としました。

    臨時国会での見送りは茂木幹事長の苦しいというか厚かましい言い訳で、本当に噴飯ものでしたが、通常国会冒頭に再提出された肝の部分はほとんど骨抜きの体たらくには心底ガッカリです。

    支那を名指しする強力な非難決議を表明・物理的な制裁を示唆し、アメリカ・欧米と強力なタッグを組む姿勢を打ち出す事こそ今は必須なのにです。

    党内親中派・公明党は元よりですが、二階氏より酷い親中派三羽烏の岸田総理・林外相・茂木幹事長という布陣は、日本の国益にとって最低最悪の組み合わせと判断せざる得ませんね。

    僕はどんなトップでも少なくとも半年はお手並み拝見という考えなんですが、政権トップに立って僅か3ヵ月の岸田総理には完全に絶望感しかありませんね。

    日本国民&日本の為にならない暗愚でヤワな政権は、自民党は多少の血を流してもただちに倒閣すべしと思います。

    • 酷い話ではありますが、草案ですら結構控えめなんですよね。そこに赤が入ってもうメチャクチャです。
      落選された長尾氏は、こんな法案が可決されたらその方が恥ずかしいというような事も仰っていた気がしますが、自民党内にも反対派は居るようですよ。
      ただ、トップがアレなのでこの決議すら通らないのが実情でアリマス。

      • 木霊さん、おはようございます。

        手前味噌ですが木霊さんのブログへの投稿が今回で1000回目となりました。
        前のブログからこのブログに移行されてからです。

        僕は投稿する原稿を時系列で保存してますので、多少の誤差はあるかもですが多分ニアリーと思っています。

        今後も大切な話題を記事にして頂く事をお願い申し上げます。

        >酷い話ではありますが、草案ですら結構控えめなんですよね。そこに赤が入ってもうメチャクチャです。

        世界中の自由主義国にいい恥さらしで、本当に我慢できないです!!(怒)

      • おお、それは!お付き合い頂き感謝であります。
        結局のところ、このブログはニュース原稿とみなさまのコメントで成り立っておりますので、続けられるのも皆さんのおかげであると思っています。
        いつまで続けられるかは分かりませんが、今後も宜しくお願いします。

        2月1日に向けて最後の詰めに入った非難決議ですが、国会議員の方々が変な妥協をしないで欲しいと切に願っています。