未だにイランにお金を払わない韓国、実務協議推進をするとの報道

大韓民国

未だ解決してないのかよ……。

韓国とイラン 凍結資産の移転巡る実務協議推進で合意

2022.01.07 14:52

韓国外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官とイランのバゲリ外務次官は6日(現地時間)にオーストリア・ウィーンで会談し、米国の対イラン制裁により韓国の銀行に凍結されているイランの原油代金70億ドル(約8100億円)の移転問題を議論するため、実務協議を推進することで合意した。韓国外交部が7日発表した。

「聯合ニュース」より

このネタは何度も言及したので、軽く触れておきたい。コメント頂いた方にはこの場で感謝。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

代金を支払わない韓国

え?未だお金返していないの?

借りた金を返すのは世間の常識であると思っていたのだが、韓国では踏み倒しこそ正義で、踏み倒された方がバカなのである。

さて、しかしこの話は借金というわけではなく、原油の代金を支払うという話だ。そう、以前もこのブログで触れているね。

2021年の1月に、韓国のタンカーがイラン革命防衛軍に拿捕されたという衝撃のニュースが報道された。イラン革命防衛軍はイランの国軍のカウンターパートとして作られた第2国軍的な位置づけの軍隊である。なんと、イラン国軍より強いとも言われている。

そんな軍隊が韓国の民間タンカーを拿捕してしまったというのだから、国際的にも大問題になりかねない事案であり、戦争開始になるような危機的な話である。

だが、残念ながら韓国側には負い目があった。それが、原油代金未払い問題である。そして、それが1年経った今に至るまで続いていると。いや、1年間も問題を放置したこともかなり問題なんだけど、驚くことに2021年に始まった話ではないのである。

こちらの記事で触れているが、なんと、韓国がイランの口座を凍結したのは2010年のことなのである。該当記事も引用しておこう。

イラン「韓国口座から資金移す」

2016.01.28 07:56

「イラン発特需」を期待していた国内の企業と政府が伏兵にあった。複数の政府関係者によると、イラン側は経済制裁のため2010年から国内の銀行口座で凍結されていた石油輸出代金を本国に移すという意向を表した。

「中央日報」より

マジっすか?10年以上も問題を放置っすか。

なお、問題となっているのは未払いになっている原油代金70億ドル(約8,100億円)だけではないが、先ずは未払い分を払おうね。

対イラン経済制裁

さて、韓国が何故、未払いのママにしているのかというと、一応彼らの主張する理由はある。

が、それを説明する前にイランの話を少し。

イランがどんな国かを今さら説明する必要はないと思うのだけれども、正式名称はイラン・イスラム共和国といい、イスラム教が国教となっており、イランの政治はイスラーム法学者に大きく影響される特色がある。

そしてイランは、日本にとっては重要な石油供給国であり、韓国にとってもそうだった。

しかし、イランはアメリカとはかなり関係が悪くて、イラン・イラク戦争(1980年~1988年)においてアメリカがイラクを支援したり、その原因となったアメリカ大使館人質事件(1979年11月)があったりと、なかなか根深い問題があって関係改善へのハードルは高い。

そんな感じの外交関係にあって、イランは2000年代に核兵器の開発に手を出しちゃった。これを問題視した国際連合案線保障理事会は、アメリカからの圧力もあって対イラン制裁決議(2006年)を出すに至る。

安保理の制裁決議はその後更にレベルが上がって、2007年には、資産凍結が強化される、2010年には更に武器輸出などまで禁止されるに至る。

そして、2010年に各国にある金融機関がイランに開店すること、及び預金口座を開設することを禁止したのである。韓国はコレに乗じてイランが韓国内に保有していた口座を凍結してしまった。韓国側の言い分としては、国連決議に基づいた金融制裁であるというわけだ。

ただ、多くの国はイランへの原油代金支払いをその時に済ませている。輸入するのを止めることはあっても、代金支払いをしなかった国は他に見当たらない。

冒頭のニュースは、この時期に韓国がやらかした資金凍結に端を発している。

もちろん、イランにも問題があったことは事実だが、韓国の当時のこの判断が正しかったかはやや怪しいし、その状態を10年以上も維持していることはちょっとあり得ない話である。

金利も凍結

更に、元々このイランの口座は資金の支払いに使うため、当座口座を使っていた。

ところが、当座口座のまま資金を動かす事が出来なくなってしまったので、年金利0.1%のまま固定されてしまったようだ。

最初はよかった。しかしウリィ・企業銀行に開設した口座の残高が予想以上に多い4兆-5兆ウォンに増えると、問題が生じた。年金利が0.1%にすぎないため、イラン側が一部を定期預金にしてほしいと何度も要求したのだ。「3%の定期預金でも年1000億ウォン(約100億円)をはるかに超えるが、正当な利子を受けていない」という主張だった。

しかしこうした要求は徹底的に無視された。怒ったイラン側は中央銀行副総裁まで韓国に派遣し、銀行を変えようとしたが、これも叶わなかった。

「中央日報」より

資金凍結はともかく、口座を移すことすら韓国側は認めなかったので、イランに不利益を及ぼす結果となった。イランはこの点にも怒りを感じているようで、韓国の当時の金利を加味して70億ドルに金利分を上乗せして100億ドル相当の支払いをしろと迫っている。

金利分はともかくとして、70億ドル分はそもそもイランの正当な対価であり、イランに支払われたものなのだから、さっさとイランに引き渡せば良いだけなのだ。韓国は経済制裁を口実に、原油代金の支払いを行わなかった事になる。

それを10年以上も放置し、頭にきたイランは韓国のタンカーを拿捕するという力業に至り、「泥棒を捕まえた」とイランのメディアに書かれてしまったというのが、2021年1月の時点での話。

そういう何とも表現のし難い話なのですな。

日本から仏像が盗まれて、その後、理由を付けて返還しない姿勢を見るに、別に経済制裁という理由がなくとも隙あらば金の支払いを止めてしまいたいという心理があったのだろうと思う。

イラン側の要請は果たして叶えられるのか

この問題の解決は単純で、先ずは70億ドルをイランに渡す、それだけの話なのである。経済制裁の事があるので、現金をイランに渡すというのは体裁が悪いのだが、支払うべき代金は支払わねばならないのだ。

ただ、韓国にそれが実現できるか、というと難しいと思う。韓国経済は危ういからねぇ。

実務協議の案件などは公開しなかったが、外交部や企画財政部など政府関係者らが出席し、凍結資産の移転案などについて議論する見通しだ。送金ルートや支払い方法なども協議するとみられる。

今回の会談でイラン側はイラン核合意(JCPOA)再建交渉の結果と関係なく、凍結資産を解除するよう求めたもようだ。

「聯合ニュース」より

恐らくではあるが、韓国の銀行には外資が残っていない。あってはいけないことだが、本来、イランの口座に残っているハズのお金は、消えて無くなっている疑いがある。だから、莫大な凍結資産を支払う事はできないのでは無いかと、僕は邪推している。

実は、韓銀砲と呼ばれる韓国の中央銀行の市場介入資金は、何度も枯渇しかけている。その度に何処からかドルを調達してきて(スワップを使ったり年金を溶かしたりして凌いだとされている)対応しているのだが、今再び状況が悪化しつつある。70億ドルの支出は韓国にとって容易ならざる事なのだ。

コメント

  1. こんにちは。

    「ない袖は振れない」を地でいっちゃってますよねぇ……

    「金がないのは首が無いのと同じ」なんてのも聞きますが、さて、次の大統領は、現政権が塩漬け決め込んでいる、そんなこんなのあれやこれやを解決出来るんでしょうか?

  2. 「救急車あげるね」「マスク2000枚あげるね」とか挑発を繰り返した挙げ句に口座の管理費までイランに請求したっていうから、印象はもうドン底だろうね。

    これで「お金使い込んでました」ってなった日にはソウルでテロが起きてもおかしくないレベル。

  3. 木霊様、皆さま、今日は

    多少のカネより信用が大事とは考えないのでしょうね。

  4. おカネとはそもそもなんであるのか。そもそもが物理的な実態を持たない「仮想単位」であり、取引をする人と人とが、互いにその価値の等価性を信用…いや信仰かな?することで成り立つ、その価値を付託された依代としての硬貨であったり紙幣であったり。良く言えば価値共有。悪く言えば共同幻想。結局のところ狸の化かした葉っぱ一枚同然のモノであり…まぁ、一般的に信じ込んでるよりかは、遥かに儚くも危い概念でしょうな。円も、ドルも。相手が信じてくれなきゃ本当にちょっと上等な印刷が施された紙切れか、或いはソレですらないデータ上の数字なんですから。
    で、信仰廃れて消えてったお金の単位は世に数知れず。そこにもうすぐウォンも加わりそう。程度の話っちゃ、その程度の事なんでしょうかね。…円が信用を失わないよう、日頃の行いに気を付けたいところですね。