韓国捜査機関が、朝日新聞・東京新聞・毎日新聞記者の情報を収集

大韓民国

これをスパイ事件だと認定すると、スパイ行為を働くことになるは日本の新聞各社の記者ということになる。触れられてはいないが、日本側からしたら公安管轄の事案となるだろう。

朝日、東京新聞に加え毎日記者も高位公職者犯罪捜査処が通信資料を照会

入力2022. 01. 04. 08:39 修正2022. 01. 04. 08:59

ジャーナリスト・政治家などに対する全方位『査察』疑惑に包まれた高位公職者犯罪捜査処が、日本メディア所属のソウル駐在韓国人記者の通信資料を照会した事実がまた明らかになった。毎日新聞は、高位公職者捜査処が自社ソウル支局韓国人記者1人の身元情報を収集したことが確認されたと3日報道した。高位公職者捜査処が日本メディアのソウル駐在韓国人記者の身元情報を収集したと確認された事例は、朝日新聞、東京新聞に続き、今回が3回目だ。

「daum」より

これ、韓国メディアの記事の要約なのだが、朝日新聞が報道したことになっているな。そんな情報あったっけ?どこも騒いでいない印象だが。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国内の言論封殺への動き

高位公職者犯罪捜査処って何?

見慣れない単語「高位公職者犯罪捜査処(公捜処)」だが、これはムン君の肝いりで2021年1月21日に発足された韓国の独立捜査機関である。犯罪捜査から起訴する権限も有している特殊な組織で、検察と警察が合体したようなイメージだろうか。

ただ、捜査対象は韓国の国家機関や大統領、国会議長、大法院長などの高位公職者となっていて、元々、韓国検察がこの権限を有していた。しかし、韓国検察が離職した大統領やその関係者の逮捕を次々と行うため、歴代大統領の殆どが逮捕起訴されているのが韓国の実情である。その事を重くみた大統領のムン君が横車をおして作ったのがこの公捜処で、自らが逮捕起訴されないための対策だと批判されていた。尤も、この問題の急先鋒に立っている次期大統領候補の尹錫悦氏で、元検察のトップであった。まあ、選挙はかなり苦境に陥っているようだが。

とまあ、成り立ちからなかなか問題のありそうな公捜処だが、独立機関と言いつつも実はムン君の紐付きであるために、今韓国政権において有効に機能はしないだろうとも言われている。何しろ、検察から権利を取り上げる事が目的の組織だから、実行能力が皆無でもムン君的には問題はない。

外国メディアの記者の情報も入手

ところでこのニュース、公捜処の実務から考えると、実に不思議な動きをした事になっている。

韓国の捜査機関 毎日新聞ソウル支局の韓国人記者の個人情報も収集

2022/1/3 19:00(最終更新 1/3 19:00)

韓国の文在寅(ムンジェイン)政権が昨年1月に発足させた捜査機関・高官犯罪捜査庁が、保守系の最大野党「国民の力」の国会議員やメディア関係者の個人情報を大量に収集していた問題で、毎日新聞ソウル支局の韓国人記者1人の個人情報も収集されていたことが、毎日新聞の情報開示請求への回答で確認された。日本メディアの韓国人記者の携帯電話情報の照会が明らかになったのは、朝日、東京の両新聞に続いて3例目。

「毎日新聞」より

被害にあったとされる毎日新聞の内容を引用するが、どうやら在韓駐在記者(韓国人)の個人情報が収集されたという事らしい。

なんだ、韓国内の話か。

考えて見れば当然で、韓国国内での情報収集でなければ、流石に国際問題になってしまう。ただ、この韓国人記者が「高位公職者」に該当するかと言えば、否となる。

通知書によると、同庁からの照会を受け、携帯電話会社が昨年8月6日、記者の名前や住民登録番号、住所、携帯電話加入日などを提供していた。理由は「電気通信事業法83条に基づく裁判や捜査、刑の執行、または国家安全保障に対する危害を防止するための情報収集」と記載されていた。

毎日新聞ソウル支局が「新聞社は取材源を保護する義務があり、言論の自由を脅かす懸念がある」として、照会理由をさらにただしたのに対し、同庁は3日、「捜査上の必要があるため、やむを得ず要請した。マスコミの取材活動を査察するためではない」と書面で回答を寄せた。どのような事案に関連して捜査上の必要が生じたかについて、具体的には明らかにしていない。

「毎日新聞”韓国の捜査機関 毎日新聞ソウル支局の韓国人記者の個人情報も収集”」より

ちょっと意味が分からないのだが、情報収集した理由は、「国家安全保障に対する危害の防止」とある。つまり、スパイ疑惑というわけだ。

うーん、やっぱり職務とは違う事をやっている疑いが強いな。

国内外メディアの記者の情報を収集

そしてこの捜査、随分大規模にやっていたらしい。

保守系の朝鮮日報によると、これまで国内外の記者160人以上が対象になったことが判明。国民の力は、党所属国会議員の85%以上にあたる90人が照会を受けていたと明らかにした。

同庁による情報収集問題は、昨年12月上旬、テレビ朝鮮が「6月以降、所属記者の個人情報が集中的に照会されていた」と報じたことで発覚した。朝鮮日報によると、テレビ朝鮮は昨年4月、同庁が捜査対象になっていた検察幹部を聴取した際、公用車で送迎するなど「特別待遇」で対応していた疑惑を報道。同庁は、テレビ朝鮮がその場面を捉えた監視カメラの映像を入手したうえで、報道した経緯について、水面下で調査していたという。

「毎日新聞”韓国の捜査機関 毎日新聞ソウル支局の韓国人記者の個人情報も収集”」より

一体何を……?

韓国新聞協会など言論4団体は昨年12月23日の共同声明で、対象となった記者の多くが高官犯罪捜査庁に批判的な記事を書いており、「捜査権の乱用だ」と批判。通信照会が適法なものであれば事前に当事者に通知すべきであり、「今からでもどんな容疑で誰を照会したか明らかにせよ」と求めている。

「毎日新聞”韓国の捜査機関 毎日新聞ソウル支局の韓国人記者の個人情報も収集”」より

ああ、そういう。

実はムン君、国内メディアの報じるニュースに関してかなりナーバスになっていて、大統領や青瓦台に不利な情報が出ないように細心の注意を払っている。今回の話はその延長線上にある話なのだろう。

言論統制法案

実は韓国は、随分前からメディアへの圧力をかけようという動きがあった。その名を「言論仲裁法」と言うのだが、ムン君はこれを改正しようとしていた。

韓国の「言論統制」法案、年末まで審議を継続

2021年9月30日 20時59分

韓国の文在寅(ムンジェイン)政権の与党「共に民主党」が9月末までの成立を目指した「言論仲裁法」の改正案をめぐり、同党と最大野党「国民の力」は29日、国会本会議への上程をいったん見送り、特別委員会を新設して年末まで審議を続けることで合意した。

「朝日新聞」より

去年の秋頃にはこんなニュースが日本国内でも駆け巡っていたが、流石にこの法案が通ることはなかったらしい。尤も、先送りされただけで温存はされているようだが。

韓国議会,「言論仲裁法」改正案の採決見送り|NHK放送文化研究所
世界に類を見ない、放送局が運営する総合的な放送研究機関

ただ、韓国メディアへの実質的な牽制になったことは間違い無い。

言論仲裁法改正案 政府が国連に返書

Write: 2021-09-13 11:51:46/Update: 2021-09-13 11:52:17

メディアに対する懲罰的な損害賠償を可能にする「言論仲裁法」の改正案を、国連の人権専門家が見直す必要があると指摘したことに対して、韓国政府は「表現の自由を保護するために努力する」と、回答したことがわかりました。

「KBS WORLD」より

国連に怒られたから、上程見送りという情けない状況になっただけなんだけどね。

ただ、ムン君や青瓦台がメディアの報道内容に目を光らせていたことは間違いなく、それが別の形になって現れたというのが、冒頭のニュースということになるのではないか。

したがって、公捜処が職権を濫用して色々な情報収集を行い、一部個人情報の保護に反するような捜査もやっていたというのが今回のニュースの概要であり、記者の個人情報を収集して圧力をかけようという狙いが伺える悪質な話だ。

日本国民にとっては「他国の話」なので、日本国内のメディアでもあまり真剣に取り上げられはしないのだろうが、何処に向かった動きなのかという事を考えると看過すべきではない話だ。何しろ似たような動きをしている国が近くにあるのだ。そう、支那である。

昨日もこんな記事を書いたが、ムン君が何処を向いて仕事をしているのか?が分かりやすい話であるとも言えるのだが、いよいよ韓国の赤化は表面化してきたね。

追記

追記する記事はまたとんでもない内容だった?

誰が野党にリークしたのか…韓国監査院が幹部全員に通話記録の提出求める

記事入力 : 2022/01/11 12:03

韓国監査院が「内部通報者」を見つけ出すため、事務総長など幹部職員31人全員から6カ月分の通話記録の提出を受け、調査を行ったことが10日までに分かった。監査院幹部全員の「通話記録要求」は前例がない。文在寅(ムン・ジェイン)政権発足当初、青瓦台特別監察班が外交部、保健福祉部の公務員の携帯電話を調査したケースと高位公職者犯罪捜査処(公捜処)が最近無差別的な通信照会を行ったケースに続き、政権末期の監査院でも「情報漏えい者」探しのための通信記録照会が行われたことになる。

「朝鮮日報」より

ヤバいなこれ。

要は青瓦台が率先して情報統制をやっていたという意味で、公捜処だけではなく監査院も通信記録紹介をやらかしていたと。

この目的が言論弾圧であった事は想像に難くないが、その過程で記者の個人情報まで収集していたことと考え合わせると、恐ろしい構図が浮かび上がってくる。「紅化まっしぐら」と表現したが、想像以上に侵食している感じだな。

コメント

  1. この調査で上がった個人情報が韓国のマスコミで公開されんかな。いい答え合わせになるのに。
    韓国の記事だと国内ではなぜか公表できない在○の韓国名が公表されてることがあるから楽しみにしてます

    • なかなか闇の深い事件だと思います。
      マスコミは徹底抗戦しても良いくらいの話なのに、ほぼスルーですな。韓国内でも問題になっていないようだけれど、日本のマスコミも静観しているのは不思議です。

  2. こんにちは。
    隣の大小中華は、その間の将軍様の国も含めて、近年まれに見る言論弾圧国家なんですが、国連もマスコミもスルーですよね。
    大統領選も、野党が自滅してグダグダの極みですが、これでより一層の反日国家になる事が(現時点の票読みだと)確定かと。
    次の五年が、良くも悪くも楽しみです。
    ※五年後には赤化統一されてるんじゃないかという意味を含めて。

    • 反日大統領は、韓国のいつもの風景なのですが、これまでの常識を覆す人物が、現在トップ独走中ですからねぇ。
      どうなりますことやら。