まだまだ続くよ尿素水ピンチの韓国

大韓民国

いやー、解決したと思っていたのに(棒)。

尿素水を輸入する船がない…米州航路の海上運賃236%急騰

2021.11.16 08:46

貿易業に従事するシンさんは尿素水不足事態が発生した直後から米国と日本で尿素水を探し始めた。シンさんは米国で尿素水を100トン近く供給できるという企業を見つけたが、もう一つの壁にぶつかった。

「中央日報」より

まあ、ネタ記事なので短く行こうか。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遠足は家に帰り着くまで

ここにも武官ウイルスの影響が

先日からいろいろな尿素水ネタを書いてきた。

発端は支那から全体の97%依存をしている尿素が入ってこなくなってしまって、肥料が作れないだけでなく、流通を支えるトラックを始めとしてディーゼルエンジンで動く車両の大半が動かせなくなるという事態が見えてきて大混乱となった。

しかしその発端は石炭不足であり、更にその状況に陥った背景には武官ウイルス騒ぎが影響をしていたのだった。

流石に、巨大韓国財閥ロッテが積極的に動いたことで事態は収束するに見えた。

が、尿素水を押さえるところまで入ったんだけど、輸送まではあまり考えていなかったみたいなんだよね。オーストラリアで抑えた尿素水は軍用機で運んだけどさ。

運ぶ船がない

ところが、実際に大量の尿素あるいは尿素水を外国から輸入しようという話になると、開運に頼らざるを得ない。

シンさんは「米国の港湾ではコンテナの滞積が深刻で、8月に予約したコンテナもまだ入っていない状況」とし「政府の支援なしには解決しないと判断し、調達庁と産業通商資源部に連絡した」と説明した。しかし5日後に連絡してきた産業部の事務官は「私たちは尿素だけをコントロールしている。尿素水は環境部の所管なので環境部と相談してほしい」とし、海運物流については「尿素水問題はHMM(旧現代商船)が優先して受け付けているのでHMMに直接連絡してほしい」と話した。

「中央日報」より

ところが、海運業もこの武官ウイルスの影響で大混乱なんだよね。船を動かす従業員の確保から、港で働いている港湾労働者の確保、そして、各地で滞るコンテナ。

ベトナム・オーストラリア・メキシコなどで尿素水を確保した総合商社も船便の手配に苦労している。ベトナムで尿素水1100トンを契約したLXインターナショナルのクム・グァンヨン・ハノイ支社長は「尿素水を確保する前にコンテナ船から手配した」とし「品物を確保してから船便を調べれば船積みも難しく、韓国に到着する日も遅れるため、物流部門の子会社の助けを受けた」と話した。

「中央日報」より

突発的に発生した韓国の尿素不足に対応するには船の数が確保できず、頭を抱えている状態なのである。

尿素を輸入するのではなく、尿素水を輸入する決定をしたおかげで、重量や体積は3倍以上となることも仇になったようだ。

韓国最大の海運業が破綻したことも影響

そしてもう1つの問題がこれ。

韓進海運に破産宣告 韓国海運最大手

2017年2月17日 12時32分

ソウル中央地方裁判所は17日、韓国の海運最大手で経営破綻(はたん)した韓進(ハンジン)海運の破産を宣告した。韓進海運は2016年3月時点で、世界のコンテナ船社中、船舶保有量が第8位だった。同15位の現代商船とともに韓国海運業界を支えたが、同年9月に裁判所による会社更生手続きが始まっていた。

「朝日新聞」より

韓進海運のネタは過去にやったと思っていたら、このブログの始まる前の事件だった。

簡単に解説すると、韓進海運は韓国で1位、世界でも7位の規模を誇った海運会社で、長年培ったノウハウもあった。何しろ、貿易大国の韓国は経済における貿易依存度が飛び抜けて高い。海運業に頼っている部分は多分にあった。

ところがそれを潰してしまい、韓進海運は精算する事になって、そこに積み重ねられたノウハウは消え去ってしまった。韓国の安値攻勢を支えていた韓進海運の破綻の影響はかなり大きい。

現在トップなのは、当時は2位だった現代商船(HMM)である。流石にHMMを潰すわけにはいかないので、韓国政府はHMMの経営に随分と手を貸している状態にある。そもそもHMMは国有の韓国開発銀行(KDB)の支配下にある状態なんだよね。

で、上に引用したように韓国政府はHMMに連絡を取れという話にしたんだよね。政府の肝いりで尿素問題を解決するように動いているから。

価格高騰

で、本来ないはずの仕事を色々入れた結果どうなったかと言うと……。

海運のボトルネック現象はこの数カ月間にさらに悪化した。大邱(テグ)で中小企業を経営するハンさんは「エジプトに染色機械を輸出しなければいけないが、コンテナ30個ほどを3カ月間も送れずにいる」とし「船もなく、海上運賃もあまりにも高い」と話した。海運業に従事するチョさんも「コンテナ1個あたり2000ドルだったエジプトも今は9800ドルになっている」とし「運送自体ができず、コンテナ数十個が待機中」と話した。

実際、コンテナ船15主要航路の運賃を総合した上海コンテナ運賃指数(SCFI)は12日基準で前週比18ポイント上昇した4554となった。関税庁によると、先月の輸出コンテナ2TEU(40フィート標準コンテナ1個分)あたりの平均申告運賃は米西部1139万ウォン(前年同期比+173.0%)、米東部1223万3000ウォン(+235.6%)、欧州連合(EU)1055万1000ウォン(+462.9%)。こうした物流問題は新型コロナ感染拡大による港湾の滞積が解決していない状況で物流量が急増したのが原因だ。

「中央日報」より

いやー、輸送費が高騰しちゃったと。

更に、無理に積荷を組み替えたことで混乱が発生した上に、もともと武官ウイルス騒ぎで停滞していた経済が動き出した矢先の話である。

無理に船荷のスケジュールを変えることで、他にも影響が波及する始末である。

まあ、尿素水問題は今や韓国政府肝いりなので力技でもなんとかしていく話なのだろうが、この話はマダマダ波及しそうな感じである。

追記

そうか!だから摘発した尿素水を……。

尿素水密輸、初めて摘発…関税庁「迅速に国内に流通させる」=韓国

2021.11.15 14:34

中国発の尿素輸出手続き強化で韓国国内の尿素水不足が続く中、税関当局が最近、尿素水の密輸を摘発した。政府は押収した密輸尿素水を国内に流通させる方針だ。

~~略~~

尿素水の密輸は異例という評価だ。韓国は中国と自由貿易協定(FTA)を締結していて、尿素水の関税率は0%であるからだ。尿素水には関税がなく付加価値税10%だけが賦課される。

「中央日報」より

この話の凄いところは、通常この手の「申告漏れ」は、違法なモノでもない限り、追加で申告をする程度で済ませそうなものだが、完全に没収してしまうらしい。

一方、関税庁はこうした尿素水密輸事例がほかにもあるとみて取り締まりを強化する方針だ。関税庁は「尿素・尿素水の需給円滑化のために正常に輸入申告した物品に対しては迅速な通関を支援する方針」とし「しかし今回のように輸入申告をしなかったり他の品目を偽装して申告するなど違法に搬入される物品に対しては虞犯事業者および危険要素を分析するなど危険管理基盤の通関検査を強化する」と述べた。

「中央日報」より

没収した上で、政府の権限で摘発品を国内に流通させてしまうらしい。

……えっ?コレって法律的に問題ないの?

密輸の目的は違法に国内で高値の取引に使うという可能性が高いと分析されている。関税が0%なのだから、密輸する利益がない。それなのにわざわざ密輸するということは、リスクを犯してでも利益が得られる状況だということにほかならない。

だから摘発する、そこもちょっとおかしいが、それを流通させてしまうのは完全に駄目ではないか?

OINK案件なのかな、これ。

コメント

  1. もうどうしようもないというか、走りながら掻き集めてるけど今の時点であとどのくらいあるのかと。金融危機の時に国民が金塊を持ち出して政府を助けた時みたいに、国民全員で小便集めて尿素やアンモニア分離したほうが、国民にもやってる感出て良さそうな…

    • 数字が積み上がっていますが、実際に使えるのがどの程度あるのかは良く分からないと言う話でした。
      実験室レベルでは尿から尿素など有効成分を分離するシステムがある様なんですが、その他不純物も沢山入っていますから、尿素が10倍になったとしてもコスト的には見合わない可能性が高いでしょう。昔ながらのやり方で肥料に使うならアリかもしれませんが。

  2. てっきりチャーターしたタンカーでも手配してるのかと思いましたが、まさかのコンテナ船でしたね。

    コンテナ船を使う以上、タンクコンテナで持ってくるつもりでしょうが、100tだとしても水換算でコンテナ4本程度の話です。その程度で物流が混乱するわけがないので、恐らくもっと量があるのだと思います。
    そもそも国際物流の界隈ではアメリカ航路の逼迫と遅延なんて一年以上前から言われていることです。いくら自国の船会社とて簡単にはスペースを確保出来ないでしょう。しかも物流量の多くなる年末シーズン。無理をするにも限界があります。
    元々高額の運賃に、他を押しのけての優先手配。がっつり足元見えてる状況では輸送費もかなりのものになるでしょう。

    • タンカーで運ぶほどではないでしょうし、コンテナは足りないし、という感じですよね。
      そう言う意味では空輸はアリっちゃアリだと思います。コストが4倍以上かかったとされていますが、今や10倍を超える価格になっていますから。
      尿素水ではなく尿素を空輸すれば価格は1/3に抑えられる?!つまり、3倍ちょっとの価格で提供できる可能性がありますよね。