K防疫とブレイクスルー感染を他山の石としよう

大韓民国

多分この話は、記事に書かれている内容通りの話ではないのだろう。

確定者の半分が「ブレイクスルー感染」…重症38%も接種完了者

記事の入力2021.11.09 午後6時24分

コロナ19の新規確定者は2日連続で2000人以下を維持しました。

しかし、最近の確定者の半分がブレイクスルー感染で、重症患者の38%も接種を完了した人々です。

重症患者は74日で最高を記録しました。

「NAVER」より

韓国での武漢ウイルス感染症は未だ広がりを見せているが、その内情として「ワクチンを2回接種しても感染」という状況があるという報道である。

ちょっと軽めの記事ではあるが、参考までに。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国ではワクチンの効果が薄い?!

接種率は日本を超えている

先ずはグラフを貼っておこう。

11月8日時点で、ワクチンの1回接種が80.4%。2回接種が76.5%である。しかしにもかかわらず感染収束は見出せない状況にある。

ただ、防疫体制に失敗しているかというと、公表されている死者数を見る限りはそうとはいえないと思う。

去年の超過死者数はプラス

が、表に見えている死者数通りかどうか?に関しては、少々怪しいと見た方が良いだろう。

これは2020年度の韓国の超過死亡だが、武漢ウイルスによるものとカウントされなかったものが、武漢ウイルスによる死者の10倍以上いるという数字が出ている。

今年の傾向がどうなっているのかは分からないが、武漢ウイルスによる死者数だけを見て防疫大勢の成否は判断しがたいという評価をした方が良さそうである。

何故、接種率が高くても感染者数が減らないのか

その上で、急激に増えたワクチン摂取率と感染者数の関係を見ると、首を傾げざるを得ない。

韓国、コロナ重症患者460人で過去最多…首相「はらはらしている」

登録:2021-11-11 10:06 修正:2021-11-11 10:47

韓国で新型コロナウイルスにより入院中の重症患者が1日で35人増え、過去最多の460人に達した。政府が対応可能だとした1日の重症患者数500人台に迫っている。政府は67億ウォン(約6億4千万円)の予算を投じて、重症患者の治療機器であるECMO(エクモ・体外式膜型人工肺)と人工呼吸器の購入に乗り出した。

中央防疫対策本部(防対本)は、10日午前0時現在、新型コロナで入院中の重症患者は前日の425人から35人増の460人だと明らかにした。第3波のさなかの今年1月6日の411人、第4波の8月27日の427人よりも多い重症患者数だ。新規感染者も2425人で前日より710人も増え、今月7日(2224人)以降3日ぶりに再び2000人台に突入した。

「ハンギョレ」より

特に重症患者数は結構な数に及んでいて、エクモ(人工肺)を外せない状態の方が増えているという情報が出てきている。

逆に言えば、エクモ装着にまで至った患者がいても、死には至らない、つまり医療体制が死者数が増加しないように支えているとも理解できるワケだが……。上に書いたように超過死亡のことを加味すると「果たして信用出来るのか」とは感じる部分はある。

特に、「ワクチン接種によって重症化を防ぐことができる」という知見とは齟齬を感じる。

接種率が伸び悩むアメリカは死者数も相当出ている状況だが、日本同様にワクチン接種率が7割近くに至ったイギリスでは死者数は極端に低下している。その状況はフランスやイタリア、イスラエルなど接種が進んでいる國を見ても同様のように思える。

日本の状況は特殊過ぎてあまり参考にならないのだが、押し並べてワクチン接種は重症化、死亡を抑制する上では効果があるというのが一般的な見解となっている。

にもかかわらず、韓国ではそれが適用されない状況に見える。

政府は、重症患者の病床占有率が首都圏では70%に達するが、全国では57%程度で、医療システムは安定して対応している状況だと発表した。しかし、このような急増傾向が続けば、病床不足に見舞われる可能性もあるとみている。9日午後5時現在の病床状況を確認すると、重症患者専門病床の稼働率はソウル71.3%、仁川(インチョン)73.4%、京畿道68.4%などで、全国は57.2%だった。準重症患者病床はソウル58%、仁川95.7%、京畿道79.7%で、全国は62.9%。政府は、現在の医療体系では1日平均で感染者5000人、重症患者500人にまで対応できると明らかにしている。防対本はこの日、67億ウォンの予算を投じて新型コロナ重症患者の治療装備であるエクモ33台、人工呼吸器60台の導入を推進中だと明らかにした。

「ハンギョレ」より

これはワクチンの効果がないと見るべきなのか、別に理由があると見るべきなのか。

ロシアは尿素をダシにワクチンの承認を迫る

さて、ちょっと話は脇に逸れるが、こんなニュースがあった。

ロシア、韓国に「スプートニクVワクチンの承認」を催促…尿素水の供給協議も

記事入力 : 2021/11/10 22:01

ロシアが韓国政府に対し、同国が開発した新型コロナウイルスワクチンを速やかに承認するよう求めた。

ロシアのアレクセイ・チェクンコフ極東・北極圏発展相は9日(現地時間)、RIAノーボスチ通信とのインタビューで「韓国にスプートニクVワクチンの効能を伝え、速やかに承認してもらうよう要請した」とした上で「(迅速な承認は)両国にとって、人道主義的、経済的に強力な関係を発展させる上で役立つはずだ」と述べた。

「朝鮮日報」より

韓国がどのような判断をするかは分からないが、ロシアも無茶を言うねぇ。尿素を入手出来るのであればブースター接種用にスプートニクVを用意しておくという選択肢はアリかもしれないが、韓国民からは批判を受けるだろう。

重症者は未接種者の割合が多い?

報道としては、こんな分析をしている。

また、重症患者も16人増えて425人で、去る8月27日以降74日ぶりに最多を記録しました。

最近、新規確定者のうち、60代以上の高齢層の割合が増えており、高齢層に脆弱な冬季に入るにつれ、重症患者が増えているようです。

また、ワクチン接種率が低い18歳以下の青少年と接種効果が低下し始めた60代以上の高齢層の感染が大きく増え、危機感を増しています。

当局は、コロナ19への最も強力な対応はワクチン接種であり、特に致命率と重症率の高い高齢層の場合は急いで接種してもらうように要請しました。

「NAVER」より

なるほど、しかしそろそろワクチン未接種者は3割を切っている。この分析が本当であれば、感染者数は減っていっておかしくないのだが、どうもそんな感じにはなっていない。

そもそも記事中にも「ブレイクスルー感染」は陽性判定者の半数がそうで、重症者の38%が接種完了者だったとしている。そうすると、韓国におけるワクチン接種は本当に意味があったんですか?というところは注意深く見ていきたいところである。

なお、韓国側は日本の状況を見て「データ捏造だ」「検査数が足りない」という怨嗟の声をあげているようだが……、いやいやご自分の国の防疫体制の何が問題なのかを見直すべきではないかな。

逆に、韓国において、K防疫の問題点は一体何だったのか。日本政府はそこもしっかりと分析すべきだろう。単なる例外という扱いにして見ないフリというのは宜しく無い。特殊なケースにこそ、ヒントが隠されているのだから。

追記

えーと、本日の重症者はっと。

韓国、コロナ新規感染者2368人、3日連続2000人台…重症患者475人

2021.11.12 11:01

韓国国内の新型コロナ新規感染者数が3日連続で2000人以上となった。

中央防疫対策本部は12日0時基準で一日の新型コロナ新規感染者を2368人と発表した。国内発生が2358人、海外からの入国は10人で、累計感染者数は39万719人。

「中央日報」より

まだ増加傾向にあるらしい。

しかし、1日数万というレベルで陽性判定者が出る国がある事を考えると、さほど感染拡大はしていないと考えるべきなんだろうな。

「ウィズコロナ」一気に緩和しすぎたか…英国「韓国の防疫強度、G20で最低水準」

2021.11.12 08:11

韓国政府が推進している段階的日常回復(ウィズコロナ・with covid19・コロナと共存)が過度に防疫基準を低くしたという主張が出ている。韓国の防疫強度が主要20カ国・地域(G20)のうち厳格度指数(Stringency Index)で最下位水準という海外の研究結果が発表されながらだ。

「中央日報」より

ここへ来て現状に焦りを感じている韓国社会だが、一時期の日本と比べてもまだまだ低調な感じとなっている。傾向を見ていると、ここから3000人、5000人と増えていく感じもしないので、韓国の状況はしばらくはこのまま増加を続けて、一段落というような流れになるんではないかと勝手に予測している。

ただ、重症者数の増加に伴って医療現場が逼迫してきているのは問題だろう。

追記2

コメントで教えていただいた新宿会計士の政治経済論評さんのサイトは時々参考にさせていただく程度だったので、しばらくご無沙汰だったけれどもこんなに優れた記事が紹介されているとは。

【読者投稿】ワクチン接種国「リバウンド」の謎を追う
日本国民は人命と経済を両天秤にかけることができるのか当ウェブサイトでは読者投稿を歓迎しており、読者投稿要領等につきましては『【お知らせ】読者投稿の常設化/読者投稿一覧』にまとめています。さて、例の「武漢肺炎」を巡り、こちらから「ぜひ最新論考が読みたい」と要望させていただいたのが通じたのでしょうか、これまで合計16本の読...

勧められた受け売りでちょっと恥ずかしい気もするけれども、是非一読することをお勧めしたい。

ザックリ要約すると、

  • 感染拡大→収束はこれからも繰り返す
  • 欧米の感染拡大が、ワクチンの効果が2~3ヶ月で失われたと考えるのは不合理
  • ワクチン接種のやり方如何で、効果に差が出る可能性あり

とまあ、そんな感じでして、某国のワクチン接種に関する状況を見るにつけ、デリケートなワクチンの扱い方が十分でなかったために効果が十分に発揮できなかったという仮説を立てておられましたな。

そう、韓国のことである。

韓国の場合、日本に負けじと1回目接種とペアになるはずの2回目接種分を、他の1回目接種に回して、とにかく見かけ上の接種率を上げようと画策したと報道されていた。その上で、2回目の接種に至るまでの時間が長かったケース、温度管理がしっかりされていなかったケース、初期にワクチンの確保に失敗して少量で接種を行った(1瓶の薬液で取れる回数を増やそうとした)疑いがあったケースなど、管理が杜撰であったという可能性の高い話がチラホラと聞かれた。

この話を確認する方法はある。

接種後のワクチン、効いてるか確かめたい…広がる中和抗体検査

2021/11/08 13:47

新型コロナウイルスのワクチン接種から時間が経過し、感染を防ぐ免疫物質の「中和抗体」が体内にどれほど残っているかを検査する施設が相次いで開設されている。東京都も、先行してワクチン接種が進んだ医療従事者らを対象に抗体量の調査に乗り出した。12月にも始まる3回目のワクチン接種に向け、基礎的なデータとして活用する方針だ。

「読売新聞」より

各国で中和抗体検査を行って、免疫獲得状況を調べれば良いのである。

多分、こうした検査も各国行っていて学術的なデータが収集されれば、そのうちに情報が開示されてその傾向がハッキリとするだろうと思われる。

ただ、こうした話は学術的興味と、今後再び別の感染症が拡大した際の情報として役立てればよい。どこの国が優れているかという話をしても仕方がないわけで、失敗に学ぶべきというところを落とし所として考えればいいだろう。

日本においてはワクチン接種率は7割を超えてそろそろ8割の声が聞こえてくる時期になってきている。しかし、それ以上となるともはや様々な考え方の共存する民主主義の国において対応できるレベルを超えてしまう。良くても8割~8割5分ぐらいが上限ではないかと思う。実際に接種率の上がり方も鈍化してきているわけで。

武漢ウイルス感染症との向き合い方で言えば、イタズラに検査推進をせずに、手荒うがいマスクという基礎的な対策を怠らず、それなりの経済活動に戻っていくべき時期に来ていると、そのように思う。もちろん、会社で行うような大規模な飲み会などが「良いのか」というと、クラスター化を招きかねないために数年は自粛した方が良い気はする。もはや、武漢ウイルス前の状態には戻れないのである。

しかし、「そろそろ」でも良いから経済活動を回していかねば、日本経済回復期にいつまで経っても入れない。年末に向けて、経済的に動き出すべきだろう。

コメント

  1. やたら一回目摂取ばかり進めてたりとか、変則的に行った摂取のせいで効果が下がっていると見るべきか?
    あとはあちらの国お得意の杜撰な管理とかも影響してそう

    • 確かに1回目の接種の時には、温度管理に失敗しても注射しちゃったとか、1回目と2回目の接種の間隔が推奨されるよりも随分とあいてしまったとか、1回目と2回目の接種のワクチンの種類を変えた(足りなかったので、別のワクチンをうった)なんて話も色々ありましたな。1回目接種を増やすために2回目接種の分まで1回目に回すなどのやり方が批判されていたこともありましたし。
      ただまあ、流石に、そうした事例ばっかりではなく、一部の特殊事例がそうだったという話だと思いますから、大勢に影響があるとは思えないのですよね。

  2. ワクチン事情。韓国は一次摂取率を優先して二時摂取を後回しにしてたと言う話は聞きますが、二次摂取の間隔が開きすぎた人が多いことも影響してるんでしょうかね。噂レベルの特殊事情もあるような無いような…

    • 特殊事情ですか……。
      そう言えば注射針で70万本回収とか言う話もありましたな。

  3. 木霊様 皆様

    やや古い(11/1)記事ですが興味深い分析が新宿会計士さんのブログに
     【読者投稿】ワクチン接種国「リバウンド」の謎を追うhttps://shinjukuacc.com/20211101-02/
     投稿者さんはバイオ専門家らしいです。
     韓国に特化した分析じゃないですが、ワクチン効果は接種の仕方に左右される。という最近のウワサの裏付けにもなりそう。

    韓国の状況は
     特殊と言われる日本より更に特殊すぎてて、比較参考にはしにくいような気がします。あと、ワクチン接種率70%台諸国ではノーガードのスウェーデンや初期に酷い目にあったイタリア、イベリア半島諸国がなかなか良い状況ってのは、、日本も韓国・ヨーロッパと比べればノーガードみたいなものだし、面白い現象かも

    • ありがとうございました。
      なかなか刺激的な記事で、参考にさせていただきました。
      なるほどと腑に落ちる議論の流れではありましたが、では日本はどうすべきか?というところはなかなかに難しい。
      検査偏重を煽るメディアは、「どういう狙い」があるんでしょうかね。

      • 素晴らしいですよね。伊江太さん「データで読み解く武漢肺炎」シリーズ

        >では日本はどうすべきか?というところはなかなかに難しい。

        素晴らしいながらも、未検証の仮説(少なくとも世界パンデミック収束するまで正解はわからない)ですから、今の日本の第6波を様子見。ブースターは念のため受ける(私は接種してもらうつもり)はおおよそ正しい判断と思います。 表向きの規制は解除されてますし、、、

        >検査偏重を煽るメディアは、「どういう狙い」があるんでしょうかね。

         確かに一見キンペーちゃん礼賛に見えますが、副作用で失敗することが見えてて、、、自身、コロナ禍のダメージ大のはずなのに、コロナ収束すると困るようなメディアの態度は不可解そのものですね。

         検査偏重による「誤陽性」は、純粋に工学的に考察するなら 火災検知器が劣化すると煙なくてもピーピーなるように「好ましいフェイルセーフ」です。そして判定に対するHOWの部分は、以前主張しましたように、絶対権威・絶対監視 社会を想定した強権検疫は、理想の検疫方針ではあり、HOWの部分を無視すれば一定の説得力はあります。

         やはり、、、する上で邪魔な日本のコロナ禍収束を邪魔する「手先」なんですかねぇ。