尿素だけじゃない、韓国の深刻な支那依存体質

大韓民国

尿素問題は解決の糸口を掴めないまま時間だけが経過している。韓国国内の尿素備蓄が尽きれば、韓国経済は大混乱となるワケだが……。

マグネシウム・リチウム…韓国で第2の「尿素水品薄騒動」が起こる恐れも

記事入力 : 2021/11/06 10:01

韓国国内のアルミニウム製造会社は先月末、購買担当役員を中国に急きょ派遣した。アルミニウム合金に必要なマグネシウムを確保するためだ。金属の強度を高めると同時に軽量化する役割を持つマグネシウムは、自動車用鋼板・建築資材・電子製品に欠かせない材料だ。中国が全世界の供給量の約90%を占めるが、韓国はすべて中国から輸入している。

「朝鮮日報」より

日本でチャイナリスクが叫ばれたのはもう10年以上も前なんだが、韓国は随分と周回遅れだね。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

尿素だけじゃない支那依存品目

輸入1万2500品目のうち3900品目が特定国へ依存

数字は大きいが、依存している品目が問題なのである。

このところ品薄となっている尿素だけでなく、マグネシウムや希土類、リチウムなど必須原材料の需給も非常事態に陥っている。韓国貿易協会によると、こうした品目を含め、輸入品1万2586品目のうち、特定の国が占める比率が80%以上の品目は3941品目(31.3%)だという。もし輸入先が滞ってしまったら、代わりの輸入先の確保は容易ではないということだ。

「朝鮮日報」より

依存品目数は多いが、致命的に依存度が高いのは尿素以外にも、マグネシウムや希土類などが挙げられるようだ。水酸化リチウムも依存しているのだとか。

マグネシウムの支那依存度は100%で、まだ輸出気勢まではかかっていないが価格高騰で141%程度の値上がりを見せている状況だ。金属の強度を高める元素として、さまざまな分野への波及が考えられる。

水酸化リチウムの支那依存度は85%で、輸入がストップすればリチウム電池などの重要品目の製造がストップする。

希土類を原料とする永久磁石も支那依存度86%であるようだ。希土類はモーターなどに使われる他、磁気ヘッドにも用いられる。酸化タングステンなど医療用に用いられる素材も支那依存度94.7%になっているため、半導体産業やバッテリー産業に大打撃だろう。医療関係にも影響は大きい。

なお、支那から入ってこなくなったのは、尿素の他にも塩化カリウム、窒素肥料など29品目に及ぶらしい。

韓国の主要産業に大打撃、という懸念は強まっているのだが……。解決する目処は立っていないようだね。

韓国貿易協会が国内輸入品1万2586品目を分析したところ、中国の比率が80%以上の品目は1850品目に達したという。米国(503品目)、日本(438品目)、ドイツ(121品目)、イタリア(108品目)も100品目を上回った。

「朝鮮日報」より

他にも韓国には海外依存度の高い品目は幾つもあるのだけれど、そこはさほど問題とはならないだろう。支那のように唐突に輸出を停止する様なケースは希だからだ。まあ、放置していい話ではないのだろうけれど早急に解決しなければならない問題というワケでは無い。

韓国としては日本の輸出管理強化の話で「輸出規制政策で大混乱になった」と騒いだけれど、あれ、韓国に何か影響があった?その程度の話なのである。

尿素問題は燻る

さて、尿素不足の話は前回触れている。

ザックリまとめると、「支那からの尿素輸入がストップしてしまったことで、韓国民生活に混乱を来した」という話であった。

実のところ、上に挙げたマグネシウムやリチウムなどが輸入出来なくなったとしても、韓国民生活には短期的には影響が出ない。輸出品の製造が出来なくなることはもちろん打撃にはなるが、直ぐにではないのだ。

しかし、尿素輸入停止によって尿素水の供給が麻痺すれば、ディーゼル車の多い韓国ではロジスティックに打撃を受けて直ちに韓国民生活は麻痺する。

韓国最大の肥料会社「ファーム韓農」の関係者は「現状のままなら今月末に工場稼働をストップしなければならない」と言った。

「朝鮮日報」より

長期的にも肥料の不足などの問題が出てくるだろう、今は時期的にさほど問題とはなっていないが、田畑の準備を始める時期になれば、「大変なことになった」と青くなることだろう。

現状では寧ろ、「尿素水詐欺」問題が表に出てきて問題化している段階のようだ。まだ、輸送網の麻痺という段階には至っていないようだね。

韓国警察、尿素水詐欺に注意喚起…販売業者と連絡取れない事例相次ぐ

記事入力 : 2021/11/09 10:31

「尿素水で詐欺に遭いました。同じ被害を受けた人はいますか」

今月6日、「ある中古品取引サイトを通じて尿素水を購入しようと入金したが、これが詐欺だった」として販売者の氏名と口座番号がアップされた。すると「私も同じ被害に遭った」「8トン分の代金を送金した」「焦るような思いで送金したのに」などのコメントが次々とついた。あるダンプカーの運転手も8日「同じ販売者にだまされた」として「137万5000ウォン(約13万1000円)を送金したが、詐欺だった」とコメント欄に書き込んでいた。

~~略~~

多くのドライバーが中国発の尿素水不足で運行中断の危機に追い込まれているが、その弱みにつけ込んだ犯罪が相次いで報告されている。その典型的な事例は「尿素水売ります」などの広告を出し、先に代金を支払わせて逃げ出すケースだ。

「朝鮮日報」より

弱者が狙われるのは世の常だが、本当に困窮しているからこそ、こんなしょうもない詐欺に引っかかってしまう。しかし、これは他人事では無い。貧すれば鈍するというのは、真理だと思うのである。

長期化懸念

で、残念な事に、この尿素問題は長期化の様相を見せている。現状韓国内に在るストックがいつまで保つのか?ということを含めて気になるところではある。僕は11月中にも大混乱になると考えているが、韓国メディアが出している数字は3ヶ月程度、というのを見かけた。ちょっと楽観的過ぎるね。

現時点では、「足りなくなりそうだから、節約して」という段階で、尿素水の高騰によって大騒ぎになっているようだ。

韓国の尿素水品薄問題、長期化の懸念も

記事入力 : 2021/11/09 09:29

中国に端を発する尿素水供給難で、韓国の産業の各分野がストップする危機を迎えているが、今回の事態を引き起こした中国では11月に入って尿素の生産量が急減しており、事態は長期化の様相を呈してきた。尿素水は尿素と蒸留水を混ぜて作るが、中国当局の尿素輸出中止措置以降も中国国内の生産量が回復していないため、近日中に輸出を再開する可能性が希薄になってきたということだ。一方、韓国国内の尿素の在庫量は今月末に尽きる見通しで、懸念が高まっている。

「朝鮮日報」より

しかし現状で、支那からの輸入再開の目処は立っていない。支那の問題は前回も触れているのだが、国内の石炭不足によって引き起こされた問題であり、電力不足に陥っていて支那国内の停電状況も未だに改善されていない。

中国窒素肥料工業協会が8日に明らかにしたところによると、先週(11月2日基準)の中国国内の尿素工場稼働率は56.9%で、昨年11月より11.1ポイント急落しているという。尿素生産量が今年最高レベルだった3月第2週と比較すると、20ポイントも減ったものだ。尿素の生産を行う工場が減っているのに伴い、中国の1日の尿素生産量は今年3月第2週の16万3000トンから先週は12万4600トンへと4万トン近く減った。月間生産量も今年7月の477万トンから9月は428万9000トンと減少傾向にある。

「朝鮮日報」より

支那国内での尿素生産量も下落しているようで、とても外国に回す余裕はないというスタンスだ。支那当局の発表はまやかしが多いので現実がどうかは知らないが、韓国にとってこの状況は極めて悪い。

大金を積むので売ってくれ、と土下座する勢いでお願いしたらしいが、それでも売って貰えない状況が続いていて、これは暫く続くと予測されている。

故にロシアから輸入という事を考えたようだ。

それでも来年1月にロシア産尿素500トンが輸入される予定だが、韓国国内の車両用の需要からすると2-3日分に過ぎない。

「朝鮮日報」より

ロシアが500tねぇ。それも1月からである。本気になればもっと製造出来る気がする。その気が無いんだろうね。

なお、日本にも韓国から打診があったようだが、お断りしている模様。なにしろ、日本と韓国では消費量の桁が違って消費量が少ない。だから、韓国に売ってあげる分は到底確保出来ないのである。原料は輸入している為に増産することも難しい。

太陽電池モジュールも品薄に

話は少し逸れるが支那の石炭不足の影響はこんな所にも出始めているようだ。

またチャイナリスク? 尿素水に続き太陽光発電モジュール価格も揺れる

2021.11.09 09:46

中国の石炭不足が再生可能エネルギーである太陽光発電モジュールの価格まで上げている。太陽電池モジュール生産には莫大な電力が必要だが中国の石炭発電稼動制限で生産量が減っているからだ。

野党「国民の力」の尹永碩(ユン・ヨンソク)議員が8日に韓国貿易統計などで確認した7-9月期の中国製太陽電池モジュール価格は1トン当たり4530ドルで、前年同期の3764ドルより20.4%上がった。4-6月期に中国製太陽電池モジュール価格が1年前より5.9%上がったのを考慮すると上昇幅はさらに大きくなった。

「中央日報」より

これは、太陽電池モジュールの輸入依存度が高いという話ではない。35.7%依存しているということらしいが、支那製品を買わずとも韓国国内で作る事が可能なんだとか。ただし、太陽電池モジュールを製造する材料も韓国は支那頼みなんだよね。7~8割が支那からの輸入品が材料になっているので、結果的には太陽電池モジュールの依存度は潜在的には7割以上と高いとも言える。

ただ、本来であれば太陽電池モジュールなんか作らなくたって問題無いわけで。韓国がカーボンニュートラル政策を推進しているから問題だ、という程度の話である。

寧ろ、半導体の材料が支那依存だから困るとかいう話が出てきても良さそうなモノなんだけどね。その辺りは言えない理由があるのかもしれない。

将来的にはリスク分散を

そんなわけで韓国は、長期的にはリスクヘッジのために輸入国の分散化を図っていく必要があるのだが、短期的には急場を凌がねばならない状況になっている。

既に社会インフラに支障が出始め、トラックなどを利用した輸送網にダメージが入り始めたが、この状況は日増しに悪化していくものと予想される。現状で尿素の調達見込みが立たなければ11月末にも大きな影響が出るはずだ。

韓国政府、尿素1万8000トン仮契約したのに…2週間以上返答のない中国

2021.11.09 08:38

中国発の尿素不足事態が深まる中で中国側がすでに韓国に輸出するものとして仮契約した尿素1万8000トンに対する通関手続きが依然として遅れている。外交部は尿素・尿素水の速やかな調達に向け使えるすべての外交チャンネルを動員して事態解決に乗り出す考えを明らかにした。

~~略~~

ただ中国の尿素輸出制限が「尿素水大乱」へと広がったのは韓国政府の早期感知機能が不足したためという批判が出ている。尿素の場合、中国からの輸入の割合が97%に達する上、中国が昨年末からのオーストラリアとの貿易対立で尿素の原材料である石炭需給に問題が生じ始めた。このため業界では4~5カ月前から尿素と尿素を原料にする肥料の需給に問題が生じる恐れがあるとの懸念が大きくなったという。

「中央日報」より

ところが実は4~5ヶ月前からその徴候が見られていたという話もあって、この問題は寧ろ大統領のムン君批判に繋がっていく可能性は高そうだ。

早めにリスク分散の手を打った上で、緊急輸入の量を増やさないと、ムン君自身がロウソクの火であぶられる結果になりかねない。クリスマス商戦前に輸送がストップする事態になって、韓国経済混乱加速に拍車がかかる。いやー、悲惨な未来しか見えない。

本来は「問題は尿素だけではない」と分かった時点で、早急な対策を講じるべきなのだが……、ムン君は果たしてやる気があるのだろうか。このまま逃げ切りなのか、逃げ切ることが出来ずに逮捕・収監という事になるのか。今のところ犯罪を構成するような話は見当たらないのだけれど、韓国の場合は油断できないからな。

追記

面白いコメントを頂いたので、少し調べて見ることにした。

韓国国務調整室長「中国の通関で待機中の尿素水物量、1万9000トン」

2021.11.09 15:14

韓国国務調整室の具潤哲(ク・ユンチョル)室長は9日、尿素水不足事態に関連して「中国の海関総署(関税庁)に1万9000トン以上が確認されているが、我々が契約して通関手続きを待っている物量」と説明した。

具室長は国会政務委員会全体会議で「これだけでも手続きが進めば事態になんとか対応できる」と明らかにした。

「中央日報」より

支那の関税に韓国向けの尿素1万9000tが留め置かれているという情報を頂いたわけだが、これまで報じられてきた「石炭不足で作れない」という話の性格とは、随分違ってくる。そう、制裁的な意味合いで嫌がらせをされているという点だ。

駐韓中国大使「尿素水大乱予想できず…近く良い知らせ聞けるよう努力」

2021.11.09 09:49

ケイ海明駐韓中国大使は8日、中国の輸出制限措置にともなう韓国の尿素水品薄と関連し、「この問題を解決するために最善を尽くし中国次元での努力を期したい」と話した。

ケイ大使はこの日国会で与党「共に民主党」の尹昊重(ユン・ホジュン)院内代表、国会外交統一委員長である李光宰(イ・グァンジェ)議員と会い、「韓国市場で尿素水大乱が起きたのは中国も予想できなかった状況。近く良い知らせが聞けるよう努力する」と明らかにしたとし申賢栄(シン・ヒョンヨン)院内報道官が会見で伝えた。

「中央日報」より

在韓支那大使がこんな寝言を言っているが、上の記事とあわせて読むとどうにも構図が異なって感じられる。

クワッドへの加入は断っているし(相手にされていないが)、CPTPPへの加入も難しい。AUKUSにも参加は難しいとくれば、支那を早々怒らせるような材料は見当たらないのだが、恒大集団関連で何かやラカしているとかかな?

そのうち明らかになるかも知れないので、注意深く見守りたいところ。

ただ、台湾やフィリピンにやった果物を買わないという嫌がらせとはレベルが違う気がするので、やらかしたとすればかなりクリティカルな話であるはずだ。さて、答え合わせは近日中にできるのかな?

追記2

尿素絡みの話でもう1つ。

【社説】尿素水不足事態にも不安を抱くなと言う韓国大統領府

2021.11.10 10:59

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が昨日の国務会議で尿素水不足事態に関連し「政府は外交力量を総動員して海外からの物量確保に総力を挙げている」とし「国民は過度に不安感を抱かないでほしい」と述べた。前日の青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)参謀会議で▼買い占め・売り惜しみの取り締まり▼国内需給物量の管理▼海外物量確保のための外交的総力--を指示した翌日にまた言及したのだ。

しかし不安を抱くしか無い状況が続いている。尿素水を販売するガソリンスタンドには長い列ができ、車両用2日分の10リットルを購入した市民が「これだけでもありがたい」と話すほどだ。

「中央日報」より

ムン君は「俺を信じろ!」「心配するな」という事らしいのだが、ムン君の誇る外交力は芳しくないようだ。

外交的総力を挙げたというが、オーストラリアから尿素水2万7000リットル、ベトナムから尿素200トン(尿素水20万リットル)の導入だけが確定したにすぎない。環境部が推定した国内車両用尿素水の一日使用量600トン(60万リットル)にも達しない水準だ。10カ国と協議中というが、尿素水不足事態の解消は容易でない。

「中央日報」より

現在確保出来たのは、尿素水22万7000リットル分。しかし、1日60万リットルが必要だと見られているので(注:この数字はちょっと怪しいようで、もっと必要だと主張するメディアもある)、1日分にも満たない量が確保出来たに過ぎず、これがまだ韓国に届いていない状況である。

で、消費者はどうしているのかというと……。

韓国の消費者、日本市場で「尿素水」購買

2021.11.10 09:48

韓国で尿素水不足事態が深刻になっている中、消費者は日本から尿素水を購入していることが分かった。

韓国放送局SBSは日本物流業界の話を引用し、電子商取引プラットホームQoo10を通じて日本から直接購買した尿素水が8日から航空便で韓国に搬入されていると報じた。8、9日の2日間に直接購買方式で日本から韓国に入った尿素水は6.5トンにのぼる。

日本当局は個人が直接購入する場合、10リットル単位では無関税で特に検査なく海外搬出を認めている。

「中央日報」より

10リットル単位では無関税で、6.5t分も売れている、か。

当然、日本政府が想定して然るべき事態ではあるが、6.5tだから6500リットルか。量はさほど多くも無いけれど、これが転売されて韓国内で高額で取引されている等という事を考えるとモヤモヤしたものが残る。

韓国にとっては焼け石に水、日本にとっては大した量ではないとはいえ、日本の市場を荒らすには十分な量であるとも言える。これ、日本政府も対策が必要なんじゃないかな。

追記3

もう1つ尿素の話である。

韓国の尿素水、在庫はわずか1カ月分…火力発電所の15%が停止の危機

記事入力 : 2021/11/10 10:29

韓国電力傘下公企業のある電力会社は尿素水納品業者から契約の見直しを求められている。中国からの輸入不足に伴う尿素水不足の影響で価格が急騰し、納品単価に合わせられないからだ。石炭、LNG(液化天然ガス)、石油を燃料とする一部の火力発電所では汚染物質を減らすために尿素水が使用されている。現在稼働している185基の火力発電機(公企業保有分)のうち、15%前後が尿素水の必要なものだという。

「朝鮮日報」より

あー、そういう話もあるのか。

在庫1ヶ月で火力発電所の一部が停止。

電力会社は尿素水不足が今後も続いた場合はアンモニア水で代替する方向で検討を行っているが、設備の入れ替えに最低でも数カ月はかかるため今回の冬には使用できないという。最悪の場合は窒素酸化物をそのまま排出して発電を続けるしかないが、現在の規定では課徴金や操業停止の行政処分を受けることになる。上記の電力会社関係者は「政府が行政処分を免除したとしても、周辺に住む地元住民からの反発があるので尿素水なしに稼働するのは不可能だ」と指摘する。

「朝鮮日報」より

対策もなし。

韓国政府は尿素水不足の対策として産業用尿素水を車両用に転換する方向で検討しているが、産業用尿素水も徐々に不足しつつある。ある化学メーカーの役員によると、どこの企業も在庫は1カ月分ほどしかないのが実情だという。ある韓国政府関係者は「産業用尿素水の不足も車両用と状況は同じだ」「産業用尿素水は最悪の場合、汚染物質を排出すれば工場の稼働が可能という違いがあるだけだ」と説明した。

「朝鮮日報」より

産業用の尿素の在庫もヤバい。

現在、中国は韓国側と仮契約を締結した状態だが、通関手続きが終わっていない尿素水はおよそ1万8000トンあり、これは韓国で80日ほど使用できる量だ。中国政府は尿素水の輸出規制に関する韓国メディアからの問い合わせに「中国は韓国側の(尿素)需要を重視し、解決に向けて韓国と積極的に交渉を行っている」と説明した。

「朝鮮日報」より

支那の関税に留め置かれている分が約80日分か。

これ、韓国政府としては咽から手が出るほど欲しい尿素なんだと思う。他から入手するにせよ、一息つけるからね。

つまり、上で邪推した「支那の逆鱗に触れた」という事ではなくて、或いは支那が交渉のカードに使うために温存している外交カードだとも理解できる。タダでさえムン君は自分の実績のために朝鮮戦争終結宣言を出したいと考えている。更に、尿素のカードが追加される。

中国メディア、韓国の尿素水不足に「自業自得…中国とは関係ない」
中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします

随分と支那に煽られているが、韓国は大丈夫なのか?「自業自得」だって。

こ、これは、ちょっと韓国が支那に対して大きく譲歩する材料を提供した事にならないだろうか?うーん、ヤバい。

コメント

  1. 尿素水についての続報です。何かは判りませんが何らかの逆鱗に触れた様です
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9c9022a43511de137d3094eead7813c70f68d7e9

    • 情報ありがとうございます。
      色々追記させて頂きました。