枝野氏、引責辞任の決断

選挙

野党の件、さほど書くこともないのだが、政治的には多少の影響はあるかもしれない。

立民・枝野代表、進退判断へ 福山幹事長は辞任示唆

2021/11/1 18:44

立憲民主党の枝野幸男代表は1日、衆院選で公示前の110議席を下回る96議席に終わった結果を受け、代表職の進退について2日までに判断する意向を記者団に示した。2日午後の執行役員会で表明する方向だ。来年夏には参院選が控えており、党内では枝野氏の責任論が強まっている。

「iZa」より

個人的に、立憲民主党には政党としてさして期待をしていない。なので、党首が誰になろうがあまり関心はないが、今回の件を受けて枝野氏が辞任するとは予想していなかった。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

次は誰に?

立共合作が大きなダメージか

ただ、支持母体からは怒られる羽目になり、これの責任をということであれば、筋としては理解できる。

枝野氏に責任論浮上 立共共闘で惨敗 連合は不快感

2021/11/1 20:19

立憲民主党は衆院選で、共産党などと野党共闘を進めたが、結果は公示前勢力を下回る惨敗を喫し、枝野幸男代表ら党執行部の責任論が浮上した。立民の最大の支持母体である連合は、立共が実質的に一体となって選挙戦に臨んだことを問題視しており、立民は共闘路線の再検討を迫られそうだ。共産は対照的に共闘の意義を強調し、今後も同じ枠組みでの連携を続けようとしている。

「iZa」より

連合の会長からは、選挙前から釘をさされていたし、全トヨタ労連からも厳しい指摘があったのは事実。

全トヨタ労連「立憲切り」 野党共闘に打ち込むくさび 

2021年7月17日 7時00分

立憲民主党議員との連携見直し――。6月上旬、全トヨタ労働組合連合会(全ト、35万7千人)がそんな方針を打ち出した。トヨタ自動車やデンソー、アイシンなど関連314労組で構成され、連合傘下の有力労組だ。

「朝日新聞」より

「労働者の味方は一体誰なのか?」という疑問は、今の政治の状況を見るに誰の頭にも浮かぶ疑問だろう。

そもそも日本の連合やら自治労という組織、積極的に野党を支持はしているのの、野党の主張する政策は荒唐無稽なものが多く、その点について多くの組織が懸念をしているようだ。全トヨタ労連の動きはそれに象徴される話。

労働者にとっては国内景気の活性化は急務

正直な話、政権与党のほうがよっぽど雇用にも景気にも大きな影響を及ぼした。安倍政権や菅義偉政権は、雇用を拡大して景気回復の一里塚、株価の上昇まではなんとか実現した。

問題はその後で、国内産業を元気にするところまでは行き着かなかった。

武漢ウイルス騒ぎも、日本国民にとっては不幸だったと思う。景気に大きな悪影響をもたらしたのだから。

ただ、漸く収束の糸口が見えて、「経済を再び」というこのタイミングで選挙をやった。その時に訴えたのが、コレだもんねぇ。

政権政策2021 | 立憲民主党

個別には多少ツッコミを入れているが、なんというかピンぼけなんだよね。

簡単に7つの政策についてピックアップしていこう。

  1. 新型コロナから 命と暮らしを守り抜く
  2. 「1億総中流社会」の 復活
  3. 原発に依存しない カーボンニュートラル
  4. 暮らしの 安心への投資
  5. 多様性を認め合える 「当たり前の社会」
  6. 平和を守るための 現実的外交
  7. まっとうな政治

1番目のぶ感ウイルス対策からして、「検査拡充」が柱なのだ。話にならない。2番目は、支那の「共同富裕」と同じ話。3番目はそもそも実現不能。4番目はバラマキ中心の話だけど、ここはまあある程度は仕方がない。5番目は、ポリコレ関連でかなりヤバい。6番目は論外、7番目は、必要性は理解できるけどコレもかなりおかしなことが書かれている。

というか、経済の活性化の話がどこにもないんだよね。立憲民主党にしたら「まずは分配」で好循環が生まれるとかほざいているのだけれど、全く矛盾した話で経営者にコレは通用しない。

そして、この話は総じて辻褄を合わせるためには中間層への大増税となる。経済の好循環どころか悪化する未来しか見えない。

連合や自治労としても、安易には乗れない話なのである。

共産党との共闘はNG

特に駄目なのが日本共産党と手を組んだことである。

「連合組合員の票が行き場を失ってしまった」

連合の芳野友子会長は1日の記者会見で、今回の共闘により、連合が選挙戦に力を入れづらくなったと指摘。共闘そのものの評価も「(立共とも議席を)減らし、有権者に受け入れられなかったのだろう」ときっぱりと語ってみせた。

選挙期間中、多くの選挙区で行われた立共の相互支援に関しては、「連合としては認められない」と言及。来夏の参院選で立民を支援する前提となる政策協定を結べるかどうかも「今後の動向を見ながらという判断になる」と述べ、無条件では締結しない意向をにじませた。

「iZa」より

まだ、党首を変えて女性党首で戦うほうがマシな結果が得られただろう。代わり映えのしない政策、代り映えのしない首脳陣。

それで「変えよう」はちょっとないわ。先ずはお前が変われよ、という話だ。

共産党との共闘は、そこにさらに拍車をかける格好となった。

「共産党とは目指す国家像 が全く違う」連合会長

2019年9月12日

共産党が呼びかける「野党連合政権」構想について、連合の神津会長は記者会見で「共産党とは目指す国家像が異なる」として、支援する立憲民主党と国民民主党が政権をともにすることはありえないという認識を示しました。

~~略~~

これについて連合の神津会長は記者会見で「共産党とは目指す国家像が全く違うので、立憲民主党や国民民主党と1つの政権を担うことは、理屈の上からありえない話だ。共産党は共産主義の国にしていくことが最大の目的だと思うので、一緒にスクラムを組んでやるということにはならない」と述べました。

「NHKニュース」より

前の会長であった神津氏も、共産党と手を組むのは「無い」と明言していた。共産主義を目指す組織とは手を組めないというのは、まさに「まっとうな判断」なのだが、立憲民主党にはそれが理解できない模様。

そして次の党首は

スケジュール的には、「年内」ということらしい。

そして枝野氏は総理大臣の指名選挙を行うために来週10日に召集される特別国会の閉会日に辞任しその後、党員などが参加する形で代表選挙を行う考えを示しました。

これを受けて立憲民主党は、今後の国会日程も見極めながら年内に実施できるよう準備を進めていく方針です。

「NHKニュース」より

発表が早かった割には、党首の決定には時間がかかりそうである。年内の選挙って、国民の関心が薄れてしまうんじゃないかな?

しかし、早くも当代表選挙に立候補しようという人の名前はチラホラと上がっている。香川1区選出の小川淳也氏や、現政務会長の泉健太氏辺りは可能性は高そうである。コレで盛り上がれば、立憲民主党としても美味しいかもしれない。

必要なのは党首討論で政策を戦わせることなんだけどね。

自民党はそれをやってそれなりに注目を浴びたが、同じことが出来るのだろうか?テレビ映えを気にして蓮舫氏などを擁立させたら最悪なんだが。……いや、案外面白いかな?

追記

名前が挙がった候補についての報道があったので少し触れておきたい。

枝野代表辞意表明で次の立民トップは?代表選で旧勢力の復権けん制する声も

11/3(水) 8:57配信

立憲民主党の枝野幸男代表は2日、衆院選で敗北した責任を取り、辞意を表明した。党執行役員会で「ひとえに私の力不足。新しい代表の下、新しい体制を構えて、来年の参議院選挙、そして次の政権選択選挙に向かっていかなければならないという決断をした」と語った。

「yahooニュース」より

まー、なんとも盛り上がらない候補者ががん首を揃えている感じである。

立憲民主党の「顔」となる人材がこれなのだから、人材不足と言わざるを得ない。意外性がなければうけないだろうし、目立たなければ立憲民主は埋没していく。この人選では厳しいと言わざるを得ない。

え?じゃあ誰が良いかって?

居ないんだなこれが。いっその事、共産党と合体して志位氏に党首をやって貰ったらどうだ?

コメント

  1. こんにちは。
    連合との不協和音も聞こえますし、トヨタ労組を皮切りに、他の労組も見限る可能性が出てきたのではないでしょうか。
    それから、次の代表候補を巡り、内ゲバの予感しかしません。
    またぞろ党を割る騒ぎにならなければ良いので……いや別に割ろうが消えようが全然構わないのですが。
    その影響で、国会運営に遅延が出たりするのだけは勘弁、というだけです。

    • 連合との関係悪化が大きな原因だとは思っています。
      ただ……、立憲民主党見ていると、もはや共産党との連携以外の道を見ていない気がするのですよ。
      党首選で巻き返しを図る事ができれば良いのですが。

  2. 僕としては立民のトップが誰になろうが、お決まりの内紛で党が分裂しようとどうでもいいのですが、枝野氏後任の代表候補は一応チェックしておきましょう。
    既に名前が出ている候補です。

    ・小川淳也(50歳 香川1区 当選6回) : 現在党では無役 岡田G
    ・馬淵澄夫(61歳 奈良1区 当選7回) : 現在無役 無派閥 元国交相
    ・泉健太(47歳 京都1区 当選8回) : 政調会長 無派閥 昨年の代表選で枝野氏に敗れる。
    ・玄葉光一郎(57歳 福島3区 当選10回) : 副代表 無派閥 元外相
    ・大串博志(56歳 佐賀2区 当選6回) : 役員室長 野田G 旧民進党政調会長

    名前でピンとくるのは野田政権で外相を務めた玄葉氏、高市早苗氏を破った事がある馬淵氏くらいかなァ~。

    • 枝野氏はそれなりに筋の通った政治家であったという「印象」で売っていました。
      しかし……、その他大勢の党員はパッとしませんよね。
      蓮舫氏くらい担げれば別の展開はあるかも知れませんが、玄葉氏、馬淵氏は案外自民党寄りの考え方のようですから、立ち位置を見失いそうなんですよね。
      立共合作の後、火中の栗を拾う事ができるのは、小川氏くらいかもしれません。が、そうなると立憲民主党は瓦解するでしょうね。

  3. 記事とは関係ないのですが大躍進した維新の会についてです。

    新人議員が27人と2/3を占める事から、メディアはさっそくど素人の集まりとか揶揄して貶める魂胆なようですが、新人当選者の前歴を見てみるとけっこうしっかりと厳選した選択と思いますね。(人物像・身体調査までは知りません)

    府会議員・県or市議会議員・副知事など務めた議員が6割以上いるんじゃないかな。

    来年夏の参議院選で改選6人を倍増する勢いを得るには、東京・関東での議席獲得が必須ですし、得票率が上向いた九州でも1議席は確保したいんじゃないかな。

    10人増なら公明党の衆参議員数60人を上回るでしょうから。

    • 維新の会がやっかみを受ける立場にあるのは事実でしょうね。
      あれは自民党から分かれた組織で、政策も立ち位置も自民に近い部分が結構あります。
      ただ、思想信条はともかく立ち位置的に支那に近いのはちょっと問題アリでしょうか。大阪という地理的な問題に起因しているようですが。

      そうした存在が国政に出てどんな影響を及ぼしてくれるのか。少なくともこれまではさほど存在感を示せず来たわけですが、果たして?案外、憲法改正論議に乗るかもしれません。少なくとも緊急事態条項くらいは乗せられるでしょう。問題は9条関連ですが、ここも国民投票をする以上は本丸となるはず。何度もやれるとは思えませんから。

  4. 木霊様 皆様こんばんは

    立憲の次の党首候補

      いやあ、この顔ぶれは、、、、、言葉も出ない。
     もう外部スカウトでもするしか再起の芽がないような。。。一時期一部で菅義偉前首相の政界引退説があって、それなら恥を忍んで党首かコンサルタントに菅さん迎られれば、まともになる可能性も?と考えたけど、菅さんまだ頑張って頂けるようだし。(やはり菅さん自民で頑張って!)
     あとは、、、ひろゆき、ホリエモン、、、本人達が嫌がるだろうな、、、、、、あ、選挙権も被選挙権もないけど、グレタさんを札束でひっぱたいて党首に引っ張ってくることに成功すれば、何かムーブメントが起きるかも? (苦笑)

    共産党

     もうね。失敗事例しかないマルクス・エンゲルス・レーニン、、、路線、、、、プロレタリアート独裁って何なの? せいぜい1万人以下のコミュニティーでしか成立しない直接民主制?もう止めるべき。

      共産主義の良いところは個人的には「計画経済」と思うけど、現人類にはまともな「計画」立てて実行する能力はない。。。。ただし「非常に高度なAI」になら出来る可能性が出てきているのが現代だと思う。 そちらの研究から始めては?

     

    • 外からですかぁ。
      まあ、ホリエモン辺りだったら面白いかも知れませんが、そもそも立民とは反りが合いません。
      うーん、アレじゃないですか、案外、パヨクのスターを引っ張ってくるのが良いんじゃないですかね。
      例えば……、山口二郎氏とか、津田大介氏とか。

      • 木霊さんお返事ありがとうございます。

        >案外、パヨクのスターを引っ張ってくる

        ヤフコメでみかけた意見ですが 「今の自民はそもそもリベラル・中道左派、自民より左に最大野党の居場所はない」 立民にそれが望めるかどうかは別として「まともな野党」が欲しい私としてはハッとさせられました。

         で、いつもの妄想、、、助っ人外人OK、、とすれば、

        「立ち上がれ、日本人よ」を著された
        「マハディール」元マレーシア首相
        https://www.dailyshincho.jp/article/2018/06080631/?all=1

        は、理想的な野党右翼の指導者となり、日本の再復興に尽力して頂ける可能性が (お年は心配ですが