【速報】岸田新総裁誕生

政策

皆さん既にご存じだとは思うが、一応記事にしておきたい。

【速報】自民党総裁選 岸田氏 新総裁に選出 決選投票で

2021年9月29日 16時39分

自民党総裁選挙は、1回目の投票でいずれの候補者も過半数に届かず、決選投票の結果、岸田前政務調査会長が、河野規制改革担当大臣を抑えて、新しい総裁に選出されました。

「NHKニュース」より

順当な結果だったとは思うよ。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

概ね予想通りの結果に

第1回の投票結果

これが1回目の投票結果で、予想を覆して岸田氏が僅差ながら一位通過であった。

高市氏の善戦と、河野氏の失速が目立ったが、党員票を見ると、河野氏の戦略は「正しかったのだ」とは言えそうである。小石河連合は少なくとも党員表を集めるという意味では機能したのだ。

だが、議員票は3位となった。それも高市氏と河野氏の票差は28票と、事前の票読みで100票を超えると言われていた河野氏としては残念な結果に終わった。

なお、野田氏だが推薦者意外からの評価は殆ど得られなかった模様。

ハッキリ言えば、この時点で勝負は付いていたと言って良い。

事前の話し合い

決選投票に持ち込まれれば、高市氏は岸田氏陣営を応援する。そんな話し合いが事前に行われていたと報じられていたが、これが「本当だったか」はハッキリしない。

<独自>決選投票での共闘 岸田、高市両陣営が正式合意

2021/9/29 05:00

自民党総裁選に立候補している岸田文雄前政調会長と高市早苗前総務相の両陣営幹部が28日夜、東京都内で会談し、決選投票で岸田氏と高市氏のどちらかが河野太郎ワクチン担当相と対峙(たいじ)することになった場合、両陣営が協力することで正式に合意した。両陣営の関係者が明らかにした。

「iZa」より

僕の読みでも、岸田氏が1位通過または2位通過した場合にはこれは機能するだろうと思っていた。実際その様に動いたしね。しかし、高市氏が善戦して決選投票が高市VS河野になった場合にどうなるのか?は正直どうなるんだろうとは思っていた。

だが、この報道が本当であれば、高市氏が決選投票に進んでも河野氏が総裁になる目は無かったと言う事になる。

決選投票

とはいえ、結果的には岸田VS河野の構図になった。

県連の支持を多く受けた河野氏だったが、国会議員は圧倒的に岸田氏を推した。

まあ、選挙戦中の討論会であれだけ河野氏がやらかした事を考えれば、妥当な結果であったと言えよう。河野票86+野田票34で130なので、中身は分からないけれども順当な結果ではないかと思う。

決選投票の結果は、国会議員票382票のうち2名の票がどこに行ってしまったのかよく分からないのだが、まあまあ順当な結果だったのだろう。

「変わらない自民党」を主張する枝野氏

で、この選挙の結果に文句を付けた枝野氏だが……。

「自民党は変わらない、変われないということを示した新総裁の選出だ」立憲・枝野代表

9/29(水) 16:42配信

立憲民主党の枝野幸男代表は自民党の新総裁に岸田文雄前幹事長が選出されたことについて、「安倍・菅政権と何がどう違うのかを説明いただくのが最初だ。残念ながら、ここまで拝見していると自民党は変わらない、変われない、ということを示した新総裁の選出だった。特に国民生活が疲弊し、結果的に株価だけで経済を低迷させてきたアベノミクスを否定するのか、それとも肯定するのか、明確にお示しいただくことが必要だ」とコメントした。

「yahooニュース」より

ふーん、そうなの?

しかし、今回の自民党総裁選挙では、二階氏を外すという色が鮮明に出た選挙でもあった。そもそも菅義偉氏が二階氏を幹事長職から外す話をし、総裁選出馬の債には岸田氏が二階氏を外すルールを策定する戦略を打ち出していた。

党役員人事は注目しておきたいところだが、自民党の体制は大きく変わらざるを得ない変革点に来ている。河野氏・野田氏をどのようなポストに配置し、高市氏をどうするのかがポイントだろう。そして、公明党とは手を切って欲しいものである。

なお、日本共産党の志位氏も枝野氏と同じ趣旨の評価を出しているが、まあ、これもどうでもイイや。

枝野氏や志位氏は政治変革を求めて国政選挙を戦う予定なので、誰が総裁になってもレッテル貼りをしたのは間違い無い。

今後の展開は

政治スケジュール的には、10月21日に衆議院の任期満了に伴う国政選挙の実施という事になっている。

【図解】9月30日に自民党総裁、10月21日に衆院議員の任期満了 今後の政治日程

9/4(土) 16:20配信

菅義偉(よしひで)首相(自民党総裁)が、9月30日に任期満了を迎える自民党総裁選に立候補しない意向を表明しました。

~~略~~

自民党総裁選は、現時点では9月17日に告示され、同月29日に投開票されるスケジュールが設定されています。新総裁はその後、臨時国会での首相指名選挙で首相に選出され、新内閣の組閣を行う必要があります。

「yahooニュース」より

流れとしては、菅義偉氏が首相として臨時国会を召集し、首相指名選挙を行う事になっている。ここに枝野氏やら泡沫候補が立候補する予定となっているが、このスケジュールはハッキリ決まっていない。

衆院議運委 与党側 来月4日に首相指名選挙提案も折り合わず

2021年9月28日 15時32分

衆議院議院運営委員会の理事会で与党側は、臨時国会が召集される来月4日に本会議を開き、総理大臣の指名選挙を行うことなどを提案したのに対し、野党側は、会期の幅を先に示すよう主張して折り合わず、改めて協議することになりました。

「NHKニュース」より

実は野党がごねているのである。

第五十三条 内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

日本国憲法より

ただ、野党の意図がどこにあれ、内閣の決定によって臨時国会の召集は可能なので、多分、10月4日臨時国会召集、同日中に総理大臣の指名選挙、というスケジュールになるだろう。問題は、その後だが、岸田氏の準備が万端であれば、即時解散総選挙というスタイルもあり得る。

新総裁は来月4日の臨時国会召集日に第100代首相に選出される予定だ。総裁選に出馬している4氏のうち、河野太郎ワクチン担当相は17日の記者会見で「(臨時国会は)所信表明、代表質問までがワンセットだ」と明言している。岸田文雄前政調会長も「少なくとも国会の場で所信表明をした上で選挙を行うべきだ。代表質問が行われることも十分考えられる」と語った。

「gooニュース」より

今のところ、岸田氏の発言も加味すると、組閣をした上での所信表明演説が行われ、必要に応じて代表質問まで予定される可能性が高い。

そうすると、解散総選挙ではなく、戦後2例目の任期満了に伴う衆議院選挙が行われる流れもあるだろう。

岸田氏の性格からして、乱暴なやり方は選択しないと思われるので、任期満了まで待つ可能性は十分にある。ただ、武漢ウイルスの勢いが沈静化している今、選挙を打つのはアリだ。岸田氏の選択やいかに。

何れにしても、今後の行方を注意深く見ていきたいところだ。

コメント

  1. 自民党以上に、野党第一党が変わらんことにはどうにもならない。と、いう自覚は…まぁ、無いのでしょうね。枝野氏には。今の評価は前政権時の負債ではなく、純粋に今現在の素行の悪さに対する評価。だと思うのですが。
    それ以前に日本を変えたいか。と、聞かれれば、今ちょうどいい感じに変わってきてるとこだから野党は要らん事しないでね。と、いう安心感が強い気もしますけれど。

    • 野党第一党は、万年野党であることに誇りを持っているようです。
      せめて、影の内閣を組閣して各大臣のカウンターパートを作って、政策論争をしてくれればいいのに。
      というわけで、本日の記事では野党の経済政策にダメ出しをしてみました。

  2. 順当なところに落ち着きましたね。
    決選投票の流れは、序盤の失言をしっかり裏で詫び入れることができた、と思っていいのかな?

    今後の焦点は人事と組閣でしょうけど、河野はいったん、党の中で人脈を育てられるポジションについてほしい。
    国民人気はあるんだから、しっかり力をつけて疫病神と貧乏神を祓ってから再挑戦してほしいw

    • 順当ですが面白みはありません。
      堅実と言えばそうかもしれませんが、アレで選挙を戦うには不安が残りますね。
      党内人事も期待薄です。

  3. 順当なところに落ちましたね。
    しかし圧倒的に河野な党員標が、岸田さんに負けるか……自民党のホームページを観てもらえば解るけれど、党員はピークから半減してます。ますます減るのでは?
    それは辞める人は出るでしょう。
    予め言えば、私は高市さん支持です! 
    女性に対して失礼かも知れませんが、
    「誰より男らしい」でしたから!
    男でも女でも男らしい人は好きなので。
    ただ……過激な言動をネットで繰り返した
    支援者の方々、ホントに貴兄は支持者だったのだろうか??
    足を引っ張っているだけでしょう!!
    あんたらが過激な事をするから、国防を考えてくれる彼女が総裁選に落ちた!!
    妥当な岸田さんになった!  
    本気で支持していたならば、その言動を反省して欲しい!!

    • 順当ですが期待薄、そんなところでしょう。
      党員票が反映されにくい状況というのは、党員であるモチベーションを失わせますからね。
      女性であろうが男性であろうが、そんなことは関係なく能力のある人がトップに立つべき。
      岸田氏は平時の総裁ですが、難局を乗り切れる剛腕差を発揮されることを期待したいと思います。人の話を聞きすぎるのは、美徳ではありますが動きを鈍らせますからね。

      その上で、このブログでは常に是々非々を心掛けています。
      高市総裁を見たかったのは僕も同じですが、だからと言って温いことを言ってヨイショするつもりはありませんよ。
      高市氏が負けたのは、それが彼女の今の実力だということです。

  4. 木霊さん、おはようございます。

    選挙戦の討論会を通じて重要なイシューがいくつも議論されたのは、今回の総裁選の一番良かったところじゃないかな。

    岸田氏は論戦の中で大きなエラーもなく、各政策についてある程度踏み込んだ発言も出てきてひ弱なイメージを払拭した結果と思っています。
    また、昨日の党での会見ではほとんどペーパーに目を落さず、所信会見の時とは別人でした。(オブザーバーが即刻アドバイスしたのでしょう)

    マスメディアはどうせ安倍氏傀儡とかで非難を集中するでしょうが、僕達国民が総選挙の選択肢を決めるまではまずはお手並み拝見でいいんじゃないかな。

    ですから今は党役員人事に注目ですね、一番は幹事長人事なのは間違いないでしょう。
    そして、党4役でも直近に迫った総選挙の要となる選挙対策委員長を誰を抜擢するか? に注目しています。
    もちろん、政調会長・総務会長も大事です。

    一報内閣では外務・防衛を最重視で見て行きたいですし、麻生氏が8年以上牛耳っている財務・獅子身中の虫公明党が独占を続ける国交相を変えられるか?
    そして、内閣の要である官房長官...、この重要閣僚人事だけは期待を外さないで欲しいもんです。
    むろん派閥への論功行賞もあるはずなんで、その他の閣僚に上手く振り分けれるかもありますが、公約通り若手・女性登用を含めた能力重視でベテラン・中堅とのバランスをとれたらと思います。

    総裁選を競った3候補の処遇もポイントになるでしょう、高市氏は重量級・野田氏はアピールしてた政策にマッチしたポジションでいいのですが、問題は河野氏がすんなり納得して受け入れる場所で一致できるかでしょう。

    人事→国会所信表明→総選挙公示→投開票結果まで、目が離せない1ヵ月ちょっとになりますね。

    • 今回の自民党総裁選で良かったのは、最後まで政策論が戦わされたことだと思っています。
      その中で、高市氏は大きな影響を与える役割を担っていました。

      岸田氏が安定した存在感を示したことも、その中での収穫だったと思います。今後とも、自分の言葉で会見に臨んで欲しいものですね。

  5. 木霊さん、おはようございます。

    党四役人事が決まりましたね。
    幹事長:甘利氏 政調会長:高市氏 総務会長:福田達氏 選挙対策委員長:遠藤氏で、麻生氏が副総裁ですから今回は党五役となるのかな。(麻生氏はメデタクご隠居様ってとこかな)

    甘利氏はUR疑惑で叩かれるのは必至でしょうけど、麻生氏の強い意向には逆らえなかったって感じもありますが、TPPで貢献した実績等実力重視であえて強行突破の覚悟の上でしょう。

    福田達氏は若手抜擢の象徴と言えますし、総裁選で3回生以下議員をまとめた「党風一新の会」の動きで中々の手腕を買っての事なんでしょうね。 お手並み拝見です。

    高市氏は総裁選で主張した数々の重要施策を(論戦の中で岸田氏もかなり賛同へと傾きましたから)、国会に議案提出→法改正&新法制定と実現する為の党の意見集約には最適任でしょう。
    2回目なんでその経験値にも期待できますし、僕が個人的に期待していた外務大臣or財務大臣で直近実務に追い回されるより、じっくり腰を落ち着け吟味しながらもスピード感優先に成果を出して欲しいもんです。

    遠藤氏は岸田氏の朋友であり最近発足した、「新しい資本主義」をテーマにした議連のメンバーであり、これには甘利氏・林方正氏、そして新財務大臣とされる鈴木俊氏も参加しており、岸田氏の肝のメンバーを配置できたといっていいでしょう。

    河野氏は降格人事とかさっそくメディアが騒いでいますが、組織運動本部長と並び党四役に継ぐ重要なポストです。
    特に総選挙直前ですから河野氏が自慢する発信力をしっかり発揮して実績を出せば、再チャレンジのチャンス(総裁は無理でも内閣重要ポスト)を与えられたと前向きに考えしっかりと全うして欲しいですね。

    今回の総裁選論戦で彼はトップの器ではなく、与えられた適所で突破能力を発揮する人材と僕は考えています。
    ただ、極端な支那寄りが露見し危うい人物である以上、外務・防衛相への返り咲きは回避しなきゃなりませんけどね。
    多少でも払拭するつもりがあるなら、せめて河野談話の完全否定くらいやらないとねェ~。

    • 役員人事については、決まってからまた眺めたいと思います。
      ただ、今聞こえて来ている情報を総合すると、結構面白い人事を考えているようですね。
      岸田氏のやりたいことに嵌まるのかは分かりませんが、自民党総裁としての采配はちょっと感心した部分もありました。

  6. 木霊さんこんばんは

     まあ今回、河野さんの「やらかし」は自分の力不足故と御自身気づかれてるでしょうし、御自身落選してほっとしてる? ことを期待してます。 
    。。枝野さんに似たものを少し感じます。サブポジションなら良いが「頭にかつがれる」場面では今は力を発揮できず、おかしなことになる。 
     力に見合わない担がれ方で「激しい劣化」を起こした枝野さんの轍踏みは避けられた?

    ところで
    >解散総選挙ではなく、戦後2例目の任期満了に伴う衆議院選挙が行われる
    個人的には菅義偉「現」首相には
     「コロナは只の風邪」の達成を目指して、最後のワクチン接種率詰め、8割強に邁進して頂けたら嬉しいなあと。