放射性物質、垂れ流しが明らかになった韓国

大韓民国

まああれだ、問題があればさっさと修正した方が良い。

月城原発1号機で「放射性物質」漏れ… 20年以上続く

記事入力2021.09.08 8:01 最後の変更2021.09.08 午前8:06

[アンカー]

月城原発1号機で放射性物質が漏れナワトダン疑惑について、原子力安全委員会が5カ月以上の調査をしてきたんです。1次報告書に、人体に致命的な物質が20年以上漏れたという内容が含まれていました。使用済み核燃料を保存する施設に問題があったことが原因で把握された。

「NAVER」より

前々から月城原発からの放射性物質漏洩疑惑はあったし、そもそも月城原発はCANDU炉というカナダ型重水炉を採用していて、冷却水に重水を用いる。重水を使うのでトリチウムが出来やすいという問題点が指摘されていた。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

漏れる原発と手抜き工事

少数派のCANDU炉

カナダ政府の民間企業と合弁企業によって設計されたCANDU炉だが、世界的にも珍しい重水を使うタイプの原子炉である。

中性子の減速及び燃料の冷却に重水を使用し、天然ウランを燃料に使えるというメリットがある。構造が単純というところもメリットなのだが、一方で効率的な問題もあってあまり人気のある方式とはならなかった。プルトニウムを効率的に生成できるというメリットはあるのだけれど、原爆作る目的でもない限りはここはメリットにはならない。

重水(D2O)はトリチウム水(T2O)と違って放射性を示さないのだが、重水が減速材として用いられて中性子と衝突すると大量のトリチウムが生成されてしまうので、結果的に温排水に大量のトリチウムを含んで海に垂れ流す結果となる。

結果、月城原発1つで(4基のCANDU炉を保有)年間136兆ベクレルのトリチウムを放出することになっている。

日本の福島第1原発の処理水には合計1000兆ベクレルのトリチウムが含まれているとされているが、何年にもわたって処理水を放出する予定なので年間は20兆~22兆ベクレルを放出するなんてことになっている。

月城原発1号機からの放射性物質漏洩

さて、冒頭の記事だが、実はこうした「今まで分かっていたこと」とはちょっと異なる。

JTBC取材陣が入手した1次調査結果を報告します。

月城1号機敷地内で採取した水でリットル当たり最大75.6万Bqの三重水素およびg当たり0.14Bqのセシウム-137が出たと書かれています。

土壌ではセシウム-137がg当たり最大0.37Bqが出ました。

2つの物質すべてのがんを引き起こす可能性があります。

「NAVER」より

検査されたのは、月城原発1号機の敷地内で採取される土壌や水であり、ここに一定程度のトリチウムやセシウム137が含まれていた。

セシウム137の基準値(日本で新たに定められた基準)は、飲料水で10Bq/kgで、一般食品で100Bq/kgである。月城原発1号機では土壌から370Bq/kgというから、一般基準の3.7倍ということになる。ただ、基準値の前に設定されていた規制値は500Bq/kgだったので、騒ぐ程のことでもないね。

人体に影響が確認されるのは100mSv以上であると言われているのだけれど、シーベルトとベクレルでは扱っている概念が違うのでちょっと参考にはならない(シーベルトは人体に影響を及ぼす値で、ベクレルは物質がどれだけの放射線を出すかを示す値である)。

仮に 500Bq/kg の水を1日1Lずつ1年間飲み続けると、体内に取り込むことによる被曝が約 4,000μSvになる。これは人体に影響が出るレベルではない。

なので、「人体に致命的な」というのはちょっと大げさである。結局、放射性物質は摂取量が問題となるのだから。

施工ミスが問題か

で、こうした放射性物質が確認された理由がちょっと問題であった。

報告書は、原因も明らかに指摘しました。 使用済み核燃料を保存する施設に問題がありました。 1997年に亀裂が生じ、補修工事をしましたが補修し切れていませんでした。 保存することができ漏れることを防いでくれる遮水膜が底までつながっていません。

コンクリートで作られた壁には、防水のためにエポキシ樹脂を塗りました。 ところが、性能が低下するエポキシを使ったせいで継手から漏れが発生しました。

2012年地盤を補強するために柱を作りましたが、この時に遮水膜まで壊してしまったという事実も明らかになりました。

「NAVER」より

月城原発1号機の使用済み核燃料を保存する施設に亀裂が生じるトラブルがあって、この時、放射性物質が漏れた報道はなかったが、漏れるリスクがあるとして補修工事をやったのに、補修し切れていなかったらしいのである。

そもそも、漏れを防ぐために作られた遮水膜が作ってあったのに、底まで繋がっていなかったので漏れ放題だったようだが、これは修正されずコンクリート製の遮水膜の亀裂を修正しただけだったというから、これだけでも驚きである。

しかし、その補修方法がエポキシ樹脂の充填というものだったので、エポキシ樹脂の経時劣化によって継ぎ手から水漏れする様になった模様。……亀裂は遮水膜だけだったんじゃないのかな?

更にダメなのは、その後に地盤補強のために柱を形成した時に、この遮水膜を破壊してしまったらしいのである。地盤補強のための柱といえば、多分、柱状改良のことだろうと思う。

こんな感じでドリルで削りながらコンクリートを流し込むことで、土壌とコンクリートを混ぜながら柱状構造物を作る方法である。

これをやるときに、遮水膜をドリルが突き破ったと言うことなんだろうね。……うーん、漏れるよねぇ。

そば屋の出前

で、月城原発側が何を言っているかというと……。

単に継手から漏れ出てきたのではなく、他の亀裂を介して空気に拡散された可能性のためです。

調査団はまた、敷地の外にまで流れていったのかについても調査を行っています。

原発を運営している韓国水力原子力は「現在補修工事を計画している」と明らかにした。

「NAVER」より

「現在補修工事を計画している」って、いやいや、20年も垂れ流したんでしょう?今さら計画とはどう言うことなのか。

月城原発1号機からの放射性物質の漏洩が問題になったからといって、敷地外に出たかといえば、そこは未だ明らかになっていない。

漏洩量も大した事はなさそうではあるが、しかしだからといって問題がないわけではない。例えば、従業員の健康被害など、どう考えても影響があっても不思議ではないのだが、その辺りは調査して問題がなかったのか、調査しなかったのか。

更に言えば、地下水にまで放射性物質が達している可能性は当然あるわけだが、その辺りも調査したのかしていないのか。

過去にも問題になったことが

ちなみに、何故そんなことに言及しているかというと、こんなニュースが過去にあったからだ。

韓国の月城原発区域の地下水、放射性物質汚染…トリチウムが基準値の18倍

登録:2020-12-24 09:35 修正:2020-12-24 12:21

慶州(キョンジュ)の月城(ウォルソン)原発の敷地の地下水が、広範囲に放射性物質であるトリチウムで汚染されているという事実が、韓国水力原子力(韓水原)の独自調査で明らかになった。韓水原は、地下配管や使用済み核燃料貯蔵槽などを地下水に含まれていたトリチウムの主な流出源と見て、設備の交替や補修などの対策を推進してきたことが確認された。

「ハンギョレ」より

この時にも「設備の交換や補修などの対策を推進」とされていたのだけれど、この時問題になったのは原発の敷地の境界に設置された地下水観測井でのこと。だから、放射性物質の漏洩が外部にまで達していることは確実である。

今回流出が確認されたトリチウムは、原発の敷地の境界に設置された地下水観測井でも高濃度で検出され、原発の外部にまで拡散している可能性を排除できない。それでも韓水原と原子力安全委員会は「該当する観測井はすべて原発区域内にあるため、原子力法上、外部流出といえる『環境放出』とはみられない」とし、「国民に対する公開」規定を適用しなかった。流出の規模も把握していない。

「ハンギョレ」より

こんな理屈をこねくり回しているが、敷地外に出たことは状況からして間違いあるまい。

観測されたのは710,000Bq/Lで、冒頭のニュースの値とたいして変わらない。つまり、直ちに健康被害に至るような量ではないのだが、ここで問題にしているのは外部流出だ。

原発で計画された排気口と排水口を通さない「非計画的放出」は、濃度とは関係なく原子力法に基づく運営技術指針違反だ。監視と管理が行われず、原発周辺の環境と住民に及ぼす影響を評価できないからだ。月城原発はトリチウムによる地下水汚染の可能性を早ければ2013年、遅くとも2017年から認識していた可能性が高い。

「ハンギョレ」より

それも、結構長い間放出されていた疑いがあって、それも2号機や3号機の近くでも放射性物質が検出されているので、敷地全体に放射性物質漏洩が広がっているんじゃないのかな。

これは月城原発の敷地の様子だが、観測井SP11でも放射性物質が検出されているとすると、海洋にも漏洩している可能性は高いだろう。

垂れ流しは止めようね

とまあ、そんな訳で。

月城原発から放射性物質が漏れ出している事はもはや明らかで、その量はハッキリ分かってはいない。まあ、「量は大したことがない」のは救いなんだけど、問題はそこじゃないんだなー。

そして、トリチウムに関しては放射性物質の漏洩にかかわらず垂れ流している現状がある事を考えると、韓国民は他国の原発のことを気にする前に、自国の心配をした方が良いよ。

これが計画されたものであればまだマシだけど、工事の失敗や手抜きによって起きていることが問題なんだ。

コメント

  1. まぁ、因果関係を理解できない韓国人のことですから、福島の処理水放出が始まったら「福島の汚染水のせいで月城原発付近ではこんなに高い数値がでている」と騒ぐことでしょう………

    • まあ、彼ら墓家具的論拠に基づかない主張が好きですからね。

      • 今晩は

        「彼ら墓家具的論拠」明らかにタイプミスだとおもいますが

        「かれらはぐたいてきろんきょ」と入力しようとして
        「かれらはかぐてきろんきょ」になってしまったよですね。

      • はう、スミマセン。
        多分、「彼らは具体的論拠に基づかない主張」と書きたかったのだと思います。

  2. 木霊様、皆さま、今晩は

    IAEAの福島汚染水放出安全性評価に韓中が参加するみたいですね。
    時系列のデータが必用という事で、放出前の状況をIAEAが測定すると面白いですね。

    • IAEAに支那と韓国が参加ですか。
      彼らは「第三者」と言い難いので、本来であれば参加して欲しくないんですけどね。
      ただ、公正なデータ計測が出来るのであればIAEAに監視してもらうこと自体は歓迎すべきですね。