韓国、外貨流出の懸念

大韓民国

通常であれば、平日は毎日1つは記事を書かせて頂いているのだが、昨日はちょっと大きなトラブルがあってそれどころではなかった。先ずはお詫びを。

今後もどうなるのかはちょっと分からないのだけれど、可能な限りは書かせて頂きたいと思う。で、本日は警告的な意味合いの記事からスタートだ。

【上がる市中銀行のローン金利・・・ヨンクル・ビットゥ族『非常』】

2021.08.02 12:21 文化日報

韓国銀行の基準金利引き上げの可能性が高まり、市中銀行が信用貸付加算金利を一斉に上げている。銀行の加算金利引き上げは、ローンの危険性をそれほど高く見るという意味だ。信用融資を受けてアパート購入や株式に投資していた「ヨウンクル・借金トゥ族」のローン返済の負担がますます大きくなる見通しだ。

「NAVER」より

何の警告かというと、韓国の経済危機である。日本において、韓国の経済危機が発生すると市場の混乱が起きる可能性があるからね。

経済危機は、韓国にとっては日常イベントなんだけども。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうして金利引き上げが拙いのか

金利引き上げ

韓国において、「市場金利の引き上げ」というのは非常にリスクを伴う行為である。

焦点:アジア初の利上げは韓国か、中銀総裁がバブル抑制に執念

2021年7月20日10:38 午前UPDATED 13日前

韓国は、アジアで最初に新型コロナウイルス対応の金融緩和の巻き戻しに動き、政策金利を引き上げる国になるとみられる。タカ派的で来年退任予定の李柱烈(イ・ジュヨル)韓国銀行(中央銀行)総裁が不動産バブル、ないし家計債務がもたらす緊張を芽のうちに摘むための取り組みを強化しているからだ。

「ロイター」より

ちょっと前にもロイターに似たような記事が出ていて、コンパクトに内容が纏まっているのだけれど、この記事では残念な事に前提が分かりにくいんだよね。

この記事では、アジア初の利上げは韓国になりそうだとの指摘をしていて、韓国の中央銀行である韓国銀行の総裁は決断の時を迫られているという内容になっている。ところで、何でこんなに危機感を煽っているのだろうか。

家計の債務

韓国においては「三つ子の債務」として知られる借金問題が数年前、或いは10年位前から危機感を持って見守られていて、歯止めがかからない状況である。これを「韓国経済危機が再来する」といって何度か騒ぎになったわけだけれども、韓国には実績があるからヤバいね。

コップの水が溢れそうになっている、そんなイメージで問題ないと思う。

韓銀、400兆円超の負債と資産過熱に「警告」…「ソウルの住宅価格、過大評価」

登録:2021-06-23 05:10 修正:2021-06-23 07:28

韓国銀行は、国内総生産(GDP)の2倍規模に膨れ上がった民間負債と、資産市場の過熱に強い懸念を示した。金融不均衡が深刻化すれば、最悪の場合成長率がマイナス0.8%を割り込み、住宅価格も大幅に下落しうるという。韓銀はまた、金利が引き上げられれば脆弱階層の延滞率も2.0ポイント上昇すると分析した。こうした韓銀の分析は、韓国はもちろん世界が金融引き締めへと転換する状況下で「借金をしてまで投資」などにこれ以上むやみに飛び込まないようにとの警告と解釈される。

「ハンギョレ」より

で、ご存じだとは思うけれども、三つ子の負債とは、「政府負債」「家計負債」「企業負債」だ。

政府債務は1985兆3000億ウォン(約195兆3700億円)で、GDPに対して103.1%。

家計負債は2045兆ウォン(約199兆円)で、GDPに対して104.7%。

企業信用は2180兆9000億ウォン(約212兆円)、GDPに対して111.6%。

これが今年の春、4月頃の情報なのだけれども、順次負債は積み上がっている。グラグラしているぞ!大丈夫か?

特に家計の負債というのが構造的な問題があって、借金をしてまでも不動産投機をして資金を回収するというような事をやっているために、エンドレスで負債は積み上がるのだ(注:条件付きでリセットされるが)

順調ですな!

調べて見ると、去年のデータで所得に対する家計負債比率は20代は147.8%、30代は262.2% 1年間で24pの急増、50代の6p増と対照的になっていて、若年層ほど所得以上の負債を抱えていることが浮き彫りになっている。

韓国の住宅ローンは変動金利が適用

で、韓国の住宅ローンなのだが、変動金利がスタンダードらしいので、金利が上がると借金に直撃と言う事になる。

加えて、国内銀行の住宅ローンの多くは変動金利が適用されているため、今後金利が上がれば家計負担の増大へとつながる危険性も高い。今年2月末現在の市中銀行の住宅ローン残高593兆6000億ウォン(約58兆円)のうち、変動金利が適用さているのは404兆1000億ウォン(約39兆5000億円)で、68.1%にのぼる。

「ハンギョレ”韓国、20~30代青年層の家計負債、1年で急増…所得の2.3倍”」より

金利が上がれば返済額が上がってしまうのが借金の宿命である。もちろん、それ以上に経済が好調で、収入が増えていれば問題ないが。

しかし韓国では、誰も彼も借金を抱えている。だから、金利が少し上がるだけであっちこっちにダメージが入ってしまうというおかしな事になっている。経済も武漢ウイルスのせいもあってかなりグラグラしているしね。

住宅バブルは簡単には止められない

そして、韓国民はムリして借金をし、そのお金で不動産投機に勤しんでいるというので、現在韓国を席巻している不動産バブルが破裂したらとんでもない事になってしまう。

急激な住宅価格の上昇により、青年層の剥奪感がますます大きくなっていることで、政界では青年に対する不動産ローン規制緩和のカードを切る動きが出ているが、これは「対症療法」に過ぎないとも指摘される。住宅価格の高騰で高まった青年層の不安心理を一時的に落ち着かせる政策だが、ローンもできない低所得層の青年を排除しうるからだ。チャン・ヘヨン議員は「暴騰する資産価格や雇用不安などで、青年たちは収入に比べて多すぎる借金を抱えている」とし「今は融資規制の緩和で負債の負担を増やす政策ではなく、資産価格そのものを安定させる政策が急がれる」と述べた。

「ハンギョレ”韓国、20~30代青年層の家計負債、1年で急増…所得の2.3倍”」より

何しろ、急激な値上がりをする住宅価格を見て、慌てて借金をして住宅を購入して、更にバブルが膨らむ構造になっていて、ブレーキが壊れたトラック状態なのである。

これを「バブル」と呼ぶのだけれども、若年層の失業率はとんでもない事になっているので、これを弾けさせると即時死体の山を築きかねない。若年失業率26.8%と報じられている(公式には10.7%となっている)のだけれど、それが本当であれば4人に1人はヤバい。

コロナ雇用の崖っぷちに立たされた「大卒失業者」=韓国

2021/05/18 05:51配信

昨年の新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の影響で、大学卒業後も就職ができない若者が増えている。

~~略~~

今年も大卒者があふれているため、雇用市場の厳しさは避けられない見通しだ。今年の4月現在、2021年度の卒業者のうち非経済活動人口は9万4827人と集計された。昨年の卒業者のうち、残っている非経済活動人口(10万8745人)まで合わせると、昨年と今年の卒業者のうち約20万人が求職活動をしていない状態で残っている。

「WowKorea」より

なお、求職活動をしていない若者が大勢いるのだが、彼らは「失業率」にはカウントされないんだよね。

その他にも、臨時職や日雇い職、或いは自営業などで家の手伝いをしている若者もカウントされていない。

つまり、「潜在的な失業者や不完全就業者(週18時間未満働いている者)を加味すると、15~29歳の26.8%という失業率になるらしいけれど、或いはもっと数字は悪いかもね。

金利引き上げで徳政令?

そんな訳で、金利引き上げをやれば、住宅バブル崩壊に大手をかける流れになって、後は韓国では定番になっている「徳政令」がいつ出てくるのか、という事になる。

韓国でまもなく徳政令…借金帳消しは経済崩壊の序曲か

2017/5/28 15:00

韓国で新大統領・文在寅(ムン・ジェイン)氏の選挙公約が実現に向け動き出した。そのひとつが借金棒引きの徳政令 だ。100万円以下の借金を10年以上借り続ける人々を対象に、その借金と利息の全額を帳消しにするというもの。対象は43万7000人とされ、実現は簡単ではないが、実現した後にもいばらの道が待っていそうだ。

「産経新聞」より

文在寅政権が発足するときには、大規模な徳政令が出るという話があった。実際には詐欺のような手法で小規模な徳政令が出されたに過ぎなかったのだけれども。

そもそも、「徳政令」=「借金を無かったことにする」という方法は、ムン君がいくら左派であるとはいえ、早々出せる手段ではない。借金を帳消しにすれば、金を貸している側は貸し倒れという事になって、大損害を出してしまう。

その辺りを公費を使って誤魔化してきたのがムン君やその前までの政権なのだが、大統領選挙が行われて新しい大統領が決まると、また徳政令は出るのではないだろうか。

そして、こうした流れを読んで若者達も借金を積み重ねているのではないかという疑いすらある。

「ヨンクル族とピットゥ族」

そういう懸念を示したのが冒頭の記事で、「ヨンクル族とピットゥ族」と呼ばれる人々が増えているらしいとのこと。「ヨンクル」というのは「魂までかき集めて家を買う」人のことを差し、「ピットゥ族」は暗号資産を買う人のことを差すのではないかと思われる。

仮想通貨に「キムチプレミアム」、原因は韓国の資本規制=BofA

2021年5月18日6:48 午後

バンク・オブ・アメリカ(BofA)は18日、韓国でビットコインなどの仮想通貨が国際価格を大幅に上回る水準で取引されていることについて、国境を越えたホットマネーを規制する資本規制により、裁定取引ができないことが理由だとのリポートをまとめた。

「ロイター」より

キムチ・プレミアムとは、韓国国内での暗号資産取引の過熱によって引き起こされる事態で、ちょっと前までは市場過熱に一役買っていたらしい。

韓国の議員が「暗号資産危機」回避に奮闘、キムチプレミアムは消滅

2021/07/29 10:04

韓国では、1人の国会議員が刻一刻と迫り来る規制当局が定めた期限の延長を求めており、苦境にある暗号資産(仮想通貨)取引所に命綱を与えようとしている。一方、いわゆるキムチプレミアムは縮小し、忘れ去られつつある。

EDailyと韓国経済新聞によると、最大野党の国民の力に属するチョウ・ミョンヒ議員が、3月に施行された「特定金融情報法」の改正案を発表する用意があると伝えた。

「MORNING STAR」より

その過熱そのものは収まったようなのだけれども、韓国国内に暗号資産が大量にタブついた状態にはなっていて、何処かでコケでもしたらこちらもとんでもない事になるだろう。

外貨準備高が……

で、不安を煽る記事を1つ。

韓国の外貨準備高4541億ドル 過去最高更新から減少に転じる(7月5日)

2021.07.05 08:06replay time00:36

2カ月連続で過去最高を更新していた韓国の外貨準備高が減少に転じた。

 韓国銀行(中央銀行)によると、6月末の外貨準備高は4541億1000万ドル(約50兆500億円)で、前月末に比べ23億5000万ドル減少した。

「聯合ニュース」より

韓国が心の拠り所としている外貨準備高が減り始め、韓国銀行は「単なる目減り」だとしているけれど、資本家が韓国への投資を渋り始めると、一気に事態は進むと思われる。

その引き金を引きかねないと恐れられているが、応募工裁判と売春婦裁判だ。

「日本の資産売却は避けたい」突然態度を翻した文在寅大統領の本当の狙い

2021/01/23 11:00

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が1月18日、新年の記者会見を開き、徴用工問題と慰安婦問題について発言した。その内容がこれまでの態度を翻すものだったため波紋を広げている。

「PRESIDENT Online」より

今年1月の記事が参考になるが、ムン君はあれだけ強硬に主張していた歴史関連問題の矛先を鈍らせてしまった。支持率低下によって反日エンジンを噴かしたいムン君にとっては苦しい展開だが、日本の資産売却を実行してしまうと、日本からの経済制裁の可能性がある。そうなると、日系投資が鈍るのは確実。それに釣られて他国からの投資もどうなるか分からないと言うところが、痛し痒しという感じなのである。

ただ、それでも外貨流出の懸念が出てきてしまって、冒頭のニュースはそれに繋がりかねない材料なのである。そう、韓国国内で金利引き上げを始めたら不協和音がという流れになっているという事で。

狂乱状況を迎えるかは分からないが、既に懸念が出始めているのが哀しいところ。しかし、金利引き上げをせざるを得ないのも韓国の現状である。

緩和的な金融政策の正常化、政策金利引き上げの根拠としては、「物価」よりも資産価格の上昇や個人向け融資の急増といった「金融不均衡」のリスクに重きを置いた。

「yahooニュース」より

まあ、状況がどうなるのかは注意深く見ていかねばならないが、もはや軟着陸できるかどうかだけが焦点である。

追記

関係記事を紹介しておきたい。

外国人、今年に入って25兆ウォン売った… 時価総額の割合5年ぶりに最低

記事入力2021.08.01 午後5:15

1日、韓国取引所によると、先月29日現在、有価証券市場全体の時価総額比外国人保有株の割合は34.12%と集計された。これは2016年8月17日(34.03%)以来の低水準である。

今年に入って、有価証券市場で外国人は先月30日までの7ヶ月間、24兆2370億ウォンを売り越した。昨年の外国人の年間売り越し額(24兆7260億ウォン)とのギャップは6000億ウォンに過ぎない。

「NAVER」より

記事では武漢ウイルスの影響だと分析しているが……。

本当にそうかな?

コメント

  1. 借金してでも投機する国民性は知っていましたが、まさか日本の信用保証の必要性に文大統領が気付くとは。

    • ムン君が「日本の信用保証に気が付いた」というよりは、国が出来上がった時から他国頼みのコバンザメ国家だということなんじゃないでしょうかね。

  2. 木霊さん こんばんは
    かの国の外貨準備高急減ですが、内訳で言うと預金が−75.5億ドルが強烈ですね。前月比で−22%ですから急減と言って良いでしょう。月々の変動要因はあるにしても、200億ドル切りそうというのは中々です。個人的には預金残高にのみ注目してました。他はジャンク債とも言われてますから。
    情報ですが、イランへの70億ドル未払関係の記事が久々にありましたよ。
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210803003000882?section=politics/index

    • うお、そのデータはなかなか強烈ですね。
      イランの記事には触れさせて頂きましたよ。情報ありがとうございました。