迷走する小泉進次郎、脱原発の方針を鮮明に

電力

どこに向かっているんだコイツは。

小泉環境相、脱原発鮮明に 自民党内から不満も

2021/6/27 18:31

政府の中長期的なエネルギー政策の指針「エネルギー基本計画」の改定を前に、小泉進次郎環境相が脱原発の姿勢を鮮明にしている。菅義偉(すが・よしひで)首相とのパイプも使い、エネルギー関連の政府方針で原発の活用に関わる表現ぶりを弱めることに成功した。ただ、温室効果ガスの削減を訴えながら、二酸化炭素(CO2)を排出しない原発の活用に否定的な小泉氏に対しては、自民党から「現実を見ていない」との不満も強まっている。

「産経新聞」より

そして誰だよ、入れ知恵しているヤツは。

大した記事ではないのだが、結構な問題ではある。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

脱原発は小泉家の方針?

セクスィーなのは頭の中だけ

賛否はあるが、父小泉純一郎氏に関しては、僕自身は彼が総理の座にいた時にはある程度の功績はあったと評価している。それが部下の仕事であったにせよ、だ。

今にして思えば、アホ政策も山盛りではあったが……。

しかし、首相の座を降り、政治家をやめてから、どういう訳か反原発派に転向して晩節を汚しまくっている。

img

何が酷いかって、節操も無く史上最悪の総理と史上最低の総理と手を組んで「活動家」に転向してしまったことだ。更に、細川護熙氏、村山富市氏も連盟で「原発ゼロ」運動を展開するという有り様だ。

もはや老害というべきだろう。

で、こんなアホを曝す親父を諫めることなく、アホを曝しているのが息子の小泉進次郎氏である。

小泉進次郎列伝ができる程様々な事をやらかしているが、ここ最近は何かと国民ウケが悪い。特にレジ袋廃止の働きかけとか、プラスプーンの有料化とかは最悪である。

それって一体何の役に立つのだろうか??

他省の管轄まで口出し

それでも小泉氏の仕事は、環境省の範囲内での仕事にギリギリ収まっていた感じはあったが、今回は明確に異なる。

「『まずは再生可能エネルギー(の活用)、そして原発の依存度を下げる』と首相はずっと言っている。それが守られるかどうかを見ている」。小泉氏は25日の記者会見で、こう強調した。最近は持論である脱原発を政府のエネルギー政策に反映させるべく精力的に動いてもいる。

~~略~~

いずれも小泉氏が首相らに働きかけた方針に一致する。自民党内ではエネルギー基本計画改定に向け、電力の安定供給や脱炭素化のため原発の活用を求める声が強まっていただけに、小泉氏が機先を制した形だ。

「産経新聞”小泉環境相、脱原発鮮明に 自民党内から不満も”」より

どうやら、エネルギー基本計画改定に口出しした模様。

余計な事を。

問題は、菅義偉氏もある程度コレを受け入れている節があるのだ。

小泉家の闇

小泉純一郎氏或いは進次郎氏が原発を敵視する背景には、太陽光発電を推進したいという思いがある。

小泉元首相が広告塔「太陽光会社社長」が詐欺で逮捕 カジノ豪遊の実態を元社員が証言

5/27(木) 14:50配信

東京地検特捜部は27日、すでに家宅捜索を進めていた太陽光発電関連会社「テクノシステム」の社長、生田尚之容疑者を詐欺の疑いで逮捕した。再生可能エネルギー事業に用いる名目で、金融機関から融資金をだまし取った疑いが持たれている。

~~略~~

「週刊新潮」(2021年2月25日号)で詳しく報じたように、生田容疑者のことはクリーンエネルギー業界の若き旗手として小泉純一郎元総理も高く評価していた。実際、小泉氏は日経新聞の対談広告に生田容疑者とともに登場するなど、同社の広告塔になっていた。

「yahooニュース」より

この「テクノシステム」の社長、生田尚之容疑者が脱税容疑で逮捕された。その広告塔になっていたのが元総理の小泉純一郎氏で、テレビCMには小泉孝太朗氏も起用していた時代があったが、現在は既に削除されているらしいが。

小泉孝太郎 テクノシステム CM サステナブルな未来篇。30秒版「SDGsを知っていますか?」/小泉孝太郎 CM bb-navi
小泉孝太郎 テクノシステム CM サステナブルな未来篇。30秒版「SDGsを知っていますか?」 俳優の小泉孝太郎さんが「SDGs(エスディージーズ)を知っていますか?」と登場し、SDGsは国連により定められた持続可能な世界を実現するための国際目標である事などを紹介する、テクノシステムのCM 30秒版。 Youtube ...

その上で、小泉進次郎氏も太陽光発電には前向きのようで、原発反対をする背景にはそういった理由もある様だ。そういえば、小泉進次郎氏は石炭火力発電も嫌っていたようだが。

つまり、テクノシステムに一家で関わっていた疑いが高い。

太陽光パネル関連で、今後の事は不透明

そして、太陽光パネル絡みでアメリカが動いたことで、今後大きなうねりになってエネルギー政策に遅いかかるだろう。好むと好まざると、アメリカが方針を決定してしまったのだから。

その辺りに関しては昨日触れている。

で、小泉進次郎氏曰く、原子力はNGで、石炭火力発電もダメ。プラスチックもダメ。

プラスチックがダメで原油はOKなのがイマイチよく分からない線引きだが、火力発電ではLPG火力と原油火力で発電となると、やっぱり二酸化炭素の問題をクリアすることは難しかろうと思う。

しかし水力発電は実質上これ以上増やす事は難しく、やれてマイクロ水力発電くらいだろう。風力発電は、洋上風力がアリかどうかというレベルなんだけど、まだまだ解決しなければならない問題が山積している。

要は再生可能エネルギー発電というのは、どれもコレも使えない感じだというのが、日本の現状なのである。

そりゃ、自民党の中からも批判されるよね。

エネルギー基本計画は10月末までに政府が決定する2030年度の温室効果ガスの国別排出削減目標の裏付けとなるため、早期に策定する必要がある。ただ、改定時期が秋までに行われる衆院選後となれば党内の原発推進派が勢いを盛り返しかねない。小泉氏は衆院選前に改定すべきだと首相に訴えており、グリーン成長戦略や骨太方針に続き、脱原発の方針をエネルギー基本計画にも色濃く盛り込みたいとの思惑が透ける。

とはいえ、エネルギー政策はもともと経産省の所管であり、自民党内には小泉氏への不満も募る。党中堅は「首相は梶山弘志経産相よりも小泉氏の言うことを聞いてしまう。環境相がどんな権利で原発政策に口を出すのか」と指摘。党重鎮も小泉氏がエネルギー問題の現実を直視していないとして、「目の前の課題に向き合わない政治家は大成しない」と不快感を示している。

「産経新聞」より

これで、小泉進次郎氏がまともなことを言っていれば未だマシなのだが、全くトンチンカンなことを言っているから困る。

個人的に小泉進次郎氏は嫌いだが、その分を差し引いてもとても「良いところを探しても見つけられない」状況をいつまでも続けてもらっては困る。さっさと閣僚をクビにすれば良いのに。

二酸化炭素の削減よりも、安価な電力の安定的な供給の方が重要度は高い。日本の産業が死んでしまえば、もはや日本経済は維持しいていけないのだから。

コメント

  1. 意識高い()欧州勢が次にどんなケチをつけてくるつもりか。その動向を把握するには役に立つかな。と、いう感じはしますかね。
    当人がどうあれ、敵を知るにはちょうど良いかな。と。
    プラの代替素材がよりによって紙て。な、あたりで、環境問題云々はファッションなのだなぁと悟ったと云いますか…ま、そう割り切るなら割り切るで、流行に追随するのも必要な事かと。実に馬鹿馬鹿しいですけれど。

    • 奥様からして意識高い系なんで、自分がかっこいいと思って仕事をしているんでしょうね。
      閣内を引っかき回しておかしな事にならないうちに、内閣から叩き出した方が良い気がしますよ。

  2. 進次郎の母校は、Fランじゃなかったでしょうか?
    お勉強は、嫌いなんだでしょう。

    • アホはアホなりに考えて動いてくれればマシなんですが……。
      アレは考えていませんねぇ。
      そして多分、奥様に入れ知恵されているのでしょう。
      更に奥様の取り巻きはサヨク。
      奥様もサヨク!
      まあ、端的に言えばダメですな。

  3. 小泉政権は、何から何までダメだった、というのが当方の評価※なのですが(息子ブッシュの前でプレスリーの真似する辺りは痛くて見てられなかった)……
    ※拉致被害者の奪還だけは功績ですが……あれもフロックだったとしか思えなくなってきてます。
    その息子もまた、人の話を聞かない(いや、入れ知恵する奴の言うことは聞くのかな?)し、「自分が利口だと思ってる馬鹿」が一番始末に負えない典型にしか見えないのがなんとも。

    親が戦犯レベルの売国奴なのに、どこでどうマインドチェンジしたか、今やネットで大人気の河野太郎の爪の垢でも煎じて、口から漏斗でジャブジャブ流し込みたいものです。
    ※河野太郎も、その昔は左寄り発言が多かったと記憶していますが……本当にどこで切り替わったのでしょう?