【茶番政治】内閣不信任決議案は反対多数で否決

政策

何のために出したのか。

菅内閣不信任決議案 反対多数で否決

2021年6月15日 16時19分

立憲民主党など野党4党が提出した、菅内閣に対する不信任決議案は、衆議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会などの反対多数で否決されました。

「NHKニュース」より

日本にとって本当にそれは必要だったの?

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

予定調和

野党の単なるパフォーマンス

この話は本当に呆れた話。

先ずは、野党連合で国会の会期延長を申し入れている。

野党3党 “国会会期延長応じなければ内閣不信任案提出も”

2021年6月10日 17時48分

9日の党首討論を受けて、立憲民主党など野党3党の国会対策委員長らが今後の対応を協議し、新型コロナウイルス対策が急がれる中で国会を閉じることは許されないとして、与党側が3か月の会期延長に応じなければ、内閣不信任決議案の提出も重要な選択肢の1つとして検討していく方針を確認しました。

「NHKニュース」より

この国会の会期延長だが、散々無駄な討議をやった上で野党はこの国会の延長を申し入れている。

今、国会を開いていることそのものに意味を見出せないのだが、野党はどんな主張をしているのだろうか?

そのうえで、感染収束の見通しが立たず対策が急がれる中で、国会を閉じることは許されないとして、与党側が3か月の会期延長に応じなければ、内閣不信任決議案の提出も重要な選択肢の1つとして検討していく方針を確認しました。

「NHKニュース”野党3党 “国会会期延長応じなければ内閣不信任案提出も””」より

国会を開いていたら武漢ウイルスが死滅するんですかね?1月から3回も緊急事態宣言を出して、日本国民はどれだけ苦しんだかを、野党議員は理解していないのだろうか?

もちろん、緊急事態宣言発出は菅義偉政権の失策である。

野党が「緊急事態宣言に意味なんて無い!ロックダウンすらまともに出来ないじゃ無いか」と批判するのであればまだしも、感染収束の見通しが立たないのに国会を閉じるな?意味不明である。

そもそも、国会の会期延長は国会で決定するのである。

加藤官房長官は午前の記者会見で「国会の会期は国会法上、両議院一致の議決で延長することができるとされており、まさに国会でお決めになるものだ。また、国会に提出した法案については、現在、会期内に成立させるべく、政府としても全力で対応にあたっている」と述べました。

「NHKニュース”野党3党 “国会会期延長応じなければ内閣不信任案提出も””」より

その点は官房長官の加藤勝信氏も言及している。バカじゃないの?

そして内閣不信任決議案提出へ

で、予定調和で会期延長を断られたので、本当であれば会期についての実質的な協議が衆議院議 院運営委員会理事会にかけられて、その上で延長が決定される。

それをやらないまま、政府に要求を突きつけて、それが断られたら不信任決議案提出って、子供か!

野党4党、内閣不信任決議案を15日提出へ…与党は国会延長を拒否

2021/06/14 23:17

立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党は14日、国会内で党首会談を開き、菅内閣不信任決議案を15日に提出することを決めた。

~~略~~

外遊から帰国した菅首相は14日夕、首相官邸で自民党の二階幹事長、森山裕国会対策委員長と会談し、延長に応じない方針を決めた。森山氏は立民の安住淳国対委員長と会談し、延長を拒否する考えを伝えた。

「讀賣新聞」より

もちろん、今回の国会会期延長をするという意味があるかないか?で言えば、あると思う。

それは重要法案である土地利用規制法案などが、未だ宿題として残っているのである。

土地規制法案 採決へ 内閣委 与党きょう強行、成立も

2021年6月15日 05:20

自衛隊や米軍基地など安全保障上重要な施設周辺の土地利用を規制する法案を巡り、与党は14日、参院内閣委員会で同日中の採決を提案した。野党は応じず、委員会運営に反発して森屋宏内閣委員長(自民党)の解任決議案を参院に提出した。与党は15日の参院本会議で解任案を否決し、内閣委員会での土地利用規制法案を採決する方針だ。同日中の参院本会議での可決・成立も視野に入れる。

「琉球新報」より

相変わらず「強行」という言葉が好きだねぇ。何の強行もせずに、粛々と法案を成立させるだけなのに、何でそうなのかなぁ?

改憲手続き定める国民投票法改正案、継続審議を経て成立

2021年6月11日 13時09分

憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案が11日、参院本会議で自民党、公明党、立憲民主党などの賛成多数で可決、成立した。

「朝日新聞」より

こっちも重要法案だが、何とか通ったよね。

国民投票法改正案は通る前は散々騒がれた気がするけど、通ったら見向きもされない。結局、これも野党のパフォーマンスだったと言える。

今、解散するわけにはいかない理由

さて、こうした野党の動きに対して、騒いでいた2名を紹介しておきたい。

二階氏、不信任案なら「解散を進言」 首相と協議

2021/6/14 17:58

菅義偉首相は14日、官邸で自民党の二階俊博幹事長と面会し、野党が求めている今国会の会期延長などについて協議した。森山裕国対委員長と林幹雄幹事長代理も同席した。

「産経新聞」より

この人と、

内閣不信任案「野党が出すのは当たり前」自民・石破氏

2021年6月14日 13時24分

内閣不信任案は出すべきだ。(自民党は2009年に政権を失ってから)3年3カ月、野党だったが、そのときに先輩から教わった。世間からどんなに批判されようが、不信任案を出せ、(政権を)解散に追い込め、選挙に勝て、そうでなければ野党の意味がないっていうことはたたき込まれた。

「朝日新聞」より

この人だ。

何れも解散総選挙をやって貰った上で、自民党の党首選をやって欲しいとその様に思っているのだろう。逆に言えば、菅義偉氏の実績としてワクチン作戦の成功と、オリンピック成功だけは何としても阻止したいという意図がある。

2つの条件が揃ってしまうと、二人とも劣勢になってしまう。

しかし、五輪開催やワクチン作戦をスムーズに行うことは、今、国民にとって必要なのである。もちろん、補正予算も必要かも知れないが、そこはまだ使っていない予備費が積み上がっているのだから、さっさと予算執行してしまえば良いわけで。

コロナ対応で巨額予備費「必要だった」 麻生財務相

2021.3.30 12:17

麻生太郎財務相は30日の閣議後記者会見で、2020年度補正予算で新型コロナウイルス対策として積んだ計11兆5千億円の予備費をほぼ使い切ったことについて「予備費のおかげで迅速に対応できた。緊急事態では必要な手段だった」と述べた。

「SankeiBiz」より

積み上げた予備費は使い切ったそうだが、予備費がなければスムーズな対応が出来なかった事を考えれば、麻生氏が言うように「必要だった」のだろう。しかし補正予算というのは当初予算が足りなくなったときに必要となるモノで、今から「補正予算を」というのもセンスがない。

どのみち、自民党にとって9月までには解散が必要なのである。しかし、今ではないのだ。

そんな訳で、内閣不信任決議案は否決されるのは予定調和だというわけだ。

意味の無い内閣不信任決議案の提出

朝日新聞の語る内閣不信任決議案の意味

さて、この茶番の支持する新聞があるという。

否決される内閣不信任案に意味はある? 事情をひもとく

2021年6月15日 17時38分

国会の会期末を16日に控え、野党4党は15日午前、菅義偉内閣への不信任決議案を提出した。与党は、同日午後の衆院本会議で反対多数で否決した。

「朝日新聞」より

え?どんな事情?

内閣不信任案は国会ではとても重たいものとして扱われていて、ひとたび提出されると、国会の審議はいったん止まる。衆院本会議を開き、不信任決議案を最優先で採決しなければならない。

その際、野党の代表が不信任決議案を出した理由を討論することができる。この演説で、野党側の主張がどれだけ世論の共感を呼ぶことができるのか、各代表の腕の見せどころだ。2018年7月には、立憲民主党の枝野幸男氏が3時間近く演説したこともある。

「朝日新聞”否決される内閣不信任案に意味はある? 事情をひもとく”」より

「ひとたび提出されると」「国会の審議はいったん止まる」って、審議妨害目的かよ!

更に、党首討論をしたばかりで、党首討論で枝野氏は完全に滑っていたのだけれど、今回こそ何か訴求力のある事が言えるのかね?そういえば3時間の大演説も盛大に滑っていたけれど。

時代が私に追いついた?

バカも休み休み言えよ。

残念ながら、会員限定の記事だったのでこの続きは読めなかったが、前半部分は何の訴えるモノもなかったよ。そして、続きはyahooニュースが報じていた。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

……読んでも、野党が今、「内閣不信任決議案を提出する意味」が読み取れなかった。僕の国語能力はポンコツらしいな。きっとしっかり書かれているに違いない。

或いは野党の駆け引き材料として、石破氏の言うように「野党であれば提出は当然」といえば当然なのだが、今このタイミングで?それが得策だとはとても思えない。

そして、五輪開催に向けた微妙な調整をする必要がある時期に、国のトップが不在なんてことはちょっとあり得ない。そういう意味でも、解散は無いし、それが分かっていて出すのは「アホの極み」だろう。

ワクチン接種円滑法案を提出

ちなみに、twitterでこんなのが流れていた。

山尾氏に批判されてやんの。

ただ、「意義が見出せない」にもかかわらず菅義偉政権の信任は出来ないから「賛成」とか、意味が分からない。

この辺りが山尾氏の限界なのだろうか。

「ワクチン接種の打ち手不足に備える」ワクチン接種円滑化法案を衆院に提出 

2021年6月11日

立憲民主党は11日、「ワクチン接種円滑化法案」(新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種の計画的かつ円滑な実施の推進に関する法律案)を衆院に提出しました。

「立憲民主党サイト」より

一見民主党……じゃなかった、立憲民主党もこんな法案を出したと胸を張っていたが、その実、大規模接種会場では空きも目立つという状況である。

必要な法案化も知れ名と思って記事を読んだけど、これは必要無いよ。

アホみたいに「人員を確保し」「工程表を作り」と書いているけれど、実際の所フリーランスの意志は結構手が空いている状況である。

そもそも、非常時の時に「人員を確保し」「工程表を作り」という綿密な手順を求めているところが頭が悪いよね。

メディアとタッグを組んだの?野党は

本来であれば、メディアに根回しをした上で内閣不信任決議案提出をしなければならなかったところ、随分としらけたムードになっている。

衰えたとはいえ、テレビの影響力は未だ未だ強いのである。

一斉に騒いだら、解散総選挙に持って行くムードが出来るんじゃ無いかな?とか思ったら、よく考えると野党にとって解散総選挙は悪手なのだ。

つまり、メディアを利用した倒閣運動は、今はマズイというわけだ。そうなってくると、野党に一体何の特があるのか?

この三文芝居、茶番劇にどんな意味があるのか教えて欲しいが、何なのだろうね。

土地利用規制法案の成立を阻止する目的というのが濃厚なんだろうか?でもこれ、多分意地でも通すよ?それともこっちかな。

自民、「人権侵害」非難決議案了承 中国念頭、今国会採択は見送り

2021年06月15日16時13分

自民党外交部会などは15日、中国を念頭に置いた新疆ウイグル自治区や香港などへの人権侵害に対する非難決議案を了承した。

「時事通信」より

いや、これこそ強行突破しろよ。

野党の最大の狙いは、多分、自民党の支持率下落という事なんだと思う。でも、そうはならない気がするんだな。

追記

足立議員が怪気炎をあげていたので紹介しておこう。

完全に同意である。

追記2

朝日、頑張ってるなぁ。

首相、政権批判がブーメラン 「閉じるのとんでもない」

2021年6月15日 13時05分

野党時代の菅義偉首相の言動が波紋を広げている。東日本大震災の対応をめぐり、国会の会期延長をしぶる当時の民主党政権を批判しながら、自身は今国会の会期延長に応じていないためだ。加藤勝信官房長官は15日午前の記者会見で、首相の過去の発言との整合性を問われたが、「ここは政府の立場を申し上げる場だ」と言及を避けた。

自民党が野党だった2011年5月、菅氏は自身のブログに「被災地の状況を考えると、国会をこの状態で閉じるなどとんでもないことです」と書き、政権の対応を繰り返し批判した。菅氏らが中心となり、与野党の中堅、若手議員とともに当時の菅直人首相に会期延長の要請書を提出。当初、会期延長を渋っていた当時の菅(かん)首相は70日間の延長を決めた。

「朝日新聞」より

ブーメランって言葉を朝日新聞が使う事に違和感があるが、2011年の会期延長の話は前提が全く違うんだよね。

当時の菅直人政権は、多数の委員会を乱立させた上に、ちっとも政策が前に進まない状況だった。そのうえで、自民党など政権堪能実績のある政党が、与党に力を貸して法案を作って被災者の救済に尽力していた。

当時の民主党政権は、何か法案を作って政策を前に進める事ができていたんですかね?

日本共産党も、菅義偉政権に要求を突きつけているが、一体、延長した会期でどんな法案を通そうとしているのか?それを明らかにして議論したら如何ですかね。

「それは是非通すべき」という法案は何かありましたか?LGBT法案?え?マジ?

コメント

  1. なんと言いますか、それこそ「どこ()からの指示だ」と勘ぐりたくなるタイミングと言いますか…G7とかありましたし。

    • 案外、自民党との手打ちだった可能性はありますね。
      今の自民党内部にもピンカーズはいるようですし。

  2. 木霊様、皆さま、今日は

    不信任が可決されたら、解散にせよ総辞職にせよ、ある期間政治が機能しなくなるんです。

    「コロナウイルス対策が急がれる中で国会を閉じることは許されない」
    けれども、「不信任可決による空白は問題ない」らしい。理解不能。
    コロナ対策よりも党利党略。否決される前提で不信任を提出したのでしょうが、茶番にしても酷すぎる。

    まともな野党が登場してほしい。

    • 結局、時間ギリギリで土地利用規制法案は可決。一報の支那非難決議は了承止まりでした。
      時間が足りなくて、自民党を中心とした4つの部会だけで非難決議を採択という形になったようです。

      「確かな野党」などという憤飯モノの主張をされる党もいるわけですが。
      「与党になる気概がないなら議員なんてやめちまえ」と、僕は思うんですけどね。

      • 「まともな野党が登場してほしい」は、まともでなくては与党になれない。という事です。今の与党がまともか・・・問題ありと思いますが、今の野党はもっと酷い。対案を出して真正面から議論、論破するような野党の登場を望んでいるんです。そうならば、そのうち与党になれるでしょう・・・望み薄ですが・・・

      • チョット五階を指せてしまったかも知れません。
        「確かな野党」云々は、「まともな野党が登場して欲しい」に同意する文脈で書いたつもりでした。

        ご指摘の様に、僕自身も議論に堪えられ、法案提出に絶えられる野党になって欲しいと願っています。
        時折、野党提出法案を見かけますが、パフォーマンス目的のものしか見たことがありません。