インドネシアの潜水艦の引き揚げ断念

インドネシア

記録のために記事にしておく。

潜水艦引き揚げを断念、53人死亡と判断 インドネシア

2021年6月3日 8時27分

インドネシアのバリ島沖で、53人が乗った海軍の潜水艦が沈没した事故で、国軍は2日、船体の引き揚げを断念したと発表した。潜水艦の沈没理由について公式の説明はなく、乗組員の遺体も収容されていない。

「朝日新聞」より

引き揚げ作業を行っていたけれど、断念したと。

船体の発見後は中国海軍と共同で引き揚げ作業が行われていた。船内からは写真やビデオなどが回収されたという。

「朝日新聞”潜水艦引き揚げを断念、53人死亡と判断 インドネシア”」より

引き揚げたものは幾つかあったようなのだけれど、「写真やビデオ」の回収ってどう言うことなんだろうね。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

引き揚げが出来なかった理由

引き揚げ作業は極めて難しい

既に分かっていたことではあるが、この海域での引き揚げ作業はかなり難しいといわれていた。

支那がココに手を挙げたことで、「大丈夫か?」と心配していたわけだが。

タダでさえ深海からの引き上げには困難性が付きまとうが、この海域では内部波と呼ばれる海流の難しい場所のようで。

ところがロンボク海峡は、内部波が生ずることで恐れられている海峡である。内部波というのは、水温や塩分濃度などの違いなどによって海中に存在している密度が違う水層の境で生ずる「海中における波」である。そのような内部波は潜水艦の潜航にとって極めて危険な存在となる。今回のインドネシア海軍潜水艦の沈没も、強い内部波によって潜水艦が海底に向かって引き込まれた可能性が極めて高いと推測されている。

潜水艦にとっては天敵ともいえる内部波が多発するロンボク海峡を安全かつ迅速に潜航するにはロンボク海峡海中の詳細な科学的調査が必要となる。しかしながら、インドネシアの領域のまっただ中に位置するロンボク海峡で海洋調査を実施することは、インドネシア政府の同意なくしては、中国に限らずいずれの国にとっても至難の業である。

「GLOBE+」より

ロンボク海峡の海底データはバッチリ盗られて、更に引き揚げ断念と。

支那は早々に手を引いたようだ

記事の記載ぶりから考えて、支那はあまり乗り気ではなかった模様。

インドネシア海軍の担当者は引き揚げ作業の中止について、「簡単な作業ではなく、リスクがとても高い」との声明を発表。中国海軍も作業から撤収する。インドネシア海軍の報道官は「中国との協力終了後、回収作業を継続する計画はない」と述べた。

「朝日新聞”潜水艦引き揚げを断念、53人死亡と判断 インドネシア”」より

支那海軍が出張ってきて、潜水艇をつかっていくつか回収したものもある様だが、さっさと撤退する背景にあるのは「必要なものは既に得られた」ということかもしれない。

リスクとリターンが釣り合わなくなったのか、或いはインドネシア海軍と支那海軍との間でトラブルに至ったか、信頼関係が築けなかったということか?

20回以上トライ

探してみたら、Newsweekが記事にしていて、もう少し詳しかった。

インドネシア海軍のユリウス・ウィジョジョノ報道官が地元メディアなどにあきらかにしたところによると、海底からの「ナンガラ402」の船体回収作業では、約20回深海への作業が実施され救命胴衣など複数の潜水艦の備品などを回収できたとしている。

しかし船体が発見された海底の地形が平坦ではなく急な斜面で、作業によりさらに分断された船体が深度1000メートル以上の深海へ落ちてしまう危険があったという。海底に横たわる潜水艦の船体内部には魚雷4発も残されているとみられ、魚雷の爆発、誘発への対処も求められる作業だったという。

「Newsweek”「押しかけ」中国海軍の長居は迷惑!? インドネシア、沈没潜水艦回収を断念”」

なるほど、状況はかなり厳しかったということなんだね。

海底にある魚雷が爆発してしまう理由はよく分からないけれども、あるいは衝撃を加えたら爆発する可能性を考慮する必要のある状態であったのかもしれない。

さらに今回の中国海軍の艦艇派遣には、中東から中国本土へのエネルギー輸送のタンカーや大型商船、そして軍艦や潜水艦が狭隘で水深が浅いマラッカ海峡を避けて通るバリ島東のロンボク海峡に近いこともあり、中国海軍による海中の情報収集への懸念もあった。

インドネシア政府や海軍当局はこうした懸念に公式には反応していないが、今回の「船体回収作業断念」の背景に「あまり長期間に周辺海域に中国海軍艦艇にうろうろしてもらいたくない」との思惑があった可能性も取りざたされている。

「Newsweek”「押しかけ」中国海軍の長居は迷惑!? インドネシア、沈没潜水艦回収を断念”」

それと、やっぱり支那に海底を詳細に調べられる懸念はインドネシアもあったのかもしれない。もうちょっと情報が出てこないと何とも言えないが、妥当な判断だったんじゃないのかな。

コメント

  1. なんでも軍事力ランキングではイスラエル・パキスタンと拮抗する15位前後を保持するインドネシアなんですが、冷戦期にはソ連製武器に頼ったり今も支那製やら何やらごった煮兵器だらけの様です。

    軍事力ランキングからして日本以上の島嶼国なのに海軍はフリゲート・コルベット合わせて30隻弱、潜水艦の運用は先日の悲劇のカクラ型2隻が始まって20年ちょっとで貧弱な感がありますね。
    最大は陸軍で予備兵含めると70万人以上、多数の島嶼に分散して配備するのに手一杯なのかな。(民族紛争もありますしね)

    >さらに今回の中国海軍の艦艇派遣には、中東から中国本土へのエネルギー輸送のタンカーや大型商船、そして軍艦や潜水艦が狭隘で水深が浅いマラッカ海峡を避けて通るバリ島東のロンボク海峡に近いこともあり、中国海軍による海中の情報収集への懸念もあった。
    >やっぱり支那に海底を詳細に調べられる懸念はインドネシアもあったのかもしれない。

    日本にとっては経済協力にしろ軍備許与にしろ油断大敵の国ですが、この件をみると元々警戒心が強く支那でさえ都合に合わせて付き合ってる...、そう考えれば相当したたかな国・民族なんでしょう。

    ASEAN(特に海洋国)をQUAD勢力に引き入れ、支那への牽制を強化するのが理想ですが、このやっかいそうなインドネシアには最初から期待しない方がいいかもです。

    • インドと言い、インドネシアと言い、いろいろな国の兵器をかき集めている感が凄いですよね。
      その割に海軍が脆弱というのが、支那に付け込まれるところなのですが。

      シーレーン防衛にはインドネシア抜きでは語れません。「期待しないほうが良い」と切って捨てる訳には行かない地ですし、そのことを十分に理解しているからこそなのでしょう。煮ても焼いても食えない民族であるという点は、韓国と似ている気もします。

    • こんばんわ。記事を読みインスパイアしたのが米国によるジェニファー作戦でした。これは1968年にハワイ沖で沈没した
      ソ連原潜K129をCIA、米海軍、国務省が合同で−5000㍍の深海から引き揚げたサルベージ作戦です(1974開始)。
      ハワード・ヒューズに依頼して、海底マンガン鉱採掘採掘に見せかけて6年間も秘匿してました。ヒューズ・グローマー・エクスプローラー号という世界最大のサルベージ船を造り、海底に太いパイプの接続を繰り返して、そのパイプの中を巨大な鉤爪を降ろして原潜を掴んで引き揚げするというもの。因みにこの時に、
      船体にバルーンを装着し、高圧空気を送り込んでサルベージする案が出たが廃案。アイデアを惜しく想うたエンジニアが書いた小説が「タイタニックを引き揚げろ」で作者のクライブ・カッスラーは
      以後、数十冊の小説が翻訳までされてます。(余談失礼)
      結果的に水深2700米付近で船体が折れてしまい、米政府が望んでいた暗号、核や制御装置は手に入らなかったとされているのですが、この件はかなり疑問視もされているのです。船体離断がフェイクではないかと。
      いずれにせよ、この作戦で米国は3つの遺産を手に入れます。
      ①3DのCG技術の発達(というか黎明)
      ②GPS技術の発達(というか黎明)
      ③外洋深海に張り巡らされた音波探知網

      ①については我々が映画で観るCGはスター・ウォーズで得た金でルーカス監督が
      LIM社を設立以後のものですが。
      二次元的に並べた情報数値分布図に、レーザーを当ててホォログラフにする事で、海底を立体視する。この技術でピンポイントの水深5000米の沈没地点に鉤爪を導く事が出来たそうです。これが後に音波等で得た情報を映像化する技術に繋がっていったようです。
      1970年代半ばでここまで出来た。
      海底探査が無人宇宙探査より高コストで難易度が高い事は木霊様なら御存知。
      それで私は、その資金は何処から出たのだろうか?を追いかけているのですが、
      事がWikipediaにも載っているのは、そもそも隠し通せない程の(ハワード・ヒューズのヒューズ社を影武者にしても)額が掛かったからだと考えています。
      (実際、海底資源採掘事業の幽霊会社の帳簿の監査からバレてるらしい)
      この当時よりテクノロジーが遥かに進歩しているとはいえ、海底資源情報の探査の目的だけで中国が乗り出したとも思えないんですよ。
      ズバリ、米国の外洋深海探知網に似たものをシーレーン上に構築しようとしている事と、もう一つは宇宙技術の発達目的とのコラボなのでないか?と。
      現実にCG技術に繋がってゆくテクノロジー発達と共に、この作戦は衛生軌道からの監視。特にその情報をグラフィックに捉え直す技術や、GPS機能に多大な影響を与えたようです。
      つまり宇宙技術にも影響してる。
      実はシーレーン上と宇宙に何かシナが画策しているのではないでしょうか??
      と思うのは、地球温暖化が進むと北極海航路が今世紀中には(季節は限定されるけれど)可能になりますでしょう??
      北欧はともかく、ベーリング海峡の関門は米露が握るのは間違いない。そしてアリューシャン列島から北方領土、日本列島という飛地がある。
      そこは中国は手が出ないと想うのです。
      パナマ運河とスエズ運河で両太洋を結ぶ物流は米国が握ってますが、インドネシア界隈の海峡はネックですから。
      そしてインドネシアはこの航路からオーストラリアへの道に蓋するような位置にあります。ここいらに何か仕掛けている気がするんです。素人考えですが。
      昔、フロント団体で貿易(という名のマネロン)に関わっていた話を、昔の投稿時代に書いたと思うのですが。
      湾岸戦争時に廃タンカーに質の悪い原油を積んで、シナ海軍に売る商売に関わっていたので、あそこからインド洋にかけてはかなり海賊の巣で、そのくせインドネシアのコースガードが貧弱なのを観ているんです。日本が見かねて海上保安庁の船をあげるとマスゴミが「軍事輸出だー!」と騒ぐのも常態化してます(笑)
      (自分の首を締めてるんだけれどなぁ)
      とても海底などカバーできませんよインドネシアには(笑)
      実は攻撃型原潜保有をオーストラリアが目指すにも、現実の配備まで20年は掛かるとか聞きます。その20年間になにかやろう、それも海底だけでなく宇宙も絡めて……と中国が考えているというのは陰謀論ですかねぇ??
      でも、マラッカ海峡に出没していた海賊の襲撃艇は日本車のエンジンを利用していて、そのエンジンって、日本で車両盗難している中国人グループが、日本の中小の整備工場や中小企業の工場を買収して、そのハイテク機器(金属レーザー切断機など)を用いているってのを10年前に警察から聞いております。
      これらの事実って、どこかで繋がりませんかね??