盗んだブドウを売り出して大儲けの韓国

大韓民国

そう、シャインマスカットである。

日本が開発したが…韓国産シャインマスカットが中国・ベトナムで人気

2021.05.28 10:30

韓国産シャインマスカットが中国やベトナムで人気だ。韓国の農林畜産食品部(農食品部)は27日、昨年のブドウ輸出額が3100万ドルで過去最高になったと伝えた。2016年の輸出額は500万ドルだったが、4年間で輸出額が6倍に増えた。

農食品部の関係者は「全体のブドウ輸出額の88.7%がシャインマスカットだが、ベトナムと中国で爆発的な人気となっている」と述べた。全体輸出額3100万ドルうち2850万ドル分がシャインマスカットの輸出ということだ。

「中央日報」より

欺された日本人がアホなんですってな記事である。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

間抜けなのは農研機構

農研機構の間抜け!

そのうち、イオンの店頭で並ぶね、間違い無く。

シャインマスカットは日本の農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が30年間ほどかけて品種を開発した後、2006年に日本で品種登録した。農研機構はシャインマスカットを開発した後、国内での販売だけを考えて海外輸出を念頭に置かず、韓国で品種登録をしなかった。品種登録は自国での登録から6年が過ぎれば海外で登録することができない。日本がシャインマスカットを開発してから6年間、韓国に品種登録をしなかったため、韓国の農家は日本にロイヤルティーを支払わずシャインマスカットを栽培できることになった。

「中央日報”日本が開発したが…韓国産シャインマスカットが中国・ベトナムで人気”」より

これは種苗法云々の話ではないのだ。

このブログでも種苗法の話に触れていて、種苗法の網をかければ農家が守れるのか?といえば、そんなことは無い。

実際に、シャインマスカットは韓国でこうして売られ、輸出までされているのだ。コレを防ぐ為には、日本で品種改良をしたら各国で種苗法に当たる登録をするか、若しくはTPPのようなルールを整備する必要がある。

が、それでもなお防ぐ事は難しいだろうね。

韓国独自の保存技術

そして、韓国ではシャインマスカットを長期保存できるような工夫を下らしい。

さらに韓国のブドウ長期保存技術が加わった。韓国はブドウの長期保存技術を開発し、ブドウの供給が減る時期にも流通させることに成功し、従来より高い価格で売れることになった。一般のブドウは保管期間が通常1カ月だが、シャインマスカットは通常3カ月まで保管できる。慶尚北道(キョンサンブクト)農業技術院などが開発した保存技術は、坑菌機能がある亜硫酸ガスを発生させる鮮度維持剤を入れ、ラップで包装した後0度近くで保存して水分の蒸発を防ぎ、新鮮度を維持する。

「中央日報”日本が開発したが…韓国産シャインマスカットが中国・ベトナムで人気”」より

バカバカしい話ではあるが、この保存技術に関してもそのヒントと思われる技術が農研機構のサイトにしっかりと説明されている。

果樹研究所:シャインマスカット:「シャインマスカット」の貯蔵方法 | 農研機構
農研機構は食料・農業・農村に関する研究開発を行う機関です。「シャインマスカット」の貯蔵方法 これまで生食用ブドウの利用が少なかったお歳暮や...

敢えて言えば、亜硫酸ガスを発生させる鮮度保持剤を使うところはオリジナリティがあるようだが、ブドウの保存に亜硫酸ガスというのは如何にもありふれた方法だ。ワインの酸化防止剤に亜硫酸が使われているのはよく知られている話でう、酸化防止の目的で使われる一般的なものだ。

農研機構のサイトには低温保存で既に3ヶ月以上の保存が可能であるという技術が報告されていて、製品化率は9割だと言うから、農研機構が技術開発をしたという認識で問題あるまい。

盗まれるシャインマスカット

ちなみに、シャインマスカットは商売になるようで、去年も随分と盗難で農家が苦労していたようだ。

相次ぐシャインマスカット盗、信州でも 頭抱える農家

2020年9月10日 10時30分

収穫をひかえた果物が盗まれる事件があとを絶たない。今年はコロナ禍による経済的苦境が影響しているのか、大量に持ち去られる例が目立ち、ブドウの生産量が全国2位の信州も例外ではない。特に高級品種として人気の「シャインマスカット」が狙われており、警戒と対策を迫られた農家は頭を抱えている。

「朝日新聞」より

既にベトナムなどでも「商売になる」と、認知されているようなのだ。

高級ブドウの盗難相次ぐ 中野と須坂、3容疑者逮捕

2020年9月10日 05時00分 (9月10日 05時01分更新)

収穫シーズンを迎えたブドウの高級品種シャインマスカットの盗難事件が県内で相次ぎ、九日までに窃盗容疑などで計三人が逮捕された。県警は毎年、この時期にブドウの盗難事件が多発するとして警戒を強めている。

中野市では六日夜、ベトナム国籍の技能実習生の女二人が市内のブドウ畑でシャインマスカット五房(計四千円相当)を盗み、畑の所有者の男性に取り押さえられた際にかみついてけがを負わせたなどとして、強盗致傷や窃盗の疑いで逮捕された。

「中日新聞」より

商売になる事は、外国人にも認知され、マーケットに横流しするルートが開拓されているのだろう。長期保存できる技術が確立されているのだからタチが悪いが、それが日本の農研機構の技術だというから、バカバカしいと言わざるを得ない。

日本の果物が海外に高額で売れる事が知れてしまった結果がコレなのだが、それだけでは無く苗木まで流出する始末である。

なお、シャインマスカットは韓国に直接盗まれたかどうかは定かでは無いが、数年前には支那に横流しされたことが報道されていた。

さらに流出は続きます。今度はシャインマスカットの苗木が中国に渡り、現地で「食味極上」「品質抜群」との宣伝文句とともにネット販売されていることが明らかになりました。07年から5年間で中国の24の地域にて、勝手に栽培されていることをシャインマスカット開発元の農研機構(茨城県つくば市)が現地調査で確認しています。

~~略~~

同機構は、今回の流出の原因とされる品種登録を中国でしておらず、その理由について「輸出は考慮していなかったから」としています。品種登録をしていれば勝手にシャインマスカットを栽培・販売する相手へロイヤルティを請求することができていたわけです。それを聞くと品種登録を怠った対応に不満が出てしまいそうですが、問題の本質は流出への意識の欠落ではなく、出願へのハードルの高さのほうだと考えています。

「president」より

言うに事欠いて、「出願へのハードルの高さが問題」とか訳の分からない事を言う始末。出願へのハードルが高いのは事実だが、出願のためにどんな努力をしたというのか。

結局、盗まれたヤツが間抜けといわれても仕方が無いね。

今後も継続的に売りさばくぜ!

でまあ、韓国中央日報は、今後も盗んだシャインマスカットを販売すると言っている。

農食品部のノ・スヒョン食品産業政策官は「2016年には500万ドルだったブドウ輸出が昨年6倍規模に増えた背景には、長期保存技術の開発のほか、品質管理、マーケティングがある」とし「今後も韓国産シャインマスカットの輸出拡大のため支援策を発掘する計画」と明らかにした。

「中央日報”日本が開発したが…韓国産シャインマスカットが中国・ベトナムで人気”」より

開発費がかかっていないので、安く作れるわけで。

いやはやバカバカしい話である。どんな法律があろうが、その仕組みを知り、リスクヘッジをしない組織が一番問題なのである。

もちろん「泥棒国家が何を言っているんだ」と憤る事はできるのだが、しかし今回の事はそれだけでは守れない話でもある。

もはや日本の国益を守る手段として、「高い勉強代」と割り切って今後に活かしていかねばならない。種苗法で散々抵抗したアホ議員が何処の国益を守ったのか?という話がこの記事からも見えてくるのだ。もちろん、種苗法だけでは何ともならないのだが、税関で取り締まる根拠となるだけでも大きな意味がある。

更にもっと根本的にこうした盗難行為を防ぐ為の手立てを考えていく必要はあるのだけれど。

コメント