【お・ま・え・が・い・う・な!】支那、日本に対し「ワクチンの政治利用止めよと嘯く

ジェノサイド

笑っちゃう話だね。

中国「政治利用やめよ」日本のワクチン台湾提供をけん制

2021年5月31日 19:52

日本が台湾に英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン提供を検討していることに中国が反発した。中国外務省の汪文斌副報道局長は31日の記者会見で「日本はまだ十分なワクチンを確保できていない」と指摘し「政治的利益を図るための道具にしてはならない」と主張した。

「日本経済新聞」より

ああ、いつもの人じゃないんだねぇ。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おまえがいうな

武漢ウイルスの政治利用

戦浪外交の急先鋒である華春瑩氏がまたぞろ何か言ったのかと思ったが、おかしな事を言ったのは違う人だった。

支那外務省の副報道局長の汪文斌なる人物だが、そもそも支那の外務省は支那の政治の外側にいる方々で、たいして情報を持っていない。故に、この人物も街宣部隊ということなんだろうね。

さておき、なかなかの発言をしている。

「日本はまだ十分なワクチンを確保できていない」「政治的利益を図るための道具にしてはならない」って、オマエの国がやっていることそのままじゃないか。

この人物、更に勇ましい事を言っている。

台湾にワクチン提供検討「感染対策の名を借りた内政干渉」中国

2021年5月31日 21時50分

新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、茂木外務大臣が台湾への提供を検討する考えを示したことについて、中国外務省は「感染対策の名を借りた政治ショーや内政干渉に断固反対する」として強く反発しました。

~~略~~

これについて中国外務省の汪文斌報道官は31日の記者会見で「感染対策の名を借りて政治ショーを行い、中国の内政に干渉することに断固反対する」と述べ、強く反発しました。

そして日本が自国のワクチンを十分に確保できていない中で台湾への提供を検討することは台湾を含む多くのメディアや人々から疑問視されているとし「医療支援は命を救うという初心に戻るべきであり、政治的な利益をはかる道具に成り下がってはならない」と述べ、日本側の対応をけん制しました。

「NHKニュース」より

支那の内政に干渉??

意味がよく分からない。

ワンチャイナポリシー

が、よくよく考えて見ると、支那の立場としては台湾は支那の一部である。故に、台湾に対する政策については「内政干渉」というロジックは成り立つのだろう、彼らの中ではね。

台湾 蔡総統 “ワクチン調達 中国の妨害で難しく”

2021年5月27日 4時57分

台湾で新型コロナウイルスの感染が急拡大しワクチン接種の加速が課題となる中、蔡英文総統は海外の製薬会社からのワクチンの調達が中国の妨害でさらに難しくなっていると強調しました。

蔡総統は26日、みずからがトップを務める与党・民進党のオンライン会議に出席しました。

「NHKニュース」より

そもそもこの話は台湾に対する支那の妨害が端を発している。

また、汪報道官は、台湾の蔡英文総統が海外の製薬会社からのワクチンの調達が中国の妨害で難しくなっていると述べたことについて「われわれは最大限の努力で支援しようとしているが、民進党当局が中国製のワクチンを阻止している」と反論しました。

「日本経済新聞”中国「政治利用やめよ」日本のワクチン台湾提供をけん制”」より

支那は好きなことを言っているが、支那の作ったワクチンなど誰が打ちたい?

台湾が板ばさみ 中国からワクチンを受け取るか、政治的立場を守るか

2021年5月28日

新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めてきた台湾がいま、初めて深刻なアウトブレイクに見舞われている。

台湾は市民を守ろうと、必死に新型ウイルスワクチンを探している。巨大な影響力を持つ中国も支援を申し出ている。

「BBC」より

台湾国民にも選ぶ権利があるし、台湾の政府だって自国の国民を守る義務がある。

シノバック製ワクチンは効かない?

仮に支那のワクチンが他国のものよりも優秀であったとしても、台湾としては支那製ワクチンを手に入れる事は政治的に難しかろうと思う。しかし、現実は支那製ワクチンは寧ろ害になるような状況である。

中国製ワクチンは「効果小さい」 中国当局者が発言、すぐ修正

2021年4月12日

中国の疾病対策当局は、中国で開発された新型コロナウイルスのワクチンについて、効果が小さいとの見方を示した。中国当局が弱気なところを見せるのはまれだ。

中国疾病対策センター(CCDC)トップの高福氏は10日の記者会見で、ワクチンを混ぜ合わせて有効性を向上させようと検討していると述べた。

「BBC」より

中国ワクチン、有効率わずか50% 南米に動揺と失望が広がる

2021年4月21日(水)18時45分

中国疾病管理局のガオ・フー局長は、中西部の成都市で開かれたカンファレンスの場で、新型コロナウイルスに対するワクチンの有効性が低いとの認識を示した。フー氏は「現行のワクチンがあまり高い保護率を有していない問題を解決してゆく」と発言した。

~~略~~

一方で中国では現在、集団接種用に5種類のワクチンを使用しており、各製造元は有効率を50%から79%と公称している。香港ヘラルド紙はファイザー製ワクチンの感染予防面での有効率が97%となっているのに対し、中国シノバック製は50.4%であったとの数字を伝え、有効率の低さを問題視している。

「Newsweek」より

Newsweekでは5割程度じゃないか?という懸念まで出しているが、別の報道だと10%程度しか効果がないという噂さえもあるようだ。

WHOにしても支那を擁護する立場にあるが、それでも「懸念」を示している。

中国シノバックワクチン、有効だが副反応データ不足=WHO諮問委

2021年5月6日11:46 午前

世界保健機関(WHO)の戦略的諮問委員会(SAGE)は公式サイトで、中国製薬の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)の新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」について、60歳未満の成人への有効性は認められる一方、重大な副反応のリスクについてのデータが足りないとの見解を発表した。

「ロイター」より

副反応はワクチン接種において非常に重要な情報だが、支那製ワクチンはその情報を開示していない。

アナフィラキシー、2.65億回中75件 中国、ワクチン副反応初公表

2021年05月28日20時37分

中国疾病予防コントロールセンターは28日、新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応の状況を発表した。

~~略~~

中国当局が副反応データを公表するのは初めて。

「時事通信」より

あ、最近ちょろっと出したね。

情報を開示しないという批判を受けての情報開示だが、残念な事に支那の出す数字が信頼できるかという問題がまた出てきてしまうので、余り意味の無い情報である。最初からでていて、随時更新されていれば「信じようか?」という気にもなるんだけど。

ワクチン外交

そもそもワクチンを使った外交政策を展開しているのは支那で、台湾に対してだけでなく多数の国に対して外交を行っている。

中国、ワクチン外交で中南米に浸透 危機感強める米国

2021.5.24 18:46

南米の強権化が進む国家で中国が新型コロナウイルスをめぐる「ワクチン外交」を強化している。中米エルサルバドルのブケレ大統領が、対外援助の条件に「民主的統治」を求める米国に反発して中国からのワクチン提供に期待を示すなど、対中傾斜を進める国も出てきた。米国の「裏庭」とされる中南米への中国の浸透に、バイデン米政権も警戒を強めている。

「SankeiBiz」より

支那は否定しているけどね。

中国外交部 EUの「ワクチン外交」説に反論

2021年5月7日 20:31 

欧州連合(EU)内部の機関が、中国とロシアが「ワクチン外交」を展開しているとする報告書を発表したことに対し、中国外交部の汪文斌(Wang Wenbin)報道官は6日の定例記者会見で、「この報告の結論は傲慢(ごうまん)と虚偽に満ちている」と指摘しました。

「AFP」より

マスク外交の賞味期限が過ぎたので、今度はワクチン外交である。

そしてその下地を作ったのは支那自身だ、つまり武漢ウイルスを世界にバラマキ、蔓延防止出来る期間をだんまりで通した事実は変えられない。更にWHOを利用して「なかったこと」にしようとする姿勢は許されるものではない。

どの口が言うんだろうな。

しかし、逆に言えば実に効果的に世界を混乱に陥れ、ジェノサイドを輸出したというべきかも知れない。これを利用して更に支那は経済的にも存在感的にも影響力を高めることに成功した。他国にかける迷惑を顧みなければ、大した政治手腕だと評価出来るだろう。

コメント

  1. >ワクチンの政治利用はやめよ

    いつもながら中国さんの言うことは正論ですね。
    ただ「おまゆう」なだけで(笑)。

  2. 中国は、隠密に浸透工作を進めてある日それが爆発する、取り返しがつかない事態が起こるin周辺国、っていうイメージがあったんですが、最近ずいぶん外交が雑ですよね。
    出先機関が「やってますアピール」してるって話もどっかで読みましたが、それ以上に、中央ですらなりふり構っていられない状態なんじゃないかな?って感じもします。
    だとすると、そのうちどっかが暴走しないかと、正直おっかないです。