アメリカと支那との間でウロウロする韓国、日米韓防衛相会談を推進へ

大韓民国

改めて記事にするまでも無い、追記で済ませるべきネタかもしれない。そう、先日の記事と似たような話だからだ。

合同演習の重要性に共感 韓米日国防相会談を推進へ=韓米国防対話

2021.05.14 11:00

韓国国防部は14日、韓米が米ワシントンで12~13日に統合国防対話(KIDD)を開催し、連合防衛態勢を維持するための合同軍事演習の重要性に共感するとともに、韓米日による国防相会談の早期開催を推進することで一致したと発表した。

「聯合ニュース」より

でも、これだけは言いたかった。

韓国、合同軍事演習の重要さに気が付いたってよ!(呆れ)

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今さら米韓軍事演習か?

演習無き軍隊は役に立たない

「訓練しない軍隊など、何の意味があるんだ」と、僕なんかは思うわけだが、韓国政府は一体どう考えているのだろうか。

合同軍事演習は、合同軍事作戦を遂行する上で必須である。それを、北朝鮮におもんばかって「やらない」という決断をしている辺り、頭がどうかしているとしか思えない。

韓米は、韓米同盟が朝鮮半島と北東アジアの平和と安全保障の核心軸であることを改めて確認した上で、すぐにでも戦闘に臨める「ファイト・トゥナイト」を備えた連合防衛態勢を維持することの重要性を強調。これに向け、双方は「必須の演習施設とその他の中核作戦施設へのアクセスが安定的に行われることが重要だという点に共感した」という。

「聯合ニュース”合同演習の重要性に共感 韓米日国防相会談を推進へ=韓米国防対話”」より

トランプ政権時代、米韓合同軍事演習は軒並み中止されていった。

概ね3年程の間で、殆どの軍事演習を中止してしまっている。机上の空論だけやっていたらしいが。

合同演習の重要性に共感 韓米日国防相会談を推進へ=韓米国防対話

2021年3月8日 10時51分

朝鮮半島の有事を想定した米韓合同軍事演習が8日に始まった。18日までの週末を除いた9日間、コンピューターを使った机上の小規模の指揮所演習を行う。春の合同演習は2年ぶりで、米韓は演習に反対する北朝鮮の動向も警戒している。

「朝日新聞」より

この記事もなかなか荒唐無稽な事を書いてあって、「米韓は演習に反対する北朝鮮の動向も警戒している」だって。

いや、北朝鮮に対する嫌がらせという側面の強い軍事演習なんだから、「動向を警戒」って、そりゃそうでしょうよ。寧ろ、北朝鮮が騒がないレベルで演習をやってどうするというのだ。

突っ込みはともかく、合同演習は新政権になってから徐々に始まってはいた。手始めにやったのが机上演習だったよという話。

これまで、武漢ウイルスの蔓延を理由に、「大規模な訓練はやらない」としているのだが、そんなの関係あるまい。武漢ウイルスの存在が明らかになる前からやってねーよ。完全に建前である。

机上演習だってやらないよりはマシだが、実効性は薄い。現場の兵士が実際に体を動かしてこその演習なのだから。

トランプ氏もムン君もそんなことは先刻承知だろう。その上で演習をしなかったのは、武漢ウイルスや北朝鮮に配慮したのではなく、トランプ氏がメリットは無いと判断していたからだろう。バイデン氏が大統領になってこの考えが変わり、韓国に軍事同盟である事を思い出して貰って、便利の使おうという流れになっている。

アメリカはそれで大きく失敗をし続けていたのに、またそれやるの?

ファイト・トゥナイト演習は前から打診されていた

で、「ファイト・トゥナイト」実施の話は何も唐突に始まったことではない。

米国防総省、「合同軍事演習の準備態勢は最優先順位」、李仁栄長官の発言受けて

Posted February. 04, 2021 09:31, Updated February. 04, 2021 09:31

3月に予定された韓米合同軍事演習を延期か縮小しなければならないという主張が国内の一部で提起されていることを受け、米国防総省が否定的な立場を示した。特に、合同軍事演習の性格について、異例にも「挑発的ではない」という表現まで使って演習実施の必要性を強調した。

~~略~~

これに先立ち、ジョン・カービー国防部報道官も先月28日、定例会見で、「韓半島ほど軍事演習が重要なところはない」とし、合同軍事演習の重要性を強調した。カービー氏は、韓米同盟の準備態勢のモットーである「ファイト・トゥナイト」を取り上げ、「これは単なるスローガンではない」とも述べた。

「東亜日報」より

アメリカ国防総省から、「軍事演習は重要だ」「ファイト・トゥナイトをやるべきだ」と、2月頃にも打診があった。

いやー、この朝鮮半島からのアメリカ軍撤退というのは、ある意味安倍氏の方針に沿ったものでもあった。トランプ氏はクワッドの重要性について安倍氏からの薫陶を受けて(立場が対等な場合に薫陶を受けるという言葉は通常は使わないが)、防衛政策のレーンチェンジを行った。

そうすると、相対的に朝鮮半島の重要性は低くなる。朝鮮半島は既に軍事的な防波堤たり得ないことは、誰の目からも明らかなのだ。軍事コストがかかるばっかりで、朝鮮半島に力を割く意味は無いのである。

政治的コスト

その一例として挙げられるのがTHAAD配備の話だ。

THAAD基地前が騒然

2021.05.14 08:25

米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」が配備されている韓国南部・慶尚北道星州郡の基地の前に、基地工事に反対する地元住民らが工事用車両などの進入を防ぐための構造物を設置した。警察が出動し、取り除こうとしている。

「聯合ニュース」より

日本の沖縄でも見られる光景だが、まあ酷いものである。

THAADの配備は、移動式の車両を搬入していけば概ね終わる。それが2年以上も停滞しているのだから、もはや笑うしか無い。

辺野古での動きは地味だが、韓国のTHAADは支那から直接「ふ・ざ・け・る・な」と、三不一限の誓いを立てさせられているので、この騒ぎである。

辺野古撤回へ10万人署名プロジェクトが始動 米議員らと連携しバイデン政権へ

2021年5月14日 11:54

ZHAP(ジーハップ=ZENKO辺野古プロジェクト)のメンバーらは13日、県庁記者クラブで会見し、米国の民主党左派やプログレッシブ(進歩派)議員団に影響力がある民主主義的社会主義者(DSA)と連携し、米バイデン政権に辺野古新基地建設計画の撤回を求めるプロジェクトを始めたと発表した。署名運動を展開し、全世界で10万人を目標に賛同者を募る。

「沖縄タイムス」より

こんな感じで地味な動きを見せてはいるんだけどね。

米軍基地などを小型無人機(ドローン)で監視している「沖縄ドローンプロジェクト」が1日に画像を撮影、分析した。同プロジェクトの奥間政則さんは「埋め立て区域(2)―1では既に赤土流出防止の吹き付け材(土壌団粒化剤)がはぎ取られており、個々に土砂をストックするとことになるだろう」としている。

「琉球新報”辺野古新基地建設、かさ上げに向けた準備作業進む 防衛局、工事本格化へ”」より

スパイ活動も堂々と公言している辺り、恥ずかしくないのかね。そのデータ、支那に流れていませんか?

話は逸れたが、THAAD配備の一例を見ても、朝鮮半島に軍隊を起き続けると言うことは煩わしく、大きなコストがかかる。そして、それはアメリカの国益に見合わない。

バイデン政権の軍事構想は古い

こうしたことについて、トランプ氏は積極的に色々と動いていたが、バイデン氏は、「何故トランプ氏がその選択をしたのか?」という認識に薄いらしい。

未だに、「米韓同盟は大切だ」というような動きや、「北朝鮮と対話しよう」という動きを見せている辺り、10年くらいはその手の情報分析が遅れているのでは?と危惧するところである。

文大統領だけをそっくりそのまま除外…金正恩・トランプ2人だけが登場した北朝鮮の写真集

2021年5月13日 8時30分

北朝鮮が12日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の対外活動をまとめた写真集『対外関係発展の新しい時代を広げられて』を公開した。

~~略~~

ところが北朝鮮は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との3回の首脳会談に言及しないどころか、南・北・米首脳が出席した板門店会談から文大統領の姿を消した。

「Live Door News」より

最近は、こんな微笑ましいニュースもあったね。

しばらく行方が分からなかった金正恩氏(仮)だが、最近は姿を見せたと報じられるようになった。

その存在が本物か偽物かはもはや何の意味も無い話で、そう言えば、某宗教の指導者も消息がわからない状態が続いているな。どうでも良い話ではあるが、公明党は大丈夫なのかね。

ともあれ、北朝鮮は「対話が必要だ」とアピールしているようだ。バイデン氏側は前政権の承継を宣言したようだが、上で紹介した写真集はそれを意識している可能性はあるかな。え?仕事が早すぎる?

トランプ前政権による合意を継承

2021/5/13 21:04

バイデン米政権が新たな対北朝鮮政策で、トランプ前大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記が朝鮮半島の完全非核化をうたった2018年のシンガポール共同声明について、今後の米朝交渉の基礎となる合意の一つと位置付けたことが13日、分かった。

「富山新聞」より

まあ、確かにトランプ政権による合意を承継することを発表したのは13日の事である。ただ、スパイ組織からの情報で、前々からその方向で動いていることは知っていただろうから、無関係と言う事はあるまい。

そして、ここでも「朝鮮半島の完全非核化」と報じているところが、ミソだろう。

出口戦略を見失う韓国

出口の見えない

あれだ。

韓国政府は今、随分と外交方針に苦労をしている。

先日の記事にも書いたが、アメリカ政府の本意としては「朝鮮半島の非核化でいい」ということだ。

しかし、日米共同声明では以下のような声明を出している。

日米両国は、北朝鮮に対し、国連安保理決議の下での義務に従うことを求め つつ、北朝鮮の完全な非核化へのコミットメントを再確認するとともに、国際社会 による同決議の完全な履行を求めた。日米両国は、地域の平和と安定を維持す るために抑止を強化する意図を有し、拡散のリスクを含め、北朝鮮の核及びミサ イル計画に関連する危険に対処するため、互いに、そして、他のパートナーとも 協働する。バイデン大統領は、拉致問題の即時解決への米国のコミットメントを 再確認した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

The United States and Japan reaffirmed their commitment to the complete denuclearization of North Korea, urging North Korea to abide by its obligations under UN Security Council resolutions, and called for full implementation by the international community. We intend to strengthen deterrence to maintain peace and stability in the region and will work together and with others to address the dangers associated with North Korea’s nuclear and missile program, including the risk of proliferation. President Biden reaffirmed the United States’ commitment to the immediate resolution of the abductions issue.

「日米共同声明」より

和訳と英訳を両方載せているが、英文の方にも「complete denuclearization of North Korea」とあるように、北朝鮮の完全な非核化という文言がある。アメリカに飲ませた格好だ。

少なくとも日米関係においては、これを主張できるだけの根拠を確保したのである。まあ、アメリカがこれを守るとは限らないが、アメリカの信じるフェアネスを重んじる国であるからして、何らかのバーターは引き出せる。

では韓国はどうすれば良いか?

防衛相会談を推進

その答えが冒頭の会談なのである。

国防部は今回のKIDDについて、「同盟間の緊密な結びつきを改めて確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向けた2国間協力の促進、韓米連合防衛態勢の強化などの成果を収めた」と評価している。

「聯合ニュース”合同演習の重要性に共感 韓米日国防相会談を推進へ=韓米国防対話”」より

韓国としては、米韓の二国間で決着をつけたかった。

しかし、アメリカ側は日本との連携も主張しているというのが今回の合意の内容である。だからこそ最初の一分では、「韓米日による国防相会談の早期開催を推進することで一致した」とあるのである。

実際の軍事演習をやってみれば分かる事だが、アメリカにとっては朝鮮半島で軍事作戦を展開するには補給を日本に求めざるを得ない。

韓国も流石にそこは理解していると思われるが、かつては「朝鮮特需」などと教科書で習ったが、日本は利益を得はしたが、それは金銭的な利益ではなかった。教科書に書かれていたことは嘘なのである。

何故ならば、朝鮮戦争によって日本は4億3000万ドルの貿易外需を一時的に受け取り超過を得ているが、特需となった1951年度を除くと貿易外経常取引は2億ドルの支払超過、貿易を含めた経常取引で4億8000万ドルの支払超過になっている。詰まり金銭的な面では赤字なんだよね。

これは、アメリカから資源を輸入し、アメリカのために生産して、アメリカの言い値で売っていたためで、日本国内の経済が潤ったというワケでは無い。

ではどんなメリットがあったかというと、アメリカから大量生産をする技術を学び、製品を製造する上での軍事的な技術やノウハウを手に入れる事ができたために、それまでGHQで禁止されていた軍事技術開発の空白期間を埋めて余りある技術革新を、一部の分野ではあるが得られたからだ。

……話が逸れてしまったが、要は、かつてそうであったように、アメリカは日本を拠点に兵站を構築しなければ、朝鮮戦争を継続出来ない事を知っている。

韓国はその事を否定する事まではできないので、見て見ぬフリをするわけだ。

自国民に対するアピール

そのうえで、トランプ退陣後の米韓首脳会談を成功裏に終わらせれば、実績のないムン君の政治にハクがつくとあって、ちょっと形振り構わない感じになっている。

対北朝鮮で日米韓の連携アピール 米韓首脳会談に照準

2021/5/13 17:06(最終更新 5/13 17:06)

バイデン米政権が4月末に対北朝鮮政策の見直しを終えたことを踏まえ、日米韓3カ国が連携を確認する動きを強めている。21日に米ワシントンで開催される米韓首脳会談に照準を合わせ、日米韓の結束をアピールする狙いがありそうだ。

「毎日新聞」より

でもねーこの人、同盟関係の重要性を政治利用する気なんだよね。本当に軍事演習の重要性を理解しての防衛相会談でない事は明らかだし、「推進」は多分格好だけである。

そう思える根拠はコチラの記事にある。

「ハンバーガーは困ります」…韓国政府、韓米会談を前に米に通知

記事入力 : 2021/05/13 11:01

韓国政府が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪米と韓米首脳会談を前に、米国側に「ハンバーガーの食事は困る」という見解を伝えたことが12日、分かった。日本の菅義偉首相は先月、米国を訪れた際、バイデン大統領と「20分間のハンバーガー会合」をしたが、それを自国で冷笑されたことを意識したものと見られる。

「朝鮮日報」より

招かれる側なのにこんな事を言う始末である。

いやいや、確かに菅義偉氏が日米首脳会談をするにあたって、ハンバーガーが出されたことをメディアが「軽視されている」と騒いだことがあった。しかし、あれはトランプ氏との会談でハンバーガーを出した日本側への「返答」であり、「トランプ氏と上手くやったように、現政権でも仲良くしようぜ」というアピールだ。

まあ、武漢ウイルス対策という側面もあっただろうが、外交的に「格式の高いものでは無い」という批判を受ける要素があったのは事実である。

韓国側は、見栄を張りたいが為に、「同じでは困る」という事を伝達したらしいのだが、アメリカからしてみれば「アホな事を」という感覚だろう。

やる気があるのか怪しい事この上ない青瓦台の態度が、バイデン政権側にどう映るのかはちょっと気になるところだ。

何しろ、バイデン政権もかなりムン君には不信感を抱いているわけで、色々準備をしていった菅義偉氏と果たして同等の扱いをして貰えるかどうかはちょっと怪しい。

海上自衛隊は日米豪仏共同訓練を実施

韓国は重い腰を上げて「そういえば合同軍事演習って大切だよね!」「でも、北の将軍様を怒らせるのはちょっと」チラっ、チラっ、とやっている状況の一方で、日本は精力的に軍事演習をやっている。

海上自衛隊の8艦艇、東シナ海で日米豪仏共同訓練「ARC21」に参加

投稿日 : 2021年5月13日

海上自衛隊とアメリカ海軍、オーストラリア海軍、フランス海軍の4者は、2021年5月11日(火)から5月17日(月)までの期間、東シナ海において日米豪仏共同訓練「ARC21」を実施している。

「FunECO」より

アメリカの防衛費削減方針は決定していて、バイデン政権はかなり積極的に軍事費を削減しているので、こうした「共同作戦」も痛し痒しのところがある。が、独自の戦力を維持していくよりはマシなんじゃないかな。

つまり、そういう意味では日本の方針はアメリカの利益に繋がる可能性がある。

一方の韓国は、という対比をされると辛いだろう。

バイデン氏が本物の間抜けならばムン君の思惑に乗る可能性もあるが、バイデン氏は現状、パペット状態で、防衛方針を決定しているのは寧ろ国務長官のブリンケン氏のチームである。下手をうたなければ良いよね!

コメント

  1. 木霊様、皆さま、今晩は

    読み始めた時、ハンバーガーの件を書こうかと思ったんですが、これ、本文に登場していた・・・。

    韓国:ハンバーガーはイヤだ(日本の総理よりも「重要な客」をもてなす「晩餐会」か、せめて「昼食会」をやってほしい。

    アメリカがどう対応するか見ものですね。「よし、わかった。」
    (1)ホットドッグにするよ。
    (2)コーヒーだけにします。。。紅茶やコーラも用意するからね。
    (3)豪華コース料理を用意します。だたしボッチ飯ね。アメリカ側の席にはプーさんの縫いぐるみが置いてあったりして。

    それにしてもなぁ、こんなのを相手にしなくてはならないなんて、アメリカもお疲れ様ですね。アメリカが「朝鮮半島の南半分、いらない」という意思決定をすれば簡単なんですけど、わが国としては「それは困る」し・・・韓国に「まともな」政権ができればいいんだけど・・・
    アメリカは、どうやって傀儡政権を作るか模索中かしら。

    • ハンバーガーの下りは、記事のチェック中に出てきたニュースでして、思わず追加してしましました。
      何とも素晴らしいニュースでした!
      いやいや、凄いですわ、アノ国。
      どう転んでも面白いネタをぶっ込みますから。

      時期的にディナーを用意する可能性は低そうなので、そっとフェードアウトする可能性があるニュースですが。

  2. 米韓首脳会談でのメシの話を韓国から持ち出したという記事を見て、いかにも小中華と感心しました。晩餐、午餐、問題外。ランチミーティング?応じればかの国を重視していることになるのでこれもNO。単なる短時間の会談でしょうね。注目は共同記者会見があるのか。オバマ同様に一発かまされるのか、でしょうか。ちなみに菅さんにハンバーガーを出したのは、トランプ・安部会談の返礼で、引き続きフランクな親しい関係をよろしくね、というメッセージと読むべきだとか。ハンバーガーですが。

    • アメリカのお手並み拝見といった感じですね。
      なかなかクレバーな人材が揃っているという評価がある一方、バイデン氏がしょうもない人事をやっているらしく、おかしな判断がなされる可能性もあるんですよね。

      どうなることやら。

  3. >コンピューターを使った机上の小規模の指揮所演習

    ……大戦略?首都の上にゲパルトをスタックしとけば、5ターンくらいは保ちますぜ(笑)。

    それはともかく。

    半島の非核化は、北にとっては手札を失うことを意味しますが、アメリカは第七艦隊が居る以上、「その地点」から手札が一つ後ろに下がっただけに過ぎないんですよね。
    #在日米軍基地には核はない……はずですが。
    #空の上や海の上なら、入港や駐屯していなければ……
    なので、相互抑止力として一歩後退ではありますが、レッドチームへの睨みとしては充分機能すると、米軍はマインドチェンジしたのかも知れませんね。

    さて、徹頭徹尾セールスマンを貫いたトランプ氏に替わって、バイデン氏のお手並み拝見と行きましょう。

    • セールスマンのトランプ氏が、アメリカの大統領として優れていたかどうかはよく分かりません。
      ただ、彼がアメリカのために様々な政策を考えていて、それを実行に移したのは事実のようです。

      バイデン氏は、トランプ路線を受け継ぐしか亡くなって、一番否定していた国境の壁も建設を再開したとか何とか。