「従軍慰安婦」という表現が不適当であるという閣議決定

外交

一つの潮目になりそうだ。

「従軍慰安婦」表現は不適当 「強制連行」も 政府答弁書 教科書は使用

2021.4.27 13:28

政府は27日の閣議で、慰安婦問題に関して「従軍慰安婦」との表現は適切でなく、単に「慰安婦」という用語を用いるのが適切だとする答弁書を決定した。先の大戦中に行われた朝鮮半島から日本本土への労働者動員について「強制連行」との表現が不適切だとする答弁書も決めた。いずれも日本維新の会の馬場伸幸衆院議員の質問主意書に答えた。

「産経新聞」より

日本維新の会から質問主意書が出され、その答弁書が閣議決定されたというニュースである。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

河野談話こそ否定すべき

従軍慰安婦は存在しない

さて、このニュースで否定された「従軍慰安婦」の用語だが、誤解を招く表現であると言う点で以前から大きな問題があると指摘されていた。

何故ならば、「従軍」というのは軍と共に移動する事を意味する。例えば、従軍カメラマンといえば、軍隊の作戦に同行して撮影を行うカメラマンという事になる。

しかし、「従軍慰安婦」と呼ばれている方々は如何なる方かというと、「軍慰安所」と呼ばれる公娼施設が現地に設立され、そこで募集された娼婦だ。つまり、従軍しない。

では、このような誤った話が何故広まってしまったのか?という点なのだが。

一つは朝日新聞のプロパガンダである。

答弁書では、平成5年の河野洋平官房長官談話で用いられた「いわゆる従軍慰安婦」との表現に関し「当時は広く社会一般に用いられている状況にあった」と説明した。ただ、その後に朝日新聞が、虚偽の強制連行証言に基づく報道を取り消した経緯を指摘した上で「『従軍慰安婦』という用語を用いることは誤解を招く恐れがある」とし、「単に『慰安婦』という用語を用いることが適切だ」と明記した。

「産経新聞”「従軍慰安婦」表現は不適当 「強制連行」も 政府答弁書 教科書は使用”」より

しかし、朝日新聞は虚偽報道であったことを認めて撤退する。

フェイクで有名な「私の戦争犯罪」という著書の内容の大半が捏造であったことをこの著者が認める事件があったのが1996年のこと。

朝日新聞は大規模キャンペーンをうって、記者達が挙ってこの詐欺師の記事を採用したため、窮地に立たされることになる。朝日新聞社が社を挙げてキャンペーンを張っていたのは1960年台なのだが、1996年に吉田清治は証言の大半が創作であったことを認めた。以降、朝日新聞は沈黙するのだが、2014年になって漸く関連する18本の記事を「誤りであった」と取り消した。

つまり、朝日新聞は敗北したのだ。

教科書にも影響を与える

さて、吉田清治の証言についての証拠能力が無くなったことで、「従軍慰安婦」は「いわゆる従軍慰安婦」に変わった。しかし、それすら「不適切である」と判断したのが今回の閣議決定である。

そして、日本政府はようやく「慰安婦」という言葉を使い、強制性を想起する用語を廃棄する方向に舵を切った。

「従軍慰安婦」より「慰安婦」が適切…閣議決定、今後の教科書検定に反映

2021/04/27 22:04

「慰安婦」の表現を巡り、政府は27日、「『従軍慰安婦』という用語を用いることは誤解を招く恐れがある」とする答弁書を閣議決定した。日本維新の会の馬場伸幸衆院議員の質問主意書に答えた。

文部科学省の教科書検定では「従軍慰安婦」という表現を使ったものが合格しており、同省は「今回の閣議決定は今後の検定に反映される」との考えを示した。

「讀賣新聞」より

その決定は、次回以降の教科書検定にも影響を与えることになる。

徴用工についても言及

さらに、今回の閣議決定では、徴用工に関する判断もあった。

一方、労働者の動員に関しては「移入の経緯はさまざまであり『強制連行された』『強制的に連行された』『連行された』とひとくくりに表現することは適切ではない」と指摘した。その上で、国民徴用令に基づく徴用・募集・官斡旋(あっせん)により行われた労務は、1932年発効の「強制労働ニ関スル条約」で定義された「強制労働」には該当しないとして「これらを『強制労働』と表現することは適切ではない」とした。

「産経新聞”「従軍慰安婦」表現は不適当 「強制連行」も 政府答弁書 教科書は使用”」より

徴用に関しても、法律が施行されて日本人が徴用された事実はあるが、韓国人が徴用された期間は僅かで、多くの朝鮮人は募集に応じて作業に参加した応募工であった。

したがって、「強制労働」という文言も不適切であると確認した。

これも教科書に影響して来るというわけだね。

ただ、教科書検定によって採用される教科書は10年単位で使われる傾向にある為、当面は教科書の中にその手の文言が残る事にはなる。

河野談話は承継

しかし、この一連の問題の本丸は河野談話である。

教科書から消えない「従軍慰安婦」 根拠の河野談話、今も悪影響

2021.3.31 22:37

4月から中学校で使われる一部の教科書で、戦後の造語で、「強制連行説」と結び付けて使われることが多かった「従軍慰安婦」の記述が復活する。慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野洋平官房長官談話が根拠だ。談話は海外の慰安婦像設置の正当化にも利用されており、今も日本の名誉を傷付けている。

「従軍慰安婦」と記載したのは山川出版社の中学校歴史教科書で、昨年3月に令和元年度検定で合格した。文部科学省が今年3月30日に公表した4年度以降の高校教科書の検定結果によると、清水書院と実教出版の「歴史総合」でも「いわゆる『従軍慰安婦』」と記載されている。

従軍慰安婦」の記述が教科書検定を通過したのは河野談話があるためだ。教科書検定は「閣議決定その他の方法により示された政府の統一的な見解又は最高裁判所の判例」を記述の根拠とすると定めており、河野談話も政府の統一見解に含まれると解釈されている。談話を根拠に教科書の記述がなされた場合、「反論のしようがない」(文科省関係者)のが現状だ。

「産経新聞」より

教科書問題で、かなり問題視されているのが河野談話の存在で、政権が「間違った判断であったため継承しない」という立場を示せばこれは覆るだろうと言われている。

今回の閣議決定は言わば苦肉の策で、河野談話のうち「従軍慰安婦」の部分を事実上否定したわけだ。

しかし、河野談話を否定しなければずっとこの手の話は燻り続けるだろう。

<社説>元慰安婦訴え却下 被害者救済こそが解決だ

2021年4月25日 05:00

日本軍の元従軍慰安婦の女性や遺族らが日本政府に損害賠償を求めた裁判で、韓国のソウル中央地裁は訴えを却下した。国家は外国の裁判権に服さないとする「主権免除」の原則を適用した。裁判を行えば日本との「衝突が予想される」との懸念も示した。

「琉球日報」より

何処の新聞かは知らないが、こんな恥知らずな内容を社説として垂れ流している。しかし、河野談話の根拠が崩れてしまえば、こうした社説はさらに空虚なモノとなるだろう。

一方、日本政府は1993年、慰安婦問題で当時の河野洋平官房長官が「(日本)軍の要請を受けた業者が甘言、強圧により本人達の意思に反して集められた事例が数多くある。官憲などが直接加担したこともあった」として、おわびと反省を明記した談話を発表した。

「琉球日報”<社説>元慰安婦訴え却下 被害者救済こそが解決だ”」より

慰安所の設立に軍が関与していたことは、慰安所を軍が直接運営していたことを意味しない。ましてや、強制連行などがあった等という事にもならない。この社説は意図的にミスリードしているのだが、こんな古典的手法をいつまで新聞は続ける気なのだろうか。

早速噛みついてくる韓国メディア

で、こうした発表に対して、韓国メディアは早速噛みついてきた。

日本政府、教科黒で強制徴用意味引いた「慰安婦」の使用を決定(総合)

記事入力2021.04.28。午前1:36

日本政府が教科黒で「従軍慰安婦」の代わりに「慰安婦」という表現が適切だという立場を公式採用されたNHK、読売新聞が27日報じた。

日本政府はこの日、各の(閣議の)で、「従軍慰安婦という用語は、誤解を招くことがある」とは、のように決定した。

「NAVER」より

強制も徴用も無かったというのは歴史的事実である。

娼婦達本人の意志とは違ったということはあったかも知れないが、慰安所の設置すら民間企業に委託していたわけで、凡そ「強制」や「徴用」という言葉は適切では無い。

まあ、韓国側は正しい言葉を使うことを目的としていないし、日本に対する文句を言うことが目的である為、本質は些細な問題なのかも知れない。ムン君の支持率は、案外これであがってしまうかも知れないね。

日本のメディアはあまり積極的には反応したくないようだが、時間を置いて反論する事は確実だ。

コメント

  1. 琉球新報の社説「元慰安婦訴え却下 被害者救済こそが解決だ」は捏造が激しいのです(今に始まったことじゃないが)。

    「日本軍の従軍慰安婦連行に軍の組織的関与を裏付ける文書が次々に発見されている。」とのこと。

    どの様な主張をするのも自由だが、事実を捻じ曲げることは許されない。
    さすがにヒドイので琉球新報に次々に発見されている文書を公開しろとメールしたが回答なし。

    • ブログ、いつも拝見させて頂いていますよ。

      さておき、琉球新報のご指摘の記事も目を通しましたが、何の根拠も無く「組織的関与を裏付ける文書」の存在を臭わせているのは、実に不適切ですね。
      一帯どんな文章なんでしょうか。是非とも教えて欲しいモノです。僕もメールしてみましょうかね。