K防疫は韓国の政局を迎える?

大韓民国

K注射器に神業看護師……。

<W解説>韓国ワクチン予防接種=日本なら5人分が「K注射器」と「神業看護師」で7人分となる”K防疫”

2021/03/01 17:49配信

新型コロナウィルス感染症に対する韓国の「K防疫」。前回の解説では一定の評価はしつつも、南北分断下ゆえに軍隊所属の医療資源の総動員が可能な体制と、私益や個人の自由よりも社会防衛的な観点から「集団利益の優先」が社会的な支持を得られる雰囲気の産物であると指摘した。

「Wow Korea」より

控えめに言っても意味が分からない。あ、本日もネタ記事投入である!

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

K防疫の勝利ニダ!

1瓶で7人分

えーと、このニュースのキモはここだ。

最近、1瓶(バイアル)5人分のはずだったファイザー社のワクチンが、”K注射器”を使って6人分がとれることが話題になり、韓国では文大統領や執権与党の政治家の業績とされている。

しかし、これで終わりなら韓国ではない。熟練看護師が「神業」を使うと7人分まで接種できるとのことだ。

「Wow Korea”<W解説>韓国ワクチン予防接種=日本なら5人分が「K注射器」と「神業看護師」で7人分となる”K防疫””」より

宗教がかったキモチワルイ風味の文章なので読むのに苦労したが、1瓶で7人分のワクチンが採れるらしいと言うのである。

韓国製造の特殊注射器

そもそも韓国製の医薬機器を採用するのは非常にハードルが高い。

ワクチン、最後の一滴まで…韓国企業の開発した特殊注射器で1~2人分多く接種可能

3/1(月) 9:39配

韓国政府が新型コロナウイルスの予防接種をする時、ワクチン1瓶(バイアル)当たり1~2人に追加で接種できることにした。韓国企業が開発した特殊注射器を使えば、廃棄されるワクチンの量が減り、残量を接種することが可能になるためだ。

「yahooニュース」より

衛生面で特に問題が出がちな韓国製品を、ワクチン接種に使用すると言うだけで多くの人は忌避感を感じると思うのだが、製品そのものに問題があるというわけでは無いかも知れない。

ただ……、韓国製品には誇大広告が多いので、こんな話には乗れないというのが正直なところ。

新型コロナ予防接種対応推進団(推進団)は27日、ブリーフィングでこうした内容のワクチン残余量処理方針に関する公文書を全国の療養病院と保健所など接種を進めている現場に送った。最小残余型注射器(Low Dead Space・LDS)を使えば、ワクチン1瓶当たりの接種勧告人数に合わせて接種した後にも追加で接種できる程にワクチンが残るが、その場合に残ったワクチンを廃棄することなく追加で接種できるようにしたのだ。現在、韓国国内で接種に使われているアストラゼネカとファイザーのワクチンは、一般注射器を使えば1瓶当たりそれぞれ10人と5人に接種できる。だが、最小残余型注射器を使えば、アストラゼネカワクチンは11~12人に、ファイザーワクチンは6~7人に接種することが可能になる。

最小残余型注射器は、ピストンと針の間の空間をほとんどなくした特殊注射器だ。一般的な注射器ではこの空間に残る残留体積の基準規格が0.07ml以下だが、最小残余型注射器では0.035ml以下だ。そのため捨てられる量を半分以下に減らすことができる。現在韓国国内では、ドゥウォンメディテック・新亜洋行・プンリムファーマテックが作った最小残余型注射器がワクチン接種に使われている。

「yahooニュース”ワクチン、最後の一滴まで…韓国企業の開発した特殊注射器で1~2人分多く接種可能”」より

もともと、ワクチンの予防接種のバイアル(瓶)には、接種可能な人数に対して余分になるように薬液が入れられている。

これは、ワクチンの予防接種だけではなく多くの薬剤注射において当たり前の措置で、バイアルに液が残らないようにするというニーズは極めて低い。故に、日本国内ではこうした特殊なタイプの注射器(LDS)は普及してこなかった。

韓国で何故この手の注射器が開発されていたのか経緯は不明だが、注射器のシリンジの形状やピストンの形状を工夫すればある程度は残液を少なくする事ができるだろうことは予想できる。

運用に問題は無いのか

ただ……、ワクチンの残液管理は、予防接種の回数を熟さねばならない現場においては不評だと思われる。

K注射器、1人分多く接種できるが…ワクチン契約書の不都合な真実=韓国

2021.03.01 08:21

韓国国内で新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が始まり、熟練した医療スタッフが「最小残余型(Low Dead Space=LDS)注射器」を使用すればワクチン1バイアル(瓶)あたりの接種人員を1、2人増やすことができるという主張が出てきた。

27日午前、ファイザー製ワクチンの最初の接種現場でチョン・ギヒョン国立中央医療院(NMC)院長は丁世均(チョン・セギュン)首相にこのように伝えた。ファイザーはワクチン1バイアルで6人接種するのを7人に、アストラゼネカ(AZ)は10人接種するのを11、12人に増やせるということだ。

「中央日報」より

何故かというと、残液が残らないように慎重な作業を要求されると思われるからだ。

ファイザーワクチン1本に希薄用食塩水を定量混ぜれば2.25ミリリットルになるが、1回あたり0.3ミリリットルずつ正確に接種すれば7人まで接種が可能だ。1瓶に5ミリリットル余り入っているアストラゼネカのワクチンも1人あたり0.5ミリリットル接種するが、このようにすれば1、2人多く接種できる。安全性や効果にも問題はないという。しかしこれを可能にするには医療スタッフが精密に注射器に抽出しなければならない。新型コロナ予防接種対応推進団のチョン・ギョンシル予防接種管理班長は「現場で熟練した看護師がどうするかによって変わる可能性がある。人によって1本から7人分を取ることも5回分だけ取ることもある」と話した。

「中央日報”K注射器、1人分多く接種できるが…ワクチン契約書の不都合な真実=韓国”」より

これはワクチン供給量がそもそも少ないことが問題であって、注射器側で対処する話でもない。工夫することは大切だが、現場に負担をかけることは最悪である。

韓国防疫当局も標準接種法を7回に変更する可能性について「それはできない」と明らかにした。新型コロナワクチン予防接種推進団のホン・ジョンイク予防接種管理班チーム長は「7回分を取れる場合も取れない場合もあるため、ワクチン計画を7回分として計算することはできない。また、変数があまりにも多い。目で見てワクチン残量が1回分あると思って注射器に入れたものの実際には0.1ミリリットルでも不足していれば、注射器を捨てることになる」と説明した。

「中央日報”K注射器、1人分多く接種できるが…ワクチン契約書の不都合な真実=韓国”」より

そこは、流石に韓国の防疫当局も認識しているらしい。

現場に負担をかけるリスクを追うべきでは無いし、7人分とれるからバイアルの数は少なくて良いニダ!と主張して、計画通りに7人分がとれずに接種スケジュールに遅れが出ることを防ぎたいとの判断なのだ。

天意によって超スピード接種が可能に

そんなワケで、冒頭の記事には「無理をしなくても」と、突っ込みを入れたい。

儒教文化圏ゆえに、こうした「天人相関説」的な感覚の韓国では、どうしても昨今の感染拡大は、文在寅大統領以下、政権与党の構成員らの資格が天意(民意)喪失の反映の如く映っていたのだ。

逆に、ワクチン予防接種のスタートと慎重な日本とは比べ物にならないスピード感を持つ韓国式の接種は、天意(民意)が大統領を支持していることになり、政権への支持を急激に高める可能性もある。

経済や不動産の政策で危機を迎えていた文政権が、コロナ禍の中で行われた昨年の総選挙で、300席の国会議員議席の中180席を確保したことは、まさに「K防疫」を巧みに利用した結果だと言えよう。

最近、1瓶(バイアル)5人分のはずだったファイザー社のワクチンが、”K注射器”を使って6人分がとれることが話題になり、韓国では文大統領や執権与党の政治家の業績とされている。

しかし、これで終わりなら韓国ではない。熟練看護師が「神業」を使うと7人分まで接種できるとのことだ。

「Wow Korea”<W解説>韓国ワクチン予防接種=日本なら5人分が「K注射器」と「神業看護師」で7人分となる”K防疫””」より

後半は2度目の引用になってしまうが、流石にちょっとキモチワルイ。

ただ、この記事、実は7人分のワクチンを確保するようなオペレーションに対しては批判的のようだ。いや、やるべきではないと言うのは韓国の民意でもあるらしい。まともな神経をもっていればそうなのだが……。

しかも、バイアルでの残量確認は難しく、新しい注射器で抽出してみないと0.3cc以上が残っているのかが分からない。もし抽出できた量が0.3ccに満たない場合、残ワクチンを注射器ごと廃棄するしかない。1度バイアルに挿した注射器を新しいバイアルに「2度付け」することは汚染の可能性があり、禁止事項であるからだ。

世論の反発も凄い。「看護師の神業に頼るのは国がやるべきシステムではない」「日本は人口2倍分のワクチンを確保し5人基準で接種するのに韓国は水増しして7人が使えって?」「昔、洋酒やガソリンは水増しして売ってた時期もあったようだが、遂にワクチンもか」「大統領就任式での言葉が忘れられない。一度も経験したことのない国にしやがったな」など皮肉った反応が多い。

6人分の「K注射器」を越えて、7人分の「神業」で王手をかけた「K防疫」。昨年に続き、文政権に2回目の「薬」になるのか、「毒」になるのか、この後を注目したい。

「Wow Korea”<W解説>韓国ワクチン予防接種=日本なら5人分が「K注射器」と「神業看護師」で7人分となる”K防疫””」より

反対なら最後まで反対で貫けよ……。「この後を注目したい」とかぶん投げてどうする。

問題点を指摘するなら、その流れで政府を批判すれば良いのに。え?韓国では怖くてできない?

言論封殺する国

これに関しては日本も笑えないね。日本の場合はメディアが率先して言論封殺するわけですが。

政権批判を封殺、韓国を「暗黒国家」にした文在寅

2021.1.29(金)

韓国の大統領・文在寅氏を支持する勢力の中心にいるのは、過去に学生運動などを行ってきた左翼運動圏の人々である。その人々にとっては、重要なのは「何が正しいか」ではない。「勝つか負けるか」である。彼らが行っていることは、あくまでも政治闘争であり、闘いに打ち勝って、左翼運動圏の理念に基づいた国を作ることを最大の目標としている。そのための基盤として、彼ら左翼運動圏の人々を告発する人々を叩き、告発されても裁かれない体制を築くことに注力してきた。

実際に文在寅政権は、文在寅氏とその周辺を追い詰める勢力の排除に取り組んできた。それがこの政権が掲げる「検察改革」の主眼であり、具体的には人事権を濫用し、裁判所における「親文在寅」人脈による支配構造を構築してきた。

それを確立した現在、文在寅氏の周辺を告発する人々を逆に攻め立てることを可能にしている。

「JB press」より

この文章の何がショックかって、書いているのが武藤氏なんだよね元在韓国特命全権大使の。

韓国を肌で感じてきた人物の実感がこれというわけだから、そりゃ、WowKoreaも「注目したい」と言葉を濁すしかないのだろうね。

いやすげぇわ。

え?日本が韓国の作っている特殊型注射器を発注したがっている?まさか、ね。国内発注したと報道されていたぞ。でも、厚生労働省のことだから勝手に韓国から輸入しかねない。

コメント

  1. 海外信ではLowDeadVolumeとかSpaceとか言われているのに、日本マスコミは「特殊な注射器」で統一して技術的に超高度なものとの印象付けをしようとしていますが、通常使われている注射器と大差はなく、金型さえ作ればすぐにも量産できるものです。品薄なのはあまり需要がなかったのと、今回のワクチンが日本で一般的な皮下注射ではなく筋肉注射の仕様のため針も異なり、日本では数千万のオーダーにはすぐには対処できなかった、という要因が重なっただけです。ニプロでもテルモでも近く量産できるでしょう。韓国に数千万の注文をしたというのは完全なガセと見ます。せいぜいが引き合いか見積依頼があったのか、在庫照会があったレベルで、多分政府機関ではなく転売ヤーからだと推測します。LDV(の方が欧米での呼称っぽいので)注射器でもロスがゼロにはならず、針を付ける根元には薬剤を少量残さないと定量を射てないので、ファイザーが認めた6回を超えて使おうとすればコンタミは必定です。かの国だから現場では無法が横行するんだろうなと邪推してます。

    • そうですね、形状がちょっと特殊なだけで、技術的に難しいものでは無いと思いますよ。
      ただ、金型が無いと作れないので、用意されていなければ直ぐに増産というわけにはいかないのでしょう。

      まあ、1つのアンブルで6回も7回もワクチン注射ができるというのは、そもそもの部分で無理があるわけで。
      流石に無理なことはやらないと思ってはいるのですけれどね。

  2. 全方位良いとこ無の文政権にとってK防疫は支持率維持の切り札なので何としても日本に「勝った」事にしなければなりません。
    先日もアストラゼネカ製のワクチンの温度管理に失敗して数千人分のワクチンを無駄にしましたが(インフルエンザワクチンも温度管理に失敗したあげくそれを使用してしまいました)更に温度管理の基準が厳しいファイザー製を運用出来るのかは疑問です、ここに更に「神業」が登場とはもう嫌な予感しかしません。

    • 彼らは一体何と戦っているのでしょうねぇ……。

      日本でも冷凍庫の運用に失敗して1000人分も無駄にしてしまったというニュースがありました。
      韓国のように「再利用する」などという流れにはなりませんでしたが、その手のトラブルはそれなりにあるのでしょう。そうなると、韓国がファイザーのワクチンを手に入れたとなれば、色々とトラブルが……。まあ、勝手にやって頂ければ良いのですがね。

  3. LDVは国内では主にインシュリンの自己注射に用いるために製造されていました、ゆっくり打つので針が細いです、筋注でワクチンに用いるために変更する部分があり、医療用機器なので認証も必要です。そのためすぐに供給ができないのが日本の状況ですね。

    • ほほう、インシュリン注射用ですか。
      なるほど、それなりに需要があるというわけですか。
      とはいえ、今回のワクチン接種騒ぎで、LDVも認知されたので、もう少し利用が広がるかも知れませんね。