【続報】イラン中央銀行総裁、韓国内の資産凍結について利子も支払えと要求

大韓民国

あっはっは。そりゃそうだ。

韓国内の凍結資産 利子支払いも要求=イラン中銀総裁

記事入力 : 2021/01/12 16:42

イラン中央銀行のヘンマティ総裁は11日(現地時間)、テヘランで韓国外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官と会談し、米国の制裁により韓国で凍結されたイラン関連資産について、利子も支払うよう要求した。

「朝鮮日報」より

これは先日の記事の続報だね。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

やっぱり代金未払いがネック

イランで韓国のタンカーが拿捕された件

まずは先日の記事をおさらいしておこう。

現地時間の2021年1月5日、韓国籍のタンカーがイランの革命防衛隊に拿捕される事件が発生する。

現場海域は、ホルムズ海峡近くのペルシア湾で、石油タンカーの船籍は韓国。

タンカーは石油化学製品を積載し、イラン側は「海洋環境に関する法律に違反した」と主張している。

「産経新聞”イランのタンカー拿捕で韓国軍が艦艇急派 韓国「早期解放を要請」”」より

船名は「MT韓国ケミ」で、韓国人5人を含め、ミャンマー、インドネシア、ベトナム国籍の計20人が乗船していたという情報が流れた。

乗組員の方には申し訳無いが、このイランの措置が不当かというと、残念ながらそうでは無いと言えるだけの状況が揃っている。

何しろ、韓国は支払うべき金銭をイランに支払わずにいるのだから。確かに、アメリカに連動した経済制裁のせいで、資金をイランに支払う事が難しい現状はあるわけだが、日本は実際に猶予期間中に支払いを終えているわけで、「支払えなかった」という主張はそもそも成り立たない。

そして、現時点でも支払う方法は存在するのだ。

資産凍結解除要求

そんなわけで、イラン側はその話を前面に押し出してこの外交を巧くコントロールしているようだ。

イラン、韓国に資金凍結解除要求「タンカー拿捕は無関係」

2021.1.11 06:33

イランによる韓国船籍の石油タンカー拿捕を受け、韓国外務省の崔鍾建第1次官が10日、テヘランを訪問し、アラグチ外務次官と会談した。米国の制裁により韓国で凍結されたイラン関連資金についても協議し、アラグチ氏は「違法な凍結は許されない」と主張した。イラン側が発表した。

~~略~~

アラグチ氏は「イランと韓国の関係発展は(資金凍結)問題の解決にかかっている」と強調。「米国の制裁というより韓国の政治的意志の欠如が凍結を引き起こした」と指摘。崔氏は問題解決に向けて対応すると述べたという。

「産経新聞」より

イランに「韓国の政治的意思の欠如」を指摘されているが、まさにその通りで支払う意思は感じられない。寧ろ、この期に乗じて代金を踏み倒そうと言う気満々である。

イラン、韓国タンカー拿捕の政治問題化をけん制 米仏の介入で

2021年1月11日 23:31

イランによる韓国船籍のタンカー拿捕(だほ)について、米仏が同船の解放を要求したことを受けて、イラン側は11日、政治問題化すべきではないとけん制した。

「AFP」より

確かに、革命防衛隊の拿捕そのものは、違法性がある可能性は残されている。そして、こんな拿捕が許されてしまえば、多くの国々のタンカーは安心してこの海域を通過することは難しくなる。

ただ、韓国には金銭未払いという決定的な負い目があり、この点は言い逃れが出来ないので、その意味でもイラン側の要求がそれ程無茶とうつらないところもポイントだろう。

イラン、韓国に圧力 友好国の離反をけん制(写真=AP)
【ドバイ=岐部秀光、ソウル=鈴木壮太郎】イラン革命防衛隊が中東ホルムズ海峡を航行中の韓国船籍のタンカーを4日に拿捕(だほ)し、両国関係が緊張している。イラン国内では保守強硬派の勢いが増している。友好国が米国に配慮してイランから離反するのをけん制するねらいで韓国に圧力を加えている可能性がある。イランは拿捕の理由を「韓国船...

こちら、日本経済新聞にも解説があるが、韓国の政治姿勢にイランが疑問を抱いているというのが根本的な問題で、政治的にこの問題を解決する意思があるのであれば、さっさと70億ドルを支払うことにすれば良いと思わせている時点でイランの勝ちだ。

だが、イランの狙いはアメリカからの経済制裁の解除を引き出すところに変わってきているようなので、そう簡単に話が解決するとは思えない。バイデン氏が大統領になったとして、バイデン氏の外交手腕は極めて乏しく、副大統領に内定しているカマラ・ハリス氏は更にガッカリの状況である。そうそう強い決定が出来て、話が前進するとは思えないし、イランに付け入る隙を与える可能性の方が大きい。

そうだとするとこの問題は、アメリカに解決をお願いするという事も難しいという事になる。もちろん、外交音痴のムン君に何か期待する方が間違いだ。

韓国だけの特別待遇

そして、国際的にも代金未払いがあっちこっちにあるということであれば、韓国としても主張のしようはあったのだろうが、どうやらそうでは無いらしい。

 続けて、凍結された金はイランの資産であり、凍結を解除するよう1年半前に韓国に書簡を送ったが、韓国は引き延ばしてばかりいるとする一方で、「きょう会った崔次官はこの問題を解決するために真摯(しんし)な態度を見せた」と説明した。

 また、原油輸出代金は韓国以外の国にもあったとして、米国の制裁の中でも他の国の資産は引き出すことができたが、韓国だけはそうではなかったと主張した。

「朝鮮日報”韓国内の凍結資産 利子支払いも要求=イラン中銀総裁”」より

この記事の内容が必ずしも正しいとは言えないが、しかし韓国メディアが韓国に不利になるような主張に反論していないことを考えると、「制裁の中」で、「韓国だけ」が支払わなかったというのはどうかと思う訳である。

まさに特別待遇だな。

イランが「サムスン叩き」、韓国外交部は米国に局長派遣…日本はイラン説得で効果

2020.02.21 07:52

イランが米国の制裁のため一部の事業を中断したサムスンに対して露骨な対応を見せる中、韓国政府は外交部当局者を米国に急派した。外交部によると、洪鎮郁(ホン・ジンウク)アフリカ・中東局長が19日、急いで米国に向かった。米国務省または財務省の関係者に会い、対イラン制裁の一部免除を引き出すためだ。

~~略~~

14日(現地時間)、イラン外務省のアッバース・ムーサヴィー報道官はツイッターにサムスン電子の店舗の看板を撤去する写真を載せた。ムーサヴィー報道官は「イランは苦しい時に友人を忘れないが、一部の外国企業は米国の制裁でイランを離れた。イラン市場に戻ってくるのは難しいということを知るべきだ」というコメントをペルシャ語とハングルで載せた。韓国に向けた公開的な警告だ。

「中央日報」より

これは2020年2月の記事なのだが、この時点で既に韓国の民間企業に対する圧力も始まっていた。しかし、ほぼ1年経過しているのにもかかわらず放置状態であったため、イランが痺れを切らした、という構図になっている。

事前通告アリ

更に問題なのはこの様な話もあったことだ。

【独自】韓国船舶拿捕の懸念、青瓦台にも事前に報告されていた

記事入力 : 2021/01/07 09:31

イランが韓国船籍の船舶に危害を加える可能性とその動きを韓国政府は事前に把握し、関連する情報を青瓦台(韓国大統領府)に報告していたことが分かった。韓国外交部(省に相当)も先月、中東の韓国大使館などに対し「船舶が拿捕(だほ)される可能性がある」と伝えていたことも確認された。そのため「韓国政府が事前に積極的に対処していれば、今回のタンカー拿捕は防げた」との指摘も出ている。

~~略~~

文大統領は報告を受けるとすぐ、その場でスタッフらや担当部処の安易な対応を叱責(しっせき)したという。文大統領は5日、青瓦台の康珉碩(カン・ミンソク)報道官を通じ「事態を厳しく認識している」との考えを伝えた。

~~略~~

それから1カ月後の状況を予見でもするかのように、この時点ですでに拿捕の可能性に詳しく言及していたのだ。ある外交筋は「イランが韓国船籍のタンカーを拿捕する際、ヘリまで動員して自国のメディアに宣伝したのを見ると、今回の行動は前もって緻密に計画されていたようだ」「韓国政府が一連の流れを把握していれば、事前に交渉を行い解決を模索できたはずだ」と指摘した。

「朝鮮日報」より

ムン君さあ、スタッフを叱責してもなんの解決にもならないよ。

リスクを理解していて、その上で放置していたことが報じられれば、韓国の大統領支持率は更に下落する可能性が高い。

タンカーが拿捕されたのがイランの領海だったかを含めて調査する流れになっているようだが、しかし現実問題として、船は拿捕され、船員は未だに拘束されている。人命最優先で判断するのが左派の特徴だが、ムン君はそうした決断も出来ていない模様。

強硬策を採るのであれば、「テロリストに屈する事はできない」と突っぱねることも考えられるが、残念ながら革命防衛隊はイランの正式な軍隊であり、建前上はテロリストではない。つまり、国と国との外交的な解決以外に、この問題の解決の糸口は見出せない。少なくとも、代金の支払いさえすればイラン政府は交渉窓口になってくれる可能性が高く、それ以外に解決の道筋があるとも思えない。

拿捕と代金未払い問題は「別だ」とはしているのだけれど、関係していることは明白である。これを外交的にどのように解決するかは、韓国政府次第なんだけど、このまま放置してしまえば政権は保たない。……いや日本であれば無理なのだろうが、案外こんな状況でも韓国の国民は政権を支持するのだろうか??

追記

コメントで情報を戴いたので、イランのお金がどんな扱いをされているのか?という点について言及しておきたい。

イランからの莫大な預金に利子をつけなかった韓国銀行、いまになって「預金引き上げはご勘弁ください」と泣きつく
イランとの金融取引拡大へ 動き出す韓国政府と銀行業界(聯合ニュース) イラン「韓国口座から資金移す」(中央日報)

基本的には、こちらのサイトを読んでいたければイイと思うが。

ただ、このブログでも情報は整理しておきたい。

イラン「韓国口座から資金移す」

2016.01.28 07:56

「イラン発特需」を期待していた国内の企業と政府が伏兵にあった。複数の政府関係者によると、イラン側は経済制裁のため2010年から国内の銀行口座で凍結されていた石油輸出代金を本国に移すという意向を表した。

「中央日報」より

2010年からこの話が始まっていたと言うことは、安全保障理事会の決議1929で「各国にある金融機関がイランに開店すること及び預金口座を開設することを禁止した。」という事態を受けての韓国の判断であったようだ。

しかし、これは実は不自然なのだ。日本は2012年に一部のイランの銀行との取引を禁止などの措置に踏み切るが、イラン依存を徐々に減らすために2010年から輸入量を減らしている。当時、イランにとっては大口顧客だった日本だが、取引を減らす事でいきなり口座を凍結という手段は採らなかった。これをやってしまったのは韓国で、確かにイランに政治的意思がないと揶揄されても仕方は無い。

だが、話はこれだけではなかった。

【噴水台】イランから仕返しを受ける韓国

2016.02.01 10:20

年金利0.1%の当座口座に5000万ウォンあり、1年以内に1000万ウォンを使うとしよう。多くの人は残りの4000万ウォンを利率が高い他の預金に回すだろう。

ところが銀行が当座口座だけを使うよう強要すればどうなるのか。これは騒ぎを招く横暴だ。こういうことが国内であった。数年前に苦境に陥ったイランを相手に。

~~略~~

最初はよかった。しかしウリィ・企業銀行に開設した口座の残高が予想以上に多い4兆-5兆ウォンに増えると、問題が生じた。年金利が0.1%にすぎないため、イラン側が一部を定期預金にしてほしいと何度も要求したのだ。「3%の定期預金でも年1000億ウォン(約100億円)をはるかに超えるが、正当な利子を受けていない」という主張だった。

しかしこうした要求は徹底的に無視された。怒ったイラン側は中央銀行副総裁まで韓国に派遣し、銀行を変えようとしたが、これも叶わなかった。

こうした状況が報道されるまで両銀行は特別な負担なく4兆-5兆ウォンを運用した。暴利論争が出てくると、2012年8月にようやく利子を上げた。しかし年1.6%だった。1年満期定期預金が3%を超えていた時期だった。

「中央日報」より

イランの資金を口座を凍結するだけではなく、当座口座に入れて年金利0.1%の状態にした上で、その資金を運用していたというのである。

イランにしてみれば、引き出せない資金を勝手に運用され、金利すら付かないという状況である。韓国としては政策金利を引き下げるわけにはいかない事情があったので、比較的高い金利が維持されていたが、イランはその恩恵に預かれなかったというわけだ。

その予想通りイラン制裁は3年後に解除された。いまイランは数兆ウォンの預金を引き出そうとする状況であり、銀行が慌てている。預金を移さないよう交渉団を送るなど大騒ぎしているが、あらかじめ適切に対応していれば雰囲気ははるかによかったはずだ。利子をめぐり葛藤が深まった時に実務者として訪韓し、屈辱的な対応を受けたのが、現在、中央銀行海外担当副総裁を務めるメディ・グダジ氏だ。

「中央日報”【噴水台】イランから仕返しを受ける韓国”」より

そして、イラン核合意によって掲載制裁が解除(2016年1月16日)されると、この問題は大きく取り上げられるようになった。

イラン外務省「原油代7兆ウォン支払え」…韓国外交、中東でも非常事態

記事入力 : 2019/12/14 08:40

イラン外務省が先日現地駐在の韓国大使を呼び「イラン産原油と超軽質油の輸入代金を支払え」と強く抗議したことが13日までにわかった。代金はおよそ7兆ウォン(約6500億円)に達するという。イラン中央銀行なども韓国大使に「代金を決済するための韓国側の努力が足りない」と不快感を伝えたようだ。イランの様々な方面からの抗議に驚いた韓国外交部(省に相当)が先月末に急きょ特使を派遣し、問題の表面化を避けようとしたこともわかった。

「朝鮮日報」より

挙げ句に、その時点でも口座からの引き出しを認めず、今になって70億ドル相当の金額に更に金利を付けて返せと迫られているわけだ。

韓国としては当然支払うべき代金ではあるのだが、70億ドル+10年分の金利で、合計94億ドル(単純に3%の金利が付いた計算なので、実際はもう少し少ない)くらいに膨れあがっているようだ。

うーん、韓国銀行の基準金利を参考にしてもザックリ85億ドルくらいは支払わなければならない感じだろうか。ウリィ企業銀行の普通口座の金利は調べていないし、イランがどこに預けた想定で金利を要求しているのかは知らないが。

まあ、頑張ってお金を工面して欲しい。

コメント

  1. イランの主張によると、70億ドルが9年間に渡り支払われず、当座預金扱いで利子もついていないとのことです。仮に年利3%複利とすると、返済すべき金額は90億ドル以上になります。日本含め他国はほとんど支払い済みであるようで、イランの要求は正当であるように思えます。拿捕云々に関わらず、韓国には早急に支払う義務があります。
    韓国が支払えないのは、お得意のポッケナイナイで使い込んでしまったのでは無いかと邪推します。貴重なドル外貨でみあり、早々と使い切ってしまったのでは無いでしょうか。かといって外貨調達して支払おうにも、現下の状況では困難でありシラを切っているような気がしてなりません。

    • む、70億ドル×9ってことですか?それとも9年間で累積70億ドルということでしょうか。
      イラン側の主張は今のところ見つけられずにいますから、情報確認が出来ないのですが、しかしそうだとすると経済制裁云々関係無しに不払いということに……。

      何れにしても金利を含めて支払うというのは正統なように思われます。
      ドル枯渇状況なので、不用意にドルで支払うと国内市場の混乱を招きそうですよね。

      • イラン側主張が載った朝鮮日報の記事リンクがありました。
        http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/14/2019121480007.html

        誤解してましたが、ドル建ではなくウォン建のようです。支払うにはドル転しないといけないようなので同じことですが。
        原油輸入代金と輸出額の差額(イラン側の貿易黒字)が積もり積もって2019年時点で元本が70億ドル相当、更に一年経ったので金利は10年分になりますね。
        ロクな金利をつけていない経緯は楽韓さんのブログにありました。
        http://rakukan.net/article/465117994.html

        要は積み上がったイランの黒字分を、制裁を理由に支払わず踏み倒そうとして失敗した、ということのようです。

      • 情報ありがとうございました。
        韓国の金利は、政策によってそこそこ高く維持されていた時期があったため、9年に渡って口座が維持されていたのであれば、それなりに金利が付くはずですね。
        それを当座口座に押し込めていたことで、イロイロと軋轢が生まれてしまっていると。
        まあ、酷いものですねぇ。

  2. 木霊さん、おはようございます。

    アメリカのイラン制裁をいい口実に使った意図的かつ悪意ある不払いを今も放置しているのですから、危ない国であるイランの言い分でも理屈は通っています。

    >乗組員の方には申し訳無いが、このイランの措置が不当かというと、残念ながらそうでは無いと言えるだけの状況が揃っている。

    拿捕リスクを事前に把握していたようですから、運悪く生贄の羊にされたも同然でしょうね。

    僕はイランが石油代金とはしたたかに一線を引き(石油代金問題をしっかりチラつかせ)、拿捕の理由を海洋汚染容疑を意図的に押し出している点に注目しています。
    船員を人質にし海洋汚染嫌疑を自国司法で裁く為のイランの策略の行方ですね。

    元募集工で声高に宣言したお得意の「三権分立で政治は法の裁きに加入できない」という理屈が、もろにブーメランとなって返ってきますからね。
    さて、文クンはこの究極のダブルスタンダードをどんな屁理屈・難癖で乗り切るつもりなのか?

    利子を含めると1兆円近いようですが、即座に支払うドル資産が残っているのか最も疑われますしね。

    • 相変わらず、「青瓦台は把握していた」というパターンを使いますが、これってどう考えても悪手ですよね。
      「知らなかった」というのも体裁が悪いのでしょうが、「知ってて何もできなかった」のは更にマズイ。

      北朝鮮の兵士に自国の公務員(亡命希望)を殺された話の時にも、「知っていた」が出てきましたが、アレもほとんど問題視されなかった。
      よくもまああれで政権維持が出来ているものだと感心します。
      利子の支払いを含めて、どう対応するつもりなのやら。