大韓航空、アシアナ航空を買収

大韓民国

これ、韓国だけでなく日本にも波及しそうな話ではある。……だけど、韓国の事情はまたアレらしいんだ。

大韓航空、アシアナ航空を買収へ 韓国政府主導で

2020/11/16 11:41 (2020/11/16 12:39更新)

韓国航空首位の大韓航空が同2位のアシアナ航空を買収する。アシアナの経営再建を推進してきた政府系の韓国産業銀行が買収案を策定し16日に発表した。感染症で苦境が続く航空業界で政府主導の再編となる。

「日本経済新聞」より

韓国の航空産業が再編ということになるのだろう。

スポンサーリンク

韓国の航空業界

乱立する航空会社

まず、韓国の航空会社って何社あるかご存じだろうか?

  1. [大韓航空 KE | KAL]
  2. [アシアナ航空 OZ | AAR]
  3. [ジンエアー LJ | JNA] (LCC)
  4. [エアプサン BX | ABL] (LCC)
  5. [チェジュ航空 7C | JJA] (LCC)
  6. [イースター航空 ZE | ESR] (LCC)
  7. [ティーウェイ航空 TW | TWB] (LCC)
  8. [エアソウル RS | ASV] (LCC)
  9. エア・プレミア  (LCC)
  10. [フライ江原 4V | FGW]  (LCC)
  11. [エアロK RF | EOK]  (LCC)
  12. [エア・インチョン KJ | IAH] (貨物)
  13. [ハイ・エア HGG] (近距離)

こんだけある。ちょっと漏れがある可能性はあるのだが、ご勘弁を。何しろ多すぎる。

何故こんなに航空会社が増えたかはよく分からないのだが、日本でもLCCが増えて話題となったことを考えると、オープンスカイ協定が影響している可能性はありそうだ。

オープンスカイ協定は、航空会社が路線を制限無く選択が可能となる(二国間で国際線航空路線を運行するためには、従来、二国間及び上空通過国の航空協定を必要とし、増便などの際には再度協定を結び直す必要がある)ために、手続きの簡略化によって自由に国際便を作る事ができるようになった。

その結果、収益化が見込めるのでは?という企業が増えたということなのだろう。詳しくは分からない!

ともあれ、雨後の竹の子のように増えてしまった航空会社だが、特に韓国のLCCは9社もあるのだが、主な路線である日本や支那への航空便が武漢肺炎の影響で減便、欠航が相次いで、解決の見込みも無い。

赤字のアシアナ航空

LCCは利益率を低く設定しているので赤字になりやすいのだが、韓国航空大手のアシアナ航空も赤字になってしまった。

韓国航空、全社最終赤字に 日韓対立など響く

2019/11/15 14:15

韓国航空会社6社の2019年7~9月期の連結決算が、15日出そろった。全社とも最終損益で赤字に転落した。最大手の大韓航空の最終損益は2118億ウォン(約200億円)の赤字(前年同期は2678億ウォンの黒字)だった。7月以降の日韓関係悪化によって旅行客の往来が減少し、繁忙期となる7~9月の航空各社の業績を直撃した。

大韓航空とアシアナ航空の大手のほか、済州(チェジュ)航空、ジンエア、ティーウェイ航空、エアプサンの格安航空会社(LCC)4社も最終赤字に転落した。

大韓航空は4年ぶりに赤字に転落した。売上高は前年同期比3.7%減の3兆2830億ウォンだった。

「日本経済新聞」より

日本の航空業界もかなりヤバいのだが、韓国の航空業界はこのままこの状況が続くことに耐えられず、ムン君が指示したのか、ついにアシアナ航空を買収させる動きになった。

まず産業銀行が大韓航空の持ち株会社、韓進KALの第三者割当増資を引き受ける。大韓航空は増資で調達した資金を使ってアシアナの第三者割当増資を引き受け、同社を子会社化する。買収総額は1兆8千億ウォン(約1700億円)を見込む。最終的な出資比率や時期は今後詰める。

「日本経済新聞”大韓航空、アシアナ航空を買収へ 韓国政府主導で”」より

韓国の国策銀行である産業銀行が手を貸して、買収をすることで損害を減らす事と、航空会社を大きくすることで効率化を図ろうという腹らしい。

大韓航空がアシアナ買収へ 世界7位の「メガキャリア」に

2020.11.16 16:11

政府系の韓国産業銀行は16日、国内航空最大手の大韓航空と経営再建中のアシアナ航空の統合に向け、大韓航空を中核とする韓進グループの持ち株会社である韓進KALに8000億ウォン(約750億円)を投資すると発表した。大韓航空は今週中に買収意向書をアシアナ航空に提出すると予想される。

~~略~~

大韓航空がアシアナ航空を買収すれば、整備や操縦士の教育・訓練などを一元化することでコストが削減でき、重複路線の簡素化によって収益性も改善すると期待される。

「聯合ニュース」より

ただ、これで韓国航空業界のダメージが減らせるか?というと、なかなか難しいだろう。再び公金投入という流れになるだろうし、そもそもLCC辺りはばたばたと潰れるのでは?という気がする。

また、アシアナ航空の負債を引き受けることは大韓航空にとって負担になる。大韓航空の負債額は計23兆ウォンで、アシアナ航空は約12兆ウォンだ。

「聯合ニュース”大韓航空がアシアナ買収へ 世界7位の「メガキャリア」に”」より

韓国政府としても、航空業界を潰してしまうわけにはいかないので、税金を使ってでも統合するという選択をしたのだと思うのだけれど、既に5兆ウォンほど公金投入して大韓航空とアシアナ航空の損失を補填していることから、この決定が国民から支持されるか?ということもちょっと怪しい。

更に、巨大な航空会社が韓国に登場したことで、LCCの収益性は更に悪化する可能性が高い。そうなってくると、反発は避けられないのだが、大韓航空を活かすためにはLCCを潰すのもやむなしという事になる可能性はあるだろう。

日本も、この状況を傍観できる状況ではなくって、民間企業に出向社員を放出している状況なのだけれど、韓国にはその余裕が無かったと……。日本の航空業界の再編も早くすべきかも知れないが。

コメント