セクハラで国益を見失う韓国外交

大韓民国

このニュースは「どうでもいいニュース」という認識でスルーしていたのだが、どうもとんでもない方向に拗れ始めたようだ。

【現場から】ニュージーランド「セクハラ外交官送還」隠蔽して問題拡大した韓国外交部

2020.08.03 07:52

「ローマに行けばローマの法に従わなければならない。韓国の外交官が潔白ならばここにきて司法手続きに従うべき」。ニュージーランドのピーターズ副首相兼外相が1日に韓国人外交官A氏のセクハラ疑惑を取り上げた現地放送に出演して話した言葉だ。続けて「この問題はもう最高位級まで上がり文在寅(ムン・ジェイン)大統領も知っている事案」と強調した。先月28日に同国のアーダーン首相が文在寅大統領との電話会談でこの問題を取り上げたことに再度言及し圧迫したものだ。ピーターズ副首相は韓国国内でこの事件が大きな問題となっていることをめぐり、「国家的恥さらし(national disgrace)」のためにもA氏が正しいことをするよう望むとまで話した。韓国としては2回も公開的に恥をかかされた格好となった。

「中央日報」より

韓国のニュース記事は読んでも直ちに内容が分からないことがあるのだが、これもその手のニュースなんじゃないかと思った。

スポンサーリンク

ニュージーランドは激怒

何が起こったのか

そもそも一体何が起こったのだろうか。

男が男の尻を触るのは問題なし? 国に恥かかせた韓国外交部

2020/07/31 11:41

ニュージーランド外務省が30日、自国民に対しわいせつ行為・セクハラ(性的嫌がらせ)をした疑いが持たれている韓国人外交官に対する現地警察の捜査に韓国政府が非協力的であることを明らかにし、「失望している」とコメントをした。同国のジャシンダ・アーダーン首相が28日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談でこの問題に言及してから二日目のことだ。韓国が外交官の性犯罪問題に関して、友好国に公式に「失望している」と言われたのは前例がない。韓国外交部は職員の不祥事疑惑を適切に解決せず、問題がこじれて大ごとになるまで隠し、国際的に恥をかいた、と批判する声が出ている。

「朝鮮日報」より

簡単に言うと、韓国人外交官がニュージーランドで勤務している際に、現地採用した白人男性のケツを触りまくったという話のようだ。

ゲイかよ!

外信と本紙の取材を総合すると、韓国人外交官A氏は2017年に駐ニュージーランド韓国大使館で勤務していたころ、現地採用した白人男性に対して3回にわたりわいせつ行為・セクハラをした疑いが持たれている。被害者は2017年11月ごろ、A氏に「大使館事務室のコンピューターを直してほしい」と呼び出され、裏で尻をギュッと握られた(squeeze)と主張している。そのしばらく後にも、A氏は大使館があるビルのエレベーターで被害者の股(また)や腰のベルト部分をわしづかみにしたと被害者は地元警察に話している。

「朝鮮日報”男が男の尻を触るのは問題なし? 国に恥かかせた韓国外交部”」より

ケツだけじゃなかった!

被害者は大使館側に問題提起したが、何の保護も受けられずにA氏と同じビルで勤務を続け、同年12月に再びわいせつ行為・セクハラを受けたとしている。

「朝鮮日報”男が男の尻を触るのは問題なし? 国に恥かかせた韓国外交部”」より

よっぽど好みだったのだろうか??

この韓国人、外交官としてニュージーランドに赴任したくせに、韓国の看板に泥を塗って帰って来た様だ。仕事中に男の尻を触ってどうするんだよ。

しかしまあ、こうしたレアケースはそれほど珍しいわけでは無い。過去にも問題を起こした外交官が処分されるというケースは、韓国人に関わらずあるのだ。問題は寧ろその後の韓国の対応だろう。

減給処分

ニュージーランドとしては、被害者の訴えを聞いて、この韓国の外交官を処分して欲しいところなのだろうけれど、韓国としてはそんな不名誉な話を前面に出して処分という事は嬉しく無かったようだ。

ニュージーランド警察は同年12月に捜査に着手した。しかし、A氏は取り調べや事情聴取を受けずに翌年初め帰任した。

「朝鮮日報”男が男の尻を触るのは問題なし? 国に恥かかせた韓国外交部”」より

韓国の外交官は調査に協力せずに韓国に逃げ帰り、この問題行為は韓国国内でもたいして問題視されなかった。

隠蔽しようという雰囲気は事件当初から始まっていた。A氏は大使館内部で問題が提起された後、2018年2月にニュージーランドを離れ、現在はアジア主要国の総領事として勤務中だ。当時外交部はA氏に対し減給1カ月の警告懲戒を下すのにとどまった。その上に外交部はA氏の懲戒事由にこのセクハラ問題が含まれたのかすら説明しないでいる。セクハラではないと結論を下したとするならば正確に説明しなければならないが、沈黙を守り事実上疑惑を認める姿を見せた。

「中央日報”【現場から】ニュージーランド「セクハラ外交官送還」隠蔽して問題拡大した韓国外交部”」より

減給1ヶ月で警告懲戒を下したらしいのだけれど、問題を起こしやがってという対応だね。そして、韓国政府としては捜査に協力しなかったようなのだ。

スゴい話なのだが、この外交官、「セクハラの意図は無かった」と説明し、韓国政府もそれで納得したらしいのである。

怒り心頭なニュージーランド外交部

この様な対応にたいして、流石にニュージーランド側は収まらなかったらしい。

ニュージーランド警察は昨年、関連捜査を開始し、ことし2月には現地裁判所がAに対する逮捕令状を発行。現地メディアは韓国大使館が現場検証や防犯カメラ映像の提出、職員インタビューを拒否するなど、捜査に協力していないと主張した。

特に、外交官のセクハラ疑惑はニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相が去る28日、ムン・ジェイン(文在寅 )大統領と通話でこの事案を言及し、”外交の恥”として物議に。首脳間の電話会談で特定外交官と関連する事案が言及されるのは、異例のことだ。文大統領はこの際、アーダーン首相に「関係部署が事実関係を確認後、処理する」と述べていた。

「niftyニュース」より

ニュージーランド警察はこの件について捜査を開始。

現地裁判所が逮捕令状を発行するところまで行ってしまったが、しかし現地の大使館では捜査に協力するようなことは無かったようだ。

その事をニュージーランドの首相が指摘したとのこと。

ニュージーランドの首相と言えば、政治家としては若い女性で、確か産休をとって国政を停滞させた人物だったような……。いや、国政停滞というのはウソだね。実際には副首相がその期間の代理を務めていて、順調に国政は動いていたようだね。

新型コロナでNZ首相支持が上昇 9月総選挙で政権維持へ

2020年7月18日 15時50分

9月19日のニュージーランド議会(一院制、基本定数120)総選挙まで2カ月となった。アーダン首相は迅速な対応で新型コロナウイルスの感染拡大を抑制した手腕が評価され支持率が上昇。同氏が率いる労働党が勝利し、政権を維持する勢いだ。

「東京新聞」より

現在、割りと支持率も好調らしい。そんな彼女がこの問題について韓国政府に文句を言ったというのだ。

首相会談でも議題に

なんと、ニュージーランドと韓国との間で行われた首脳会談で話題に持ち出されたようで。

首脳会談で登場した外交官のセクハラ問題…韓国、未曽有の国際的な恥さらし

2020.07.29 08:02

青瓦台(チョンワデ、大統領府)は28日夕方、文在寅(ムン・ジェイン)大統領がニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相と電話会談を行ったとして1800文字の書面ブリーフィング資料を発表した。

~~略~~

だが、一番最後の文章の20文字は歴代首脳間対話録では見られない未曽有の文面だった。「韓国外交官のセクハラ疑惑の件」だった。ニュージーランド韓国大使館で高位外交官がニュージーランド国籍の現地職員をセクハラしたという疑惑だ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)によると、今回の会談はアーダーン首相のの要請で実現した。青瓦台の核心関係者は「文大統領とアーダーン首相がセクハラ事件に関連して具体的にどのような対話を交わしたのかは外交慣例上明らかにすることは難しい」話した。

「中央日報」より

一国の首相が外交官のセクハラ問題に言及したというのは、韓国側が如何に不誠実な対応をしてきたか?ということを意味する。

大抵はこの手の会談の話題は事前に調整されるため、韓国側が「その話題には触れて欲しくない」と言えば、こうした文相には話題の片鱗すら載っては来ない。

それがこの状況と言うことは、明らかにニュージーランド側がこの問題を重視し、この問題の解決に韓国側が動かなければ次の手段を用意するということを臭わせていたことを意味する。つまり、外相会談のレベルでは既に抑えきれない状況になったから、トップ同士の話し合いで持ち出されたことだ。

ところが、その後、ニュージーランドのメディアは問題を継続して提起し、A氏の顔や名前、現在の勤務先まで公開した。「韓国政府が性犯罪外交官を庇護している」という論調だ。「免責特権および推定無罪の原則」を強調したイ・サンジン駐ニュージランド韓国大使まで問題視している。

「中央日報”首脳会談で登場した外交官のセクハラ問題…韓国、未曽有の国際的な恥さらし”」より

来るところまで来ちゃったということだね。

韓国政府、あたふたと対応

でまあ、流石にこの事態を無視出来なくなって、ムン君も対応することを表明したようだ。

文大統領、ニュージーランド首相に「外交官セクハラ疑惑、事実確認後に処理」

2020.07.29 16:24

在ニュージーランド韓国大使館で高位外交官がニュージーランド国籍の現地職員にセクハラ行為をしたとの疑惑に対し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が同国のアーダーン首相に事実関係の確認後に処理するとの立場を明らかにした。

~~略~~

A氏は外交部の調査に「くやしい」という立場を明らかにしたという。A氏はその後韓国に帰国し減給1カ月の懲戒処分を受け、現在はアジアのある公館で総領事として勤務中だ。

「中央日報」より

セクハラ疑惑の外交官召還「減給」したが…韓国外交部「懲戒の理由は確認できない」

2020.07.30 06:48

外交部高官A氏が2017年、駐ニュージーランド大使館で現地人男性職員B氏をセクハラしたという疑惑を政府が適切に処理したかをめぐり疑問が提起されている。

地元メディア「ニュースハブ」は25日(現地時間)、「B氏はA氏がコンピュータの問題を解決してほしいというなどの言い訳で呼び出して突然左側のお尻を握り(squeeze)、胸など主な部位をつかんだ(grab)と主張している」と伝えた。

~~略~~

外交部はA氏を韓国に召還して調べた後、減給懲戒を下した。だが、外交部はこれがセクハラの加害による懲戒なのか、他の懸案のためなのかも確認できないという立場だ。

「中央日報」より

この話は、セクハラという犯罪の立証の難しさが、話をややこしくしている。

可能性としてはニュージーランドの男性が偽証をしているという事だって考えられるのだが、しかしわざわざ外国の外交官に対する訴追をして、警察が動き、韓国外交部はその要請を完全に無視したというところが問題視されていると考えられる。

騒ぎを大きくしたくなければ、国内でキッチリ調べて証拠を固め、韓国人外交官の無実を立証するような準備をすべきだった。もちろん、この様な主張は「悪魔の証明を強要する」というような事になるのだが、欧米的な考え方からすれば、こうした一連の問題は誠実に対応しないと言うことが最も嫌われるのである。

ニュージーランド側の心証は最悪

実は韓国国内でもセクハラ問題で相次いで首長がクビになったり自殺したりという事になっている。

コチラの記事でも言及しているが、既に元ソウル市長、元釜山市長、忠清南道の知事がそれぞれ自殺したり辞任したりしていて、その原因が何れもセクハラ疑惑というか性的暴行だというからオドロキである。

オドロキではあるが、韓国人らしいという印象も又あるのだ。

韓国高裁、世界最大の児童ポルノサイトをダークウェブで運営した男を擁護? 米検察の引き渡し要請を却下

2020年7月21日(火)11時55分

スマートフォンの普及により、インターネットがいつでもどこでも使えるようになって便利な世の中になった反面、ネット上での犯罪も増加している。特にネットでの性犯罪といえば、今年の初め日本でもニュースになった「N番部屋事件」は韓国を激震させた。性搾取されていた被害者には未成年者も多く衝撃的な事件だったが、今度は世界最大の児童ポルノサイトをめぐって、韓国で更なる騒動が巻き起こっている。

「Newsweek」より

民間でもこのような事件が明るみに出ていて、世界的にもこの話題が報じられている。なお、この件の主犯は既に裁判所で裁かれているがその刑量は懲役1年6ヶ月という信じられないモノだった。アメリカではこのサイトの利用をした人物が数十年の実刑判決を受けている。更にアメリカから主犯の身柄を要求したが、韓国側はこれを拒んでいる。

そうした背景で今回の事件が語られると、韓国側の非常に不誠実な対応は、ニュージーランド側の不信感を更に増大させるだけである。

流石に、ここまで話が拗れた以上は徹底的に調査されるのではないか?という風に思われるが、しかしそこは韓国のスゴいところで、常に斜め上の結論が導き出される。

犯罪者引き渡しが要求される

どうにも、特亜と世界とでは人権に対する考え方が大きく異なるような気がしてならない。

ニュージーランドの副首相「ムン・ジェインも知っている…セクハラ韓国外交官を召喚」

記事入力2020.08.01 午後4:38 、最終修正2020.08.01 午後5:09

ウィンストン・ピーターズニュージーランドの副首相兼外相がセクハラ疑惑を受ける韓国高官の外交官A氏に向かって、ニュージーランドに来て堂々と調査を受けるようにと要求した。

ピーターズ副首相は1日(現地時間)、ニュージーランドTVニュースハブプログラムを通じて「ニュージーランドでセクハラ疑惑を受ける韓国外交官は、ニュージーランドに来て調査を受けなさい」と言った。

~~略~~

ニュージーランドの警察は、現在Aさんの逮捕状を発行した状態だ。ただし、Aさんが現在勤務している国とニュージーランド間引渡し条約が締結されていない直接召喚は難しい状況に分かった。

この日、ニュージーランド副首相の発言は、Aさんが第3国ではなく、ニュージーランドでの犯罪容疑を受けるように、ニュージーランドに直接入って容疑を防御しなければならないという意味で読まれる。

ニュージーランドの現地の法律によると、Aさんのセクハラが事実である場合、最大7年の懲役刑を受けることができることが分かった。ニュージーランドの現地ジャーナリストニュースハブは、ニュージーランド警察がAさんを調査しようとしたが、韓国の管理者が、これらのブロックしたりしたと主張した。

「NAVER」より

実質的に韓国側は、件の外交官を第三国に逃がして、ほとぼりが冷めるまでのらりくらりとやり過ごそうとしていたという事が伺える。

今後もその姿勢を続けていこうというところで、ニュージーランドのトップから釘を刺されたというのが現状なのだが……。既に国際問題にまで発展してしまったこの話、じゃあこの次に何が起きるのか?

ニュージーランド側はかなりお怒りなので、韓国の対応次第では大使召還あたりまでは発展するだろうと思われる。しかし、韓国の対応を見るとどうにもかなり温度差がある気がしてならない。

ムン君としてはセクハラに対して毅然と対応することで、支持率向上を求めるのが正しい道のように思われるが、それをやっていないことを考えると、どうにもこれ、外交官もムン君の身内(共に民主党関連の人材という意味)ではないのかと。そうであっても首を切るべきなのだろうけれど、そうならない気がするなぁ。

大使召還の先は、よっぽどのことが無いと実行されないのだが、その先まで見られるのだろうか?

……あれ?「セクハラで国益を見失う」というのは、ちょっとタイトルとしては適切ではない内容になってしまった。国益を見失っているのはムン君で、彼は国際的なバランス感覚を持っていないようだ。その事が問題なので、セクハラだから問題、というわけではないのかもね。

追記

この話、少し進展したようだ。

ニュージーランドに向かって「マスコミを利用するな」と警告を送信した外交部

記事入力2020.08.03 午後3:28

外交部は、ニュージーランド勤務当時地元の従業員をセクハラしたという疑惑を受け外交官に帰国を指示した。一度韓国とニュージーランドの間の外交戦で韓国が「1敗」をされたわけだ。ただし、外交部は、ニュージーランド政府がこの問題に過度に「言論プレー」をしている姿勢を指摘し、今後、両国間の外交戦がさらに深化する可能性も排除できないようだ。

「NAVER」より

容疑者となった外交官に帰国を指示したとあるので、取り敢えずは韓国国内でこの問題を調査するという姿勢を示したようだ。

それにしても「外交戦」で「一敗」とは……。

この言い草はスゴいな。確かに負けたことには違いないのだけれど、ちょっとねぇ。

ニュージーランドは先月28日、アドン首相がムン・ジェイン大統領と通話する過程で、この問題を取り上げ、韓国政府に失望感を表示し、外交が大きな波紋を呼んだ。すぐに市民団体などで「国の恥さらし」、「国際恥さらし」などの表現まで使いながら、外交部の微温対応を叱咤する声が出た。

外交部はこの日、Aさんに対する懲戒性帰任措置をメディアに通知しながら、ニュージーランド政府の最近の態度に不快な心境を隠さなかった。外交部当局者は「問題を正しく解決するためには、両国間の公式の司法協力の手順に従って処理するのが望ましいという立場」とし「ニュージーランドの側がそのような正式な司法手続きに関する要請がまだない」と述べた。続いて「そのようなことなく、メディアを通した継続の問題を提起することは望ましくない」と付け加えた。外交部は駐韓ニュージーランドの大使に、このような意見を提供することにした。

「NAVER”ニュージーランドに向かって「マスコミを利用するな」と警告を送信した外交部”」より

スゴいな!

ニュージーランド国内のこの問題の盛り上がりを、ニュージーランドのメディアのせいにして、ニュージーランド政府がマスコミを使ってこの問題を煽っているという指摘をしたらしい。

さらに、「両国間の公式の司法協力の手順に従って処理するのが望ましい」というのだが、誠意ある手続きをしていなかったのは韓国政府側で、ニュージーランド側に落ち度があるとは思えない。

問題が拗れているのはあたかもニュージーランド側の責任のような言いっぷりである。この態度、日本に対しても示すことが多いが、韓国政府は明らかにニュージーランドを下に見ている雰囲気が強いな。日本やアメリカが甘やかすからこういうことになるワケだ。

コメント

  1. まあ韓国がこの件についてまともに取り合う事は無いでしょう、アメリカ相手にすらセクハラ&姦未遂の全裸待機報道官を守り抜いた実績が有りますから。

    • そんなヒドイ話がありましたっけ。
      アメリカでセクハラをカマした外交官は確かいたような気がしますが……。女性インターン職員にセクハラ行為をした話は何処かにあったような気がします。
      https://japanese.joins.com/JArticle/174108?sectcode=430&servcode=400
      https://japanese.joins.com/JArticle/174109
      ……あ、この事件、確かに記事を読むと全裸待機していますね。

      なにか、調べたらチリでもやらかしたヤツがいたようで。韓国人外交官にとってセクハラは平常運転ということなんですかねぇ……。
      ただまあ今回は、首相が問題提起しちゃいましたから、かなり話は大きくなりそうなんですよね。