【当たり前】韓国を冷遇した?20年版防衛白書

防衛政策

あっはっは。

20年版防衛白書 韓国を冷遇=「幅広い協力」削除

2020.07.14 10:28

韓国と日本の対立が深まる中、日本政府が14日に公開した2020年版防衛白書は16年連続で独島の領有権を主張し、韓国への冷遇が目立った。

「聯合ニュース」より

これ、韓国のメディアを引用しているのだが、日本の2020年版防衛白書に文句をつけている。文句を言うのは毎年恒例なので、今さら感は高いのだが、今年は見るべき点があったので少しだけ言及しておきたい。

スポンサーリンク

幅広い協力とは

韓国を信用出来ない

韓国が過去に日本の自衛隊に対して何をしたか?覚えておられる方も多いだろう。

ブログ移転をしたタイミングで色々と不手際があったので、過去の記事をサルベージすることが難しいのだけれど、2018年12月20日に発生した能登半島沖での韓国軍駆逐艦によるP1哨戒機への火器管制レーダー照射事件を忘れてはいけないと思う。

岩屋防衛相抗議に「行き過ぎ」 レーダー照射で韓国側

2018.12.22 13:33

韓国海軍艦艇が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題を巡り、22日付の韓国紙、朝鮮日報は、韓国側が故意に狙ったものではないと説明したのに岩屋毅防衛相が記者会見で抗議の意思を示したとして、韓国軍関係者が「多少行き過ぎた反応だ」と指摘したと報じた。

韓国メディアは韓国国防省関係者の話を基に、レーダーは20日、海上で遭難した北朝鮮船を捜索するために使用されていたと報じている。

「産経新聞」より

あろうことか、事件発覚直後、韓国側はこれを否定し、その後一転してやっぱりあてちゃいましたと告白。ところが、すぐさま「北朝鮮船を捜索するために使用」と言い訳を変えた。しかし、照射したのは火器管制レーダーである。ロックオンしやがったのだ。

この行動は国際的な批難の的になる行為で、少なくとも手違いで照射したのであればその点について謝罪すべきであるところ、それを突っぱねてしまった。

この1点を取っても信用出来ない国としては信用出来ない。ところが更にこんな事が。

なんと日韓GSOMIAの破棄を通告してきたのである。この協定によって日本と韓国との間で軍事秘密を共有することができる様になるという事なのだが、コレの破棄を通達してきたのである。これには2019年7月に決定した日本の輸出管理強化の影響があると韓国側は主張しているが、勝手な言い分である。

しかし、アメリカに叱られたようで、土壇場で破棄を撤回する。

それだけでもオカシイのだが、更に「いつでも破棄が可能だ」との立場を表明したのだ。

相手にするだけ無駄だろう、こんな国。

防衛協力ができない国、韓国

そもそも、韓国側の主張するところによると、朝鮮半島有事が発生した場合にも、日本は韓国に自衛隊を派遣することができない。

朝鮮半島有事でも、日本人5万人が退避できない「痛い理由」

2017/11/19 10:30

安倍晋三首相を筆頭に、各国首脳が「もてなし合戦」を繰り広げたトランプ米大統領のアジア歴訪(11月5~14日)。焦点の北朝鮮核問題への対応では、誰もが知りたかった今後の米軍による軍事攻撃の可能性について明確なメッセージは示されなかった。

一方、小野寺五典防衛相がこの間、朝鮮半島有事が起きた場合の邦人退避に関し「(韓国との協議を)できていない」とテレビの前で語ったことには驚かされた。日本の主要メディアは大きく取り上げなかったが、これは邦人の退避計画(evacuation plan)にほとんど具体性がないことを初めて公に認めた重大発言だからだ。

~~略~~

日韓外交筋によると、核実験を強行した北朝鮮とオバマ米政権が一触即発になった13年3月、日本側は韓国の朴槿恵政権に邦人退避に備えた協議を申し入れ、「無視された」(日本政府関係者)という経緯がある。冒頭に紹介した小野寺発言は、朝鮮半島情勢がより悪化しているにもかかわらず、今もなお日韓が没交渉であることを意味している。

「Forbes」より

凄い話だが、これ、日本側の妄想というワケでは無いのである。

自衛艦 韓国派遣見送り 旭日旗自粛「受け入れられず」

2018.10.5 13:54

防衛省は5日、韓国が11日に主催する国際観艦式への海上自衛隊の護衛艦派遣を見送ると発表した。韓国側にも、外交ルートを通じて伝達した。韓国は自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を求めていたが、日本側は拒否。双方の要求が折り合わないことから、派遣見送りを決めた。

「産経新聞」より

「旭日旗を掲げて入港禁止」などという訳の分からない事を韓国側が通達してきたことが原因で、韓国が主催した国際観艦式に海上自衛隊が参加したいという事があった。

韓国の旭日旗アレルギーは2002年のFIFAワールドカップに端を発している。それ以前にはその様な話は一切なかった。更に、海上自衛隊が掲げている旗は自衛隊旗であって、国際的にも認められたデザインだ。旭日旗のデザインではあるが、不掲揚を求められる謂われはない。

そんな訳で、基本的に海上自衛隊は韓国に寄港できない。これで「防衛協力」が笑わせる。

この後にも日本主催の観艦式に韓国海軍を招かなかった(2019年10月14日に開催)など、とても協力できるような雰囲気にはない。

韓国国防相と在韓米軍司令官が緊急会談 合同演習など議論か

2020.07.08 11:36

韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官と在韓米軍のエイブラムス司令官(韓米連合軍司令官兼務)が7日にソウルで緊急会談を行ったことが8日、韓国政府筋の話で分かった。会談の議題は公表されていないが、軍関係者らの間では来月の韓米合同軍事演習の実施問題などを議論した可能性が高いとの見方が出ている。

「聯合ニュース」より

それどころか韓国は米韓合同軍事演習すら忌避する始末である。8月の訓練もやらないんじゃないかなぁ。

順番が変わった?

というわけで、日本の自衛隊と韓国軍との間には信頼関係に亀裂が入っている状態で防衛白書が出たわけだ。

防衛白書は米国と日本の協力関係について42ページにわたって説明した後、安全保障・防衛分野で協力しているほかの国について記述しているが、韓国はオーストラリア、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)に続いて4番目に登場する。18年版まではオーストラリア、韓国、インドなどの順番で記述したが、19年版から順番を変えている。

「聯合ニュース”20年版防衛白書 韓国を冷遇=「幅広い協力」削除”」より

その内容について、やれ国名の出てくる順番が変わっただの、つまらないことに対して突っ込みを入れているのだ。

しかし防衛協力の期待ができない国をそこに登場させておくことは、メリットがない。出てきただけでもありがたい話では無いか?え、不満だ。

勝手に不満を言っていてください。

「幅広い分野での防衛協力」は削除

で、更に文句を言っているのはこの部分。

また、19年版では「防衛省・自衛隊としては、韓国との間で幅広い分野での防衛協力を進めるとともに、連携の基盤の確立に努める方針」と関係改善の意思を強調したが、20年版ではこの記述を削除し、両国が北朝鮮の核・ミサイル問題などに直面していると記述するにとどめた。

「聯合ニュース”20年版防衛白書 韓国を冷遇=「幅広い協力」削除”」より

これも当たり前である。

まあ、既に言及しているが防衛協力など無理なのだ。

一方、両国の防衛協力・交流に影響を及ぼしている例として、自衛隊旗の掲揚問題で18年10月に韓国で開催された国際観艦式への参加を見送ったことや、同年12月の韓国海軍駆逐艦の海上自衛隊機への火器管制レーダー照射問題、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を巡る問題などを取り上げた。

「聯合ニュース”20年版防衛白書 韓国を冷遇=「幅広い協力」削除”」より

この辺りは既に取り上げた話なので敢えて言及する必要はないが、防衛白書に正直に書いたのは良かったと思うよ。

もはや防衛協力も無理、経済協力も無理

防衛白書なので、「経済協力も無理」などとは書かれないのだけれど、現実問題としてちょっと「協力」という感じでは無くなってきている。

もちろん、経済的な関わりを断つことは難しいのだが、日本企業としてももはや相手にしていられないというのが現実である。

NOジャパン余波で続々と韓国から撤退する日本企業=韓国ネットの反応は?

2020年5月31日 07:00

2020年5月29日、韓国・時事ジャーナルは「NOジャパンの余波で…韓国を離れる日本企業」との見出しで報じた。記事は、「最近日本企業が韓国から続々と撤退している」と指摘。その要因の1つとして「日本製品の不買運動で売上高が大きく減少した影響とみられる」と伝えている。

「exciteニュース」より

もうちょっと時間はかかるだろうが、韓国を撤退する日本企業はこれからも増えるだろうと予想される。これは日韓関係の悪化と言うよりも、コリアリスクが高まっているからという面と、利益に結びつかないという面が大きい。

こうして日本と韓国とが距離を取る傾向は当面強くなっていくだろう。良い傾向だけどね。

追記

おっと、違うところにも着弾したぞ。

防衛白書に中国反発「白書ではなく黒い資料だ」

7/14(火) 19:09配信

中国政府は「白書ではなく黒い資料だ」と反発しました。

中国外務省報道官:「『白書』と言うが、実際には『黒い資料』だ。日本の一部勢力の悪意があらわとなっている」  

中国外務省は14日午後、「日本の防衛白書は偏見と偽情報に満ち、中国の脅威をやたらとあおり立てている」と批判しました。さらに、「中国は一貫して平和的な発展の道を歩み、防御的な安保政策を掲げている」と主張しました。日本の防衛白書は中国が尖閣諸島を巡り、「力を背景とした一方的な現状変更の試みを執拗(しつよう)に継続している」と懸念を示しています。

「yahooニュース」より

よっぽど都合が悪いのか、「どこが間違っているか」という指摘もなしに、声を荒げて批判するあたり、余裕が無いねぇ。

「日本の一部勢力の悪意」というけれど、内容を読んだら納得だぞ。どこが間違っているのかを指摘するところからやり直した方が良い。多くの国は日本の防衛白書に納得してくれると思う。

追記2

何故か、韓国の田舎からも文句が出てきた。

韓国慶尚北道、日本2020防衛白書の即時廃棄を求める声明発表

2020.07.16 10:42

韓国慶尚北道(キョンサンブクト)は15日、日本政府が「独島(ドクト、日本名・竹島)領有権」を主張した2020年防衛白書を発表したことを受け、強く抗議して即刻廃棄を求めた。

「中央日報」より

韓国慶尚北道の知事がなんでこんな事を言い出したのかと思ったら、どうやら韓国側の言い分だとこの韓国慶尚北道の管轄で独島という事になっているらしい。だから、文句を言うのであれば韓国慶尚北道の知事というワケだ。

ふーん、それで?

コメント

  1. 木霊さん、おはようございます。

    白書の同盟優先順位に出てくる順番下げられちゃっただけでこの狂乱反応ぶり...、実に朝鮮人らしい訳の判らなぬいつもの反日激高ぶりですね。(蛮族の血そのままです)

    >小野寺五典防衛相がこの間、朝鮮半島有事が起きた場合の邦人退避に関し「(韓国との協議を)できていない」とテレビの前で語ったことには驚かされた。日本の主要メディアは大きく取り上げなかったが、これは邦人の退避計画(evacuation plan)にほとんど具体性がないことを初めて公に認めた重大発言だからだ。

    日本にとってこの問題が一番重要なんですが、何故か政治家もマスメディアも言及していないのが恐ろしいもんです。
    この期に及んで旅行するお莫迦丸出しの観光客は別にして(自己責任ですから後回し)、企業の命令で出張しなきゃいけない人もいるだろうし、有事に厄災に遭遇してもどこに避難したらいいかさえ、政府のマニュアルが設定されていいんじゃないかと想像すると、かなりヤバイと言わざる得ませんよねェ~。

    >防衛白書なので、「経済協力も無理」などとは書かれないのだけれど、現実問題としてちょっと「協力」という感じでは無くなってきている。
    >もちろん、経済的な関わりを断つことは難しいのだが、日本企業としてももはや相手にしていられないというのが現実である。

    経済・安保その他諸々、政府はいずれも冷徹に粛々と距離を置き「すぐに発狂しちゃう蛮族国家」など冷たく無視するのが一番です。
    ここまで来たら、甘えまくりの経団連と売国日韓議員団には「今後、国は知らんから責任とケジメだけは自分でしっかりつけろ!!」、とくらい恫喝して危機感を煽ってもいいくらいと思いますねェ~。

    • 順番変えられただけで激昂するあたり、「実に良かった」と思っていますよ。
      韓国の余裕の無さも、支那の余裕の無さも、それを未だしたというタイミング的な問題でも、なかなかだったと思います。

      経済の話は別の記事で触れさせて貰いましたよ。