高速鉄道計画に見る親支那派インドネシアの選択

アジアニュース

コメントを頂いた点について、そう言えば過去のブログには特集を組んでいたな、と。

「コロナ第一号患者の感染源は日本人」 インドネシアが流したウソの裏に“反日・親中”

2020年3月31日 6時0分

記事『新型コロナの感染源は日本人――インドネシア政府がついた姑息過ぎるウソの顛末』で紹介したのは、インドネシアが国ぐるみでついていた「新型コロナの感染源は日本人」という騒動の顛末である。詳細はそちらを参照頂くとして、インドネシアの振る舞いの背景には、“反日”で“親中”というかの国の事情が透けて見えるという。東南アジア情勢に詳しいジャーナリストの末永恵氏がレポートする。

「LivedoorNEWS」より

紹介頂いた記事は、なかなか衝撃的な内容である。

発端は、インドネシア政府が「インドネシア初の感染者の感染源が日本人」と3月2日に発表したことだった。いわく、インドネシア人の娘が、ジャカルタのクラブでマレーシア在住の日本人女性とダンスをし、“濃厚接触”。日本人女性がマレーシアに帰った後にコロナに罹っていたことが判明し、その流れで件の娘とその母親を検査したところ、陽性反応が出たという。

「LivedoorNEWS」より

息を吐くように嘘をつく民族は、何も韓国の専売特許ではないのである。

親支那派インドネシアにとって、支那贔屓に傾くのは当たり前ではあるのだが、インドネシアは仁義を切る事を知らない。韓国との関係においてもKFXの開発費を出すといいつつ、支払いをしない姿勢は見苦しく映るのだが、相手が韓国だからといってああいった態度は感心しない。

スポンサーリンク

インドネシアの高速鉄道計画

計画には7年間の調査

そもそも、インドネシアの鉄道といえば日本の鉄道が採用されていた。戦後、インドネシアを継続的に支援してきたのは日本だったからだ。

中国案採用に「残念」=菅官房長官、不快感も―インドネシア高速鉄道

2015年9月29日(火)14時4分配信

インドネシアの大統領特使は29日、菅義偉官房長官と首相官邸で会談し、同国の高速鉄道計画について、「中国提案を歓迎したい」として、中国案を採用することを伝えた。

:リンク切れ

ところが、2009年から日本政府による事業化調査が進められ7年もの歳月を費やしたこの計画は、日の目をみる事は無かった。インドネシアが日本政府を裏切ったのである。

2015年初頭に支那がこの計画に一枚噛ませろと迫り、インドネシアに支那の作った事業化計画を提出。僅か5ヶ月で創り上げられたソレは、日本が出した計画にそっくりで金額だけが違うシロモノだった。どうやら、担当者から日本が作った計画書の全てが漏れていたようなのだ。

日本側の計画では、工期は1年の試運転期間を含めて5年。2018年に着工すれば、2023年に運行を開始できる。総事業費64兆ルピア(5346億円)。そのうちの75%を、金利0.1%の円借款で賄うというもの。残り25%は、政府や民間企業などインドネシア側による調達を求めていた。

「東洋経済ONILNE」より

日本側が提出した計画はかなり真っ当なものだったと言われている。資金のうち75%を金利が0.1%で貸し付けるというのも破格だが、64兆ルピア(5346億円相当)という価格もかなり安い。日本の新幹線が16両編成で40億円程度の価格であり、例えば金沢から敦賀までの区間1137kmで1.5兆円程度の工事費用がかかることを考えると、最初に工事が行われるジャカルタ―バンドン間(全長144km)の工事費がお安いことは理解頂けると思う。用地取得にかかるコストが日本とインドネシアとでは大きく違うとは言え、である。

そして事前にはここに含まれない費用を投じて調査してきた。日本の「支援」という形で、である。

一方の支那の計画はこうだ。

中国の計画では、総事業費は74兆ルピア(約6182億円)と割高だが、金利2%で全額を中国側が負担する。しかも工期は3年で、すぐに着手すれば2018年に運行開始できるとアピールした。

「東洋経済ONILNE」より

超突貫工事を提案してきたという。

ジョコ大統領は元々支那に作らせる積もりだった

どうやら、この高速鉄道計画、支那がジョコ氏を抱き込んだことで大きく計画が変わってしまったようなのである。

インドネシア、日本の大型PJなぜ凍結? 新大統領“高速道路より子どもの通学路”

Feb 2 2015

今年に入ってからインドネシアの大型インフラ計画が、再検討されている。1月14日に、インドネシア政府が突如新幹線計画の中止を発表した。世界有数の親日国家である同国の高速鉄道プロジェクトは「日本有利」と言われていた中での中止発表。その衝撃はまさに津波となって日本経済界を襲った。

「newsphere」より

就任後、いきなりジョコ氏は高速鉄道計画を中止する。

中止の理由は意味がよく分からないのだが、腐敗と戦うという姿勢を強く示して選挙戦を勝ち抜いたジョコ氏にとっては、ある意味当然の決断だとは言えたのだが、しかしジョコ氏、直ぐに変節する。

同年3月に、習近平氏と会談して「高速鉄道計画、支援するよ」と言われて喜んでしまう。そして、この時点で支那が入札に参加してそれ以降デキレースが始まるのである。

インドネシア高速鉄道計画「中速鉄道で十分」 見直しへ

2015年9月4日11時49分

日本と中国がそれぞれ受注を目指してきた、インドネシア初の高速鉄道を整備する計画について、担当するダルミン・ナスティオン経済調整相は4日、高速ではなく中速鉄道に計画を見直す方針を明らかにした。関係者によると日中双方の案とも財政負担に不安があるとされ、採用されないという。

「朝日新聞」より

再び計画見直し、白紙撤回が宣言されたのは入札が行われる予定の直前であった。ところが、支那が「金も工事も支那が面倒をみまっせ」と迫ったのが功を奏したのか、支那が入札を受注する結果となった。

ジョコ氏の頭の中にはおがくずでも詰まっているんじゃ無いか?と疑うような話だが、当初からその様な予定だったのだろう。

計画通り進まない高速鉄道計画

それは支那の計画通り

そして、支那が受注して起工式が行われるに至ったのだが……。

中国に騙された! ずさんすぎる高速鉄道計画に大きな後悔ーインドネシア

Global News Asia 1月31日(日)22時17分配信

 2016年1月31日、インドネシアの高速鉄道の工事が未だに着工しない。建設許可はクリアされていないものの、21日にはジョコ大統領や中国の国務委員らが出席しての起工式が行われたことから、建設許可の見通しがあり、一両日中に許可が出ると見られていたが、とんだ誤算の起工式になってしまった。

|リンク切れ

1月着工に至るどころか、2月末に至っても何も進まない状況にあった。

その後、計画のずさんな部分が浮き彫りになって用地取得に苦しむなどの不幸な点もあったが、それでも徐々に工事は進んでいるようではある。が、2018年の時点ではこんなニュースも。

バンドン高速鉄道、さらに遅れて24年完工も

2018/02/14(水)

インドネシア政府は、中国が受注した首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンを結ぶ高速鉄道事業の完工時期が、当初見込みからさらにずれ込む可能性を示唆した。一部閣僚は、2024年になるとの見方も示している。13日付ビスニス・インドネシア(電子版)が伝えた。

「NNA ASIA」より

2018年完工じゃなかったのか?工事が2024年にずれ込むとなると、日本の当初の計画よりも遅れるじゃ無いか。それが支那クォリティで出来上がるのだから、目も当てられない。

ただ、この完工予定の2024年というのはジョコ氏の大統領2期目の実績となり得る時期である。そういう意味では象徴的な期限の設定だと言えよう。

新型コロナの影響か、中国受注のジャワ島高速鉄道の工事が停止に=中国メディア

2020年3月7日 07:12

新型コロナウイルスの影響が世界中に広がっている。先日ついに感染者が確認されたものの、まだ2人の感染者しか出ていないインドネシアも、経済面では大きな影響を受けている。

~~略~~

しかし、インドネシアのメディアによると、イントネシア交通部はジャカルタ高速鉄道プロジェクトを3月2日から工事を14日間停止し、再び評価し直すことを発表したという。インドネシア側によると、建設による交通渋滞や工事現場の環境が作業員の健康に悪影響となっているなどの原因があるというが、記事は「高速鉄道建設は中国とインドネシアにとって重要な経済的意義があり、交通が発達していないため多くの問題を抱えているインドネシアにとっては重要なプロジェクトである」と指摘。突然の工事中断はインドネシアにとって大きな損失となるだろうと結んでいる。

「exciteニュース」より

はぁ?武漢肺炎の影響をいち早く抜け出した支那は世界をリードするんじゃ無かったのか?!

そもそも遅れていた工事

度々工事の遅れは指摘されていたが、2018年のこの記事によると支那が本気でインドネシアの高速鉄道を作ろうとしていたとは思えない。

中国高速鉄道、5月から工事本格化か

2018/04/06(金)

中国を訪問したインドネシアのリニ国営企業相は、同国の鉄道関係者と会談し、首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンを結ぶ高速鉄道の工事が来月から本格化すると明言した。2016年1月に着工式が行われたものの、土地収用が進まないことと、それを理由とした中国側の融資が滞ったことで、工事は遅延しており、進ちょく率も5~10%程度にとどまっている。今回の訪中で、高速鉄道駅周辺の公共交通指向型都市開発(TOD)事業についても協議し、20年初めまでの完成を目指したい考えだ。

「NNA ASIA」より

なんと、当時は2018年開通とかほざいていた支那だったが、2018年4月の時点で進捗率は5~10%だったというから、驚くべきなのか、呆れるべきなのか。

また会場では、中国の高速鉄道計画がいかに日本側が提示した計画より優れているかを説明したパンフレットも配布された。

ジャカルタ―バンドン高速鉄道は、時速350キロで走行し、両都市間を40分で結ぶ。総事業費は、当初見積もりの59億9,000万米ドル(約6,413億円)から60億7,000万米ドルに上方修正された。

「NNA ASIA」より

それどころか見積もりも何故か上方修正されているし、「日本側が提示した計画より優れている」という事を強調していたようだ。

インドネシア初の地下鉄

こうした高速鉄道受注合戦の裏で、地下鉄の受注も行われていた。

こちらは日本が受注し、2019年に完成させている。

ただ日本の円借款による建造だったようで、ひとまずは開通出来たことはめでたいと思う。

ジャカルタMRT南北線、1期に続き2期工事を受注

2020/03/17

清水建設(株)<社長 井上和幸>はインドネシアの国営建設会社アディカリヤ社と共同企業体(JV)を組成し、このほどジャカルタMRT南北線2期工事の発注第一弾となった201工区を受注、近く着工します。発注者はPT.MRTジャカルタで、請負金額は約340億円です。

ジャカルタMRTは、インドネシア初の地下鉄を含む都市高速鉄道(MRT)です。1期工事として発注された中央ジャカルタと南ジャカルタを結ぶ全長15.7キロの区間は昨年3月に開通。1期の土木工事は6工区に分けて設計施工方式で発注され、当社はJVの幹事社として2工区、構成企業として1工区の計3工区を担当しました。

「清水建設サイト」より

更に2期工事も受注した模様。

インドネシアの交通事情はかなり悪い様で、交通渋滞が環境問題にまで発展している。こうした事情は他国でも似たようなものだが、インドネシアが交通インフラが経済発展について行けなくて脆弱なままである。そこを改善する事で経済の発展の足を引っ張らないようにというのが、この地下鉄工事であり、高速鉄道計画なのだが、出来ない鉄道を眺めていても意味は無い。

支那にとって、インドネシアの高速鉄道なの出来上がらなくても気にならないのだろう。そういえばフィリピンで受注した鉄道計画は途中で放棄して、その後、尻ぬぐいを日本がさせて貰っていた気がする。

地下鉄は最初から日本を選んで良かったな!

 昨年4月に営業運転が開始された、MRTJ南北線の出来事も象徴的だった。これはジャカルタを縦貫する都市高速鉄道で、日本は約1234億円もの円借款の形でこれを支援。さらには多くの日本企業が参加し、開通の5年半の月日を要した。

 ところが、である。開通セレモニーで挨拶に立ったジョコウイ大統領は、日本の協力についての感謝はおろか、一言も日本について触れなかったのだ。さらには別の会場で石井正文・インドネシア駐日大使と居合わせた際も、

「大使を前にしても、日本の援助について何も言及しなかった」(日本政府関係者)

 というから、何とも信じがたい話だ。日本国内では大きく伝えられたこの“日の丸MRTJ”だが、日本支援で建設されたことはインドネシア国民にも知られておらず、中には中国資本と勘違いする者もいるという。

「Livedoor NEWS」より

ただし、ジョコ氏の態度はぶれなかったらしい。

インドネシアが苦心する南支那問題

さて、鉄道の話から少し逸れてしまうが、インドネシアにとって南シナ海の問題も極めて重要な話だ。

インドネシア、日本に南シナ海諸島への投資要請 中国と対立

2020年1月10日

インドネシアのジョコ大統領は10日、近海の漁業権を巡って中国と対立している南シナ海ナトゥナ諸島への投資拡大を日本政府に求めた。

大統領府が明らかにした。ナトゥナ諸島を巡っては先月、付近の排他的経済水域(EEZ)で中国漁船が中国海警局の警備艇を伴って操業していたと報じられており、ジョコ大統領が8日、同諸島を訪問してインドネシアの主権を主張した。

「ロイター」より

インドネシアにとって、南シナ海で違法操業する支那漁船の話は実に頭の痛い問題である。

インドネシア、南シナ海で中国船の監視強化 漁業者も動員

2020年1月7日10時11分

インドネシア政府は6日、南シナ海のナトゥナ諸島付近で先月、中国漁船が中国海警局の警備艇を伴って操業した問題に対応し、既に派遣した軍艦に加えて、漁業関係者を動員して監視を強化する方針を明らかにした。

「朝日新聞」より

そこでインドネシアは日本に対して秋波を送っているようなのだが、ここでも「巧いこと利用してやろう」という姿勢が見え隠れする。

漁業問題に関しては日本にコナをかけておいて、一方ではAIIBに参加して資金調達する気でいるようだ。

結果、インドネシアは一帯一路への支持を早々に表明し、AIIBにも東南アジア諸国で先陣を切って参加を表明している。19年12月には将来的な「新首都建設」の資金をAIIBから調達するとも明かしている。

「Livedoor NEWS」より

金を出すところから搾り取ろうという魂胆なのかも知れない。

ただ、相手にしているのが支那だということを理解していないところが、ジョコ氏の不運であろう。相手は国際的なマフィアだぜ?

まあ、どうなるのかは見守るより他無いのだが、インドネシアが支那の手に堕ちてしまった状況は、日本にとっては意外に厄介である。シーレーンに甚大な影響を及ぼすからだ。その辺りももう少し上手いことやらないと、日本としては国益を損なうことになりそうである。

コメント

  1. 日本が進めているインドの高速鉄道は気になりますな

  2. インドネ志那かな?
    もし大国からは援助を受けるのが当たり前と考えているなら応援できないな。

    • 後進国、という言い方は失礼に当たるかも知れませんが、インドネシアにとって使えるコネやカネは使うべきだと判断するのは真っ当だと思います。
      ただ、やり方がかなりキタナイ様に映るんですよね。
      少なくとも仁義はきれと。

      日本人の「美徳」は世界の非常識ではあるのでしょうが……。

  3. 元々、インドネシアは親日国なんです。
    それは、第二次世界大戦後、オランダからの独立戦争に、残留日本軍人が協力したからです。

    ところが、政府の腐敗はひどいようで、それに乗じて、支那が入り込んでいるようです。
    (ワイロ作戦とかなんでしょうね)

    日本は、そういう作戦は取れないですからね・・・
    ((表向き)裏でコソコソ活動することを嫌う日本国民の国民性に加え、それに乗じた「中朝韓の支援を受けたマスコミや活動家」の攻撃があるので←マスコミと特定野党4党が連携した「花見」批判と特定野党4党に所属する国会議員の「花見」は批判しないことを対比すれば分かる話)

    • インドネシアの政権は随分と汚職に塗れているようで、現政権のトップもそれから脱却するために立ち上がったハズなんですが、蓋を開けてみれば結局支那マネーにやられてしまった感じですよ。
      ジョコ氏は、メガワティ派と対立する立場にあったのですが、メガワティ派は親日なので、対立軸としての立場を考えるとどうしても親支那派になるのでしょう。人選もそうなったようですね。

      何れにしても、賄賂作戦とまで行かなくともロビー活動にすら資金投入を渋る日本政府のやり方では、インドネシアを味方に付けるということは難しそうです。

  4. インドネシアが親日だという思い込みこそが危険でしょう。
    #タイだって怪しいもんです。
    #なので、厭中のベトナムとは手を結ぶべき。
    東南アジアは朝鮮以上の事大主義だと思っておくべきです。
    なぜなら、お金がないから。
    金がないから、金もってると頃にこびへつらわないと即死です。
    日本はそれでも基本殺さないですが、支那は殺しにかかりますから。

    そういう意味で、一度、あそこら辺にお灸据えておいた方が良いんですけどねぇ……

    • べ、ベトナムですか。
      確かに敵の敵は味方という考え方も必要だと思います。

      ただ、ベトナムは社会主義国であるため、付き合い方はなかなか難しいでしょう。
      社会主義の国はトップダウンの方針を採ることが多く、ベトナムもまた例外ではありません(指導体制というのでしょうか?)。そこを抑えるためには、やっぱり色々と裏での工作が必要になってくると思いますから、日本としては苦手なやり方ですよね。

      対支那を考えれば、手を結ぶべきはベトナムとインドということになるんですが。

  5. 皆さま、今日は

    私のインドネシアに対する印象は「とても良い」なんです。もっとも、私が知っているインドネシア人(5人)は、大学院ドクターコースへの留学生とその家族です。礼儀正しいし「まとも」です。国に帰る時には某レストランでパーティーをやってくれて、私、ご馳走になりました。彼らにとっては、なけなしの「¥」だっただろうに。こういう人たちを基準に国を見るべきではないんですけど、実際に交流があった人たちへの印象は強力ですよね。

    ・・・「ドクターだから」ではないですよ。○国(例の国)からの留学生(ドクターコース)とか交換研究員(ドクター取得済み)とかは、とても無礼で嘘つきでした。ったく・・・

    なので、直接交流があった人たちが基準になってしまいます。
    インドネシアの普通の人って、どんなんだろうね??

    • 僕が学生時代に知るインドネシア人は随分と振り切った方だったので(私費留学生で、金持ちのボンボンだった)、なんとも。
      ただ、社会人になってから知った方はかなりキチンとされていましたので、やっぱり人によるのでしょう。

      ……某国の方はどうしようも無いクズでした。まあ、これも人によるんでしょうね。

  6. 残念ながらインドネシアを含めて東南アジア諸国の支配者層は支那マネーにズブズブのようで困ったもんです。
    いずれにせよ、過去植民地支配した欧州各国はこの地域をほぼ見放していますから、東南アジア各国にしてみれば支那マネーに頼るしかないのが現実なんでしょうか。
    唯一対立しているのが数々の遺恨のあるベトナムくらいかな。

    とはいえ、今後支那マネーに対抗する為にはインフラ支援も安易な円借款など使わずに、より慎重に吟味して進めるべきと考えます。
    今後、東南アジアで手を結ぶべきはまず台湾であり、次に支那を共通の敵とするベトナムじゃないでしょうか。
    資金投下はこの2国集中でいいんじゃないかな。

    さて、そんな最中に支那寄りに傾いてるフィリピンにレーダーシステム(三菱電機製)を輸出する契約が締結された模様。
    一部は空自が運用するアクティブ・フェーズドアレイレーダーJFPS-3だとか。

    >フィリピン政府が発注する防空レーダーシステム4機の整備事業を落札したことがわかった。安倍政権が条件付きで武器輸出を認める「防衛装備移転三原則」を2014年に策定して以降、日本が初めて輸出する防衛装備の完成品となる。
    >自衛隊が導入している防空レーダー「JFPS3」(3機)と「JTPS―P14」(1機)をそれぞれ改良したシステムを落札した。JFPS3は国内の沿岸部の山に設置されていて、戦闘機やミサイルの飛来を感知できる。北朝鮮に対するミサイル防衛などで使われている。JTPS―P14はトラックなどに積んで航空機やヘリコプターの飛来を感知できる。

    武器3原則改定後の本格的な武器輸出なんですが、どうも素直には喜べませんねェ~。
    支那への技術漏洩防止策は大丈夫なんでしょうか?

    まあ、支那べったりのドゥテルテ大統領は健康不安説もあり、残り任期も2年半ですから時期大統領にはアメリカ側への揺り戻しを期待したいところですけど。