「通貨スワップ協定を結んだニダ!」と宣伝する韓国

大韓民国

ついつい信じてしまったが、どうやらこれはちょっと怪しい話だってコメントを頂いた。確かに調べて見るとどうにも怪しいので、少し記事にしておこう。

韓米600億ドル通貨スワップ、足元の金融不安を抑え込む

2020.03.20 07:20

韓国が米国と600億ドル(約6兆6400億円)規模の二国間通貨スワップを締結した。外国為替市場の変動性が高まった状況で最小限の安全ピンを確保することになった。

19日、韓国銀行によると、米連邦準備制度理事会(FRB)と結んだ今回の契約は、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡散余波で韓国ウォン価値が急落するなど、外国為替市場が揺れ動く中で電撃的に結ばれた。契約期間は6カ月(2020年9月19日)だ。その後の状況によっては延長される可能性もある。

「中央日報」より

3月20日に報じられたこのニュース、「どうしたアメリカ?!」とちょっとビックリはしていたのだが、どうやら想像してたんと違うヤツだったらしい。

スポンサーリンク

通貨スワップと為替スワップ

韓国はどうしても通貨スワップ協定が結びたい

「通貨スワップ」という言葉をメディアは気軽に使っているのだけれど、「通貨スワップ協定」とは違う。この辺りの言葉の定義は何とかして欲しい。

ともあれ、複数の中央銀行間で結ばれる「通貨スワップ協定」こそ、韓国政府が真に欲しいモノなのだ。

FRBはカナダ・英国・欧州(ECB)・日本・スイスなど5カ国の中央銀行と常設スワップ協定を結んでいる。最近、世界のドル資金市場の梗塞が深刻だと判断し、韓国を含めた9カ国と追加でスワップ契約を締結することにした。規模は、韓国・オーストラリア・ブラジル・メキシコ・シンガポール・スウェーデン中央銀行とは600億ドル、デンマーク・ノルウェー・ニュージーランド中央銀行とは300億ドル。

「中央日報」より

こうやって書かれていると、「通貨スワップ協定」が結ばれたんだよね?と錯覚するのだけれど、記事をよく読むとこんな事が書かれている。

通貨スワップは、それぞれ異なる通貨をあらかじめ定められた為替レートによって一定の時点に相互交換する外国為替取り引きだ。相手国の中央銀行に一種のマイナス通帳を開設する概念だ。米国と締結すれば、ドルを貯めておく効果がある。

「中央日報」より

……「それぞれ異なる通貨をあらかじめ定められた為替レートによって一定の時点に相互交換する外国為替取り引き」とあるんだけど、中央銀行の間で結ばれれば「通貨スワップ協定」のような気もしてくるな!

でも、その後にある「一種のマイナス通帳を開設する概念 」というのは完全に間違いだと思うぞ。

「マイナス通帳」は日本で言う当座繰越に相当する制度かと思ったら大間違いで、韓国のソレは寧ろキャッシングサービスに近い。

当座繰越の多くは、定期預金の額から限度額が決定されるもので、普通預金からの引き落とし時に残金がないと自動的に借り入れされて残金がマイナス表示となる。

韓国式マイナス通帳は、限度額まで自由に借金できるシステムで何百万単位で借金が可能なのだとか。

通貨スワップ協定はそんな便利なモノじゃないぞ?

通貨スワップ協定とは

さて、では通貨スワップ協定とは一体?という話をする前に、すこし昔話をしよう。

アジア通貨危機(1997年7月)が引き起こされたとき、韓国に激震が走った。

実は韓国の鉄鋼業界はこの時期より少し前からヤバいネタを抱えていて、韓宝鉄鋼(現:現代製鉄)は1997年1月に破綻。これを受けて特殊鉄鋼製造を中核事業としていた三美グループが倒産する事態に発展していた。こういった流れを受けて格付け機関のムーディーズは、同年7月に韓国の格付けをA1からA3に降格させる。

更に、同年10月22日に起亜自動車が法定管理を申請することで、ムーディーズ以外の格付け機関も一斉に韓国の国家信用格付けを下方修正とした。

この結果、韓国財閥の株価は大暴落してウォンの暴落に発展する。現在のウォンのレートは1ドル1,240~1,260ウォンをウロウロしている状況だが、この時、最終的には1ドル=1,678ウォンを越える事態となった。ウォンの適性レートは1ドル=1,000ウォンから1ドル=1,200ウォンだといわれている。したがって、1ドル=1,500ウォンを超えてしまう事態になると、ウォン安を回避する為にドルを使う事態に陥った(ウォン買いドル売り)。

その当時の韓国は、外貨準備が不十分であったが為に(十分にあるとされていた外貨準備高は嘘だった)、IMFから550億ドルの金融支援を受ける結果に。

これが、韓国通貨危機と呼ばれた事態である。

その後、韓国は「IMFからお金を引き出すにも限界があるし、キッチリと返済しなければならないので韓国にとっては都合が悪い」と考えたようだ。

そこで通貨スワップ協定に目を付けた。

通貨スワップ協定は、各国の中央銀行同士が結ぶ協定で、通貨危機を迎えた際には自国通貨の預入や債券の担保などと引き替えに各国の中央銀行から一定のレートで協定相手国の通貨を融通して貰える協定だ。通貨危機における安全弁として機能する点は間違いでは無い。

例えば、金融市場の混乱によって市中の短期金融市場から主要な決済外貨(主にドル)が枯渇した場合に、短期金利が急騰して中長期の金利にも影響することで世界経済に影響をもたらす。そんな事態に際して、外国の中央銀行から、既に取り決めのあるレートで決済外貨を融通して貰うことで混乱を治める効果が期待できる。ただ、これは実際に使う事が目的ではなく、寧ろ保険的な意味合いが強い。つまり「金融危機が起こりそうな事態にも安全ですよ」と、言う訳だ。これが「通貨スワップ協定」の狙いだ。非常に大雑把な解説ではあるが。

で、韓国はアメリカや日本に「通貨スワップ協定を結んでくれスミダ」と持ちかけた。しかし韓国の場合は、外国の中央銀行から引き出したお金を、市場介入に使いたいという目論見があるようなのだ。

実際に、米韓スワップ協定が結ばれていた際には、アメリカからドルを融通して貰って市場介入をやっていた実績がある。もちろん、本来そういう目的で通貨スワップ協定を使われては困る。だからこそ米韓通貨スワップ協定は早々に終了してしまった(2009年8月失効)。

日本も韓国と通貨スワップ協定を結んでいた時期があったが、2015年2月23日で終了している。

そういうのは外貨準備によって賄ってくれよ……。

外貨準備が必要

そんな訳で、現在、韓国は表向きは豊富な外貨準備高を用意してあると公表している。だが、再び「通貨スワップ協定を」という願望をも垂れ流しているんだよね。あれ?安全性が高いなら「通貨スワップ協定」要らないんじゃないんですか?

韓国の外貨準備高 6カ月ぶりに減少

2020.03.04 06:00

韓国銀行(中央銀行)が4日に発表した2月末の外貨準備高は4091億7000万ドル(約44兆1600億円)で、前月比4億8000万ドル減少した。前月まで4カ月連続で過去最高を更新していたが、昨年8月以来の減少に転じた。

「聯合ニュース」より

報道によれば、外貨準備高は4091億ドルもあるとのことで、アジア通貨危機の時に必要とした550億ドル(実際には1900億ドル相当使われたともいわれている)よりも何倍もある状況である。

これならば「何の心配もない」ハズだ。

ところで、通貨危機の時に必要なのは、「直ぐに使えるドル」なので、外貨準備が「何の形で準備されているか」はかなり重要だ。

南朝鮮の外貨準備の内訳 保有する証券類の中身は何だ?
日韓対立によって韓国の経済状況について日本人の関心が高まっています。特に韓国が通貨安からドボンになるのではないかという懸念もあって、韓国の外貨準備が注目されます。韓国の08月末日時点の外貨準備の内訳2019年09月04日、韓国銀行の公表した
南朝鮮「通貨スワップ協定」金額が全然足りない理由 約1,600億ドル要るんですよ
先の記事で、韓国が現在締結している(としている)通貨スワップ協定が危機時には恐らく足りないと記述しましたが、そう推測できる理由です。アラン・グリーンスパン元FRB議長が述懐したように、1997年のアジア通貨危機時に韓国はIMFから総額「55

こちらの記事などで解説がなされているが、韓国で報じられている外貨準備高は4,000億ドル相当という数字はアテにならない。

記事に言及されているが、例えば4,000億ドルに含まれているアメリカ合衆国債は1,170億ドル分だと判明している。

が、この国債を有事の際に売り払って金を作るなんて事ができるか?というと、多分それはダメだろう。アメリカにとっても巨額の国債が市場に出ることは望ましくない。

そして、韓国が挙げる外貨準備のうち、アメリカ合衆国債以外の2,700億ドル分の証券類も中身がよく分からず、緊急時に換金できるかどうか不明である。確実に使えそうなのは200億ドル相当の預金と、CMIの384億ドルの3割にあたる115.2億ドル程度ではないかといわれている。

韓国は他国との通貨スワップ協定を複数結んでいるが、果たしてそこからドルが融通できるかどうかはいまいちよく分からないしね。

即ち、韓国のいう「準備」は一体何処までが本当なのですか?というのが市場の見方なのである。

本当は何が結ばれたのか?

で、過去に苦い経験のあるアメリカが、まさか韓国と「通貨スワップ協定」を結ぶとは?!と思っていたのだが、よく読むと記事では「通貨スワップ」になっているし、「外国為替取り引き」という言葉が使われている。

前出の通貨スワップ協定と事なり、単に「通貨スワップ」と言った場合は、民間銀行が用意する金融派生商品の一種で、取引当事者が異なる通貨の資金を相互に交換する取引を指す。そして、当のアメリカFRBはどう説明しているのかというと……。

Federal Reserve announces the establishment of temporary U.S. dollar liquidity arrangements with other central banks

March 19, 2020

The Federal Reserve on Thursday announced the establishment of temporary U.S. dollar liquidity arrangements (swap lines) with the Reserve Bank of Australia, the Banco Central do Brasil, the Danmarks Nationalbank (Denmark), the Bank of Korea, the Banco de Mexico, the Norges Bank (Norway), the Reserve Bank of New Zealand, the Monetary Authority of Singapore, and the Sveriges Riksbank (Sweden). These facilities, like those already established between the Federal Reserve and other central banks, are designed to help lessen strains in global U.S. dollar funding markets, thereby mitigating the effects of these strains on the supply of credit to households and businesses, both domestically and abroad.

These new facilities will support the provision of U.S. dollar liquidity in amounts up to $60 billion each for the Reserve Bank of Australia, the Banco Central do Brasil, the Bank of Korea, the Banco de Mexico, the Monetary Authority of Singapore, and the Sveriges Riksbank and $30 billion each for the Danmarks Nationalbank, the Norges Bank, and the Reserve Bank of New Zealand. These U.S. dollar liquidity arrangements will be in place for at least six months.

「FRBのサイト」より

韓国銀行とも最大600億ドルの「米ドルの流動性の提供」をサポートするとしている。その期限が6ヶ月とも明記されている。

記事の中には「dollar liquidity arrangements」とあるので、今回の話はFRBから各国の中央銀行経由で各民間企業にドルを貸し付けるお約束と理解するのが正しいだろう。これは「為替スワップ」と呼ばれる類の取引らしく、韓国銀行が市場介入に使えるシロモノでは無さそうだ。

確かに在韓アメリカ企業が韓国の民間銀行からお金を引き出したい場合に為替スワップが結ばれていれば、韓国の民間銀行がお金を持っていなくても貸し付けが可能ではある。故に、アメリカとしてもメリットはあるのだろうが……。

中央日報はどうやらそういう話にはしたくないらしいが、しかしその実態は「通貨スワップ協定」とも「通貨スワップ」とも異なる模様。いや、「通貨スワップ」の概念には含まれるのかな?この辺りは解説しているサイトによって表記の揺れがあるので、ハッキリした事は分からなかったが、韓国が望むものではなかったという事だけは確からしい。

日韓通貨スワップ協定待望論

お断りだ!

で、こうしたアメリカとの契約を片手に、「チョッパリ!日韓通貨スワップ協定を結んでやるニダ!」と迫ってきているようだ。

通貨スワップ協定「様々な国と締結努力」 韓国経済副首相

2020/3/20 18:16

韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相は20日、日本との通貨交換(スワップ)協定について「追加で様々な国と協定締結に努力する」と語った。海外メディアとの懇談会で、日本との交渉状況を問われて回答した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、韓国銀行(中央銀行)は19日に米連邦準備理事会(FRB)と通貨交換協定を結んだ。

~~略~~

韓国銀の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁も20日、記者団に対して「為替の安全弁として重要。日本との通貨交換協定も意味がある」と発言した。足元では新型コロナウイルスの感染拡大で安全通貨への逃避姿勢が強まり、韓国ウォンは米ドルに対して昨年末比で一時10%超下落していた。

「日本経済新聞」より

日本経済新聞が何を思ってこの記事を垂れ流しているのかはよく分からないが、この記事の最後に書かれている韓国最後の希望である外貨準備高4,000億ドルはまやかしである点は既に述べた通りである。

つまり、安心材料は無いから韓国との通貨スワップ協定は論外と言うことになる。

韓国銀行、米FRBと通貨スワップ協定を締結

2020年03月24日

韓国銀行(中央銀行)は3月19日、米国連邦準備理事会(米FRB)と600億ドル規模の2国間通貨スワップ協定を締結すると発表した。

「JETRO」より

JETROなども、どういうつもりかは知らないが完全におかしな記事を書いている。まあ、JETROの場合は「締結すると発表した」という伝聞調で書いてあるので、未だマシかもしれない。

市場の反応

そんな訳で、韓国メディアを中心として、「アメリカと通貨スワップ協定を結んだニダ!」と大宣伝を打った。これは戦略としてはは正しいのだろう。日本のメディアまでもそこに乗っかるのはどうかと思うが。

その結果、韓国はドルの供給が出来るというメッセージが市場に伝わったらしく、一時的にウォン安は落ち着いたかに見えたのだが……。

通貨スワップの効果尽きたか…KOSPI1480、ウォン1260ウォン台に「急落」

2020.03.23 18:46

韓米通貨スワップ締結のニュースの「効果」はすでに尽きたのか。23日の韓国の金融市場では株価とウォン、債券価格が一斉に下落する「トリプル安」現象が現れた。韓国総合株価指数(KOSPI)は1500を割り込み、ウォン相場は1ドル=1260ウォン台にウォン安が進んだ。先週末に海外市場で積もった悪材料が一気に反映された余波だ。

「中央日報」より

やっぱり暴落しちゃった。

マーケットもFRBからのプレスリリースを確認した上で「嘘だ」と認識したのだろう。或いは、600億ドル程度では足りないと判断したのかも知れない。

実際に、足りないのだ。

で、ムン君は大規模な金融支援を実施することを決定するに至る。

企業支援へ緊急資金8.8兆円投入 「コロナ倒産」防ぐ=文大統領

2020.03.24 13:24

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済対策を話し合う2回目の「非常経済会議」を青瓦台(大統領府)で開き、危機に陥っている企業のため100兆ウォン(約8兆8000億円)規模の金融支援を実施することを表明した。

「聯合ニュース」より

韓国政府が巨額な負債を抱えていること考えると、なかなか大きな博打と言える。ただ、これは英断だと判断されるかもしれない。

実際に、ウォンは急落して若干落ち着きを取り戻している。

ただ、現在の市場の乱高下の状況を見ると、何かあれば直ぐにこの状態は崩れるかも知れない。

この期に及んで、「日韓通貨スワップ協定を」と日本のメディアが騒ぎ出したらもはやその新聞を読む価値は無いだろう。

コメント

  1. 木霊様、皆さま、今晩は

    某ニュース記事へのコメントに
    「アメリカ人、アメリカ企業がウォンをドルに換金して逃げるための資金である、逃げ切るまでは韓国が破綻するのは避けなくてはならないから、融資に応じた。6か月後に厳しく取り立てて韓国が破綻しても知らんからね」・・・という意味のがありました。
    なんか、納得できてしまいました。

    かなり、と言うか、思いっきりヤバそうな気がします。

    • アメリカにしてみたら、アメリカの企業さえ守れるのであれば韓国を救う理由は無いのでしょう。
      逃げるまでの資金を確保、というのは当然の判断でしょう。

  2. 木霊さん こんばんは。
    韓国くんのいつもの嘘はいいとして(良くないがw)、これどうなんでしょうね・・・
    木霊さんの仰る通り、ドルが枯渇してるというアピールにもなり、米帝に借りた額が晒されるワケでしょう?
    状況がさらに悪化したら外国(人)投資家は、これ幸いにというかまさに渡りに船で、とっととウォン売っぱらって撤退すると思いますが。
    韓国くん本人は気づかずに、「こんなに借金したニダ」を喧伝するという、来週以降のヤバそうな笑い話になりそうですね^^

    • この為替スワップが簡単に使えるモノかよく分かりませんが、「通貨スワップ協定を結んだ」という事を宣伝することが今回の目的だったように思います。
      アメリカからの一言があれば、あっという間に崩れるでしょうから、時間稼ぎの為にもアメリカは一芝居打った可能性がありますね。

  3. 木霊さん、おはようございます。

    通貨スワップ(BSA)と為替スワップ(BLA)の違いが判らない程アホじゃないでしょうから、韓国銀行はプレスリリースで意図的に嘘を垂れ流したって事、つまりフェイクニュースと言っていんじゃないかな。
    その証拠はFRBのプレスリリースには「U.S. dollar liquidity arrangements (swap lines)” “facilities”=流動性供給ファシリティ」とあるそうです。

    金融機関の短期の借金がヤバくなった時(=貸付先が経営破綻に追い込まれた時)に融通できるのでしょうけど、本質的なウォン安解決には繋がらないんじゃないかな。

    そして恐ろしい事に南朝鮮が他国と締結している通貨スワップは全てドル建てではないとかいう事実が...。

    赤字企業同士が急場をしのぐ為に使う「融通手形」って感じかなァ~。 もちろんアメリカは巨人ですから適格な表現じゃないですけどね。

    他の方も指摘されているように、アメリカ企業・投資家が逃げ出す為に猶予を与えたって事じゃないでしょうか。 ホルホルしてる場合じゃないと思う。
    「南朝鮮なぞ破綻したってかまわない」という露骨な策なんですから、ウォン安・株安で倒産する企業が続出する可能性大...、巨額の融資を行っている日本のメガバンクは大丈夫なんでしょうかねェ~。

    P.S.
    コメントの一部は「新宿会計士の政治経済評論」さんのコラムから参考にさせて頂きました。

    • そうですね、ご指摘の通りかと思います。
      とはいえ、ウォンは随分上がっていましたので、韓国の「効果あり」「作戦勝ち」ということかもしれません。

      • ナント!! 韓国銀行(中央銀行)が金融会社に流動性(資金)を無制限に供給するという、「南朝鮮版量的緩和」に打って出ました。

        木霊さんもご指摘されていましたが南朝鮮の外貨準備高の内実はショボく、資金の担保として機能するかも怪しいのが現状みたいです。
        ドル建て資金が少ないのは公然になっていますし、危ういジャンク債がどれくらいなのも目ざとい海外投資家は把握している事でしょう。

        つまり、文クンは絶対に負けられない選挙対策優先で、担保として無制限の国家補償を認めたって事になるんじゃないでしょうか。
        国民に対しては一時的に企業倒産を防ぐという方便(騙し)で切り抜ける魂胆かなァ~?

        でも、これってウォン安加速とハイパーインフレを招きかねない劇薬だと思いますけどね。
        そして問題はどんな借金にも担保が必要なんで、その担保が国家財政となれば最終的に負担するのは国民って事。
        最後の手段はデフォルト覚悟...というか、「破綻したから借金払わないよ」という図々しい腹なのでしょうかねェ~。

        企業は潰れまくりウォンは紙屑となり国民はどうやって生きていくのか...、その行先はまさに「共産主義化による市場・経済管理」となりそうです。

        日本企業とメガバンクも猶予期限は限られきましたから、早く脱出した方が賢明なのは間違いないと思っています。

      • マスメディア反乱軍様

        >ナント!! 韓国銀行(中央銀行)が金融会社に流動性(資金)を無制限に供給するという、
        >「南朝鮮版量的緩和」に打って出ました。

        待ってください。色々突っ込みどころ多数です。

        ソース)NNA ASIA(共同通信)「韓国銀が史上初の量的緩和策 新型コロナ対策、金融安定下支え」
        >韓国銀行は26日、来月から6月末まで毎週1回、銀行が差し出した国債などを担保に資金を
        >供給する「レポ取引」を通じて、銀行間で現金を貸し借りする短期金融市場に資金を供給
        >すると発表

        「米ドルを供給」なんてないですよ。「資金」=韓国ウォンだと思います。

        >金利については、年0.75%の政策金利に0.1ポイントを加算した0.85%を上限ラインにする。

        金利取るんかい!!!

        で、
        >でも、これってウォン安加速とハイパーインフレを招きかねない劇薬だと思いますけどね。
        というのは、その通りですけどね。

        現在の韓国の為替介入は、ウォン買い米国ドル売りなので、外貨の流出が止まらない&ウォンが国内に貯まり価値が下がるのが止まらないわけです。
        「ハイパーインフレ」どころか「スタグフレーション」(景気後退しているのに物価上昇)という事態になる可能性はると思います。

  4. >JETROなども、どういうつもりかは知らないが完全におかしな記事を書いている。

    JETROの記事ですが、この記事に引用されている部分が変わっています。
    現在の文章を引用します。

    >韓国銀行(中央銀行)は3月19日、米国連邦準備理事会(米FRB)と600億ドル規模の2国間為替
    >スワップ契約を締結すると発表した。

    「2国間通貨スワップ協定」が「2国間為替スワップ契約」に変わってますね。

    >この期に及んで、「日韓通貨スワップ協定を」と日本のメディアが騒ぎ出したら
    >もはやその新聞を読む価値は無いだろう。

    この「日韓通貨スワップ協定」は、「通貨スワップ」(BSA)です。

    • そうでしたか。
      JETROも記事内容を修正してきましたか。

      韓国は韓銀砲を使ったという噂もありますが、いつまで保つのやら。選挙まで保てば良いんですかね?

  5. 連投失礼します。

    この件の絡みで、韓国銀行による為替介入を「韓銀砲」と表している話がでています。
    これは、2004年に日本政府が実施した為替介入が「日銀砲」と呼ばれていることに由来します。
    ただ、実際に実行を指揮したのは財務省であり、当時の谷垣財務大臣です。
    (日銀は実行部隊でしか無い)

    「韓銀砲」と「日銀砲」の違いを挙げます。
    ・「日銀砲」=円売り米ドル買い=日本は無制限の円を用意出来る
    ・「韓銀砲」=米ドル売りウォン買い=米ドルの調達に限界がある。

    ネタなんですが、MAD系動画のURLを貼らせてください。これは名作だと思いますが。
    https://www.youtube.com/watch?v=RTkUJcjClxw

    • あるけむさん、レスありがとうございます。

      >「米ドルを供給」なんてないですよ。「資金」=韓国ウォンだと思います。

      ご指摘ありがとうございます、書き方が悪かったと思いますが原資としてアテにしてるんじゃないかという意味でした。(どれくらい真水のドルを保有しているか知りませんけど)
      基本は国家財政を担保(=国民の借金)にするつもりだろって事も書いたつもりです。

      さて今度は外貨LCR規制緩和をやるそうで、これの原資には「韓米通貨スワップ資金と外貨準備高を活用して外貨を供給する」としっかり宣言しちゃってますねェ~。
      これで民間企業が多少救われればいいのでしょうけど、どうなる事やら...。(冷笑)

      >現在の韓国の為替介入は、ウォン買い米国ドル売りなので、外貨の流出が止まらない&ウォンが国内に貯まり価値が下がるのが止まらないわけです。
      >「ハイパーインフレ」どころか「スタグフレーション」(景気後退しているのに物価上昇)という事態になる可能性はると思います。

      このままウォン安に歯止めが効かなければ、個人の借金比率が高い上にハイパーインフレで国民の生活はどうなっちゃうんでしょう?

      太郎ちゃん(麻生)が1~2年前に「借金を返さない相手と通過スワップ締結するなんてあり得ない!!」と啖呵切ってましたが、日本はこの大原則をしっかり守って欲しいもんです。 そしてメガバンクは信用保証を止めて債権回収と貸し剥がしに走るべきです。