支那、仮設病院の解体を始める

支那

凄いな!

凄いとしか言いようが無い。

新型ウイルス新規感染者減少、大半の仮設病院閉鎖 中国

2020年3月9日 19:19

中国で、新型コロナウイルスへの新規感染者数がこれまでで最少となっている。流行の中心地となっている湖北(Hubei)省武漢(Wuhan)では、患者を受け入れるために仮設された病院の大半が閉鎖された。

中国国家衛生健康委員会(NHC)は9日、全国で新たに40人の感染を確認したと発表。この数は、同国が1月に統計公表を始めてから最も少ない。

「AFP」より

そもそも、この仮設病院の建設というのが、世間に対するアピールだった側面があるので、今になって解体するということそのものは、運用上の問題は無いのかも知れない。

更に、患者の7割は重症化しないというデータが分かってきているので、武漢肺炎に罹患した患者であったとしても帰宅させれば問題無かろうという判断はあっても不思議は無い。

スポンサーリンク

世界的に支那の武漢肺炎は収束したとアピール

共産党は武漢肺炎に勝利!を宣伝

さて、前回触れた記事を紹介しておこう。

習近平氏は支那全土に向けて「2月末で支那の武漢肺炎は収束する」と宣言した。その結果、2月末を境に感染者は殆ど報告されなくなった。

中国 新たな感染者19人 3日連続で50人下回る 新型ウイルス

2020年3月10日 10時28分

新型のコロナウイルスの感染の広がりについて中国の保健当局は9日に国内で新たに感染が確認された人は19人だったと発表しました。新たな感染者は3日連続で50人を下回っていて中国当局は海外からの流入に警戒を強め、水際での対策を徹底する姿勢を示しています。

「NHKニュース」より

今や日本よりも感染者の増加数は少ない。

そのこと自体は喜ぶべき事かもしれないが、世界が感染拡大状況にあり、イタリアは阿鼻叫喚の地獄絵図といった状況になっているのにもかかわらず、自分のところだけさっさと手仕舞いというのは余りにムシの良い話である。

韓国も感染者数増加は減りつつある

なお、先週まで世界第2位の感染者数を誇っていた韓国だが、ここへ来て感染者数の増加に歯止めがかかってきた感じになっている。

韓国、新型ウイルス感染ペース鈍化、大統領「安定局面入り」期待

2020年3月9日 / 11:17

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日、国内の新型コロナウイルスの感染拡大ペースが鈍化しつつあることから、このままいけば「安定局面」に入る可能性があるとの見方を示した。丁世均(チョン・セギュン)首相も、、危機の「転換期」に近付いているとの期待を示した。ただ、保健当局者は感染のピークを過ぎたと判断するのは時期尚早と指摘している。

韓国疾病予防管理局(KCDC)の9日の発表によると、国内の新型コロナウイルス感染者は165人増え、累計7478人。感染者の増加数は過去11日間で最低となった。死者は1人増え、51人。

「ロイター」より

こちらも余り情報の信用出来る国ではないが、2月25日の時点で状況の落ち着きを見せていたようなデータはある。

korea-cases-0225

最大の流行地となっている大邱の封鎖と、宗教団体「新天地」の活動を禁止させたことで、クラスターでの感染拡大を防ぐ効果があったのだろうと、予想できる。

こちらのグラフも参考になるかな。

ただ、こうした感染拡大の温床になった可能性のあるドライブスルー検査は、手仕舞いをしたのだろうか?

韓国で「ドライブスルー式」ウイルス検査、各地でフル稼働

2020/02/28 16:58

新型コロナウイルスの感染拡大が続く韓国で、駐車場などを利用した「ドライブスルー」方式のウイルス検査施設が各地に設置され、フル稼働している。

「讀賣新聞」より

韓国にドライブスルー方式の検査施設、結果は3日以内に通知 新型肺炎

2020.03.03 Tue posted at 17:55 JST

韓国・高陽(CNN) 新型コロナウイルスへの感染が拡大する韓国で、車に乗ったまま検査を受けられるドライブスルー方式の施設が登場した。

「CNN」より

この方式が全て悪いとは言わないのだが、適切だとはどうしても思えない。

 韓国は「疑わしき者は検査する」との方針から重症者に限らず、無症状者、軽症状者を発見し、同時に感染経路を辿って、接触者を探し出すことを優先させているが、感染が疑われた人が病院で検査を受けるまで平均3~4日かかっているためその間に家族や知人と接触すれば、1人あたり平均して3~4人の感染者が発見されるとしている。

 現状でも韓国の1日のPCR検査はどの国よりも多いが、月末には一日に1万3千から1万5千件と増える見通しだ。

「yahooニュース」より

頑張って検査した様子はこちらの記述からも分かるのだが、それが本当に良かったのかはちょっと悩ましい。後から検証する必要はあるだろう。

問題は、3月3日の時点で病床不足が指摘されていたことだ。

韓国感染者、5000人超 大邱で病床不足深刻―新型肺炎

2020年03月03日19時32分

韓国保健当局は3日、新型コロナウイルスの感染者が計5186人に達したと発表した。死者は31人となった。感染者は連日急増しており、過去10日間で約10倍に膨らんだ。保健当局は現在、3万5000人以上に対し、感染の有無を検査している。

~~略~~

死者も大邱や慶尚北道に集中しており、同地域では感染者の急増で病床不足が深刻化。大邱では感染が判明しても、医療機関で治療を受けられずに自宅待機している感染者が2000人に達し、もともと疾患を持つ高齢者らが自宅で亡くなるケースも続出している。韓国紙は「医療体制の崩壊」(毎日経済)などと政府の対応の遅れを批判している。

「時事通信」より

病床不足になっていたにも関わらず、感染は縮小傾向にあるという話に転じた。この事にどうしても引っかかりを感じてしまう。「運が良かった」と楽観的に考えるべき情報なんだろうか?

その辺りを踏まえて考えると、「どうなの」と考えてしまう。

やらせ視察の報道

支那の方に話を戻していきたい。

全部ウソだ!武漢市民が罵声 中国「やらせ視察」に批判

2020年3月9日 16時00分

新型コロナウイルスの感染が続く中国湖北省武漢市で、住宅地を視察した政府高官に住民が不満をぶつける動画がネット上に広がり、話題になっている。生活の改善ぶりをアピールした地区管理者の「やらせ」に批判が集まったものだが、形式主義を排すよう求める習近平(シーチンピン)国家主席の指示が現場に行き届かない実態もあらわになった形だ。

「朝日新聞」より

このニュース、支那のメディアが報じた情報らしく、この情報の出所も少々怪しい感じはする。何故かというと、習近平氏の指示で行われた視察なのに、「やらせだった」という報道が出たのである。

どう考えても支那共産党のチェックが入りそうなモノだが、それが引っかからずにネットに動画配信されてしまってその事実が明らかになってしまった模様。

武漢市民の不満爆発 高官に「直訴」動画拡散―中国

2020年03月09日20時32分

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け1月下旬から閉鎖が続く中国湖北省武漢市民の間で不便な生活に不満が広がっている。食料品などの生活物資の入手に困る多数の住民が、現地視察した孫春蘭副首相に不満の声を直接ぶつける様子がネット上で拡散。習近平指導部は住民の側に立った徹底調査と責任追及に動いている。

~~略~~

習指導部は「十分な対策で情勢は良くなっている」と宣伝している。こうした中で市民の不満が体制批判に転換することを警戒しているもようだ。中国政府で地域住民の生活関連政策を立案する民政省幹部は9日の記者会見で「報道された武漢市の『うそ』は党と政府のイメージを甚だしく損なった。断固として正さなければいけない」と強調した。

「時事通信」より

動画の拡散により情報が流れてしまったので、支那政府はその対応に追われている状況にあるようだ。程なく、騒ぎは収まるだろう。

ただ、地方政府の不満は相当高くなっていると考えられるし、少々物騒な話もある。

戦闘機が天津市で墜落 中国軍東部戦区の「反乱」か

2020年3月7日

3月5日、中国軍の戦闘機が天津市武清区に墜落した。ネット上に、反乱した中国人民解放軍の戦闘機がミサイルに撃墜されたという情報が流している。現在、中国国営メディアはこの事件を報道していない。

「visiontimesjp.com」より

天津といえば、こんな事件があった。

世界4位の港まひ 天津爆発、被害広がる 工場や店舗、停止 物流経路変更も検討

2015/8/15

中国・天津市の港湾部で12日に起きた爆発事故が、物流や生産など企業活動に深刻な悪影響を及ぼし始めた。港湾施設は機能がほぼ止まり、進出各社の事業所や倉庫施設も復旧がままならない状況だ。天津港のマヒ状態が長引けば、生産の停滞や輸出の減少という形で中国経済の足を引っ張りかねない。

「日本経済新聞」より

2015年に世界を震撼させたこのニュースは、「ただの事故」として扱われた。

ただまあ、こんな状態になって「単なる事故」というのは少々信じられない。

その天津で先日、戦闘機が墜落したというのだが、そのニュースは報じられていない。尤も、噂だけの話なので、「何かが爆発炎上した」と言うことだけなのかも知れない。

【速報】中国天津武清区に戦闘機撃墜

そして、天津は北京のお膝元という位置関係にある事も、気になるところ。武漢は北京から結構距離はあるんだけどね。

支那国内の情勢はかなり不安定、ということなのかもしれない。WHOなどを買収してかなり世界に「安定」をアピールしているのだけれど、内情はかなり悲惨である可能性はある。

隔離ビルが倒壊

もう一つビックリしたニュースがこちら。

隔離ホテル倒壊、10人死亡 改装工事が原因か―中国

2020年03月08日18時21分

中国福建省泉州市で7日夜、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した人の隔離施設として使われていたホテルの入るビルが倒壊した事故で、中国政府は8日午後4時(日本時間同5時)までに10人の死亡を確認したと発表した。取り残された71人のうち48人が運び出され、残る23人の捜索が続いている。このほか9人は自力で脱出した。

「時事通信」より

「何故」か武漢肺炎患者を隔離していた施設が、「謎」の倒壊をしてしまったのである。

幸いにも助け出された人も結構いたようなのだが。

このニュースを最初に目にした時に、「支那共産党が始末したのか?」という疑惑が頭を過ぎったが、事実は異なるのだろう。

ただ、状態の怪しいビルに隔離していたという事は事実だろう。

そうすると、感染者がどのような扱いを受けていたかは、想像に難くない。

それでも、支那共産党の英断によって武漢肺炎が収束に向かっているという可能性の方が高いのだろうけれど。僕自身はピークアウトはしたものの、まだ収束していないと見ている。

追記

拾いものです。

ウヒヒ、これ、議事録に載っちゃうぜ。

追記2

もう一つひろいものである。

ああ、病院解体は予定調和なんだ。

そりゃ、患者数が積み上がっていては不味いわな。死者がたくさんでない限りは、隠蔽する方向でやるのかも知れない。世界は、もはや支那の動向を構っている場合じゃないからね。

11日までには……。明日じゃねーか!

コメント

  1. >こちらのグラフも参考になるかな。

    日経新聞でも同様のグラフを公開していますが、そのグラフから「日本」が外されました。

    https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/

    • 日系新聞もしっかりつくっていたんですねぇ、こうしたサイトを。
      そして、分かり易いです。

      ありがとうございます。

  2. 木霊さん、おはようございます。

    太郎ちゃん節が冴えわたっていますね。

    >中国が言うようにもう終わった、我々は勝ったなんて話は信じられねーと思ってますんで」
    >「一番の問題はよくわからない情報が。だって今日から(仮設)病院を解体してるんですよ。なんで?あそこの正式文書はこうやって(眉唾)見ないといけない。

    クルーズ船対策ではイギリスにも正論ぶちかましましたし、他の政治家達も見習って少しくらい根性見せて欲しいもんです。
    マスメディアはよほど都合が悪い事でもあるのか、国益に言及した重要な発言なのにスルーしちゃってるのがホント気持ち悪い。

    習氏の武漢視察の翌日のタイミングでWHOがパンデミック宣言ってのも、何か裏がると穿って見たくなります。
    臨時病院解体も「武漢で勝利した!!」と支那共産党がアピールする為に、必須のシナリオのひとつだったんじゃないかな。

    • 麻生氏は好きな政治家ではありますが、大きな判断という意味ではあまり定評がある印象がありません。
      手堅い判断を得意とする印象です。
      ……そうはいっても、日本経済の為に大鉈を振るって欲しいのですが、今すぐ動くべきか?という点はなかなか難しいですね。