【緊急事態か?】金正恩氏の体調の悪化説と、北朝鮮の存亡危機

北朝鮮

さて、前回もチョット触れたが、綱渡りしている北朝鮮が、綱から落ちそうになっているという話だ。

金正恩容体悪化?フランス医師団が北朝鮮入り、新型肺炎も。篠原常一郎

2020年2月11日

ジャーナリストの篠原常一郎氏のYouTubeで金正恩容体悪化したのではないかと動画が上がった。

真偽は分からないが、フランスの医師団が平壌(ピョンヤン)入りしているとのこと。

動画の中で、近年、金一族が帰国して国内で要職についているという情報もあり、体制を固めているのではとも言われている。

本当ならアジア情勢に波紋が広がるかも知れない。

元々胡散臭い金一族だが、はたしていかに…

Bookservice.JP -Rinkaku-」より

個人のサイトを引用させて貰ったが、Youtubeなどでは報じられている内容だ。そのうち、ニュースになる可能性もあるね。ラジオのニュースでは、本人が出て喋っていたけれども。

スポンサーリンク

金一族はフランスより医師団を呼ぶ

緊急事態にはフランスより医師団を

ちょっと古い記事になるが、金日成、金正日の治療にもフランスから医師を呼び寄せていたといわれている。

金総書記、親の代からフランス医師治療 仏政府も把握か

2008年12月12日11時27分

北朝鮮要人の治療に、フランスの医師が90年代から深くかかわっていたことが、11日付仏フィガロ紙の報道で明るみに出た。金正日(キム・ジョンイル)総書記の父、故金日成(キム・イルソン)主席も受診。フランスに治療に訪れる要人も多いといい、仏政府も事情を把握しているようだ。

神経外科医や麻酔医ら複数の医師に取材した同紙によると、始まりは90年代初頭、金正日総書記の妻、高英姫(コ・ヨンヒ)氏のがん治療だった。高氏は04年に極秘でパリのキュリー研究所に運び込まれ、死亡したという。

「朝日新聞」より

まあ、金一族の伝統、ということなのかも知れない。

そんな信頼のおけるフランスの医師を呼び寄せた、というのが冒頭のニュースだ。

指導者不在の北朝鮮

前回の記事でも言及しているが、今年、2020年の正月に金正恩氏の毎年恒例になっている挨拶が行われなかった。

コレに関しては、ニッポン放送の「飯田浩司のOK! Cozy up!」でも複数の人が言及しているようだ。

高橋)まず昨年(2019年)に行われた朝鮮労働党中央委員会総会が、通常は1日で終わるところが、4日間続いたということに驚きました。そして金正日氏のころからやっていた、新年の辞の挨拶がありませんでした。これは何なのでしょうか? 北朝鮮の体制がどうなっているのか不安です。一説によると、金正恩さんの健康状態がよくないという人もいます。¥

「yahooニュース」より

この記事は1月8日の高橋洋一氏による説明なのだが、「年末の朝鮮労働党中央委員会総会での出来事」と「新年の辞の挨拶なし」。それに加えて今回のフランス医師団派遣の話は、金正恩氏の健康不安を助長させるような事に繋がっている。

もう一つ、数年前から体重の事についても言及があった。

金正恩氏、変わる風貌 背景にあるのは 米朝首脳会談ライブ

2018/6/10 22:19

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が10日、シンガポールに到着した。正恩氏の風貌は、ここ数年、大きく変わってきた。

~~略~~

当時の韓国政府の分析では、正恩氏の体重は5年間で約30キロ増え、約130キロに達した。

「日本経済新聞」より

現在では更に体重が増えているともいわれているが、それによって成人病にかかっているという疑いが濃厚である。ストレスフルな職場環境だろうから、部下の粛清をも繰り返すという行動に走ったらしい。

義兄の金正男を暗殺したのもそうした背景があると言われている。

しかし、去年末からその方針が覆されたかのように親族を海外から呼び寄せ始めているといわれている。

北朝鮮 金正恩委員長“叔父2人”を帰国させたクーデター兆候

2019年11月29日 09:00

北朝鮮の金正恩党委員長(以下、正恩氏)が、いよいよ追い詰められてきた。11月15日、父である金正日総書記(以下、正日氏)の偉業だった金剛山観光の共同事業者である韓国に対して、「撤去措置を断行する」との最後通告を行った。これは、正日氏の業績を否定したとも取られかねない言動だ。

~~略~~

 そんな折、正恩氏の叔父である金平日チェコ大使(以下、平日氏)と金光燮オーストリア大使(以下、光燮氏)が11月末に職務を終え、北朝鮮に帰国することが判明した。

「exciteニュース」より

金正恩氏の妹である金与正氏も、政府内部で中心的な役割を果たしているとはいわれているけれども、ところがヤク中の疑いがあるという噂もあるようだ。

しかも、正恩氏は孤独な独裁者だ。実兄の金正哲氏は音楽好きでエリック・クラプトンの大ファン。ギターの腕前は相当なものだが、政治には無関心だった。実妹の金与正宣伝扇動部第1副部長は、正恩氏の補佐をしているが、ヒロポン中毒の噂が根強い。

「exciteニュース」より

まあ、正確な情報を得ることは難しいのだろうけれど、非正常な動きがあることは事実なのだろうと思う。

健康不安が事実だとすると

さて、金正恩氏に健康不安というのは数年前から囁かれてきていた。

体重の激増というのは、人間の健康を大きく蝕むものであるため、30kgも50kgも数年で増えるようなことでは、一般的な人ならば病気になっても不思議では無い。

更に高ストレス下での生活を続けていて、世界のトップと渡り合うようなことも何度もやったことは、金正恩氏にとって精神を蝕むような事に繋がっただろう。

そして、フランスからの医師団招聘が本当だとすると、その健康状態は極めてヤバイと言うことになるだろう。そうだとすると、指導者不在の独裁国家という極めて矛盾した状況に陥りかねない。

早急に指導者擁立の動きが出かねないのだが、「自由朝鮮」などという組織のトップに祭り上げられた金漢率氏はアメリカが抑えているともいわれている。

金正男氏の息子は米国滞在か 米当局が保護と韓国紙

2019.3.28 20:42

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄で2017年2月にマレーシアで殺害された金正男(ジョンナム)氏の息子、金ハンソル氏が現在、米当局の保護下で米国内に暮らしていると韓国紙、東亜日報が28日、複数の情報消息筋の話として報じた。

「産経新聞」より

そうだとすると、この状況にアメリカが一枚噛んでくることは十分に考えられる。

武漢肺炎の影響

感染者と死者が?!

噂に過ぎないが、感染者が北朝鮮にもいるという噂が出ている。

新型コロナウイルス、人民軍への感染で北朝鮮崩壊

2020.2.12(水)

 中国・武漢に端を発した新型コロナウイルス(以下新型ウイルス)は東アジアのジオポリティクスを一夜にして変貌させ始めている。

 ワシントンの元米外交官W氏はことの深刻さをこう筆者に指摘する。

「新型ウイルスは習近平政権を根底から揺るがしている。中国を頼りにしてきた北朝鮮の金正恩王朝はいつ倒れるか分からなくなってきた」

「北朝鮮は例によって都合の悪いことは発表していないが、すでに新型ウイルスの被害は広がっているはずだ」

~~略~~

ソウルに本社のあるウエブサイト「NKデイリー」が「北朝鮮で新型ウイルス感染者5人が死亡した」との速報を流したのだ。

「JBpress」より

まあ、残念ながら噂に過ぎないようで、裏のとりようも無い。

一応、北朝鮮の公報機関のようになっている中央日報が、このニュースを否定しているが、それを信用出来るかというと、その辺りも怪しい。

WHO平壌支部「北朝鮮で現在まで新型肺炎感染者の報告はない」

2020.02.12 13:12

世界保健機関(WHO)が現在まで北朝鮮保健省から北朝鮮内新型コロナウイルス(新型肺炎)感染事例の報告を受けたことがないとボイス・オブ・アメリカ(VOA)が12日、報じた。

WHO平壌(ピョンヤン)事務所は前日である11日、VOAに「WHOは北朝鮮を含むすべての加盟国と新型ウイルスの対応に協力している」としてこのように明らかにした。

また、平壌事務所は「WHOは北朝鮮保健省の要請を受け、実験用試薬やゴーグル、手袋、マスクなど個人向け保護装備などを提供している」と説明した。

「中央日報」より

北朝鮮は、支那からの武漢肺炎報告が公式にあった段階で、最初に支那との外交ルートを閉ざす判断をした国の1つである。そこまで危機感を持っていたのだと思うが、今考えてみるとこの話はオカシイ。

何故か?

北朝鮮は支那の支援無しでは生きて行けない状況に陥って久しい。そんな、支那頼みを続けている北朝鮮が、武漢封鎖の話を聞いて即時判断出来るほど素早い決断を出来る状況だっただろうか?

裏取りができる程の情報網を北朝鮮が持っていた、という風に考えるのは、余り論理的では無い様に思う。もちろん、北朝鮮が生きていくために支那内部にヒューミントを配置しているのは間違いは無かろうと思う。ただ、それにしたってこんな決断をしたら支那を怒らせることは間違いがない。

そうだとすると、むしろ既に北朝鮮内に感染者がいて、これを止める事が出来ない状況に既になっていたと考えるべきでは無いだろうか。そうであれば、即時シャットダウンの判断も納得できる。

瀬取りのニュース

さて、ここで北朝鮮の生命線である瀬取りのニュースだ。

瀬取り7割超が中国船か、国連

2020年2月11日 午後6時14分

北朝鮮が2019年1〜8月、国連安全保障理事会の制裁決議に違反して計約370万トン(推定3億7千万ドル=約406億円相当)の石炭の密輸出を繰り返し、このうち7割超に当たる約280万トンが、北朝鮮船から中国船へ海上で移し替える「瀬取り」の手口で中国へ運ばれたとみられることが10日分かった。

「福井新聞」より

1つは、全体の7割程度が支那が北朝鮮の瀬取りに協力しているというニュース。

これ、武漢肺炎の北朝鮮国内への蔓延に一役買っているのでは無いかという、疑いを助長させるようなニュースである。

「昨年400億ウォン相当の石炭を瀬取り…北、中国へ違法輸出」

記事入力 : 2020/02/12 10:00

北朝鮮が昨年、船舶間の洋上積み替え(瀬取り)により、3億7000万ドル(現在のレートで約406億円、以下同じ)相当の石炭を違法に中国へ輸出したという。ロイター通信が10日(現地時間)、国連安保理の北朝鮮制裁委専門家パネルの報告書を入手して報じた。AP通信も同日、この報告書を引用して「北朝鮮が石油を違法に輸入し、(安保理制裁)決議を破っている」と報じた。安保理決議により、北朝鮮の石炭輸出は全面禁止されており、北朝鮮向けの石油の輸出も最大で年間50万バレルに制限されている。

「朝鮮日報」より

こちらも似たような内容の記事だね。

朝鮮日報のニュースを引用した理由は、この次に紹介するニュースに関係する。

韓国人乗船の船舶2隻がインドネシアで抑留 領海侵犯の疑い

2020.01.15 19:42

韓国人の船長や船員が乗船した船舶が昨年10月と今年1月にインドネシアでそれぞれ拿捕(だほ)され、抑留されていることが15日、分かった。

「聯合ニュース」より

このインドネシア領海への侵犯が、北朝鮮絡みであったという噂が出ているのだ。もちろん、噂に過ぎないのだが、韓国が北朝鮮の瀬取りに協力していることは既に明らかであり、告発された船もあったことを考えるとこの件が無関係と切って捨てるには少々早計のような気がする。

何しろ、普通は領海侵犯程度で拿捕されるなんて事は考えにくいからだ。民間船であれば無害航行権があるはずで、事前に航行を通達し、通れば問題無いのである。それをしなかったということが、怪しさ爆発だ。

また、韓国が瀬取り監視に積極的では無く逃げ回っていることも、瀬取りの関与を疑う理由としては十分だ。そして、武漢肺炎の感染ルートは韓国経由でも考えられる。

武漢肺炎蔓延が本当だとすると

そんな訳で武漢肺炎が北朝鮮で蔓延しているとすると、北朝鮮にとっては致命的な話になる。

何しろ、北朝鮮は経済制裁の影響もあって非常に人民の栄養状態が悪く、また医療体制も発達していない。よって、そんな状態で武漢肺炎が国内に入ってしまうと、武漢市よりも悲惨なことになりかねないのである。

少なくとも北朝鮮の上層部はそう考えたのだろう。

そして、仮に武漢肺炎の患者が出たとしても、人権の無い国である。多分、支那よりもやばい事になっていることは疑い様が無い。

ただ、大規模に人民の命が失われるような事態になると、更に金正恩体制の維持が難しくなるように思う。まあ、「かもしれない」レベルの話なんだけどさ。

でも、日本政府としては、こうした北朝鮮の事態をしっかりと監視し、外交的に有利に立ち回って欲しいと思う。

コメント

  1. 今回の武漢肺炎(COVID-19)は当初の想定以上に、感染力が強力そうですね。
    そもそもコロナウイルスが、一定条件を満たせば、ドアノブ、手摺などの付着状態で7~9ぐらいは
    感染可能との研究があるそうです。
     北朝鮮も、きな臭いですが、長らく雲隠れしていた習近平と、その間精力的に動き回っていた李克強との
    新たな権力闘争も噂されますし、今回のウイルス問題は色々と(経済含みで)影響が大きいですね。
     早期の終息を祈るばかりですが、恐らくオリンピックにも大きな影響が出そうです。

     そういえば、オ-シャンドリ-ム(ピ-スボ-ト笑)横浜寄港の件はどうなったのでしょうね?
    最低でも14日は上陸禁止でお願いしたい。

    • そうなんですが、どうも従来の感染症とは感染について少々違う部分があるような気がしています。
      まあ、「そんな気がする」レベルの話なんですけど。

      直感的な話はともかくとして、国際政治を左右しかねない事態になってきました。
      北朝鮮もかなりヤバい感じがしていますが、支那の経済も大きな打撃になるでしょう。ニュースには注意して行きたいですね。

      平和のお船ですが……。確か2月15日寄港の予定だったハズですが、これを断らなければ「何をやっているんだ」という話ですよね。

  2. 昨年の11月14日に北京で肺ペストが発生したと
    各国でリリースされた後、情報が全く出てこなかった。
    そして、武漢が発祥の地として、二階肺炎が世間を
    騒がしている。 北京の方もひどい状況で、世間の目
    を逸らしているのかしら。 将軍様も北京には部下が
    頻繁に行き来していた事でしょうから、危機感も半端
    無いものでしょうね。 オリジナルが北京なら、二階
    キンペー肺炎でいいかしら?

    • 肺ペストに関して色々調べてみました。
      しかし……、続報が見当たりませんねぇ。
      アレが収束したと言うことではない気がしますが、どうなっているのでしょうか?