【祝】韓国で高純度フッ化水素国産化成功!

大韓民国

おめでとう!

でも、この報道、「何度か目」だよねっ!

韓国、フッ化水素国産化か 高純度で大量生産と発表

2020/1/2 20:04

韓国の産業通商資源省は2日、日本政府が昨年7月に輸出規制を強化した「フッ化水素」について、韓国の化学メーカーが高純度で大量生産が可能な製造技術を確立したと発表した。フッ化水素は半導体の洗浄に使われ、規制強化前は日本からの輸入に頼っていた。

「日本経済新聞」より

えーっと、フッ化水素の話に関しては、日本の輸出規制強化に絡んで、当時、日本で高純度フッ化水素を製造して、韓国に輸出していたソレが手に入らなくなった、という事があった。そこから半年ちょっとで、韓国は国産化を成功させたことになる。事実であれば、だが。

そうそう、コメントでご指摘頂いているのだが、ここで「高純度フッ化水素」とするのは、9.99999%以上の純度のフッ化水素のことを指すことにしている。韓国でもファイブ9までは以前から製造出来ているからね。

スポンサーリンク

韓国の大本営発表

都合何回目?

去年の7月にそんな話があってから、早々に韓国政府は手を打った。

韓国、100品目で脱日本依存目標に 支援に6800億円

2019/8/5 13:31 (2019/8/5 17:41更新)

韓国政府は5日、主要な部品・素材の国産化へ向け研究開発投資に7年間で7兆8000億ウォン(約6800億円)をあてると発表した。日本政府が輸出優遇国から韓国を除外したことへの対応策で100品目を戦略品目に指定した。このうち日本が輸出管理を厳格化した半導体材料3品目を含む20品目は1年以内に「脱日本依存」を達成するという。ただ、部品・素材開発は長期の研究期間が必要で実現するかは不透明だ。

「日本経済新聞」より

そう、6800億円を国内向けに研究開発資金を出すぜ!とぶち上げたのである。ただ、よく読むと、「7年で」と書かれている。つまり、2019年では1000億円弱しか出ていない可能性が高い。

ところが、すぐさま「成功」の報道が流れる。

LG Displayが高純度フッ化水素の国産化にめど〜Samsungも追随

2019年9月2日 15時06分

日本が7月より対韓輸出を厳格化している高純度フッ化水素、フッ化ポリイミド、フォトレジストのうち、高純度フッ化水素についてLG Displayが国産素材で代替する見通しが立っていることが分かりました。

「iPhone Mania」より

韓国の有力メーカーLGディスプレイとサムスン電子で、相次いで高純度フッ化水素の国産化に成功できる目処が付いたというニュースが流れたのである。

日本の“輸出規制”で進む韓国の「脱日本化」…フッ化水素の国産化に成功、問題点も

2019年10月17日 6時0分

韓国に対する日本の“輸出規制”から100日余りで、ディスプレイの核心素材であるフッ化水素の国産化が成功した。

特に日本を代替する輸入国の多様化まで実現し、韓国の素材・部品産業の“脱日本化”が加速している。そのため日本の輸出規制が、むしろ韓国素材部品産業のきっかけになったという評価も出ている。

「LivedoorNEWS」より

で、10月にもこんなニュースが流れ、更に11月にも国産化成功のニュースが流れていた。

今度こそ!

で、そんな感じで、何度も成功したというニュースが流れていたのだが、流石に今回は韓国政府発表であるので、かなり確度は高そうである。

産業通商資源省によると、韓国の化学メーカー「ソウルブレーン」が製造工場を新設・拡充し、液体のフッ化水素の不純物を「1兆分の1」まで抑えられるようになったとした。極めて高い純度が求められる半導体製造に使える水準という。

「日本経済新聞」より

そして、その純度だが1兆分の1と書かれているので、9が12個並ぶレベルだということになるのかな?去年の7月頃の時点ではフォー9が限界だと言われていたのだけれど、随分と純度を上げることに成功しているようだね。

韓国部品でiPhone不良発生、やっぱりフッ化水素の国産化は困難?

2019/12/17(火) 8:32配信

日韓両政府は輸出管理をめぐる問題を議論する局長級の政策対話を16日に開き、24日を軸に日韓首脳会談の開催を調整している。だが元徴用工問題などで両政府の認識には大きな隔たりがあり、どこまで歩み寄れるかは予断を許さない。すでに韓国は日本からの輸入に依存しているフッ化水素の国産化を模索しているが、課題は少なくないようだ。

「yahooニュース」より

12月頃、iPhoneの製造ラインで問題を起こしちゃったというニュースがあったのだけれども、これもどうやら高純度フッ化水素絡みの案件だとされていた。

LGディスプレイは韓国での国産化に成功したというフッ化水素を使い、画面に縦じまが入る製品不良を発生させたという。川下の組み立て段階で判明し、数十万枚のパネルが廃棄されたという。一方で、品質トラブルの原因は国産フッ化水素ではなく、反文在寅政権の保守系勢力による扇動を指摘する声もある。LGは今回の件を公表していない。

「yahooニュース」より

こうした「やらかし」もあったが、今回こそは「きっと」本物だろう。

輸出管理強化を発表した時点では、「3年から5年くらいは国産化は無理だろう」とされていたのだが、この判断は、実験レベルで成功したとしても生産ラインを稼働するところまでは、製造ノウハウもさることながら、環境アセスメントなど幾つもクリアしなくてはならない事があって、行政手続的にも無理なんじゃ無いかと、そういう風に判断されていた。

今回、この様なスピード開発が出来た背景には、何があったのは非常に気になるね。

イランの核開発加速

年明けにあった発表

さて、イラン絡みでは深刻な状況になっていることを、既にお伝えしている。

ソレに関連するような形で、讀賣新聞が報じたニュースがこちら。

イラン、核開発「第5段階」発表へ…司令官殺害「報復」で大幅拡大の恐れ

2020/01/05 00:29

イランは5日にも核開発拡大の「第5段階」を発表する見通しだ。米軍による精鋭軍事組織「革命防衛隊」のスレイマニ司令官殺害を受け、イランは「報復措置」として、核兵器取得に近づく大幅な拡大に踏み切る恐れがある。

~~略~~

 日本を含む各国は、「第5段階」への移行を自制するようイランに呼びかけてきたが、スレイマニ司令官の殺害により、イランが踏みとどまる可能性は低いとみられる。イランが欧州に求めている1兆円超の経済支援も、ほど遠いのが現状だ。改革派系の主要紙アルマンは4日、「第5段階は(従来の予想より)強力なものになる」との見通しを伝えた。

「讀賣新聞」より

核兵器は、化学兵器、ドローン兵器などと並んで「貧者の武器」などと揶揄されることもあるが、小国であっても保有する事ができれば、アメリカのような超大国にも相手して貰えるということは、既に国際的にも立証された事実であり、ソレを現在進行形で実証しているのが北朝鮮だ。

古くは支那も、インドもパキスタンもそれを実践していて、割とメジャーな方法で、実践することで例外なく発言権を増すことが出来ることは有名になっている。

イランもその例外では無いということだ。

こういう事実を押さえておくと、アメリカがスレイマニ氏を殺害した背景がもうちょっと分かり易くなるんじゃ無いかなと、思う。

つまり、イランの核兵器の開発が更に前に進んだことで、テロにも使われるリスクが高まり、一度それがテロに使われれば、多数の死傷者を出しかねない。それを防止したかった、或いは遅らせたかったというのが、実情なのでは?という風にも理解出来る訳だ。その行為を容認するかはまた別の問題ではあるが。

イランと韓国の関係

ところで、別に取りあげた記事で、こんなものがあったことをご記憶だろうか?

韓国はイランから大量に原油を買っているのだが、その代金支払いが滞るような事態になっている。この記事のコメントにも、本記事の内容を示唆することを指摘頂いているのだが、どうやらフッ化水素を現金支払いが出来ない代わりにイランに融通するようなことをやらかしている疑いがある。

イラン、ウラン濃縮5%着手 核合意の段階的放棄を表明 欧州に揺さぶり

2019.7.7 16:26

イランのアラグチ外務次官ら政府高官は7日、核合意の履行を一部放棄する第2段階として、規定を超える濃縮度のウラン製造を同日中に開始すると述べた。高濃縮化が進めば核兵器への転用も可能で、イランの核兵器保有を警戒するトランプ米政権の反発は必至だ。

「産経新聞」より

イラン、ウラン「20%濃縮」見送り 高性能分離機を一部稼働

2019/9/7 18:16

米欧などとの核合意からの逸脱を進めているイランは7日、ウラン濃縮に使う高性能遠心分離機の部分的な稼働を研究開発目的で始めたと発表した。ロウハニ大統領が4日、米国への対抗措置として表明した合意義務停止「第3弾」の具体策の一つ。一方、国際協調の道を残すため、ウラン濃縮のレベルを20%まで引き上げるといった強硬策は見送った。

「日本経済新聞」より

イラン、禁止施設でウラン濃縮開始

2019.11.7 08:21

イランは7日未明、中部フォルドゥの地下核施設でウラン濃縮活動を再開した。ロイター通信が伝えた。この施設は2015年の核合意で調査目的の使用に限定され、ウラン濃縮を行うことは禁じられていた。高濃縮ウランは核兵器への転用が可能で、イランの核兵器保有を警戒する米欧の反発が強まっている。

「産経新聞」より

イラン、来月上旬にも合意放棄の「第5段階」へ

2019.12.23 14:44

イランが来月上旬、欧米など6カ国と結んだ核合意の履行義務を放棄する「第5段階」に踏み切る見通しとなり、合意の当事国である英仏独ではその内容次第で厳しい対応を打ち出すべきだとの意見が出ている。イランのロウハニ大統領は20日の安倍晋三首相との会談でも、核合意を一方的に離脱したトランプ米政権を批判しており、譲歩する姿勢はみられない。来年は米国に加え、欧州との対立も深まる可能性がある。

「産経新聞」より

去年の5月にアメリカが核合意から離脱することを表明し、5月中に離脱をしている。もちろん、このアメリカ核合意離脱に対してイランは強烈に批判を浴びせたが、アメリカがその決定を覆すことは無かった。

……ただ、イラン核合意からの離脱より前に、アメリカはイランに対する全面禁輸を決定している。

米がイラン原油全面禁輸へ 日本などへの制裁除外は延長せず

2019年04月23日

ドナルド・トランプ米大統領は、イラン産の原油輸入を禁止する経済制裁について、現在日本などに認めている制裁の適応除外を5月に打ち切ることを決定した。

「BBC」より

その禁輸に関しては他国にも働きかけており、日本に対してもソレに関する通達はなされていて、韓国も例外では無い。このアメリカの通達に対して日本は追従することを選んだ。ただし、通達のあった時点でイラン産原油の比率は3%程度であったため、限定的な影響だと、経産大臣であった世耕氏は述べていた。

が、韓国は随分と苦しんだようだ。何度もアメリカに対して「延長」を申し込んでいたと報じられている。

物々交換もOK?

そしてもう一つ注目すべきニュースがある。

イランと韓国、原油の「物々交換」取引で合意 制裁の回避図る

2018年12月2日 17:27

イランは1日、同国から輸出した原油の代金を物品で受け取る取引を行うことで、韓国と最終合意したことを明らかにした。米国がイラン産原油に対して再発動した禁輸措置の回避を図る。

「AFP」より

タイトルを読んで、何だこれ?と思われる方も多いと思うし、僕もそう感じた。

米国の経済制裁はイランの金融業界などを標的にしているが、物々交換の余地は残っている。

先の関係者は具体的な仕組みについて明らかにしなかったものの、イランと韓国の中央銀行の間で「共同基金」を開設する可能性もあると述べた。

「AFP」より

中身を読んでもさっぱりどう言う仕組みか分からない。ただ、「物々交換」と。結局この中身について説明されることは無かったのだが、今考えると、どうやらフッ化水素が関係しているのでは?と、予想が出来る。

何故ならば、ウランの濃縮を行う為には、高純度なフッ化水素が必要なのである。そして、イランにはフッ化水素を作る施設が無く、日本から輸出されたフッ化水素の一部が蒸発してしまっているという事を考えると、辻褄はあう。

イランを支援する支那

ところで、原油を買って貰えなくなったイランは、経済的に困窮することになるのだが、取引がゼロになったと言う訳では無いのである(表向きは「激減」ということになっているが)。

米国が中国ZTEへの製品販売7年間禁止、貿易摩擦の悪化も

2018年4月17日 / 02:24

米商務省は16日、中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)がイランや北朝鮮に対し通信機器を違法に輸出していたとして、米企業によるZTEへの製品販売を7年間禁止すると発表した。

「ロイター」より

この話、アメリカが「対イラン制裁に違反しているじゃ無いか」と言い掛かりを付けてZTEの取引停止を通達した話なのだが、ZTEは実際にイランや北朝鮮に対して通信機器を違法に輸出している。

加えて、支那は未だイランから原油を購入している。

イラン産原油、中国の港湾で大量保管-米の全面禁輸後も積み下ろし

2019年7月22日 15:54 JST

大量のイラン産原油がタンカーから中国の港湾にある貯蔵タンクに積み下ろされており、世界最大の輸入国である中国の玄関先で原油が保管されている。

「Bloomberg」より

米、中国6企業に制裁 イラン産原油を不正調達

2019/9/26 12:01

米国務省は25日、米国が禁じているイラン産原油の調達に関与したとして、中国の6企業・5個人を制裁対象に指定したと発表した。イランの主要な外貨収入源である原油輸出を遮断して同国経済に打撃を与える狙いだ。

「日本経済新聞」より

表だって支那がイランから原油を買うことは難しくなったが、全面的に禁止しているという状況では無い。また、支援も表明している。

中露はイラン支持、鮮明に 

2020.1.5 13:07

イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官が米軍に殺害されたことを受け、中露両政府の外相が4日までにイランのザリフ外相と会談し、ともに米国を非難した。トランプ米政権がイランの報復に備えて中東への米軍部隊の増派を決めるなか、中露がイランを支持する意向を示した形で、3カ国は米国への対抗を基盤に今後も連携していくとみられる。

「産経新聞」より

この支持表明の背景には、アメリカがイラクで軍事作戦を実行してスレイマニ氏を殺害してしまったという構図が、アメリカの主張する「テロとの戦い」を支持しないことで、自身の国際的な地域を高めたいという狙いがあるようだ。アメリカの行為は「他国における他国政府高官の殺害」という犯罪的なものであり、許されない。正義は我にあり、と言うわけだ。

もちろん、困窮しているイランの原油を手に入れたいという思惑が強く、恩を売れるときにイランに対して高く売りつけようという思惑が透けて見える。

中華皇帝の狙い

ちょっと切り口が変わるが、支那の習近平氏は、最近こんな政策を打ち出している。

中国、2月から「宗教団体管理規則」施行 宗教活動全般で政府の「承認」求める

2020年1月6日10時18分

カトリック系「アジア・ニュース」が、北京発として報じるところでは、2020年2月1日から、中国では新しく「宗教団体管理規則」が施行される。

共産党政権が2018年2月に打ち出した「宗教の中国化推進5カ年構想」の総仕上げとみられる。背景には宗教が反体制活動につながることを警戒する習近平国家主席の意向がうかがわれる。

「クリスチャンtoday」より

これは習近平氏が中華皇帝の地位を不動のものにするために、支那では共産党の教えと相容れない「宗教」の存在を、「支那化」することで受け入れようという話である。

新規則では、宗教団体が行う活動、集会などは、宗教事務局の承認が必要となる。宗教団体は、「中国共産党指導者を支援するため」宗教団体スタッフと宗教を信じる市民を教育することを通じ、「中国共産党の原則と政策を広める」必要があるとされた。

「クリスチャンtoday」より

なかなか凄い事が書かれているが、キリスト教の教えを曲げれば支那内での布教はOKというわけだ。これはイスラム教であっても同じである。

これはキリスト教だろうがイスラム教だろうが、「宗教に対する冒涜だ」と怒らねばならない内容なのだけれども、不思議な事にバチカンは尻尾を振り、イスラムは沈黙を守るという状況にある。そして、この延長線上にある話がウイグル人弾圧である。

まあ、詳しくは割愛させて頂くが、支那がイランを取り込もうとする動きを見せているのは事実である。

支那の後をついてイランとの「付き合い」を続けたい韓国

さて、支那の話を唐突に出したが、韓国は支那に取り込まれたいという姿勢を見せていて、支那の動きに右倣えという状況になりつつある。もちろん、韓国の強かな戦略(ゲスな思惑)があってのことだが、支那としては韓国のことを歯牙にかけている様子は無い。同じ路線を走っている北朝鮮も同じ穴の狢であるが、北朝鮮はむしろ支那の弾避け的な存在である。韓国の方がより冷遇されている印象だな。

そう、そうした状況の中で外交カードとして使えるのが「フッ化水素」なのだ。

韓国 フッ化水素の国内での大量生産と供給の安定性確保を発表

2020年1月3日 4時05分

韓国政府は、日本が輸出管理を強化した半導体などの原材料のうち「フッ化水素」について、国内で大量生産できる能力を確立し供給の安定性が確保されたと発表しました。輸出管理などをめぐる今後の韓国側の出方に影響を及ぼす可能性もありそうです。

「NHKニュース」より

……NHKがこの大本営発表に手を貸しているのを見ると、寒気がするな。どうなっているんだ、NHKは。サムスンが新商品を発表すれば、意気揚々と宣伝をする。一方で、韓国内での反政府デモに関しては一切触れない。何処の国の国営放送なのかと。

さておき、支那国内でもフッ化水素の生産は可能なのだけれど、その純度は高くない。これから半導体産業を牛耳ろうという支那にとっては、この事は悩みの種でもあるのだが、韓国はそこに目を付けたという事だろう。

さて、そろそろ構図が見えてきたと思うのだが、韓国は去年の7月までは、日本から手に入れていた高純度のフッ化水素を好きなように使う事ができた。実際に、国内で消費しただろう分の7割に関してはその行方が確認出来たが、残りの3割は首途不明であったという。これがどのように使われたかは、色々な推論がある。

アゴラで元官僚の宇佐美氏は、「支那の半導体工場に流れている可能性が極めて高い」と、分析してはいるが、全量そうであったかは不明だ。

支那にとってもフッ化水素の輸入に関しては大きな制約があり、それは国際社会の目をかいくぐって違法な事をやるほどのメリットがない。そこで韓国によって迂回輸出された高純度のフッ化水素があれば、どうか?となると、想像するしかないが十分に「カード」になり得る。それは、韓国にとっても支那にとってもそうなのだ。

「成功」の報道はそれだけで外交カードに

しかし、韓国は日本からの輸入に関して制約を課されてしまった。

当然これまで使えていたであろう韓国政府の手にしたカードは白紙に。ムン君としては折角のカードが白紙になったことは、大変に焦ったことだと思う。

こうやって考えると、確かに「ホワイト国リストから除外」という事に、散々難癖を付けて撤回させようとしていた理由がよく分かる。

現実的には、手続をしっかりすれば「高純度フッ化水素」その他の輸出管理隊少品目を日本から購入することは、これまで通り可能だ。手続が煩雑化されるために、韓国企業としては嬉しく無いだろう。が、そうであったとしても必要なものは確保出来るという側面を見ると、そこまで大騒ぎする必要があるのだとは思えない。むしろ、騒いだことで日韓関係が冷え込むと、経済面でのダメージを避けられない(実際、多大なダメージを負った)ことを冷静に判断すれば、これを止める動きがあったとしても不思議は無い。

にもかかわらず、反日不買運動を加速させる始末で、日本との関係について自らの態度を反省するような事は一切なかった。

一部メディアが、「自制」を促すようなことはあったが、結果的にはGSOMIAの破棄寸前まで行ったのである。もはや狂人の所行だ。

ただ、中東や支那との事を考えると、「ソレ」を取り上げられることは極めて外交的に不味い。つまり、韓国が大騒ぎすることに合理性が産まれてくるのである。

まあ、韓国の判断が合理的であったことは、歴史的にあったかどうかは怪しいところではある。が、短期的な利益を考えれば妥当性はある。そして、目先の利益に食い付くのが……。まあいいや。

そういった背景での「大本営発表」であったと、そう思った次第。ただ、これが本当の事である可能性も否定できない。実際に、日本の企業は同じ様なレベルの高純度フッ化水素を生産可能であり、「その技術さえあれば実現可能」というのは事実である。ソレを自力で獲得したにせよ、そうで無かったにせよ、獲得してしまえば生産に漕ぎ着けることは可能だろう。

更に韓国政府が前のめりで高純度フッ化水素国産化を進めているのだから、法律その他は吹っ飛ばしてでも実現していくだろうと予想されるため、短時間でソレが生産出来るようになったとしても不思議は無いのである。

発表が本当だったか嘘だったかはそのうち分かるが、多少フライング気味であったとしてもカードにはなる。韓国政府が大々的に発表したと言うことは、そういう意味があるのだろう。ちょっとカケの要素が強すぎる気はするが。

ともあれ、今回の話というのは、こんな構図なんじゃないかな、というのが僕の見立てで、不幸な事ではあるが韓国の動きはイラン情勢にも大きく関わって居ると見て良いだろう。

さて、では日本政府は、韓国に関しては静観のままで良いとは思うが、イランに対してはどう言うスタンスで臨むべきか?という話が、非常に重要である。その辺りを留意してニュースを見ていくと、結構面白いかも知れない。

コメント

  1. 匿名 より:

    韓国でも純度99.9999%のフッ化水素は作れます、日本製濃縮装置が有るから。
    ただし、格納容器が中国製か韓国製なのでLGのディスプレイのように不良品になります。

    • 木霊 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      確かにその様にも読めますね。高純度のフッ化水素、と言うつもりで書いたのですが、所々抜けているところもありました。より明確になるように修正させて頂きました。

  2. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_3 より:

    >韓国の化学メーカーが高純度で大量生産が可能な製造技術を確立した

    これ、せいぜい実験プラントの稼働に成功したレベルですよね?
    (で、肝心なプラントは何処?と言う話)

    「研究室で成功した」という感じですか。実験プラントが数ヶ月で出来るのかな?

    「生産し納入した」じゃないとね…

    • 木霊 より:

      そうなんですよ、記事を読む限り「問題解決」という風には読めないのですが、しかし韓国政府の発表では「もうこれで日本からの輸入は不要だ」というモードです。
      NHKなどは大量生産を実現したと、直ぐにでも輸出が出来るような印象の報道ですが、どうもそうではない。故に「大本営発表」ではないかと。

      さておき、外交カードとしての発表だったという切り口で説明しましたが、ムン君にとっては国内へのアピールでしかないとは思っております。
      他にカードがないのでどうしようも無いといえるのかも知れませんけれど。
      そんなわけで、このニュースも追いかけておきたいと思いますよ。

    • あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_3 より:

      引用されている記事「LG Displayが高純度フッ化水素の国産化にめど〜Samsungも追随」には、「高純度フッ化水素」とあるのですが、どうも違うようです。

      ソース)NNA ASIA「LG、パネル用フッ化水素を100%国産化」
      >LGディスプレーが、韓国工場で使う液体フッ化水素を全て国内メーカーから
      >調達することに成功したことが分かった。
      (中略)
      >ディスプレーの製造工程に使われるフッ化水素は半導体に比べて高純度製品を
      >必要としないため、日本製からの切り替えは比較的容易とされている。

      多分、ファイブ9級のフッ化水素(=これまで生産してきたもの)を使っていそうですね。
      ちなみに、そのファイブ9級のフッ化水素ですが、こんな話もあります。

      ソース)日経新聞「韓国、半導体素材国産化に「死の谷」 脱・日本に壁」2019/11/7
      >「LGディスプレーがフッ化水素の100%国産化を完了」――。10月15日、韓国
      >メディアは一斉に報じた。
      (中略)
      >製造工程で使うのは、輸出管理の対象外である低純度フッ化水素を加工した
      >エッチングガスだ。これまでは日本から最終製品を輸入してきたが、
      >物流効率化のため原料の低純度フッ化水素を日本から輸入し、韓国で
      >エッチングガスに加工する方式に変える準備を日本の措置発動前から
      >進めていたのだ。「加工を韓国に切り替えたという意味では国産化だが、
      >原材料は日本製だ」と関係者は打ち明ける。

      • 木霊 より:

        ご指摘ありがとうございました。

        このニュースももう少し追いかけていきたいと思います。