IR汚職絡みでパチンコチェーンにまで捜査が及ぶ

日本ニュース

おっとぉ、面白くなってきた。

IR汚職事件 パチンコチェーン本社を捜索 東京地検特捜部

2019年12月26日 14時06分

IR=統合型リゾート施設をめぐり秋元司衆議院議員が逮捕された汚職事件の関係先として、東京地検特捜部が26日、東京 中央区にある大手パチンコチェーンの本社の捜索を始めたことが関係者への取材で分かりました。この会社は秋元議員が以前、顧問を務めていた会社と取り引きがあったということで、特捜部は秋元議員周辺の資金の流れの解明を進めているものとみられます。

「NHKニュース」より

この事件、秋元氏が本当に利益供与を受けたかどうか、と言う点に関しては割とどうでも良く、寧ろ支那の影響力が何処まで及んでいるのか?といった流れに発展するかどうかを気にしていた。

ところが、意外なところに飛び火した印象である。

スポンサーリンク

パチンコとギャンブル

IR絡みで注目したいポイント

街中にパチンコ屋がある風景というのは、正直、あまり快くは思っていなかっただけにIR法案が持ち上がった時には、ちょっと面白いなと感じたものである。

理由は色々あるのだが、一番の理由はカジノが設定されることでパチンコとどうやって棲み分けるのか?が見物だと感じていたからだ。

【政界インサイダー情報】セガサミー里見会長、横浜IRへの参戦を表明

2019年12月11日 17:13

皆さん、筆者が以前より指摘していたことがまたまた実証されました。いよいよ「安倍・トランプ密約」が具体的に始まります。

セガサミーホールディングスの里見治会長は先日、報道機関に対し、横浜市が近日中に実施する RFC(Requist for Concept)に参加すると表明しました。早々に影の主役が登場です!

「data-max」より

正直、引用した記事の内容に関しては殆ど信用していないが、セガサミーの里見氏がIRに一枚噛もうとしていると言う話は事実のようだ。

【セガサミーホールディングス】カジノ・IRシフトで進むM&A
セガサミーホールディングスは、大手パチスロ・パチンコメーカーのサミーと、大手ゲームメーカーのセガグループの持株会社。サミーセガを買収し、2004年10月に経営統合して設立された。M&Aで誕生した同社だけに、企業買収には極めて積極的だ。

パチンコは明確に斜陽産業になりつつあり、業界の中にはIRに唾を付けておこうという意向を示すところも少なく無いようで、セガサミーはまさにそういった方向に舵を切ったということだろう。

パチンコ業界にも、今の利権を守ろうとする保守派と、IRに何とか食い込んで手広く事業展開を使用とする改革派がいるのだ。年々パイが縮小するのだから、それもやむなしということかも知れない。

官房長官の菅氏とパチンコ

さて、意外に思う方も多いかもしれないのだが、官房長官の菅氏はパチンコ業界との距離感が面白い。意外に近い位置にいるのである。

菅官房長官、パチンコ「ギャンブル性なくす」発言に万事休す? 市場規模「23兆円」巨大産業に迫る”消滅”の危機……

2018.07.24

~~略~~

そんな菅官房長官は番組内で『今まで日本はギャンブル依存症対策を全くしてなかった』と認めた上で『今回のIR法を機に依存症対策を作らせて頂いた』と述べました。また公営ギャンブルについては『同居する家族が反対すればネットで買えなくなる』と言及しており、依存症対策の”意義”を強調していましたね」

~~略~~

そしてその対策として『ギャンブル性のない様な形にする』と述べたんですよ。この発言にネット上では『景品交換が禁止になるの?』『パチンコ業界、顔面蒼白だなこりゃ……』とパチンコ消滅を危惧する声が多く上がっていますね」(同)

「パチMAX」より

菅氏の2018年の発言で、大騒ぎになったのである。

ただ、この「パチンコのギャンブル性を無くす」というのは、文脈的にはIRの方にシフトするというような意味合いが大きかったように思う。

パチンコ入店、家族申告で制限=ギャンブル依存対策の計画決定-政府

2019年04月19日12時32分

政府は19日の閣議で、カジノ実現をにらんだギャンブル依存症対策の基本計画を決定した。家族からの申告によるパチンコ店への入店制限や、顔認証システムを活用した競馬場への入場制限などについて事業者に検討を促す内容。競馬場内やパチンコ店内の現金自動預払機(ATM)撤去も求めた。ただ、罰則規定はなく、実効性をどう確保するかが課題となる。

「時事通信」より

実際に依存症対策として動き始めているようだが、IRもまたカジノを作れば依存症の問題は出てくる。正直、今のパチンコは射倖性が薄くなり、その空間にいるのが苦痛となるような機械も少なく無い。

ただ、菅氏にとってパチンコ業界との距離感は取り組んでいる感じよりも遠くは無い。何より、IRの方向に持っていこうという姿勢は、パチンコ業界からの要請でもあることを考えれば、親パチンコ議員であったとしても矛盾は無いのである。

秋元氏とパチンコ

そんなわけで、名実ともにトップの座を狙える位置にいる菅氏だったが、二階氏からの禅譲という話が持ち上がったことで、一気にその勢力が膨らむ可能性が出てきた。

そして、その二階派に属しているのが、渦中の人である秋元氏である。

娯楽産業人脈を築いた秋元議員 接点はパチンコ業界から

2019年12月26日05時00分

朝日新聞が「逮捕へ」と報じた25日朝。秋元司衆院議員(48)=東京15区=から「事実無根であり、全く関与してません」というメールが記者に届いた。午前10時36分には、「(出頭要請を受けて)今、向かっているところ」。東京地検が「収賄被疑者」として逮捕を発表したのは、その約1時間後のことだった。

~~略~~

「荒っぽくなるが間違いなくやる」。前月、秋元議員は所属派閥の長でもある二階俊博・自民党幹事長との面会を終えた後、周囲に語った。連立を組む公明党内で賛否が割れ、長くたなざらしにされていた法案を委員長の職権で審議入りさせる意欲を示したものだった。これを聞いた党幹部からは、不用意な発言を慎むよう厳重注意を受けた。

IRは、安倍政権が成長戦略の目玉と位置づける。秋元議員が軸足を置いたIR実現を目指す議員連盟で、安倍晋三首相はかつての最高顧問でもあった。

「朝日新聞」より

この記事では安倍氏がIRに前のめりのような書かれ方をしているが、しかし実際に動いているのは菅氏であり、菅氏が前のめりで安倍氏はそれを了承しているという形の方が、僕にはしっくり来る。

もちろん、前者であろうが後者であろうが、政権としてIR推進に向いていることは間違いがない。

そして、IRで成長が見込めるかどうかは怪しいとは思っているが、パチンコ業界に切り込む意味でも、きちんと整理さえ付けば良いとは考えている。だから、どちらかというとIRには賛成派だったのだが……。

日本の娯楽業界に手を突っ込む支那

ところが、構図的にパチンコ業界が朝鮮系の影響力を持っているのに対し、カジノ絡みの話は寧ろ支那が積極的に乗り出そうとしている。

既に、マカオでそれなりのノウハウを蓄積している支那にとっては、日本に作られるカジノを中心とした利権構造に手を突っ込むことは魅力的だろう。

朝鮮系対支那系という構図になりつつあるのだ。そして、その使いっ走りの位置にいたのが、どうやら秋元氏で、ある意味、巻き込まれたと言えなくも無い。

僕自身は秋元氏は見せ金を掴まされただけの存在で、菅氏に近い人間にまで支那の影響力が及んでいるのでは無いか?そう感じている。少なくとも二階氏は支那とズブズブであることは既に知れ渡っているのだが、IRの分野で影響力のある人物とまでは言えないだろう。他にも大物がいるのでは?という風に感じているのだ。

「大した力はないが、お調子者で、危ない筋とも付き合っていた」。自民ベテラン議員は秋元議員をそう評す。その議員活動をたどると、娯楽産業との最初の接点はパチンコ業界にあった。

「朝日新聞」より

そんな訳で、秋元氏は本丸では無く、もっと別にいるのでは無いか?と言う気がしている。そうで無ければ早々に離党したりはしないだろう。

大手パチンコチェーン

機械のメーカーとパチンコチェーンは別ルート

ややこしい話なのだが、パチンコ産業は30兆円とも言われる巨大産業である。

実際の利益は別にして、巨額が動く業界である事は間違いがないし、実際のパチンコ機を見ると、新機軸の技術が惜しげもなく投入されている台も散見される。金が無ければそんなことにはならないワケで、良くも悪くも特殊な業界と言えるだろう。

で、NHKが「大手パチンコチェーン」と表現している会社なのだが、どうやら株式会社ガイアらしい。

パチンコ大手「ガイア」、所得隠し40億円 10億円追徴課税

2012/7/9付

パチンコチェーン大手「ガイア」(東京・中央)とグループ企業計約20社が東京国税局の税務調査を受け、経費を過大計上したとして数年間で計約40億円の所得隠しを指摘されたことが9日、分かった。重加算税を含めた追徴税額は約10億円に上るとみられる。

「日本経済新聞」より

過去には脱税騒ぎを起こしたり、代表取締役が覚醒剤取締法違反で逮捕されたりと、かなり怪しい感じの時期もあったようだが、チェーン店としてはそれなりの規模を持っている様だ。

そして、いわゆるパチンコメーカーとは別にこのパチンコチェーンというのが、どちらかというとより朝鮮系の組織に近いのである。

パチンコメーカーの方は、カジノの機械を作る事ができれば、規模は小さくなってもくってはいける。だが、パチンコチェーンとしては、パチンコ産業が萎めば死活問題だろう。

業界としても一枚岩では無いのだよね。

野党が押し黙る理由

で、ここのところ秋元氏が容疑をかけられてメディアもシブシブだが取り上げ始めた段階になっても、野党が口を閉ざしていた原因は、どうやらこのパチンコチェーン絡みで「具合が悪い人が多い」という理由だったようだ。

このパチンコチェーンは、秋元議員の元政策秘書が平成23年に都内に設立し秋元議員が一時顧問を務めていた会社と取り引きがあったということで、特捜部は秋元議員周辺の資金の流れの解明を進めるものとみられます。

秋元議員は、IRのほかパチンコやナイトクラブなどの娯楽産業の振興にも力を入れていました。

「NHKニュース」より

そんな訳で、秋元氏が手を出していた分野に触れたくないというのが、本音だったのだろうと思われる。

枝野氏「カジノの正当性、根本から覆った」 IR汚職

2019.12.26 16:1

立憲民主党の枝野幸男代表は26日の記者会見で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件について「カジノそのものの正当性が根底から覆った問題として、年明け以降もしっかりと(追及を)やっていきたい」との考えを示した。

「産経新聞」より

実際に、野党はIRの件を追及する方針で固めたらしく、枝野氏がようやく口火を切ったのだが、支那からの献金の構図や、秋元氏に関係するパチンコ関連のことには言及する様子が無い。

立憲民主党は党をあげてIRを追及していく気らしいね。だけど、この切り口だとパチンコも同じ穴の狢である。襟を立てている場合じゃ無いぞ!

IRには賛成の立場だとは書いたが、そこに支那が手を突っ込んでいるとなれば話は別である。

果たしてどうなるかは、もうちょっと注視していきたいのだけれど、年の瀬はかなり騒がしくなりそうだね。僕のブログは、そろそろ店じまいという事になるのだけれど。

コメント

  1.  木霊さんこんにちは
     このIR汚職問題は、検察の本丸ターゲットが見えず、色々と情報が錯綜してますね。
     小生も、渦中の500ドットコムといえば、清華紫光集団(中国有数の半導体投資集団)が筆頭株主だとのことで、陰謀論的な妄想が膨らんでましたが、何やら方向が見えなくなりました。因みにこの清華紫光集団、この11月にエピル-ダメモリの元社長「坂本幸雄」氏を副総裁に任命しましたね。とても香ばしい。
     そもそもの発端である中国からの、現金密輸(金塊と違い、たいした額ではない)が行われたのかが、未だに理解に苦しみます。
     今後の動きが気になりますね。
     

    • そうですね。
      検察は動ける期限が切られている関係で、とにかくなりふり構っていられないという印象です。ただ、ご指摘の通り、何をゴールと考えているのかはいまいちよく分かりません。
      国会議員二手を出したということは、相当の覚悟と確信があって動いたと考えられるわけですが、じゃあ、何処に向いているのか?何処がゴールなのか、はさっぱり見えて来ません。

      支那が現金を密輸した理由は、僕は「自由に動かせる金」を作りたかったという風に理解しています。割と良くやられる手口で、たまたま引っかかったからあの額だったという風に理解した方が良いように思いますよ。で、バラマキ目的の金を外為法の網を潜って国内に持ち込んで、何処にばらまいたのか?
      そのバラマキの結果が秋元氏だと思うのですが、ここは割と小物なので絶対に一人なんてことは無いと思うのですよね。検察は、その辺りを追い、本丸を落としたいのだ、という風に当初は予測を立てていたのですが、パチンコチェーン家宅捜索となると、これ、方向が逆なんですよね……。どうなっているのやら。

  2. > 僕のブログは、そろそろ店じまいという事になるのだけれど。

    このブログ、やめちゃうんですか?

    ほぼ毎日、記事をUpするのがどれほど大変か・・・主要記事をチェック~関連記事を探す~過去の関連記事もチェック~作文して(しながら)タイプ。記事の構成とかも考えなくてはならないし。大変だろうなぁ。私の正直な感想は「よ~やるわ」。(敬意と呆れ)

    でもね、こんなブログ、他にはない。できれば続けてほしいですね。負荷を減らすために「記事は毎週1件」とかでもいいですよ・・・ニュースを厳選・・・これはこれで負荷になるなぁ。

    以上

    • 年を越してのお返事で申し訳ありません。

      心配頂いた点ですが、なかなか続けるのが難しいのは実情です。が、この時の文章は誤解される通りでは無く、去年のうちに書ける記事は最後かな、と言うような意味でありました。
      できる間はそれなりに、続けていきたいと思います。本年も宜しくお願いします。

  3. 木霊様
    今年もお忙しい中、美味しい笑いを与えて頂きまして
    有難うございました。 仕事の合間を縫っては覗いています。
    来年も、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

    *パチンコ協会員でIR関連議員さん
    (自民党)
    【IR議連】 野田聖子 山本有二 鈴木貴子 白須賀貴樹
    【IR議連副会長】 竹本直一
    【IR議連副幹事長】葉梨康広
    【IR議連事務局次長】 大家敏志
    (維新の会)
    【IR議連事務局次長】 馬場信幸 浦町靖人
    (国民民主)
    【IR議連副会長】 羽田雄一郎
    (元立民)IR議連 レイプマン初鹿

    • 年を越してのお返事で申し訳ありません。

      なかなか興味深いリストを、ありがとうございます。
      自民党は窮地に立たされつつありますが、しかし、お金が渡ったという報道があっても、具体的な話が出てくるのは一人だけというのは、ちょっと意図を感じるのですが、どうなっているんですかね。
      そして、民主党系の議員もパチンコから金が色々流れてきている噂を聞きますから、その辺りが明らかになってくると面白いんですけれど。
      ともあれ、本年も宜しくお願いします。

  4. わんアジア財団
    ググってみてください。
    香ばしい香りがたっぷりで気絶するかもしれません。
    本丸はdかしら?
    では、キンペーちゃんではなく、文ちゃんの方ね。
    それで2Fが淡くって、1000人土下座行脚発言を
    したのかしら?