【韓国】イランに請求される原油代、その額7兆ウォン

大韓民国

ちょっと時間がとれないので、サクッと突っ込める記事を紹介しておこう。

イラン外務省「原油代7兆ウォン支払え」…韓国外交、中東でも非常事態

12/14(土) 8:40配信

イラン外務省が先日現地駐在の韓国大使を呼び「イラン産原油と超軽質油の輸入代金を支払え」と強く抗議したことが13日までにわかった。代金はおよそ7兆ウォン(約6500億円)に達するという。

「朝鮮日報」より

ありゃー、やっちまったねぇ。

スポンサーリンク

韓国の中東戦線異状アリ

対中東外交に力を入れていたが

前大統領のクネクネは中東外交にかなり力を入れていた。

いや、その前からかな。

韓国のMERS感染拡大、注目集まるSARSの教訓

2015 年 6 月 10 日 12:22 JST

韓国の中東呼吸器症候群MERSの初動対応のまずさにより、以前アジアで重症急性呼吸器症候群(SARS)感染が拡大した時に得た「重要な教訓」(専門家)に注目が集まっている。感染者の迅速かつ包括的な隔離と、市民への適切な情報開示が必要だという教訓だ。

~~略~~

江南セブランス病院の臨床微生物学者Jeong Seok-hoon氏は、今回のMERSの隔離措置の効果が、03年にSARSの感染拡大が阻止できたときと対照的だと話す。SARSは中国で発生したが、そのときは海外での感染拡大が報じられていたため、対策を取る時間があった。

「WSJ」より

少し古い記事になるが、韓国でSARSやMERSが大流行したことは、覚えておいでだろうか?

SARS流行が2003年、この時は支那で大流行したSARSを水際で何とか食い止めたという記事にはなっているが、それでも流行して死者を少数だが出している。

ところが、その次に発生したMERSは食い止める事ができず大変なことになった。結局36人の死者を出し、感染者は分かっているだけで183人だったとされている。

で、MERSの話を出したのは、これが中東で感染拡大した病気だという理由だ。実は、その当時から韓国人が中東に派遣されて仕事をする様なケースが増えていたのだ。

UAE初の原子炉完成 韓国の企業連合が建設

2018年3月27日 16:02

アラブ首長国連邦(UAE)は26日、アブダビ西郊で建設が進む同国初の原子力発電所、バラカ(Barakah)原発の原子炉4基のうち1基が完成したと発表した。UAEはアラブ諸国初の原子力発電国にさらに一歩近づいた。同原発は韓国電力公社(KEPCO)を中心とする韓国の企業連合が受注し、建設を進めている。

「AFP」より

UAEへの原発輸出などは、それの分かり易いケースで、この他にも石油化学プラントの中東での受注など、2000年以降に韓国が力を入れてきた分野である。それ以前にも、アジアや中東において発電所や淡水・発電プラントなどの大型プロジェクトや、ビル建設などを手掛けており、中東にはかなり労働者を出稼ぎに行かせていた事実があるのだ。

不誠実さはあちこちで問題を

ところが、建設事業についていえば、パラオで引き起こしたKBブリッジ崩落事故(1996年)や、マレーシアで引き起こしたスタジアム天井崩落事件(2009年)など、色々やらかしていて問題視されている。

ついでにいうと、UAEの原子炉もかなりヤバイと噂はされている。

石油化学プラントに関していうと、コレもやらかしそうな予感だ。

<総合>今年目標500億㌦・プラント輸出 中東で急増

2010/03/26

韓国企業が中東市場でプラント(産業設備)輸出を増大させている。中東の湾岸協力会議所属の6カ国の建設市場は今年だけで5500億ドルが見込まれているが、韓国企業はサウジアラビア、UAE(アラブ首長国連邦)、オマーンなどから相次いで大型プラント受注に成功、中東地域が再び黄金市場として浮上している。昨年のプラント輸出実績は史上最大の463億㌦を記録したが、その大半が中東地域からの受注で占められ、現地では韓国人エンジニアらの働く姿が目立つ。知識経済部は、プラント輸出拡大のため2012年まで海外受注700億㌦、世界シェア8%を目標に掲げ支援を強化しているが、今年の目標500億㌦達成いかんも湾岸6カ国からの受注増大が決め手になりそうだ。

「東洋経済日報」より

続報をしっかり追えていないのだが、「色々受注した!」というニュースは見るが、稼働を始めたという話は殆ど聞かない。というか、テロによって爆破されたなんて話もチラチラ聞くのだが、一体どうなっているのかは掴めなかったのである。

さておき、韓国がこうした石油化学プラントを積極的に手掛ける背景には、韓国の石油の約8割が中東依存であり、石油化学産業は韓国にとっては重要なドル箱だった時代があったからである。

なお、「韓国が原油を買えない」「日本軽油で原油を買っている」というデマが流れているようだが、軽油の輸出入の関係はあるにしても、原油が買えないなんて事は無い。

韓国企業の対イラン輸出に異常あり

ただ、ちょいちょい問題が起きているのは事実。

有名なのはこちら。

韓経:韓国企業の対イラン輸出、ウォン口座凍結で閉ざされる

2019.05.07 11:08

米国の対イラン制裁で2100社に上る韓国の輸出企業が直撃弾を受けている。イラン中央銀行のウリィ銀行と中小企業銀行のウォン決済口座が凍結され、これ以上輸出代金を受け取ることができなくなったためだ。

6日の関連業界によると、KOTRAは3日、輸出企業に「韓国・イラン間ウォン決済システム中断案内」を通知した。KOTRA関係者は「韓国に対する米国の対イラン制裁例外認定期間が5月2日13時(米国時間5月2日0時)で終了したのに伴う措置」と説明した。イラン産原油輸入全面禁止とともに輸出代金決済通路だったウリィ銀行・中小企業銀行のイラン中央銀行口座も凍結した。効力は通知日である3日から発生した。

「中央日報」より

このニュースを読むと、「なんだ、アメリカの被害者なんだ」という感想を抱くのだが、ちょっと違う。これは、日本が輸出管理を見直した事とも若干関連がある話なのだが、どうやら韓国の資金の流れに不透明な部分があるようなのだ。

特に中東への流れが問題視されている模様。

複数の関係筋によると、イラン外務省は先月中旬、テヘラン駐在のユ・ジョンヒョン韓国大使を呼び、IBK企業銀行とウリ銀行の口座に9年にわたり預けられているイラン中央銀行名義の預金およそ7兆ウォンについて、これを早期に引き出せるようにしてほしいと要求した。この口座の金利はほぼ0(ゼロ)のため、預金される期間が長いほどイランにとっては損失となる。

「朝鮮日報」より

そんな訳で、イラン中央銀行口座が凍結されてしまった結果、イランへの支払いが滞ったというのが今回のニュースなのだが、これに対して韓国はかなりふざけた対応をしている模様。

イラン外務省の関係者は「米国の制裁対象になっていない医薬品や食料品の輸出入代金の決済はその気になれば可能だ。ところが韓国政府はまともに対応しない」と主張している。イラン中央銀行やイラン保健省などの関係者もユ大使に会って問題の解決を要請した。ソウルのイラン大使館も最近韓国外交部の担当者に何度も会い、韓国側の対応に数々の問題があると指摘したようだ。

「朝鮮日報」より

そう、イラン側が主張する様に、正規な手続を踏めば何とかなる話なのだ。

韓国外交の結果である

これって何処かで聞いたことのある話だよね。

日本の輸出管理に関して、見直された結果、韓国にとって不都合な事案が発生してしまった。

韓国部品でiPhone不良発生、やっぱりフッ化水素の国産化は困難?

12/17(火) 8:32配信

日韓両政府は輸出管理をめぐる問題を議論する局長級の政策対話を16日に開き、24日を軸に日韓首脳会談の開催を調整している。だが元徴用工問題などで両政府の認識には大きな隔たりがあり、どこまで歩み寄れるかは予断を許さない。すでに韓国は日本からの輸入に依存しているフッ化水素の国産化を模索しているが、課題は少なくないようだ。

「yahooニュース」より

このニュース自体は情報の確度はそれほど高くないと感じている。しかし、輸出管理の影響を受けた可能性は否定できない。

そもそもこのフッ化水素の話は、正規の手続をして貰えれば輸出出来る話で、それをやらないのは韓国の問題なのである。

同様にして、口座凍結の話にしても、手続を踏めば問題無いのだ。

だが米国のイラン制裁再開に続き韓国も例外国から除外され、イラン産原油輸入禁止とともにウォン決済口座まで凍結した。昨年10月には米国の制裁再開によりイランのメラト銀行のウォン決済口座が凍結されている。イラン制裁専門家である法務法人栗村(ユルチョン)のシン・ドンチャン弁護士は「ウォン決済システム中止は商品を輸出しても代金を受ける方法がないという意味。韓国企業のイラン輸出の道が閉ざされることになったもの」と説明した。

「中央日報」より

この記事からも分かるが、アメリカが例外国から韓国を除外した理由は、「怪しいから」である。しっかりと手付きが出来ていればこの口座凍結は解除可能だ。

それを分かっていながら突っぱねたのは韓国なのである。ムン君の外交センスは意味が分からないな。

韓国はホルムズ海峡の防衛に加わらない

さて、原油を中東に依存している韓国だが、ホルムズ海峡に手を出す積もりは無いらしい。

韓経:韓国国防部「ホルムズ海峡派兵、多様な可能性を開いて注視」

2019.07.23 11:32

ジョン・ボルトン米国家安保補佐官が24日、韓国国防部を訪問して鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官と会談する。この場で韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)とホルムズ海峡派兵、北朝鮮の非核化などの様々な安保懸案が協議されるものと見られる。

「中央日報」より

アメリカからは、「ちょっと、面かせ」と言われていたが、韓国はコレを断ったようだ。

ただ、流石に予断を許さない状況になってきているので、先日ようやく重い腰を上げた。

韓国政府、来年2月ホルムズ海峡に清海部隊を派兵(1)

2019.12.18 07:23

韓国政府が米国の要請を受け、来年初めにホルムズ海峡に派兵することにした。まず来年1月に連絡将校を派遣するという意向を米国に伝え、2月には駆逐艦も派遣する方針だ。

「中央日報」より

これも本当に派遣されるかどうか、ちょっと微妙な感じの話ではあるのだが、先日の事件で韓国政府に激震が走ったニュースがあった。

イエメン沖、韓国船など3隻拿捕 紅海で反政府組織

2019年11月19日21時37分

内戦下のイエメンでイランの支援を受ける反政府武装組織フーシ派は19日、紅海を航行していた韓国籍のしゅんせつ船や、内戦に軍事介入しているサウジアラビアのタグボートなど計3隻を拿捕(だほ)したと明らかにした。

「時事通信」より

ホルムズ海峡での事件ではないが、流石にこれで「何もしない政府」なんてことになると、支持率を維持できなくなってしまってムン君にとってはちょっと……、と言う事態になりかねない。

100兆ウォンばらまくぞ!というニュースも見かけたけれど、それだけでは多分、支持率を維持できないだろう。

さておき、こうした感じでイランにお金が払えないのをアメリカのせいにしているけれども、それもそろそろ出来なくなりそうな感じで、そうなると7兆ウォンは別に用立てる必要があるのだが、韓国政府の懐事情も勘案するとそれも難しい。

どうなるんでしょうねぇ、中東から原油買えなくなったら、それこそ大変なことになるんだが。あ

コメント

  1. お早うございます。(長くなりますが面白いの見つけました)
    2004年1月 小泉内閣で韓国を日本のホワイト国に追加
    2007年9月 イスラエルがシリアの北朝鮮製原子炉攻撃
    2013年11月 米英ロ他3国の協議でイラン制裁一部緩和合意
    2014年2月 韓国の金融機関に凍結されている原油代金の
            送金が問題になる(☆今回トラブルの原点)
    2016年1月 米欧が核合意を受けイラン制裁を解除
            (☆この日以降支払いは可能となる)
    2016年6月 韓国の産業通商資源部が日本経済産業省との
             政策対話をキャンセル(3年間対話無し)
    2018年4月 日米英オースト加が上下朝鮮の瀬取り監視
    2018年5月3日 安倍首相がイスラエルで靴デザート出される
        (☆日本>韓国>イランへフッカ水素の横流し疑惑)
    2018年11月 米がイラン制裁を全面再開
    2018年12月 イラン、韓国と物々交換取引合意
    2018年12月 韓国海軍が自衛隊P1哨戒機にレーダー照射
    2019年3月 仏が上下朝鮮の瀬取り監視参加
    2019年4月 イスラエルがシリアでミサイル開発中の上朝鮮
            の技術者を空襲
    2019年6月 日本のタンカーがホルムズ海峡で攻撃を受ける
    2019年7月 イランがウラン濃縮20%宣言
    2019年7月15日 イスラエルが下朝鮮に黒塗タルムード贈呈
    2019年7月 ・IAEA天野事務局長が任期途中で辞意
          ・米が米韓外相会談の韓国側発表は嘘と報道
          ・日がフッ化水素や規制品の末端ユーザー調査
    2019年8月28日 日本が下朝鮮をホワイト国から除外
    2019年9月 イランウラン濃縮20%を見送る
    2019年11月 イランがウラン濃縮5%引き上げ中宣言
    2019年12月 イランが下朝鮮に原油代金支払を強く請求
    2019年12月 ロウハニ大統領来日

    お隣さんはW国除外の真因を理解していない。日本に文句を
    言うよりも、嘆きの壁の前で靴でも食べた方が良さそうよ。
    原油代金を払っても払わなくても、どちらかの恨みを買う。
    歴代の外交センスが凄すぎて痺れる。

             

    • なるほど、興味深いですねぇ。
      誰がまとめられたものか、時系列で追ってみると確かに韓国外交がおかしな選択をしている様に思えます。

      イランのウラン濃縮にも、当然ながら関わっている、って事になるんでしょうねぇ。
      想像するに、既に資金的にショートしかけていたところに、ムン君が勝手に「フッ化水素を横流しするから」と、やっていたのではないかと。それが止まっちゃったから大騒ぎなんでしょうねぇ。韓国で作ったヤツは信頼性が低くて困るとか、そういう話も出ているのかも知れません。ええ、もちろん妄想の類ですよ。

  2. >このニュースを読むと、「なんだ、アメリカの被害者なんだ」という感想を抱くのだが、ちょっと違う。これは、日本が輸出管理を見直した事とも若干関連がある話なのだが、どうやら韓国の資金の流れに不透明な部分があるようなのだ。
    >特に中東への流れが問題視されている模様。

    アメリカは証拠を掴んでいるんじゃないかな。

    >そう、イラン側が主張する様に、正規な手続を踏めば何とかなる話なのだ。

    一番重要な同盟国のアメリカに対しても誤魔化してきた様ですし、「バレなきゃいいや!!」っていう蛮族思考そのもの、これじゃあ日本との条約や約束なんて守るはずがないし、是正するとか言ってきても全く信用できませんよね。

    >これって何処かで聞いたことのある話だよね。
    日本の輸出管理に関して、見直された結果、韓国にとって不都合な事案が発生してし>まった。

    原油代金の代わりにギャランティとして日本のフッ素化水素を横流ししてた疑惑が益々深まります。
    24日に文クンと会談予定らしいですが、安倍総理も政府も安易な提案は頑として受け付けない態度で挑んで欲しいもんです。

    >アメリカからは、「ちょっと、面かせ」と言われていたが、韓国はコレを断ったようだ。
    >ただ、流石に予断を許さない状況になってきているので、先日ようやく重い腰を上げた。
    >これも本当に派遣されるかどうか、ちょっと微妙な感じの話ではあるのだが、先日の事件で韓国政府に激震が走ったニュースがあった。

    理由はともかく金を貰えないばかりか(フッ素化水素が主かな)、アメリカ主導のホルムズ海峡治安維持に派兵しちゃうと、イラン革命軍が激怒するんじゃないかなァ~。

    P.S.
    ところでソマリア海賊対策に派遣されているのは忠武公李舜臣級駆逐艦(4400t級)とかで、ショボい南朝鮮海軍の主力の一手のはずなんですが、6隻建造されて1隻中東派遣・1隻派遣後メンテで待機・残りはお家芸の共食い整備でアップアップで運用している様です。
    朝鮮半島有事で投入可能なのはせいぜい2隻が精一杯らしく、派遣したお宝の駆逐艦が被弾したり撃沈されたりしたらどうするんでしょうね。
    大邱級もドックで居眠りしてる場合じゃないと思います。(冷笑)

    • アメリカが証拠を掴んでいる可能性は高いでしょうが、疑いの段階で追い詰めた可能性も否定できません。
      結局、韓国の敗因はアメリカを怒らせたこと、コレに尽きるんですよね。

      ソマリア海賊対策に派遣されている辺りの情報は掴んでいないのですが、聞くだに酷い感じですね。整備が弱いというのは、色々な問題を引き起こすんですな。

  3. まり様
    木霊様

    まり様の引用された「流れ」について、こんな噂が流れています。

    >2018年5月3日 安倍首相がイスラエルで靴デザート出される
    >    (☆日本>韓国>イランへフッカ水素の横流し疑惑)

    フッ化水素横流しの主犯が日本であるように韓国が動いて、経済産業省(と安倍政権)が激怒しているという噂が流れています。
    また、韓国が日本製フッ化水素を横流しして、韓国製フッ化水素を横流ししないのは、容器から韓国がやっていないように見せるためという噂もあります。

    韓国のフッ化水素横流しは、経済的側面だけではなく、反日作戦の側面も持つのかもしれません。

    まあ、妄想に近い話ですが、韓国のフッ化水素横流し疑惑が妄想とは言えなくなってきたので・・・

  4. 木霊さん、おはようございます。

    一昨日安倍首相はイランのロウハニ大統領と会談しましたが、核合意への復帰を促し・自衛隊派遣への理解説明がイシューで、イラン側は変わらぬアメリカ批判・経済協力要請が話合われた様です。

    その直後の21日にはトランプ大統領と75分の電話会談、主は北朝鮮情勢の急激な緊迫化に対する対応策(アメリカの軍事作戦への容認&参加要求含む)だったと思いますが、イランとの仲介役要請もあったんじゃないかと想像しています。
    アメリカの軍事オプション実行が現実味を帯びてきました。

    そして、20日に大統領が署名し成立した「国防権限法」、アメリカ国内では宇宙軍新設がメインとなっていますが、北朝鮮への制裁強化も柱の一つである事を見逃してはなりませんね。
    さらに、台湾総統選への支那干渉を阻止する内容&米台軍事協力も盛り込まれていますんで、北朝鮮&支那の反発など想定内で「蹴散らす」という、強硬な挑戦姿勢を打ち出しています。

    日本は支那融和策の見直しを迫られる可能性があり、与党内でも異論噴出の愚劣な「習主席国賓待遇訪日」をリセットするチャンスじゃないかな。
    二階爺さんや支那・朝鮮ズブズブの政治家もこの際刷新して欲しいもんですけどね。

    一気に朝鮮半島情勢が緊迫してきていますので、この期に及んで迷走を続ける南朝鮮なぞ放っといて(完全スルー)、国民の命・財産そして国土の安全保障を最優先に決断すべきでしょう。