マイナス金利の時こそ国土強靱化を目指せ

政策

追記

八ッ場ダムの話はちょっと触れていて、洪水を防いだ可能性について指摘されている。

八ッ場ダム、一気に「満水まで10m」…台風で54m上昇

2019/10/13 15:21

国が来春の運用開始を目指し、今月1日に貯水試験を始めた八ッ場やんばダム(群馬県長野原町)の水位が、台風19号による大雨で急上昇した。国土交通省関東地方整備局の速報によると、13日午前5時現在の水位は標高573・2メートルとなり、満水時の水位(標高583メートル)まで10メートルほどに迫った。台風によるダムの被害は確認されていない。

「讀賣新聞」より

試験湛水中に台風がやってきて大変なことになったのだけれど、54m水位を増しただけで耐えたようだ。

下流の利根川の水位がギリギリになったと言う報告もあって、八ッ場ダムがその存在意義を示したケースだとも言われている。詳しくはこちらを。

台風19号、利根川における八ッ場ダムの洪水調節効果 | 八ッ場(やんば)あしたの会
 八ッ場ダムは10月1日に試験湛水を始めましたが、この台風による大雨で一気に水位が上がりました。 右画像=10月13日の八ッ場ダム工事事務所ライブ映像 今回の台風19号により、試験湛水中の八ッ場ダムの貯水量が一挙に増えました。八ッ場ダムの貯水量が急増したことに関して、「台風19号では利根川中流の堤防が決壊寸前になった。...

この活躍のお陰で元民主党に批判が集まっているようだ。

もう一つ活躍したのではないかと言われているのがこちら。

東京都の地下神殿こと、首都圏外郭放水路である。

大人気!!世界最大級の「地下放水路」見学ツアー - 国土交通省 江戸川河川事務所 首都圏外郭放水路│観光・体験予約 - ぐるたび
大人気!!世界最大級の「地下放水路」見学ツアー - 国土交通省 江戸川河川事務所 首都圏外郭放水路 - ご当地情報、クチコミをご紹介。観光スポット、イベント、ご当地グルメなどのご当地情報は「ぐるたび」にお任せ!

無駄な投資だと叩かれた時期もあったが、間違い無く機能していたことを考えると、治水の必要性について改めて考えさせられた事案だと、そう言えるだろう。

追記2

地下神殿のニュースも出てたよ。

洪水防ぐ「地下神殿」4年ぶりフル活動 担当者ひやひや

2019年10月14日16時44分

大雨を降らせた台風19号を受けて、「地下神殿」とも言われる「首都圏外郭放水路」(埼玉県春日部市)が、川の氾濫(はんらん)を防ぐために活用されている。調圧水槽に水をため、ポンプで川幅が広い江戸川に排出する仕組みだ。2006年に完成し、すべての施設がフル活動するのは、茨城県の鬼怒川が氾濫した2015年の関東・東北豪雨以来2回目という。

~~略~~

 同日午後7時10分にポンプを使って江戸川への排出を開始。ただ、13日の朝方にかけて、江戸川の水位も上がり始めたため、担当者は「ひやひやしました」と振り返る。その後、江戸川の水位は下がり、今も流入流出を繰り返している。

「朝日新聞」より

見事おつとめを果たしたといいうニュースである。

コメント

  1. ちょっと補足させてください。

    「国の借金」という言葉がミスリーディングさせています。NHKの2019年2月9日ニュースから引用します。

    >国債や借入金などを合わせたいわゆる「国の借金」が、去年の年末の時点で
    >1100兆円を超え、過去最大を更新したことが分かりました。日本の総人口で
    >割ると1人当たり871万円となります。

    これ、正確には「日本政府の借金」であって「日本国全体の借金」ではありません。

    また、日本国債のうち7.4%が海外に流出しており(国庫短期証券を含めると12.8%)
    残りは日本国内で消化されてます。つまり、債権者は日本国内の企業または家計ということになります。(令和元年6月末速報値)

    なので、日本の対外負債・純資産に影響を与える額は国庫短期証券を含めても、政府の借金の12.8%の145兆3161億円になります。

    • ご指摘通り、その辺りの情報も基本事項として盛り込むべきでした。
      「国の借金がー」というのは、財務省の常套手段みたいな話で、政府の債務の内訳に関しても見ていくと、ご指摘の通り「リスク」と判断される要因は少ないのですよね。
      ミスリードのさせ方としては悪質ですが、マスコミを含めて良くこの手の情報操作はされますから、注意したいですね。

  2. とても参考データーを元にした興味深く関心させられる記事です。

    公共事業すべてが悪だという風潮が広まって、すでに20年位かな定着しちゃって長く経ちます。
    ゼネコン汚職や政治家・官僚の汚職腐敗は許せませんし、地方自治体が無駄なハコモノを造ってきたのも大問題でしょう。

    しかし、国の安全保障の中には「国土の途切れる事のないメンテナンスと必要な強靭化」が必要なのですから、「公共事業=金食い虫の悪」でないのは当たり前です。

    都市部からちょっと離れてドライブしていると、美しい田園風景や山間の道路・起伏に富んだ河川などの風景に触れる事ができます。
    でも、想像を超えた自然の驚異によって、一瞬で破壊される脆弱さも併せ持っているのですよねェ~。

    急斜面下に建てられた集落・がけ崩れや陥没しそうな山道など、改善すべき場所がいったい日本全国にどれくらいあるのか...?
    一朝一夕では解決できないし、長いスパーンで考えた地道な改善・補強策が求められるんじゃないかな。

    かといって、僕にはどうすりゃいいかなんて方法論は見当もつきませんけど、財務省のデーターを操作した情報誘導には長年ウンザリですね。
    ちょっと調べれば判る話なんですが、マスメディアが相乗りして煽ってきましたから、老人さん達含め新聞・TVしか見ない国民が鵜呑みにしちゃって信じているのが一番マズい!!

    • 頑張って書いてみましたが、間違った内容にならないかとヒヤヒヤしておりました。

      公共事業に金がかかるのは当たり前で、それを領民にどうやって納得させるのかが、為政者の腕の見せ所という感じだと理解していました。
      しかし、スーパー堤防のように、作り始めてから莫大なコストと時間がかかっても、やり遂げなければならない工事もあるワケで。
      それにどうやって説明を付けるかが政治家の腕の見せ所なんじゃないかなーと。そう思っていますが、そんな政治家、最近見ませんよね。

  3. こんにちは。

    マイナス金利でそのお金が海外ファンドと不動産に流れててどうしようもない状態ですね。
    触れておられていましたが民間銀行の審査能力が無いせいで不動産担保に捕われていて設備投資に全然回っていません。金融庁もなんとかしたいと指導等を行っているようですが……
    不動産に回ってしまうせいで、
    土地価格上昇→賃料上昇→個人の財布を圧迫→消費が冷える
    のような現象が起きている部分も見られます。

    国の借金はデフレ脱却してインフレ率2%ぐらいになれば20年で約半分になりますからね。
    デフレ脱却が一番の肝だと考えられますが上手くいっていませんね。
    どうすればいいのでしょうか。

    • ろくでもない状況ですが、消費税が導入された結果が出てくると(ちょっと先になると思いますが)更に結果が変わってくるのでは?
      外的要因で経済が悪化するのは目に見えているので、「外的要因が問題で、消費税増税による経済悪化じゃ無い」と強弁する事もできるのでしょうが、そんなタイミングでわざわざ経済にブレーキをかけなくとも……。

      政府によるデフレ脱却のコントロールは、僕はそもそも困難だと思っています。
      政府が介入して経済をコントロールできる余地は少なく、民間牽引による経済好転が無いとダメなのかと。
      とはいえ、建設国債使ってインフラ作ると言うのは、無駄にならないと思うんですよね。本当に必要なモノを作るのであれば、それは生きた金の使い方になるし、多少の経済効果も期待できますから。