赤字の国連、現金支払いが底をつく?

政策

なんか、ここのところ毎年こんな話を聞くな。

でも、国連の権威が失墜して久しいので、活動資金を絞るとか工夫したらどうかな?

国連の赤字250億円、近く現金払底の恐れ 事務総長が警告

2019年10月8日 17時54分

国連(UN)のアントニオ・グテレス(Antonio Guterres)事務総長は7日、国連は2億3000万ドル(約250億円)の赤字を抱え、今月末にも現金が払底する恐れがあると訴えた。

「ライブドアニュース」より

そっかー、大変だね(棒)

スポンサーリンク

国連の分担金のトップはアメリカ

でも去年は未払いに

国連の分担金については、外務省のサイトに説明がある。

2017~2019年国連通常予算分担率・分担金

アメリカの負担率は令和元年(2019年)においてもトップの22%である。ただし、アメリカは大統領のトランプ氏が「国連は仕事をしない」「だから分担金も払いたくない」と、去年も支払いを拒んでいた。

国連「かつてない現金不足」 分担金81カ国が未払い

2018/7/27 6:09

【ニューヨーク=高橋里奈】国連のグテレス事務総長が職員に「加盟国が分担金の支払いを遅らせているため、現金がすぐに底をつきそうだ」と財政難を訴える書簡を送っていたことが26日分かった。書簡は25日付で「かつて経験したことがない現金の不足状況」とし、経費節減などリストラの必要性を訴えている。

26日時点で加盟国193カ国のうち、最大の資金拠出国である米国を含む81カ国が分担金を払っていない。米国以外ではスーダンやアンゴラ、ケニアといったアフリカ諸国や、イランやシリアなど中東諸国、北朝鮮などが未払いとなっている。

「日本経済新聞」より

ちなみにこの傾向は翌年も続いていた模様。

未払い金

河野太郎 2019年01月09日 22:02

2018年9月30日の時点で、国連の通常予算分担金を未払いにしていた加盟国が52か国ありました。

未払い額の大きい方から

アメリカ    842,136,277 米ドル

ブラジル     92,925,930

アルゼンチン   38,753,953

イラン      30,243,413

サウジアラビア  27,470,754

ベネズエラ    17,053,924

イスラエル    16,071,866

となっています。財政的というよりもほかの理由で未納になっているのかもしれません。

「BLOGOS」より

そりゃ、一番分担金比率の多いアメリカが支払わなければ、国連の金庫が空になるのも無理は無い。

今年は加盟国のうち7割が既に納付

えーっと、加盟国は193カ国なので3割未納ということは58カ国くらいが未払いと、そういう計算になるね。

 グテレス氏は「2019年の通常予算に基づく活動に必要となる総額のうち、加盟諸国は70%しか納付していない。これにより、国連は9月末に2億3000万ドルの現金不足に陥り、このままでは流動性準備金も今月末までに使い果たす恐れがある」と明かした。

 その上で同氏はコスト削減のため、会合や会議を延期し、サービスを縮小する、同時に出張は必要最低限に抑え、省エネ対策を実施することを提案した。

「ライブドアニュース」より

で、9月末に現金不足に陥ったのに、今から経費削減ってアホなの?

国連は深刻な資金不足、職員に11月の賃金払えない恐れ=事務総長

2019年10月9日 / 11:37

国連のグテレス事務総長は8日、加盟国が国連に分担金の支払いを行わなければ来月職員に賃金が支払えなくなる可能性があると警告した。

事務総長は国連総会の行財政委員会(第5委員会)で、1月から支出削減に努めていなければ先月の年次総会を「支えるだけの資金は捻出できなかった」と指摘。

「ロイター」より

あいやー、ロイターの記事を見ると、今年の1月から経費削減をしていたとのこと。今年1月の段階でアメリカは支払いを拒んでいたから、その影響がもろに出ているのかも?

国連のドゥジャリク報道官は、これまでに加盟193カ国中、129カ国が2019年分の分担金を支払い、約20億ドルが確保されているとしている。

「ロイター」より

おっと、ここに数字が出ていたな、193カ国中、129カ国が支払いをしているとか。……67%しかないね。そして、約20億ドルの確保がされているとあるけれど、アメリカの負担金額は今年6億7400万ドルなんだそうな。

ロイターの記事は外務省の出している資料と齟齬があるので、どこまで信用して良いかよく分からないが、数字的には今年もアメリカが支払っていない可能性が高そうである。

 ある関係者が匿名で述べたところによると、グテレス氏は今年に入り、国連の現金不足の問題に対応するため、加盟諸国に分担金の上乗せを要請したものの、了承は得られなかったという。

 国連の2018~19年度の活動予算は、平和維持活動予算を除外すると54億ドル(約5800億円)で、うち22%を米国が負担している。

「APF」より

資金不足は未払いの国が多い事にも関係はあるのだろうけれど、活動内容に問題があるんじゃないかな。「足りないから上乗せしてね」というのは、あんまりな言い分である。ただでさえ国連の活動には頷けないものが多いのだから。

そもそも大きくなりすぎた

そうそう、気になるのは国連職員の数と給与額だろう。

国連職員の年収給料【上級職・管理職・専門職・一般職】|平均年収.jp
国連職員の年収給料【上級職・管理職・専門職・一般職】そのほか仕事内容、なるには?など解説|平均年収.jp

そして人数がこちら。

国連では何人職員が働いている? 数字から全体を把握する
国連は世界中にオフィスを&amp

人数も給与も増えすぎたんだよね。

その割に、理念に反するような事ばかりやっているような印象が強いわけで。そりゃ、トランプ氏もキレるよね。

国連は必要なのか?

国連の活動内容

そもそも国連、何やってるのよ。折角なので国連の目的なんかを紹介していこう。

1 世界平和および安全を維持する 2 諸国間の友好関係を発展させる 3 国際問題を解決する 4 1~3の目的を達成するために、各国の行動を調和させる

https://koumu.in/articles/210

……世界平和……だと?

これ、1番から4番までの何れも実現できていないような気がするのは、僕の気のせいなのだろうか?

しかしこの「目的」は一般的に言われていることで、実際にはちょっとここからズレた話となる。

もともと国連は「the united nations」つまり連合国が基軸となって設立(1945年10月24日)されている、「戦後秩序の維持」を目的とした組織である。その目的は国連憲章第1条に掲げられている。

  • 国際平和・安全の維持
  • 諸国間の友好関係の発展
  • 経済的・社会的・文化的・人道的な国際問題の解決のため、および人権・基本的自由の助長のための国際協力

上に挙げた4項目とほぼ同じ感じだが、戦後秩序の維持という観点から考えなければならない。つまり国連は戦勝国クラブで、常任理事国は「アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、支那」の5大軍事大国である。なお、支那はもともと常任理事国の座にあった台湾を蹴落としての理事国入り(1971年)をしており、その構成員に関しても、非常に政治色が強い状況になっている。

常任理事国は非常に強い権限を持っていて、事実上の拒否権発動により国連の決議を否決することが出来るため、実質的に国連で何か物事が決定される事はない。議会の場で西側と東側の綱引きが延々と行われるに過ぎないのである。

そんな訳なので、国連憲章の第1条が努力目標に終わってしまい、何ら進むことがない。国連とは、随分前からそういう組織なのである。

国連の成果

とはいえ、国連が「何もしてこなかった」というわけではない。

国連の活動は少なからず各国に影響を与えるのである。ただ、それを私的に利用しようとする国が増えてしまい、本来の目的を果たせずにおかしな事になっているのが、国連の現状、というだけである。

中国代表団が「中国と国連」「気候変動」など報告書を発表

2019-09-27 16:32 CRI

 ニューヨーク国連本部で開催中の国連総会に出席している中国代表団は現地時間26日、「中国と国連――第74回国連総会における中国側の立場文書」や「国連気候行動サミット:中国の立場と行動」などを発表しました。

 「中国と国連――第74回国連総会における中国側の立場と文書」は、新中国の成立から70年間、とりわけ中国共産党第18回全国大会以降の、各分野における中国と国連の協力成果と発展をまとめたもので、「中国は世界平和の建設者、世界発展の貢献者、国際秩序の擁護者であることを貫いてきた」と強調しています。また、国連の平和、発展、人権という三大分野において中国が行ってきた重要な貢献を、全10章に分けて解説しています。

「CRI online」より

先日もそんな発表があった。

このニュースを見て、目眩がしそうになったが、こんなのが罷り通る世界が国連の一面なのである。

国連が必要か不要か?でいったら、多分まだ必要ではあるのだろうけれど、既に害悪の方が多くなりつつある様に思う。特に日本のような国が利用できる機関ではないのが致命的で、日本にとってはいつまで経っても連合国に「負けっ放し」を続けなければならないのである。

今一度、日本は国連との付き合い方を考え直すべきだろう。長い間、多額の分担金を支払い、貢献してきた過去があるが、ドイツもそうだが常任理事国入り出来る見込みは無い。結局、戦後秩序の維持が至上命題になってしまっている組織に、日本がこの後に及んで何か影響力を行使するということは無理なのだ。

去年は分担金も減らして貰った事だし、このままフェードアウトしても罰は当たるまい。ただ、安易に抜けると台湾のようなことになるため、当面は支払いだけ凍結すれば良いんじゃ無いかな。

コメント

  1. マスメディア反乱軍 より:

    木霊さん、おはようございます。

    何を今更...、個人的心情では自業自得で「ざまァ~見ろっ!!」ですね。

    決議違反にすらマトモで具体的な制裁を行えず、支那・ロシアの横暴にはなすすべもない体たらくです。
    一度解体して現実に即した新たな国際社会の枠組みを考える時ですね。

    国連軍だけを当面残して拒否権を日本・ドイツに拡大した、「決議違反に厳重な対応が可能な組織」が必要じゃないかな?

    P.S.
    絶大な権力である「拒否権」行使には、一定の条件を付け乱用を防ぐ実質的な縛りを考えて欲しいですね。

    • 木霊 より:

      心情的には分かりますが、こういったサヨクが集まるような機関というのは、腐敗しがちですよね。
      国連も随分と腐敗してしまって、一時期大改革があって改善された時期もあったようです。
      結果的には何処かのバン君のお陰もあって大腐敗という噂。

      拒否権が力を持ちすぎで機能しない国連ですが、見直しが出来ないようなら、潰すしか無さそうです。

      • マスメディア反乱軍 より:

        >結果的には何処かのバン君のお陰もあって大腐敗という噂。

        こんなバカをトップに選んじゃうセンスの悪さが「自業自得」の真骨頂でしょうね。

        >拒否権が力を持ちすぎで機能しない国連ですが、見直しが出来ないようなら、潰すしか無さそうです。

        古代ローマの政務官の拒否権は絶大で、それがカエサルの皇帝誕生まで国家を度々危機に陥れた要因の一つとなった様です。(判断ミスに繋がった)

        現在の国連の拒否権はほとんど全ての条項決議で1カ国でも反対すれば、なかった事になっちゃうくらい強大な権力です。
        冷戦期には米露で発動三昧でしたが、現在の国際情勢には相応しくない悪法じゃないかな。

        少なくとも、ここを大幅に改善しない限り、国連という組織を支持する気になりませんね。