今さら自衛隊に協力要請(入浴支援)する千葉県知事

電力

ちょっと忙しくて記事を書いていられなかったので、昨日は勝手ながらお休みさせて頂きました。

きょうもちょっと短めに。……この話はかなり大きな話なんだけどね。

千葉県が自衛隊に災害派遣要請、断水6市町に給水車両

2019/9/10 10:41

千葉県は10日午前に災害対策本部を開き、台風15号の影響で断水が続く地域への給水のため、同日早朝に自衛隊に災害派遣を要請したことを明らかにした。会合に出席した陸上自衛隊第一空挺団の戒田重雄団長は要請に応じ、佐倉市や東金市など6市町に給水車両を派遣すると表明した。

「日本経済新聞」より

さて、大規模停電が起こって千葉県で大規模停電が起こってしまった。

こちらの記事では「発電施設の分散化すれば良いじゃん」というような事を気軽に書いてしまったが、しかしもうちょっと状況は酷かったようだ。

スポンサーリンク

長引く停電

停電が長引いている理由

何が起こったのか?ということを理解をしていなかったのは僕だけでは無く、地方の首長も同じだったようで。

東電は「楽観的」と批判=長引く停電で-熊谷千葉市長

2019年09月12日15時01分

 千葉市の熊谷俊人市長は12日、台風15号の影響により停電が長引いたことについて、「当初から全国を挙げた支援体制を敷いてほしかった。楽観的な見通しを発表するのは被災者のためにならない」と東京電力ホールディングスを批判した。

「時事通信」より

東電を責めることは簡単だが、この千葉市長の熊谷氏も自分の責任を棚に上げて無責任なことを言っているな。

県に対しても「国に対し全国的な支援を求めるべきだった」と不満を示したようだが、まあそれは確かにあるだろう。

http://www.bousai.go.jp/kaigirep/kentokai/bousai_specialist2/01/pdf/shiryo5.pdf

しかし、市長にも災害の規模を把握する為の責務があるのだ。自分が責任を持って担当する地域の災害状況を把握するために災害対策本部を立ち上げ、下部組織からの情報吸い上げをして県に情報を上げて、支援要請を行うことが、この熊谷氏の責務であり、その権限を有しているハズなんだけどな。

災害時にリーダーはどう動く 熊本地震の首長対応に学ぶ (中澤幸介) - Yahoo!ニュース
大阪北部を震源とした地震。出勤させるか、帰宅させるか、まず出社後に何をさせるかなど、判断や指示に迷ったリーダーは多いのではないか。危機発生時、リーダーはどのようなことを心掛けて指示をすべきか。

尤も、かつて無いほどの規模の台風だったので、被害が想像できなかったことは仕方がない面はあると思う。理想論を言えばリーダーが決断していくべき話なのだが、経験のない首長が決断できないのは無理もないのかもしれない。

なぜ停電の長期化を招いたのか 予想以上の風の猛威に「見通し甘かった」

2019.9.12 21:18

~~略~~

 発電所と各家庭に電気を届ける変電所をつなぐ中継地点となる鉄塔だが、倒壊で電線が切れるなど機能不全が生じた場合に備え、電力の迂回(うかい)ルートも準備されている。

 それなのに、今回は停電が長引いている。変電所から各家庭に電気を送る電柱設備などが予想以上の被害を受け、迂回ルートも十分に機能しなかったからだという。東電側は目視の点検などで当初は電柱の損傷は80基程度だけとしていたが、実際はより多数に上り、現段階では「集計できていない」としている。

 電柱が損傷した現場に向かう道路も倒木で絶たれているケースもあり、復旧に時間を要している。東電関係者は「変圧器の損傷だけだと思っていたら電柱にひびが見つかるなど作業量が膨らんだ」と説明する。

「産経新聞」より

東電としても被害規模を把握が出来ず、作業が遅れに遅れていることが停電が長引く原因を作っているのだろう。

災害に強い国土を作ると言うのは、なかなか難しいものだね。

台風被害はどういうものだったのか?

結局のところ、鉄塔の倒壊など大きな被害が目を引いたが、検査してみたら多くの電柱も破壊されて使えない状況になっていたらしく、現状では電柱を抜いて、新しい電柱を埋めるという作業をしなければならない状況になっているようだ。

その結果、電気の迂回ルートが全てダメになってしまい、停電が長引くという状況になってしまった。

千葉県知事から、香取市、八街市、南房総市、君津市、富津市、山武町、多古町での入浴支援の要請を受けました。これら地域の皆さんに明日からお風呂を提供できると思います。これからも、被災地の皆さんに寄り添った支援を行ってまいります。— 河野太郎 (@konotarogomame) September 12, 2019

新たに防衛大臣となった河野氏がこんなtweetをしているが、電力復旧がなかなか実現しなかったことが、千葉県知事の判断を遅らせた原因だろう。

これが12日の停電状態のようで、如何に被害が大きかったかという話を物語っている。

多分こういった被害を目にして、「地中化を進めよ!」という話は出てくるのだろうし、僕もそう考えていた。だが、電柱を地中化すれば、それはそれで別の問題が発生することは指摘するまでも無かろう。

東電「状況把握できず見通し甘く」 停電復旧遅れる理由

2019年9月13日04時50分

台風15号による大規模停電は、いつ全面復旧するのか。東京電力の見通しは後ろ倒しになり、被災地からは当初の見通しと実態との差に批判も出ている。広範囲にわたる電線や電柱の損壊に加え、倒木が復旧作業を妨げている面があるが、老朽設備が被害を拡大させた可能性を指摘する声も上がっている。

「朝日新聞」より

朝日新聞は叩きやすい東電叩きにシフトしているようだが、この話はそういう単純な話では無いと思う。電柱が倒れたほかにも、色々な施設の老朽化が進んでいて、被害を拡大したという論調だが、東電が金回りが悪くなっているのは、幹部が多額の給与を受け取っているだけの話ではなく、原発停止の影響が大きく出ているのだ。これが法律の要請に基づかない停止要求によるものだから、質が悪い。

twitterでワイドショーのコメンテーターが「電柱の地中化と地上の電柱の2重化を」という恐ろしい事を言っていたと突っ込みが入っていたが、そういう問題か?

誰がその費用を用意するのかと。

しかしそうなってくると、効率だけ追求した大規模発電というのは、ある程度解消していかなければ鳴らないのかも知れない。

ただ、これも単純な話ではない。

自衛隊は覇権要請が無ければ動けない

そもそも、今回の話のネックは、被害把握がしっかりしておらず、全容を誰も掴んでいなかった事が大きな問題なのだと思う。

#中部方面隊 災害派遣活動】
9月12日夜半、中部方面後方支援隊(京都府京都市「京の湯」)、第3後方支援連隊(兵庫県伊丹市「六甲の湯」)及び第10後方支援連隊(愛知県春日井市「尾張の湯」)は、#台風15号 に係る #災害派遣活動 のため、千葉県へ向けそれぞれの駐屯地を出発しました。 pic.twitter.com/OwPdWrgL4t— 陸上自衛隊 中部方面隊 (@JGSDF_MA_pr) September 13, 2019

タイトルに「今さら要請」と書いたのだけれど、そうなった原因は千葉県知事が被害規模を判断出来なかったからであり、東電も被害状況の確認が十分でなく、復旧時期の把握ができなかったことも問題だったのだろう。

それは、関東を直撃する台風が滅多に無いという事なのかも知れないけれど、事は人命に関わることである。

今回の話を奇貨として、もう少し災害時の対策の仕組みを見直す必要があるのだと思う。上手いところに結論が着地できなくて申し訳無いけれども、未だに全容が把握できていないところが、今回の災害の被害の大きさを物語っているといって良いと思う。

安倍政権も建設国債を出して国家強靱化という話を真剣に考える必要が有るんじゃ無いかな?色々動いているとは聞いているのだけれど、今のところはあまり目に見えた結果に繋がっていないからねぇ。

コメント

  1. 電気屋 より:

    確かに毎年複数個の台風の直撃を受ける九州地方と比べれば動きが遅いですね、逆説的には頻繁に台風が襲来する地域の設備はその度に破損した設備が更新されるので全体的に台風に強くなっていると言えます。
    ここに来て各電力会社及び関連業者の応援が追加投入される模様(早い段階で発電機車は派遣されていました)主に倒木処理に従事する様です。
    災害時の復旧体制の構築ですが電力会社はあくまで民間企業ですので平時から災害対策に余剰の人員や機材を採算度外視で準備するのは無理です、また電力会社間での迅速な救援を可能にするには規格の統一については一応検討していて2020年から着手する様ですが莫大な費用が予想され政府からの多額の援助と法整備(費用だけでなく工事を進める上での強権を認める等)が無ければ実現しないでしょう。

    • 木霊 より:

      色々なネタが出てくる話ですが、どうにも信憑性的な意味でちょっと取り上げるには躊躇われました。
      もうちょっと復旧が進んだら、そのうちマシな情報が出てきますかねぇ。

      さておき、台風からの復旧が不得手なのは事実だと思います。
      しかし一方で、想定外の規模であったというのも事実でしょうから、現場の混乱も仕方が無いのかなぁ……。
      twitterでブルーシートを屋根にかけるボランティアを募集する話が出ていたのを見かけたときには、正気を疑いましたが。

  2. 匿名 より:

    千葉市長の肩を持つわけではないですが、千葉市長の発言については、だいぶ切り取られて報道されているみたいですね。

    • 木霊 より:

      そうですねぇ。
      ただ、切り取り報道というのは常に報道機関ではなされる事です。それが良いことなのか悪いことなのかはさておき、切り取られて不味い発言というのは、首長としては避けたいですよね。