コピペのように増える支那軍艦

支那

凄い話だが。

中国の大型駆逐艦建造速度、まるで「コピペ」のような速さ―中国メディア

配信日時:2019年9月8日(日) 13時40分

2019年9月6日、新浪軍事は、中国の大型駆逐艦の建造速度が急速に高まっており、「まるでコピー&ペーストをするかのような速さだ」と評した。

「レコードチャイナ」より

恐ろしい早さで増えている支那の軍艦だが、マンパワーのなせるワザという意味ではなかなかスゴイと思う。

スポンサーリンク

空母の投入と打撃群形成

とにかく増やした空母達

記事自体は支那の造船能力を褒め称える内容になっているが、人民解放軍海軍で運用する為の艦船をどんどん増やしているというのは、恐るべき話でもある。

その上で、ここ数カ月において中国南部の造船所で003型空母と075型強襲揚陸艦の建造が急速に進んでいることに注目が集まる中、遼寧省の大連造船所の航空写真からは少なくとも055型1万トン級駆逐艦2隻、052D型駆逐艦2隻が建造中で、さらに055型駆逐艦4隻を含む駆逐艦が停泊、テスト中であることが見て取れるとした。

そして、2カ月前には055駆逐艦2隻はまだ着工しておらず、052D駆逐艦の建造現場は空き地だったと紹介し「これまで大型駆逐艦の建造速度は1、2年に1隻ペースだったが、今ではわずか2カ月の間にこれだけの駆逐艦が出現するようになった。その建造速度は確かに極めて大きく進歩した」と伝えた。

「レコードチャイナ」より

外国から購入した001型空母「遼寧」と、現在着工中の支那の空母が、「001A型」「002型」の合計三隻が支那の保有する空母だと言われている。

ただ、この他に未確認の「003型」「004型」「005型」の存在が噂されているが、情報が錯綜していてハッキリしないようだ。3隻目は「004型」になるとの話もある。

ハッキリしているのは、とにかく空母を多数建造しているという点だ。

空母と艦載機

しかし、空母を運用する為には艦載機と空母打撃群と呼ばれる取り巻きの船を用意する必要がある。艦載機として建造されているのがJ-15艦載機である。

原型となったのはロシア製Su-33なのだが、ボディはそこそこ手が入っているようで、微妙に形は違う。しかし、エンジンはコピーできていないようで、依然としてロシア製のエンジンを使っていると言われている。

このJ-15戦闘機のテスト飛行の様子は色々と動画としても確認出来るようだ。

空母遼寧発艦映像 J-15戦闘機

しかし、動画で確認する限り、空母の性能もイマイチだし、戦闘機としての出来もまだまだだという印象だ。もちろん、公開しても支障の無いレベルの動画を出しているのだから、「まだまだ」と表現するのが適切かどうかは悩ましい。

もう一つがJ-31戦闘機なのだが、こちらはJ-15よりも開発が進んでいないような感じだがハッキリした事は分からない。

いずれにせよ、着々と戦闘機の製造が行われているのが支那の現状である。使える戦闘機がどれだけあるかは分からないが、戦闘機を色々作る事の出来る資金力があるのは事実なのだ。

駆逐艦は多数建造される

順調かどうか分からない戦闘機の開発はさておき、駆逐艦に関しては多数確認されているようだ。

中国の大型駆逐艦055型、一番艦が初の試験航海

配信日時:2018年8月25日(土) 1時50分

中国メディアの環球網によると、中国海軍の新型ミサイル駆逐艦055型の一番艦が24日午前、初めての試験航海を始めた。055型駆逐艦は満載排水量が1万3200トンとされており、同7000トン弱とされている前級の052D型と比べて2倍近い排水量だ。

「レコードチャイナ」より

多数作られていると思われるのが055型ミサイル駆逐艦である。

VLSが112セルという多数のミサイルを抱いて、最新のレーダーを備えた艦であるらしく、これが何隻も建造されているようだ。

潜水艦も多数作られていると言われているので、それなりの「量」を備えていると思われる。「質」はよく分からないんだけどさ。

乗員の育成ができるのか?

これら最新の艦船達、或いは戦闘機達が質はともかく量は揃えることが出来たようなのだが、その乗組員やパイロットの育成はどうなっているんだろうね。

支那には金があるので、その辺りも金をかけてやっている様なんだけれども、残念ながらハッキリした事はよく分からない。

ハッキリ分かるとすれば、支那がどこかと戦争を始めた時だろう。

……だが、その最初の餌食になるのは、日本である可能性が否定できないところが、日本の不幸といえるかも知れない。台湾とセットで攻められる可能性はあるのだ。

コメント

  1. 暇人 より:

    一気に揃えると、時期が来れば一気に更新が必要になるわけですが、その頃までシナの経済は持続的に成長できているでしょうか?
     シナは勝負をかける、揃えたモノが旧式化する前に何らかのケリなりカタなり付ける気でいるとしたら恐ろしいことです。
     旧ソ連海軍みたく、大量の艦艇を建造したあげく経済が破綻し、使うことなく崩壊していった同じ轍を踏んでほしいものですが。

    • 木霊 より:

      個人的な予想ですが、「一気に更新」あたりは目を瞑っているんじゃ無いでしょうかね。
      取り敢えず覇権拡大ができれば、その後運用できなくなっても別の方法を考えるという、ちょっとコスト度外視のやり方を考えている気がします。
      支那経済が成長を続けるのであれば、それは可能でしょうから。

      ただ、人手の方が年々減っているのがネックらしく、それも含めてどうするのでしょうね。
      崩壊したら下で厄介な支那情勢ですが、注視して行かざるを得ませんね。

  2. マスメディア反乱軍 より:

    木霊さん、おはようございます。

    >これら最新の艦船達、或いは戦闘機達が質はともかく量は揃えることが出来たようなのだが、その乗組員やパイロットの育成はどうなっているんだろうね。

    支那はAIに相当な力を入れているようなんで、人員の練度不足をそれで補填するつもりなのかも知れませんね。

    >支那には金があるので、その辺りも金をかけてやっている様なんだけれども、残念ながらハッキリした事はよく分からない。

    先ずはアメリカのインド太平洋を凌駕する数を揃えて、威嚇というか牽制する気は満々ですねェ~。
    それにしても金がよく続くもんです。(謎?)
    海警も支那武装警察の配下に入りましたし、艦船装備は海軍軍艦並みに強かされているらしいですから、空母+ミサイル駆逐艦に加えて警戒しないと...。

    >ハッキリ分かるとすれば、支那がどこかと戦争を始めた時だろう。
    >……だが、その最初の餌食になるのは、日本である可能性が否定できないところが、日本の不幸といえるかも知れない。台湾とセットで攻められる可能性はあるのだ。

    アメリカの対台湾プレゼンス強化も進んでいますが、開戦の火種となりかねないし現時点で質量共にまだまだ脆弱すぎますからね。
    南朝鮮の無駄な部隊を再編成し5000人以上の規模で台湾に駐留させて牽制したいところですが、火に油でエスカレートするだけですから、今すぐアメリカもそこまではやれないでしょうしね。
    いずれにせよ朝鮮半島が片付かない限り、アメリカも大胆な手は打てないんじゃないかなァ~。

    超ウルトラCで北朝鮮の完全非核化&体制保障とバーターし、在韓米軍撤退&終戦締結→その後再編成し空軍・砲兵隊を中心にした軍を北に駐留(軍事バランスを理由にする)→米朝による支那・ロシア牽制の盟約を確立する(人権問題は一旦棚上げ)...、なんて策もあっていいと妄想しています。
    この前提条件として、日米合作で南朝鮮を経済的に焦土化した後、その後始末には関知しないのは元より(荒れ放題を放置)、破綻国家として見放し完全スルーでいいんじゃない。(笑)

    いずれにせよ、日本はアメリカに頼るのではなく、自力で島嶼(尖閣諸島)防衛計画を真剣に練って備えることが肝要でしょう。
    尖閣有事の緒戦において、アメリカはまずは動かないと僕は思っていますし、日本の力で阻止すべきと考えますから。

    広大な太平洋・大西洋を支配する超大国の感性として、超拡大しなければ見えない小島の領有権・資源権・漁業権なんて、日本とは価値を共有できないでしょうからね。
    竹島も当時は「海鳥が糞をするだけの島とは言えない岩礁」という浅い認識だったのが、現在大きな禍根となっていますからアメリカの責任は大きい。