ホワイト国の中止と優遇対象国の除外【韓国・新独立記念日】

政策

ちょっと予想外の閣議決定だったが、よく考えられていると思う。

韓国「優遇対象国」除外を閣議決定 輸出管理を厳格化

2019/8/2 10:17 (2019/8/2 11:37更新)

政府は2日、輸出管理を簡略化する優遇対象国から韓国を除外する政令改正を閣議決定した。半導体材料の韓国向け輸出管理の厳格化に続く第2弾となる。7日に公布し、28日に施行する。韓国向けの輸出の際に食品と木材を除くほぼ全ての品目で経済産業省が個別審査を求めることができるようになる。韓国政府は強く反発している。

「日本経済新聞」より

ホワイト国のリストから外す、という方針は貫いた政府だったが、一方で、一定の配慮をする変更を行っている。それが、「ホワイト国」の名称廃止だ。

「ホワイト国」の通称廃止=経産省

8/2(金) 13:00配信

 経済産業省は2日、貿易管理上の優遇措置を適用する「ホワイト国」という通称を同日付で取りやめたと発表した。

「時事通信」より

如何にも韓国がホワイトじゃ無くなりました、というような印象を和らげる配慮だろうと思われるが、これがプラスに働くかどうかはなかなか難しいところ。

輸出管理の実態に応じて対象国を4グループに分類し、従来のホワイト国は一番上の「グループA」に改めた。28日付でホワイト国指定を除外される韓国は、Aに次ぐ「グループB」に入る。

「時事通信」より

4グループに分けたことで、ホワイト国とそれ以外という印象を和らげる効果はあったように思う。韓国はBグループでまだまだCグループ、Dグループがあるので、単にクラス分けされただけだという印象を与えるワケだ。

スポンサーリンク

経済産業省としての対応

さて、折角なので経済産業省のニュースリリースを見ていこう。

輸出貿易管理令の一部を改正する政令が閣議決定されました

2019年8月2日

大韓民国に関する輸出管理上の国カテゴリーを見直すため、輸出貿易管理令別表第3の国から大韓民国を削除するための政令改正が本日閣議決定されました。経済産業省としては、輸出先や品目にかかわらず、改めて、迂回輸出等に厳正に対処するとともに、輸出者に対して自主管理を促していきます。

「経済産業省サイト」より

韓国向けの対応がトリガーになったと言う事は明確にしつつ、3つの内容を政令に含んでいる。

輸出貿易管理令の一部を改正する政令の概要

これが、いわゆるホワイト国認定を外すという内容になっている。

◇外国為替及び外国貿易法(昭和24年法律第228号。)に基づく輸出管理を適切に実施する観点から、大韓民国向けの輸出について厳格に運用するため、輸出貿易管理令(昭和24年政令第378号。以下「輸出令」という。)別表第3に掲げる地域から大韓民国を削除します。

◇輸出令の改正に伴い、包括許可取扱要領(平成17年輸出注意事項17第7号・平成17・02・23貿局第1号)等の関連通達の改正も行います。

◇これらの改正により、大韓民国向けの輸出については一般包括許可が適用できなくなるとともに、キャッチオール規制の対象(※)となります。

(※)リスト規制品以外であっても、大量破壊兵器等や通常兵器の開発等に用いられるおそれがある場合に輸出許可申請が必要となります。

簡単に言うと、韓国に対する輸出について、手続簡略化の優遇を廃止し、一般の国と動揺に手続を行って貰いますよと言う内容だ。

この措置が、韓国の経済成長の一助になっていた事は疑いが無いが、しかし一方で、手続をすれば輸出しますよと言う事でもあるので、それほど騒ぐような話では無い。

とはいえ、韓国としては頼みの綱の半導体関係の事業の他にも、自動車や化学の分野にも影響が大きいだけに、混乱が起こるのは避けられないだろうと思われる。

そして、これまでは言及されていなかったが、こっそりとこんな内容を含んでいてちょっとビックリした。

◇大韓民国向けの貨物の輸出及び技術の提供について、一般包括許可を適用しない。

技術提供についてもしっかり監視しますよと言う事だ。

輸出管理上における国別カテゴリーの名称見直しについて

もう一つがこちら。

「輸出管理レジームに参加」「一定の要件を満たす」という2つの条件をクリアした国や地域だけが該当する「グループB」であり、輸出管理レジームに韓国は参加していて、それなりの管理をしているので、ここに移ったということになるようだ。

キャッチオール規制に関するこちらのサイトが更新されていないっぽいので、詳しい事はよく分からない。

安全保障貿易管理**Export Control*キャッチオール規制

グループBとグループCに参加する国がどんな感じなのかは知りたいところだけれども、直ぐには発見できなかったので今後の課題とさせて頂きたい。

輸出管理の厳格な運用について

で、輸出管理は厳格化するよー、という案内である。

◇7月4日以降、大韓民国向け輸出について個別許可を求めることとしていた、フッ化ポリイミド・レジスト・フッ化水素の3品目については、厳格な輸出審査を経た上で、正当な民間取引であると確認できたものは今後許可していきますが、3品目に限らず、迂回輸出や目的外転用などには厳正に対処します。

◇そもそも、輸出先や許可の種別に関わらず、輸出者による自主管理が重要です。輸出企業におかれては、最終需要者や最終用途などの確認に万全を期するよう改めてお願いします。

もはや、「これを言いたいが為に法令を改正した」という体にしており、日本としては世界に向けて「輸出管理を徹底する」とアピールしたワケだ。

外務省は場外乱闘

さて、この大イベントの前に外務省のトップ、河野太郎氏がガチンコで会談をしてきていた。

韓国「ホワイト国」除外巡り非難 日本「外交マナーに反する」 日中韓とASEAN外相会議で応酬

8/2(金) 12:42配信

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は2日、タイの首都バンコクで開かれた日中韓と東南アジア諸国連合(ASEAN)の外相会議で、「ホワイト国」から韓国を除外する閣議決定について「一方的で恣意(しい)的だ」と非難した。同席した河野太郎外相は、日本の輸出管理は自由貿易体制と矛盾しないとして「康外相の訴えの原因が分からない」と反論。アジア各国の外相の前で応酬を繰り広げた。

「毎日新聞」より

この会談の前に、「あのコウノヨウヘイの息子だし、もしかしたらヘタレるかも」という憶測も飛び交っていたのだが、蓋を開けてみたら予想以上に、韓国の外相をケチョンケチョン(死語)にしたようだ。

しかし、河野氏としても流石に穏やかではいられなかったようで。

 同会議は金融やインフラ開発、環境など多角的な協力を話し合う場だったが、康氏は会議前半で日韓関係を提起した。韓国政府が国際会議の場で2国間関係をたびたび持ち出しており、日本政府関係者は「外交マナーに反する」と批判している。

本来は、どちらかというと金融関連の話をやりたかったようなのだが。

一方の康京和氏の方は、立場的にどうしてもこれを訴える必要があったので、まあ、プロレスみたいなものだったと言って良いと思う。

ただ、外務省の対応は、アメリカからの横槍なども考慮した結果だと、そのようにも理解出来るので、それなりに配慮したと、そういう事なのかもしれないね。

追記

さて、最近注目はこのグラフだ。

デッドラインは1200ウォンである。

追記2

ムン君、口火を切ったー!

韓国・文大統領「極めて無謀な決定。全責任は日本にある」

8/2(金) 14:13配信

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は2日午後、日本政府が輸出手続き上の優遇措置を与える「ホワイト国」から韓国を除外することを閣議決定したことについて、「外交的な努力を拒否し、事態を一層悪化させる極めて無謀な決定だ。深い遺憾の意を表する」と述べた。

 日本政府の決定を受けて韓国政府が急きょ開いた閣議の冒頭で語った。文氏は、「状況を悪化させた責任が日本政府にあることが明白になった以上、これから起きる事態の責任も全面的に日本にあるという点をはっきりと警告する」とも述べ、対抗措置を検討する考えを示した。

「讀賣新聞」より

何を言っているんだ、オマエは?

チャーハンまだ?

注:北朝鮮の言動を揶揄するときに使われるネットスラング。「チャーハンまだ?」は、北朝鮮文学を興味深く監察する人々が、チャーハンに例えて作ったコピペに由来する。

コメント

  1. 今夜は晩酌 より:

      いよいよデッドラインの1200ウォン越えも見えてきましたね。KIKOオプションによる、輸出企業の損失はどれぐらいになるのか見物ですね。
     そういえば、IMFの査察が韓国で8月20から入る話を耳にしましたが今度もうやむやにできるのかな?今夜は酒うまですね。

    • 木霊 より:

      ちょーっと返答が遅れていますが、大変なことになってますね。
      デットラインを軽く超え、さらに日を跨いでも防衛できない状況に。

      IMFも前回、無理にお引き取り願ったみたいですけど、また入るんですかねぇ。

  2. 無一物 より:

    パブリックコメントの中にも「ホワイト国」という名称に対する意見も入ってましたね。
    カテゴリ分けについては良いのではないかなと思います。
    まぁ、まだ扱いとしては易しいのではないかな、と思います。
    カテゴリB(り地域)というのが何とも皮肉ですけどw

    カテゴリCはまぁ、その他すべての国、でしょうから、南朝鮮はカテゴリD(北と同等)にならないようにしっかり管理体制を確立すべきですね。

    • 木霊 より:

      パブコメ、なかなか面白い感じでしたねぇ。

      韓国も仕返しという形でカテゴリーCに入れるとか訳の分からない事をやり始めたようです。
      流石だ!

  3. Rodney より:

    ウォンドルは16:10頃1200を越えましたね。
    しかしムン・ジェインの「外交的な努力を拒否し、事態を一層悪化させる極めて無謀な決定だ。深い遺憾の意を表する」は日本からの外交努力を無視し韓国の一方的クレクレが韓国の言う外交努力なんですかね?

    「状況を悪化させた責任が日本政府にあることが明白になった以上、これから起きる事態の責任も全面的に日本にあるという点をはっきりと警告する」も、むしろこれからいろんな事態が起きるのは韓国側であってムン・ジェインが責任を取らなければならなくなるんですけど本当なにも考えてませんね。
    韓国国民がこれから受ける災いも自ら北鮮への狂信者を大統領に選んだせいですから反省してくれればいいですけど、これまでの大統領の系譜を見る限り難しそうですね。

    • 木霊 より:

      本日は1220を超えて、攻防していますね。
      ヤバイヤバイ。

      日本のせいにして乗り切れると思ってずっと政権運営をやってきたのですから、ここから路線変更というのは難しいでしょう。
      韓国国民はどこまで分かっている話なのですかね?

  4. まり より:

    李地朝鮮の文さん、対抗処置と言っても、
    役無しのオープンリーチくらいでしょうか?
    でも、その単騎待ち・・・、3枚場に出てますよ。

    • 木霊 より:

      李地域ですから!
      役ナシオープンリーチの時点でどうしようもありませんが、場に3枚でていたらそれこそ詰んでいますよね。自力で作り出すのかな?4枚目を自力で引いてくる実力はなさそうですよ?積んであるとも思えませんし。

  5. 音楽大好き より:

    今晩は。

    「チャーハンまだ?」は知りませんでした、ググってみたら簡単に見つかりました。面白いね。でも「文学」じゃないと思います。

    「韓国政府も日本を白色国家から除外して、輸出管理を強化する手続きを踏んでいくことにした。」とか報道されていますが、日本が「韓国のホワイト国」に入っていたなんて知りませんでした。そうなると、どうなるんだろう・・・近所の居酒屋のサラダからパプリカが消えるのかなぁ。

    「全ての責任は日本にある」って・・・1960年代、中国が「全ての責任はアメリカ帝国主義者どもにある」とか言っていたのを思い出しました。
    当時の北京放送(中国の海外向け宣伝放送)はアメリカを非難する時(って事は、いつも)アメリカ帝国主義者は【無謀にも】【恥知らずにも】【臆面もなく】・・・などと言っていました。ブン大統領、表現を考えたらいかが・・・たとえば
    「我が国(韓国)を【愚かにも】ホワイト国から除外した日本【軍国主義者】どもは云々。
    この方が面白い。
    当時のVOA(だったと思う)の日本語放送では「毛沢東とその一味」だったと思うので、いい勝負か。

    さて、この先東アジアの状況はどうなるのか。韓国は実質的には既に「北」だと思うけど、それを表面化させずに北を抑え込む事ができるのか・・・冷戦と戦争、「弾道ミサイルが飛んでくるリスク」と「弾道ミサイルが飛んで来る」のは全く違うので、見かけの平和であってもいいから平和であってほしいなぁ。このあたりになると、私の頭では「????」なんです。

    • 木霊 より:

      ま、まあ、「文学じゃ無い」というのは仰る通りでありまして、でもまあ、よく考えるモノだなと。

      ともあれ、今後の展開はなかなか興味深いのですが、かなり振り切れたところまでやらないと政権維持できないような。
      与党から「日韓基本条約を見直せ」という話が出てきちゃっている辺り、凄い事になるかも知れませんよ。

  6. マスメディア反乱軍 より:

    いやァ~、国中底が抜けたような大騒ぎみたいですね。(冷笑)

    その言い分は的外れというより大発狂して脳ミソが沸騰し、鼻か耳から流れだしちゃうんじゃないかと思える嬌態ぶり。
    その一部をダイジェストで...。(笑)

    ・韓国経済への攻撃であり、その未来の成長を妨げようとする明らかな意図を持つもの-by 文クン
    ・奇襲的侵略行為
    ・過去の壬辰倭乱(文禄・慶長の役)と日帝強占期侵略の歴史を想起
    ・経済戦争を行うという宣戦布告も同然

    いやはや、低俗タブロイド紙も顔負けの支離滅裂な罵詈雑言だらけ、僕としては今後もっと過激でオモロイ表現が出てくるのを期待しちゃいます。

    さて、日本政府は僕たちの希望通り粛々と閣議決定し、経産相・官房長官と然るべきポジションの二人がこれまたクールに必要な事だけコメント。

    世耕経産相→今回の措置が日本企業に与える影響について「基本的には発生しないと思っている。今回の措置で影響があるのであれば、台湾やASEAN諸国とのサプライチェーンも成立しないことになる」と、全て分析済みで騒ぐ必要なしとサラリと強調。

    菅官房長官→「不適切な点を是正する運用の見直しであり、日韓関係に影響を与える措置ではない」、「アジアの国・地域と密接な経済関係を構築しているので、グローバルサプライチェーンへの影響は全く考えられない」と、何ともひょうひょうとした肩透かしのオトボケぶりは貫禄十分ですね。(微笑)

    後は7日の天皇陛下の公布を賜り、予定通り28日から改正法施行までこれまで通り、冷徹に粛々と進めればいい。

    今回のグループA~Dまでのカテゴリー変更もナイスだと思います。
    「ホワイト国」に対してグループCを「グレー国」、グループDは「ブラック国」なんていくら問題国であっても、国際信義上呼べないわけですから、国民がある程度認知できればいいのであって、是非とも経産省のHPでカテゴリーの内容と意味づけを大きくアピールすべきでしょう。

    そして、南朝鮮の逆上はさらにエスカレート必至...、さて文クンは輸出&企業の業績指標は大幅劣化し、国の経済価値の判断となる大事な為替レートは危機ラインをアッサリと突破しちゃいました。
    国が貧乏になれば民意は下落するのが普通ですが、当面は反日狂乱で乗り切る魂胆でしょうけど、祭りの後の始末は君がするのを忘れてはダメだよ。(冷笑)

    • 木霊 より:

      リストを作って頂きましたが、どんどんリストが追加されていまして、そりゃもう凄い事に。
      「盗人猛々しい」とか宣う人物ですから、さもありなんという感じですね。

  7. マスメディア反乱軍 より:

    P.S.
    日本をホワイト国から外すってニュースになっていますが、そもそも日本が南朝鮮のホワイト国だったなんて初耳ですね。
    これが報復カードなら(報復される覚えはないけどね)、なぜもっと早くから話題にならなかったのかなァ~? ホント不思議。

    まあ、内容を見ると観光・食品・廃棄物...だってさ、どう考えてもショボくて弱すぎる。(爆笑)
    そもそも、自慢しまくっていた輸出製品の要、サムソンのスマホやDRAMが入っていないのか?

    それでも、不衛生でヤバイ食品が入ってきにくくなれば日本の消費者としては大歓迎だし、観光もビザなしをそっちから言い出してくれたら、日本も素直にビザなし廃止が打ち出せるので念願の措置となり最高の結果!!

    でもさァ~、対象品はほとんど中小・零細企業レベルの業者だと思うし、まず管理能力があるかも疑問で今の経済危機状態なのに、輸出管理規定を弱者に強要しちゃって大丈夫なのかなァ~?

    そして一番気になったのは廃棄物ってなんだろうねェ~?
    僕たちが知らない廃棄物(危険物かも知れない)ものが、日本国内に輸出されていたのなら、これは逆に大問題じゃないかな?
    これこそ、マスメディアがしっかり追うべき事案と思いますが、僕は当たり前に期待は全くしていません。

    • 木霊 より:

      多分、日本がホワイト国に認定するまでそういう考えすら無かったと思いますが、真似して作ったんじゃ無いですかね?

  8. ばんきり より:

    結局、パブリックコメントは4万666件、95%ほどが賛成で、明らかに反対と言えるのが1%程度だそうですね。まぁ、数は後押しにはなるでしょうが決定打ではないというのは一応言っておく必要があるでしょうが。
    中身を見ると、1%の反対意見の方がたくさん書いてあるように見えますね。経産省としては、それだけ丁寧に回答したうえで今回の措置に踏み切ったということなんでしょう。そこは安心して見れました。
    ホワイト国という名称をやめることについては、パブリックコメントを反映した結果なのかな・・・という風に見えました。

    グループ分けですが、日本が参加する国際輸出管理レジームというのは5つあって、韓国もその5つに参加しているそうです(それなのに、ホワイトを外すのは不当だと文句言っているようですが)。なので、グループBということになるんでしょうね。ただ、参加しているとはいえ、その実態がねえ。
    キャッチオール規制についてはわかりましたが、リスト規制はどうなるんですかねえ。り地域が維持されるのか、どこかのグループに編入されるのか。り地域のままとしても例の3品目以外の扱いも変わると思いますが、その辺の発表は7日になるんですかね。

    • 木霊 より:

      パブコメはあくまで「参考に」ということですから。
      しかし、それは民意という意味では非常に大きな力になると思います。

      ホワイト国の言葉やグループ分けなど、なかなか考えたなという印象です。
      ただ……、リスト規制がどうなっていくのかは今のところ見通せません。

  9. マスメディア反乱軍 より:

    木霊さん、おはようございます。

    さて、午前の閣議決定後は南朝鮮側の狂乱報道が溢れかえったせいで、陰に隠れ気味のバンコクでの日米韓外相会談についてです。

    午後から行われたようですが、まず会談時間はたった30分というのが、アメリカにとってアリバイ作りの軽い帳尻合わせの感アリアリですね。
    なりふり構わず必死でアメリカの仲裁を願ってきた南朝鮮ですが、閣議決定日程は早くから公開されてたのにこの「事すでに遅し」の会談タイミングですから、ほとんど茶番と考えていいんじゃないかな。

    そして、ニュースではほとんど伝えていませんが、大事な日米外相会談が犠牲になっちゃったのが残念ですね。
    もっとも、米韓外相間もなしになっていますから、アメリカは「火中の栗を拾うのなんか真っ平ご免だ、どっちの言い分も聞かないよ。」とかなりあからさまな対応ミエミエです。

    しかし、会談後のウソ会見が相変わらずで、なかった事をあった様にいけしゃあしゃあと発表してますね。

    >「事態を憂慮しているとの(アメリカの)発言があった」

    日本の外務省幹部は「そんな発言はなかった」と速攻で否定。(G・J!!)

    >「アメリカ側から『難しいがどのような努力ができるか役割を尽くしたい』という話があった」

    これも役割(=仲介)などとはお得意の捏造・捻じ曲げで、記事で書かれているのが紛れもない事実でしょう。
        ↓
    >ポンペオ長官からは「日韓両国が協力して前に進むことを促したい」との発言があったものの、関係改善に向けた具体的な仲介案などは示されなかったということです。

    要するに3者会談のイシューは北朝鮮問題での連携の確認だけに終わり(GSOMIAに手を出すなと釘を刺したかは不明)、残りは河野外務大臣が元募集工の判決を理不尽とし南朝鮮が解決すべきと主張、康砂かけ婆はホワイト国除外を撤回してと、各自一方的に主張し時間を浪費しただけですね。

    ポンペオ長官はそれをただ横で見ていただけ...、発信されている3人の画像が全てを物語っていますし。(爆笑)
    真ん中で二人を寄せようとするポンペオ氏、口を「への字」どころか歯までくいしばって嫌な表情丸出しの河野外相、呆然・無表情で木偶の坊の様にまったく違う方向で立ちすくす砂かけ婆...、このショットは秀逸ですね!!(笑)

    日本国民にとっては切願していた事案でスタートを切ったわけで、今後の火病悪化でエスカレートする事必至の南朝鮮の狂乱の展開に興味が移りました。
    「制裁・報復」と勝手に狂いまくって大騒ぎしていますが、日本はまだ一発も実弾撃っていないんだから当面は放っといていいでしょう。

    あくまで冷徹&粛々と毅然と対応しつつ、国際社会への発信はいくら強化しても構いません。

    • 木霊 より:

      日米外相会談が犠牲になったのはある意味仕方が無いかも知れません。
      この手の会談をする場合、最初は二国間で話をした上で、参加国に入るらしいのですが、アメリカは最初から「三ヶ国で」と云ったようです。
      つまり、最初から仲介する気なんかさらさらなかったようですよ。

  10. マスメディア反乱軍 より:

    木霊さん、おはようございます。

    南朝鮮がどんなに汚い罵詈雑言を浴びせようと日本は丁寧に無視しを続け、国際社会には丁寧に正統性を主張するのが肝要なんですが、アメリカの余計なチャチャだけは厄介なんで予測して準備しておく必要があると思います。

    万が一アメリカが自己都合ゴリ押しの仲裁案を提示してきたなら、毅然と拒否してこう言ってやればいいと思う。

    ①今回の貿易管理強化は日本の主権内であり、かつ世界の安全保障を脅かしかねない深刻な問題解決策であるから、国際社会への安全保障の責任を果たしただけ、よって何ら仲介される筋の事案ではない。

    ②貿易管理規定強化は元募集工の問題とはまったく別という、我が国が首尾一貫している真っ当な主張を、常識ある自由主義国家なら素直に受け入れるべきだ。

    ③どうしても介入したいのなら、前政権とはいえアメリカが関与した元売春婦問題で、国連含め国際社会が賛意を示した日韓合意を一方的に破棄した南朝鮮の姿勢を正すのが先だろう。

    ④合わせて、日米韓の軍事協力に重大なリスクをもたらしたレーダー照射問題、動かぬ証拠にもとづき南朝鮮に公式な謝罪と再発防止案を迫るのが先だろう。

    特に埋もれがちな③④をアピールし表面に出し鋭くイシュー化する、絶好のチャンスと僕は思うんだけどな。
    まあ、日本から火に油を注ぐ話になるんで今は不要だし、アメリカだって今は熱が少しでも冷めるまで待たないと、下手に介入するのは損と思っているだろうけどね。

    • 木霊 より:

      「丁寧な無視」というのはなかなか秀逸な言葉だったと思います。
      流行語ランキングにノミネートしたいですね。

      さておき、アメリカは日本側に立つことになっているらしく、今回の事態は既に根回し済みだったという感じですね。
      更に、アメリカは支那とドンパチを始めていますが、何となく日本は韓国と事を構えている状況が作り出されていて、これ、アメリカの援護射撃的な意味合いもあるような。まあ、現実的には韓国が告げ口外交にアメリカに出かけていったので、足を引っ張った形になったかも知れませんが。

  11. マスメディア反乱軍 より:

    もう、お腹一杯というかいい加減ウンザリな南朝鮮の狂乱ニュースばかりなんですが、新たな動きが出てくるまで放っといていいでしょうね。

    今日は簡単に元駐韓大使・武藤氏の適格な分析コラムだけ紹介します。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190805-00210754-diamond-int

    実際に苦労してきた現場経験者だけに本質(朝鮮人の正体と言えるでしょう)を鋭く突いていますが、メディア露出当初は南朝鮮に対し立場上少し遠慮がちだった論調が変わり、特に最近はさらに鋭敏化してきていますね。

    やや国内世論に迎合気味かもですが、ここに来て日本国民の心情に沿った辛辣で小気味良いコメントが意識的に増えてきている様に思います。

    朝鮮人との付き合い方に関心の薄い人達はまだまだたくさんいますし、卑劣な極左メディアの扇動に影響されている人達にぜひ読んで欲しい入門編的コラムと考えます。

    • 木霊 より:

      いや、申し訳無いのですが、しばらく韓国ネタが多くなりそうな情勢です。
      僕も出来れば避けたいんですがねぇ……。

      さておき、武藤氏のコラムはなかなか読ませる内容でした。面白かったです。

  12. まり より:

    今、コスピたんが急落してる。
    1970代に突入。

    • 木霊 より:

      KOSPIたんは、本日1900を一時的に割り込む危険な状態になり、危篤状態です。
      今は1910代まで持ち直しましたが……。